平均身長より少し小柄な145cmの人にとってちょうどいい体重とは?よく言われているBMI指数の計算によって算出される標準体重の数値だと、何だか少し太っている感じがしませんか?ではどのくらいの体重をキープできていると理想的な体型になれるのでしょうか?ここでは様々な角度から考えた身長145cmの人にとってのベストな体重を徹底検証します!

身長145cm(1.45m)の人って?

有名人では伊藤みどりさんや矢口真里さんが約145cmの身長ですが、テレビではそんなに小さく見えませんね。女性の場合は特にヒールのある靴を履くだけでも身長はガラッと変わってきますので、外で会っても分からないですね。

ところで145cmの身長で理想的な体重ってどのくらいなのでしょうか?体のラインが綺麗に見えるようになる体重の目安や、健康的に見える丁度良い体重を調べてみましょう!

身長145cm(1.45m)の標準体重とは?

1.美容体重は42.0㎏

最近女性雑誌やテレビなどでも「美容体重」という言葉をよく耳にしますが、一体何のことを言っているのでしょうか。これは、ダイエットを目指している女性には目標として欲しい数値の事を言っています。

標準体重の計算を出す際に使われるBMIの数値を下げて計算されているので少々厳しい数値が出ますが、ダイエットをされている方には納得できる値なのでは無いでしょうか。

42.0㎏というのは標準体重より4㎏も軽い訳ですが、ここまで落とすと見た目にもほっそりとした綺麗なボディーラインが出せるようになるので、周囲から変わったね!痩せたね!と言われる事が多くなるでしょう。

2.理想体重は44.1㎏

理想体重とは、健康的に見えて尚且つある程度体の引き締まっているのが見た目で分かる事ができる体重で、スレンダーに見える美容体重よりはやや甘めに計算された体重です。現在ダイエット中だけど美容体重は少々ハードルが高いなと思った方には、こちらを目指していくと間違いなくダイエットできた達成感は得る事ができるでしょう。

標準体重よりは2㎏ほど軽いので、健康的に見える体型である事はもちろんの事、女性らしい体の丸みも残しつつ丁度良いバランスが感じられる体重となります。

3.モデル体重は39.9㎏

モデル体重というのをご存知でしょうか?実際にプロとしてモデルの職業に就かれている方たちの平均体重です。この体重にするには、ただ痩せればいいという事では無く、徹底した食事管理の元でトレーニングを行い、筋肉も付けながら美しい体のラインを作り上げながら維持させていくという、かなり過酷な内容で肉体を作り上げなくてはいけません。

特にトレーニングなどもせずにダイエット時にこの体重になっていたら、普通の人なら痩せすぎの状態であると言えるでしょう。栄養バランスの見直しも必要かもしれません。

4.標準体重は46.2㎏

よく耳にする標準体重。これは病気に一番なりづらいと思われる体重を、身長や脂肪の割合から計算した数値です。すなわちこれ以上体重が増えると、健康に問題が出てきやすくなりますというギリギリの値でもあるため、実際にこの体重だと少しぽっちゃりしている感じになると思います。

この体重で気を付けなくてはならないのは、脂肪の割合です。体脂肪・内臓脂肪が多い場合は、病気のリスクは高くなります。逆に筋肉量の多い人は標準体重でもすっきり痩せて見えるのです。標準体重を見る時には、体重の数値より体脂肪を重視した方が良いでしょう。

身長145cm(1.45m)のBMI指数とは?

