私たちの体内の約60%は水でできており、水は私たちの生命の源です。この体内の水分量を毎日うまくコントロールするだけで、痩せることができると言われています。それが「水ダイエット」です。水を十分に飲んで体内の老廃物を排出して、体内をリセットさせて痩せやすい体質作りをしましょう!

身体に不可欠な水

水は、人間の体に不可欠なものです。人間の体の60〜65%は水でできていると言われています。

それらの水は、毎日循環しており、摂取と排出が繰り返されています。
体内に取り入れた水は、体の循環機能や体温調整機能などを正常に働かせるために役立つそうです。体の健康を保つためにも毎日十分な量の水を飲む必要があるのです。

健康な人間が1日に排出する水分量は、約2.3Lにもなります。約2.3Lのうちの約1Lは、私たちが感じることなく皮膚や呼吸を通して体内の水が蒸散する不感蒸泄で排出され、あとの約1.3Lは排泄物として体外に排出されます。

基本的な水分排出量は約2.3Lですが、よく動く生活をする人や汗をよくかく人などは、それ以上の水分排泄量になります。こんなにも水が排出されるのかと驚く人も多いのではないかと思いますが、まだ需要なお話があります。

排出量がこれだけの量ならば、この量に等しい水分量を毎日摂らなければなりません。食事から約0.6L、体内の代謝で得られる約0.2Lで計約0.8Lの水分量になるので、あとの約1.5Lは飲料水で補う必要があります。

水分量が不足すると、体内の老廃物などの体外に排出すべきものがうまく排出できずに体に溜まってしまいます。
また、血液がドロドロになってしまうため、血栓ができやすくなり、血管が詰まる危険性が出てきます。脳梗塞や心筋梗塞にもつながってしまうと言われています。

体を健康に保つためにも、まずは毎日十分な水分を摂るようにしましょう。

水ダイエット

水は、体にとって重要な役割を持っていますが、体内の健康状態を保つだけではなく、タイミングや量に気をつけて水を飲むことでダイエット効果も期待できると言われています。

特別な食材を使うわけでもなくダイエットできるので、水ダイエットはおすすめのダイエット法です。効果と方法をご紹介します。

水と美容の関係

水を積極的に飲むことで、体の機能を正常に働かせることができますが、実は水を飲むことで得られる効果はそれだけではありません。
美容に良いとされるデトックスや体の代謝をアップさせることができるそうです。

人間の体は体内にある水分を使って代謝を行っています。ですから、水分をよく摂ることで代謝を促進させることができて基礎代謝量を増やすことができるのです。
スムーズに老廃物を排出することと代謝を良くすることは、体内を綺麗にするとともに、太りにくい体作りもできると言われています。

デトックスをして体の毒素を体外に排出することができると、ニキビや吹き出物も解消できるそうです。体に十分な水分を取り入れることで、肌に潤いも与えることもできるので、女性にとって嬉しい効果がたくさんあるようですね。

体の毒素は尿で20%、便で70%体外に排出されます。水を多く飲むと特に尿の排泄量が多くなるので、効率良くデトックスができると言われています。

水を十分に飲むことで、悩んでいる女性が多いと言われている便秘の解消の期待もできるようです。

便秘は、水分不足が原因の1つと言われており、水分が不足していると腸内の水分も不足しがちになり、腸内へと運ばれた水分を含んだ食べ物から過剰に水分を吸収して、便が硬くなり腸内を通過しにくくなってしまいます。
その結果、便秘状態になってしまうのです。

ダイエットには便秘解消が必須と言われています。腸内に排泄物が溜まっていると代謝が悪くなり痩せにくい体質になってしまいます。

また、腸内が汚れていると食べ物からうまく栄養が吸収できなくて、食べても栄養が十分に吸収できないという状態になります。栄養が足りないと、十分な栄養を体内に取り入れようとして、脳が食欲を刺激してもっと食べるようにと促します。

つまり、便秘の状態が続くと食べる量が多くなりがちになってしまいます。便秘はダイエットの敵と言えますね。

水を積極的に摂ることで、満腹感が得られるので、食べ過ぎ防止にもなるようです。食事の時も水を飲みつつ食べるようにすると、食事量を減らすことができるはずです。

水ダイエットの方法

水ダイエットの方法はとても簡単です。約2Lの水を毎日飲むだけです。
約2Lは目安です。1日に自分の体重の4%の水を飲むと良いとされているので、自分にとって飲むべき水分量が知りたい場合は、計算してみましょう。

