気が付くと増えているお腹の脂肪、気になりますよね!女性は特に、柔らかくぶよぶよしたお肉をなんとかしたいと思っている人は多いと思います。食事を減らしても全然減らない、と思っている人は間違った方法なのかもしれませんよ!脂肪が付く原因と解消法をご紹介します!

お腹の脂肪を落とす方法

お腹周りにつく脂肪、誰でもすぐに取り去ってしまいたくなりますよね!体重がそれほど増加していなくても、お腹には脂肪がどんどん付いていく気がしませんか?

気が付いたら今まで履いていた、パンツやスカートが入らない何てことも!気になるお腹周りの脂肪を落とす方法を原因と共にご紹介します。

お腹につく脂肪の種類と原因

生活習慣病を招く内臓脂肪

内臓脂肪とは何でしょうか?内臓脂肪は胃や腸などの内臓の周囲や、腸間膜、大網といった腹膜の表面に付く脂肪のことです。原因は食べ物の過剰摂取や脂肪分の摂りすぎが要因で起こります。

脂肪には2つあり内臓脂肪を普通預金に例えられ、空腹時などでも消費されていきます。一方、皮下脂肪は定期預金に例えられ、皮下脂肪は簡単には消費されません。

内臓脂肪は女性よりも男性に付きやすいと言われています。食事制限や運動などしない限り、内臓脂肪は落ちることがないので落とすには努力が必要です。

男性に多い内臓脂肪は、生活習慣病の原因となりやすいと言われています。お酒が好きな人や油っこい食事を好む人は、お酒の量を減らしたり揚げ物など食べる回数を減らすだけでも、内臓脂肪を減らすことに繋がります。

また、内臓脂肪は運動で落としやすい脂肪と言われています。軽いウォーキングなどの有酸素運動を毎日、続けることで内臓脂肪はすぐ落ち始めるそうです。

しかし、続けることが大切で、すぐに辞めてしまったり数日、間を空けてしまうとすぐにまた、付いてしまうので頑張って、しばらくは続けるようにしましょう。

女性の敵!皮下脂肪

皮下脂肪は皮下のすぐ下に蓄積されている脂肪です。女性に多いのがこの皮下脂肪です。なぜ、女性のほうが皮下脂肪が付きやすいかと言うと、女性には子宮があり妊娠したとき子宮を守り温めるのが、この皮下脂肪だけだからです。

皮下脂肪は長い間代謝されなかった脂肪が徐々に付いたもので、落とすのが難しい脂肪と言われています。食事制限だけでは、なかなか落ちないのが皮下脂肪です。今までよりも、より多く身体が消費しようとしなければ、この皮下脂肪は消費されません。

それには運動量を増やし、より多くの消費をしなければなりません。付いてしまった皮下脂肪を落とすのが大変なら、まず、付かないようにすることが大切です。

皮下脂肪は身体のエネルギーを蓄積してる状態ですから、代謝されるエネルギーに対してカロリーを摂りすぎているのが原因です。要するに食べすぎと言うことです。食べているメニューもカロリーの多いものが原因です。

付いてしまった皮下脂肪を減らすには食事制限だけでは不可能です。付いた分だけ消費しなければいけないので、運動して落とすことが重要です。

腹の脂肪を落とす筋トレとエクササイズ!

皮下脂肪を落とすには筋トレは有効的と言われています。しかし、筋トレだけでは皮下脂肪は落ちにくいのが現状です。

皮下脂肪を落とす上で欠かせないのが有酸素運動です。有酸素運動がなぜ皮下脂肪を落とすのに重要かというと、短距離のような運動の時に使われるのは「速筋」と言われる筋肉です。

ウォーキングなどの有酸素運動で使われる筋肉は「遅筋」と呼ばれる筋肉です。遅筋は肺から取り込んだ酸素で脂肪を燃焼しエネルギーに変えます。速筋は筋肉の糖を使用してエネルギーに変えます。

そのため、筋トレとともに有酸素運動をすることは皮下脂肪を落とすのに必要な運動と言えるのです。

腹の脂肪と腹筋の関係!

腹筋を鍛え皮下脂肪を落とす上で重要なのが3つの筋肉です。腹直筋上部、腹直筋下部、腹斜筋です。腹筋運動は筋肉を効率よく使うことが重要です。

腹筋運動の回数を100回も200回もやる必要はありませんし、途中から筋力がないのに無理をして続けると腰を痛めたり、有効に腹筋を使えず効果がありません。

また、毎日行う必要もないのです。腹筋運動は週3~4回程度、行うのが理想的で腹筋運動を行った日の翌日は、休むのが良いとされています。

基本的な腹筋運動
・床に仰向けに横になります
・軽く膝を曲げ手を頭の後ろで組みます。
・息を吐きながら吐きながら、おへそをのぞき込むように上体を起こします。
・吐きながら上体をもとの位置に倒します。