1.低体重(やせ)

BMIが18.5に満たない人は瘦せ型に入ります。

このBMI数値は身長が145cmで体重が37.8㎏未満の人に当てはまります。少食な方や、太りづらい体質の方に多いのではないでしょうか。もしもダイエットで落としたのならば、もう少し戻してあげてもいいかもしれませんね。

2.普通体重

普通体重と言えるBMIは18.5~25未満となります。これは145cmの人の体重で38.9㎏~50.5㎏までの人が当てはまります。

中でもBMIが22である46.3㎏が標準体重と言われていて、この前後の数値が普通体重となります。

3.肥満(1度)

145cmの人のBMIが25~30で肥満1度となります。体重で言うと52.6㎏~61㎏になります。肥満と言ってもまだまだ軽度です。健康に問題が無ければ何ともないレベルですが、これ以上増やさないように努力はしたい数値ですね。

そろそろウェストの数値にも注意しなくてはいけません。メタボリックシンドローム予備軍となるのも、この数値の人が多いです。

4.肥満(2度)

肥満2度になると、少しダイエットを心掛けた生活をしていかなくてはなりません。食生活の見直しや、運動などをできる範囲で行う事を心掛けましょう。

肥満2度のBMIは30~35未満で、体重にすると63.1㎏~71.5㎏になります。これは成人病予防などに意識しなくてはならない数値だと言えます。

5.肥満(3度)

いよいよ本格的にダイエットしなくてはいけません。BMI35~40未満の数値は、体重にすると73.6㎏~82㎏になります。この数値は健康を維持できない数値であり、高血圧・糖尿・高脂血症などの成人病の何かしらの症状が出始めていると思われます。

尚、BMI35を超えると「高度肥満」という判定になります。

6.肥満(4度)

肥満4度のBMI指数は40以上となっていて、これ以上の区切りはありません。肥満度の中でも最も高い数値となり、BMIが40で体重が84.1㎏です。そしてBMIが44では体重は92.5㎏です。

内臓に負担が掛かってるのはもちろんの事、骨や関節にも影響が出てしまい、運動を始めようと思ってもなかなか体が動かしづらいと思われます。急激な運動で心臓にも負担を掛けるので、専門のトレーナーなどに相談しながらプログラムを組んでもらって、徐々に身体を動かす事からダイエットを始めましょう。

身長145cm(1.45m)の平均体重

男性の平均体重

おおよその目安となりますが、日本人の145cmの男性の平均体重は38キログラムです。但し、この数値は11歳の男子の平均体重となり、成人男性の統計は取れていません。

女性の平均体重

日本人女性の145cmの平均体重の詳細は現在統計は出されていません。しかしおおよその数値ですが140cmで34㎏、147cmで39㎏という10歳と11歳女子の平均数値が出ていますので、参考にしてください。

小柄な人たちはどこで服を買う?

1.Sコレ

SコレではSサイズの洋服はもちろん、20センチから22センチまでのシンデレラサイズの靴も数多く取り揃えられています。小柄だと足も小さめの事が多く、洋服に合わせた靴を一緒に買えるところがポイントです。有名ブランドの商品も数多くあるので、一度行ってみる価値はあるでしょう。

2.Chou Rose

こちらのお店はインターネット通販になっていて、洋服や靴はもちろんの事、フォーマルや小物まで小柄な女性にぴったり合うサイズのものが取り揃えられています。中でもベルトやスカーフまでSサイズのものが手に入れる事ができるので、お洒落な方にはピッタリです。

3.ユニクロ

ユニクロでも、小柄な女性のサイズで商品が数多く取り揃えられています。XSという表示になっていて、ユニクロの人気商品はもちろん、インナーまで選ぶ事ができます。このサイズは号数で言うと5号なので、一般的なお店ではなかなか手にする事ができません。品揃えもデザインも豊富なユニクロで買うのも、選択肢の一つとしておすすめです。

まとめ

小柄な人は大柄な人に憧れ、大柄の人は小柄に憧れますが、一番重要なのは自分に合ったスタイルで無理の無い生活を送る事です。成長期を過ぎてしまうと身長は増やす事も減らす事も出来ないので、今現在の自分に最も適していると思われる体重をキープし、小柄な女性ならではの魅力が発揮できるようなファッションを取り入れて楽しむ事がポイントです!