たとえば、50kgの人だと50(kg)×0.04(%)=2なので、2Lの水が必要になりますね。

【飲むべきタイミング】
①朝起きた時
②食事中
③お風呂の前後
④運動の前後
⑤寝る30分前

①〜⑤の時に必ず水を飲むようにしましょう。このタイミング以外の時は、意識的にこまめに飲むようにしてください。1日に飲む水の量が自分に必要な水分量になるように気をつけましょう。

朝起きた時に水を飲むと、体が目覚めた状態になり、胃や腸などの内臓の働きを活発にしてくれます。腸の働きを促すことで、便意を起こしてくれるそうです。

寝ている間に減った体内の水分量を補給することにもなるので、老廃物の排出もスムーズにすることができると言われています。1日の始まりの朝に体内を活発にすることで、消化も良くなるようです。

水の種類

水には、硬水と軟水の2つの種類があります。水にはカルシウムやマグネシウムが主に含まれています。水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量の数値を硬度で表し、硬度が高い水を硬水、硬度が低い水を軟水と呼びます。それぞれの水の特徴をご紹介します。

硬水

硬水は、硬度120mg/l以下の水です。
硬水の特徴として、重い口当たりとかすかな苦味が挙げられます。

飲んだ時の飲みごたえが軟水に比べてしっかりしています。のどごしが硬いので、慣れていないと飲みづらいという人もいるようです。マグネシウムの含有量が多いほど、しっかりとした飲みごたえの水になっています。

ヨーロッパや北米などの水はほとんどが硬水であると言われています。

軟水

軟水は、硬度120mg/l以下の水です。
軟水は、口当たりが柔らかく、さっぱりしているのが特徴です。

まろやかなのでとても飲みやすく、食材の旨味や素材の味を引き出しやすいので料理を作る時に向いている水です。お茶をいれるときも、硬水より軟水の方が風味や味が出てきやすいそうです。

日本の水はほとんどが軟水で、みなさんに1番馴染み深い水です。硬水に比べてミネラルの量は少ないですが、とても飲みやすく、料理などにも適しています。

水道水

日本の水道水は、ほとんどが軟水です。水道水にはカルキと呼ばれる塩素が含まれています。浄水場で殺菌のために塩素が使われるからです。

地域によって含まれる塩素の量にも違いはありますが、味や匂いが気になるという人もいると思います。ですが、日本の水道水は世界でも数少ない「飲める安全な水」と言われています。

水道水の味や匂いが気になると感じる人は、水ダイエットを行う場合、購入した軟水や硬水を飲みましょう。

ダイエットに向いている水は?

1番ダイエットに向いている水は、硬水と言われています。
硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは体内環境を整える役割もあるそうなので、ダイエットにぴったりです。ダイエット中の食事制限でミネラルが不足しがちになりますが、硬水を飲んで補うこともできるそうです。

購入できる硬水・軟水

硬水

【コントレックス】
硬度 1468mg/l
コントレックスは、フランスのミネラルウォーターです。「女性のキレイ」をサポートする硬水として販売されています。

コントレックス500mlに含まれるカルシウムは234mgで牛乳瓶約1本分です。また、コントレックス500mlに含まれるマグネシウムは37mgでアーモンド約9粒分です。硬度が高く、ミネラルも豊富なのでダイエットに最適なようです。

【ゲロルシュタイナー】
硬度 1310mg/l
ゲロルシュタイナーは、120年以上もドイツの人々に愛されている天然炭酸水です。硬度が高く、天然ミネラルをバランス良く含んでいます。きめ細かい泡立ちの天然炭酸ガスが入っているので硬水なのに飲みやすい商品です。

【クールマイヨール】
硬度 1612mg/l
クールマイヨールは、ヨーロッパで生まれたダイエットミネラルウォーターです。硬度は1612mg/lととても高く、ミネラルウォーターの中でもトップクラスです。

カルシウムは530mg/l含まれており牛乳瓶2.5本分に匹敵します。マグネシウムは70mg/lでアーモンド約25粒分です。日本の一般的な水と比べると、約50倍ものカルシウムが含まれているので、ミネラル補給にとても向いたミネラルウォーターと言われています。