10回~15回を1セットで3回行います。ゆっくりとした動きのほうが、より効果があります。

【腹の脂肪には運動】ツイストクランチ

腹筋の腹斜筋を鍛えるトレーニングにツイストクランチがあります。腹斜筋は両サイドのお腹の筋肉です。

・床に仰向けで横になり、頭の後ろで両手を組みます。
・膝を90℃曲げ、足先を浮かせます。
・右ひじが左ひざに付くように上半身を左に捻りながら上体を起こします。
・捻り切ったときに息を吐き切ります。
・上半身をもとの位置に戻します。
・反対側も同様に行います。左ひじと右ひざが付くよう右側に捻りながら上体を起こします。

ひじとひざが付かなくてもOKです。身体を捻ることが重要です。20回を3セットぐらい行うのが理想です。1日おきか3日おきに行いましょう。

【腹の脂肪には運動】スクワット

お腹の脂肪を落とすには腹筋運動ばかりに注目してしまいますが、スクワットも実はお腹に効果的なトレーニングのひとつです。

スクワットは下半身の筋肉量を増やし脂肪の燃焼効果が上がるからです。身体全体が太っていなくてもお腹だけ脂肪が付いているという人も多いかと思います。

スクワットで使われるももの筋肉は身体の中で最も大きな筋肉で、下半身の筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり脂肪燃焼効果が上がります。

・肩幅に足を開き真っすぐ立ちます。
・両手を肩の高さに前に上げます。
・ゆっくりとひざを曲げながら、椅子に腰かけるように腰を落とします。
・ひざはつま先より先に出ないように、太ももと床が平行の位置で止めます。
・止めた位置で3秒キープします。
・ゆっくりとひざを伸ばしながら、元の位置に戻ります。

15回を1セットとし、3セット行うのが理想です。

【腹の脂肪には運動】プランク

プランクは体幹トレーニングに有効なトレーニング方法です。プランクで鍛えられる筋肉には次のようなものがあります

■脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)背中の縦の筋肉で姿勢を保つのに使われる筋肉です。
■大殿筋(だいでんきん)お尻に付いている筋肉です
■腹斜筋(ふくしゃきん)両サイドのお腹の筋肉です。
■腹横筋(ふくおうきん)腹直筋と腹斜筋の内側にある筋肉でお腹をひっこめるのに必要な筋肉です。
■腹直筋(ふくちょくきん)お腹の前面、中央にある筋肉で身体を起こすの使われる筋肉です。

・床にうつ伏せなります。
・足を延ばした状態で、両肘を曲げ、上半身を床から離します。
・つま先を立て、お尻から足先までも床から離します。
・肩からお尻を同じ高さに保ち、1直線にします。
・腹筋を引き締めお尻が上がったり、下がったりしないようにします。
・この状態で10秒~30秒キープします。

この姿勢でキープできない人はひざを床に付いた状態で行うことから始めると良いでしょう。

運動以外で落とす方法

食事制限

食事制限でお腹の脂肪を落とすことは不可能です。お腹には2種類の脂肪が付いているお話をしましたが、ひとつは内臓脂肪、もうひとつは皮下脂肪です。

食事制限をして脂肪を減らすということは、消費されるカロリーよりも少ない摂取カロリーの生活をしなくてはなりません。

すると身体を動かすためのカロリーが不足して、蓄積された脂肪を使うことになります。このとき最初に使われるのが内臓脂肪です。だから比較的内臓脂肪は早く落ちると言われているのです。

次に皮下脂肪が使われるわけですが、皮下脂肪が使われるほど摂取カロリーが不足しているということは、代謝に必要な栄養が不足していることになりますので、代謝機能が低下し体脂肪は落ちずらくなってしまいます。

逆に体脂肪が増え、身体の体温を保ったりする正常の機能が働かなくなってしまいます。食事制限をすることで、必要最小限しか身体が消費しないようになってしまうことも理由のひとつです。

しかし、通常の生活で食べ過ぎたことが原因で付いた皮下脂肪ですので、適正の量の食事にしなくては皮下脂肪の増加を抑えることはできません。

食事制限は付いてしまった皮下脂肪を減らすことは不可能ですが、これ以上、付かないようにする予防にはなります。

漢方薬

漢方にはお腹の脂肪に効くと言われているものがあります。主に皮下脂肪に効くと言われているのが「防風通聖散」です。

防風通聖散に含まれている生薬や以下のものになります。
・防風( ぼうふう)
・白朮(びゃくじゅつ )
・当帰(とうき)
・黄ごん(おうごん)
・荊芥(けいがい)
・川きゅう(せんきゅう)
・大黄(だいおう)
・連翹(れんぎょう)
・薄荷(はっか)
・芒硝(ぼうしょう)
・桔梗(ききょう)
・滑石(かっせき)
・麻黄(まおう)
・山梔子(さんしし)
・生姜(しょうきょう)
・石膏(せっこう)
・芍薬(しゃくやく)