【エビアン】
硬度 304mg/l
エビアンはフレンチアルプスで育まれたミネラルウォーターです。硬水の中では比較的硬度が低いので、日本人でも無理なく飲める硬水と言われています。

高硬度のミネラルウォーターが苦手だという人はエビアンのような飲みやすい硬水で水ダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

軟水

【ボルヴィック】
硬度 60mg/l
ボルヴィックは、フランス生まれのナチュラルミネラルウォーターです。ヨーロッパの水の中でも珍しく日本人でも飲みやすい軟水です。ボルヴィック プラスビタミンというビタミンB6とナイアシンをプラスしたミネラルウォーターも登場しています。

【クリスタルカイザー】
硬度 38mg/l
クリスタルカイザーは、アメリカのマウント・シャスタで湧き出ているクセがなく口当たりが滑らかな軟水です。バナジウムが豊富に含まれているのも特徴です。

【南アルプスの天然水】
硬度 30mg/l
とても飲みやすく、さっぱりとしたのどごしが特徴です。クセがないので料理にも使うことができるそうです。硬度が低いので赤ちゃんのミルク作りにも利用できます。

水の飲み方で注意したい5つのポイント

大量の水を一度に飲まない

水ダイエットでは、1日かけてこまめに水分を摂ることが大事です。
1度に大量の水を飲むと、むくみを引き起こすと言われています。

人の体は大量の水に対して素早く対処できるようにはできていないので、水分はうまく排泄されずに体内に溜まってしまいます。そうなると、体がむくんでしまうのです。

また、余分な水分は体を冷やしてしまいます。胃や腸の機能も低下するので、ダイエットにも良くありません。必要な時に必要な分だけ飲むようにすることが好ましいので、何回にも分けて水分補給をしましょう。

常温の水を飲む

水ダイエットを行う場合、水は常温のものを飲みましょう。体を冷やさないようにするためです。
体の冷えは胃や腸などの内臓の機能を低下させる他にも、血管の収縮を引き起こすそうです。血管が収縮すると体の血行が悪くなるので、むくみやすくもなります。

栄養や酸素を運ぶ働きも鈍ってしまうので、健康にも良くありません。代謝もスムーズに行われなくなるので、なかなか痩せにくくなってしまうようです。体を冷やすと内臓も冷えるため、危険を感じて冷えから守ろうと内臓脂肪を増やそうとします。

このようにダイエット中の人にとって良くない働きをしてしまうので、体を冷やさないようにしましょう。体を温めることはダイエット中にとても大事なことです。

寝る直前は飲まない

寝ている間も体の水分は失われていくので、寝る前もコップ1杯の量の水は飲むべきですが、寝る直前の水分補給はおすすめできません。

寝る直前だと水分が体内に溜まりやすく、むくみにつながると言われています。寝る30分前くらいに水を飲むようにしましょう。
水を飲むと血流が良くなり、寝ている間に疲れが取れやすくなるそうなので、毎日欠かさず寝る30分前に水を飲むようにしてください。

無理に飲まない

毎日水分を多く摂るのは慣れないうちは大変かもしれませんが、きついと思った時は無理に飲まずに休んでください。どんなダイエットも長く続けることが大事なので、無理は禁物です。

最初は軟水で水ダイエットを始めて毎日少しずつ飲む量を増やして、慣れてきたら硬水に切り替えてまた少しずつ飲む量を増やしていくなど、無理のない自分のペースでやりましょう。

程良い塩分摂取をする

ダイエットで食事制限をして塩分の摂取量が減っている時に、1日に飲む水の量を増やすと低ナトリウム血症になり、水中毒になってしまう可能性が出てくると言われています。

健康的な食生活を送っている場合は心配ないと思いますが、栄養が偏っていたり食事制限であまり食べていないという人は、毎日程良く塩分を摂取するようにしましょう。

まとめ

水ダイエットは手軽にできるダイエット法なので、誰でもいつでもチャレンジすることができます。食事制限や運動をするダイエットは長続きしなくて痩せることができなかったという人は、水ダイエットを一度お試しください。

水をいっぱい飲めば飲むほど痩せるというわけではありません。体内の必要水分量を常に満たし、体の循環機能を正常に働かせることが水ダイエットを成功させることに必要なことです。

1日に飲む水の量が増えると自然にトイレの回数も増えるので、遠出する日や外にいる時間が長い日は、事前に水分量を控えた方がいいかもしれません。
自分に合ったペースで水ダイエットを行いましょう。