防風通聖散の効能には脂肪を分解、燃焼したり、便秘解消、発汗、利尿作用、高血圧からくる肩コリ、むくみ、のぼせなどの緩和があります。防風通聖散に含まれる生薬の中には脂肪の燃焼を助ける役割を持つものが多く含まれていることから、皮下脂肪に効果があると言われています。

ダイエットサプリ

ダイエットサプリで脂肪を落とすと言われ人気になっている商品がいくつかあります。

・三黒の美酢 黒酢もろみと黒卵黄由、黒にんにく成分が配合されています。黒酢もろみにはBCAAと呼ばれる基礎代謝を上げる物質が配合されています。

・ベジーデル酵素粒 野草や野菜、フルーツなどの栄養素が配合されています。皮下脂肪や内臓脂肪などの燃焼を助ける働きをします。

・酵素青汁111選 酵素と青汁の栄養を凝縮したサプリメントです。1日2粒で青汁37.8杯分の栄養補給ができます。脂肪燃焼に必要な酵素が豊富に含まれています。

・コレスリム ミトコンドリアを活性化させ脂肪燃焼を促すL-カルニチン、野草や植物原料を発酵させた酵素などが含まれています。燃焼、糖質カット、便通改善ン、血液サラサラ効果なども期待できるということです。

・メタファイア L-カルニチン、トウガラシ、ショウガ、ロングペッパーなどの燃焼系の成分が配合されています。

サプリメントだけではなく、食事管理と適度な運動を組み合わせることにより、脂肪燃焼の効果が上がります。

腹の脂肪を落とす脂肪吸引は大丈夫?

脂肪吸引は1番早く、お腹の脂肪を落とすことがきる方法ですが、100%安全ということはありません。リスクがある可能性も考え、医師との入念な話し合いのもと行わなくてはなりません。

方法はお腹に小さな穴を開け、そこから筒状の器具を指し脂肪を吸引します。リスクとして挙げられるものは感染症や大量出血などです。それと共に術後の仕上がりが思っていたものと違うと言ったトラブルも多くあるようです。

1度に急激に脂肪を吸引したことにより、お腹がデコボコになってしまう場合もあるようです。死亡してしまったと言ったことも実際に起こっています。

価格は吸引する方法や量によっても違いますが、大体25万円前後ぐらいが相場のようです。

運動をしないで脂肪を落とす際の注意点

腹の脂肪燃焼には基礎代謝の低下がカギ

基礎代謝は身体を動していない状態でも、呼吸や心臓を動かす、体温を保つなど、生命活動のために最低限必要な最小のエネルギーのことです。

食事制限だけでお腹の脂肪を落とそうとすると、結果、栄養不足の状態になりやすいことが多くあります。栄養不足になると食べたものを代謝するエネルギー自体が不足してしまい、逆に脂肪が付きやすくなったり、基礎代謝の低下に繋がってしまいます。

基礎代謝は何もしていない状態でも代謝されることを指します。この基礎代謝が低下すると通常の人と同じ量の食事を摂取しても体重が増加したり、身体に蓄積されてしまいます。

また、血液循環が悪くなり冷えや顔色、肌質、髪質の低下が現れます。便秘などにもなりやすくなり、逆にこれが原因で基礎代謝が低下するという悪循環になります。

リバウンド

食事の量を減らしたり、偏った食事制限や一過性の運動などによりお腹の脂肪を落とした場合、それらを辞めてしまえば必ずリバウンドします。

間違った食事制限でリバウンドするのは基礎代謝が下がるからです。栄養が行き届かなくなり筋力も低下し筋力が低下すると基礎代謝も低下するからです。

リバウンドして脂肪や体重が戻ってしまうだけでなく、基礎代謝が低下したままですので、以前より太りやすい身体になってしまいます。

栄養失調

栄養失調とは私たちが生きていくうえで、必要最低限の栄養が不足している状態を言います。人間に必要な3大栄養素と呼ばれるものがあります。

たんぱく質、脂質、炭水化物です。特にたんぱく質が不足している状態は命に係わる危険性が高くなります。たんぱく質は筋肉や血管、血液、免疫細胞を作る栄養素です。

栄養失調の症状
・胃酸の減少
・胃の縮小
・血圧の低下
・月経の停止や
・性欲減退
・抵抗力の低下
・発育途中のこどもは身体の発達や精神の発達の低下
・皮膚のハリがなる
・目がうつろになる
・腹部がふくれる

食事の量を減らしたり、偏った食事制限で脂肪を落とそうとすると、栄養失調に陥ることが多く見られます。

まとめ

お腹につく脂肪、特に女性に多い皮下脂肪は蓄積された脂肪で、落ちにくいのが特徴ということが分かりました。食事制限やサプリメントだけではなかなか、落ちないということも分かりました。

自分が日常生活で代謝するカロリーよりも多く取りすぎていることが原因ですので、満腹感を感じるメニューでもできるだけ低カロリーに抑えることが大切です。

また、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を必ず加えることも重要です。脂肪吸引は手っ取り早い方法ではありますが、リスクが伴うことを忘れずに医師と相談し納得した上で行うことが重要です。