156cmの女性の理想体重って?「年齢別基礎代謝」や6つの代謝の上げかた!

156cmの女性は、どれくらいの体重であることが理想的なのでしょうか。また、どれくらいの体重であれば健康的だと言えるのでしょうか。156cmの女性のモデル体重や美容体重、理想体重などを具体的に紹介いたします。また、年齢ごとの基礎代謝や、代謝の上げかたもご紹介します。156cmの女性にとっての健康や美容のためには、どれくらいの体重が理想的であるのかをまとめました。

156cmの体重や年代で変わる基礎代謝

ダイエットをするとき、健康を考えるとき、気になるのは体重です。ですが、実際には自分の身長・年齢ではどれくらいの体重であるのが理想的なのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。

ここでは身長が156cmの女性の理想体重や美容体重、平均体重からモデル体重までを具体的にご紹介します。

また、理想の体重に近づけるためには理解しておかなくてはならない、基礎代謝についてもご説明いたします。この基礎代謝は年齢や体重によっても異なるため、自分の現状や目標に合わせて計算する必要があります。

156cmの女性が気になる体重と基礎代謝について詳しく見てみることにしましょう。

156cmのBMIと体重

標準体重

身長が156cmの人の標準体重は53.54kgです。

それでは、標準体重とはそもそも何なのでしょうか。標準体重は適正体重とも言われ、BMIで言うと22に当たります。BMIは体格を表す指数であり、小学校や中学校の健康診断で数字を見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。

BMIの22は最も健康的な数字で、病気にかかりにくいのがこの体重の時であると言われています。この場合には肥満型ではありませんが、痩せ型でもありません。

ですが、最近ではこの標準体重より痩せているのが美しいという風潮があります。ダイエットをするときの目標も標準体重ではなく、理想体重や美容体重であるのが一般的でしょう。それでは、ダイエットの目標となる体重の値はどれくらいなのでしょうか。

理想体重

身長が156cmの人の理想体重は51.1kgです。

それでは、理想体重とはどのような体重のことなのでしょうか。これは、標準体重よりは少しやせ形になった体重です。BMI指数では21に当たります。

BMIの指標では標準体型の中に入りますし、標準体型と比べて少しやせ形になっただけなので、健康は保つことができる数値でしょう。多くの女性がダイエットで目指している数値ではありませんが、標準体型に比べると少し細身に見えます。

標準体型ほどの体重は嫌だけれど、年齢を考えるとそろそろ病気をしないためにも体重を考え直したい、という方は、取り敢えずこの理想体重を目指すと良いでしょう。もちろん肥満型ではありませんし、健康的な体型を維持することができるはずです。

美容体重

身長156cmの人の美容体重は48.6kgです。

美容体重は、痩せすぎではない細さを保つことができる体重です。この体重くらいの女性を好みとする男性も少なくありません。程よく肉がついていて、でも太っているようには見えず痩せ型に見えるからでしょう。

この場合のBMI指数は19.95になります。これは、BMI指数の分類の中では「標準」に当たりますが、標準の中では痩せ気味でしょう。ただし、肉がどこについているかは問題になるところです。

激しいダイエットが嫌だという方は、引き締めるべきところを引き締めるだけで、美容体重でも十分に美しいスタイルを保つことができます。モデル体型ほどの痩せ型ではありませんが、女性が最も美しく見えるという意味で、この体重は美容体重と言われています。

この美容体重に当てはまる方は、身体のどこを絞って、どこに肉をのこしたままで良いのかチェックしてみましょう。美容体重の女性は、きついダイエットで体重を減らすよりも、身体をシェイプアップして気になるところを引き締めることで、より美しく見えるようになります。

モデル体重

身長156cmの人のモデル体重は46.2kgです。

モデル体重は、多くの女性がダイエットで目指す数値です。美容体重よりも痩せ型で、この体重だとBMIは18.98になります。BMI指数は18.5未満で「低体重」なので、モデル体型ではまだ「標準」のままですが、その中ではかなり痩せ型に分類されるでしょう。

男性の理想的な数値は美容体重に置かれていることが多いようですが、女性の理想的な数値がモデル体重です。この体重なら、どんな服でも着こなすことが容易になるという利点もあります。

一方で、痩せ型なので出るべきところが出なくなってしまうという可能性もあります。うまくダイエットをしないと、モデル体重なのにモデル体型ではないという状態になってしまうこともありますので、注意してください。

平均体重

身長156cmの人の平均体重を見てみることにしましょう。

156cmの人の平均体重は51.1kgです。理想体重と同じ数値が出ていることが分かるでしょう。ただし、日本人の標準体重をBMI21に定めるべきという意見もありますので、これは理想体重でもありますが、日本人の平均体重でもあり、標準体重だとも言えるのかもしれません。

痩せ型、肥満型のどちらかに偏っているというわけではないでしょうから、様々な体型の女性がいて、その平均を取ると、ちょうど健康的な数値になっていると言えます。

かなり厳しいダイエットをしている人もいれば、ありのままの体型の自分を愛している人もいます。その中でやはり、健康のためを考えると、平均的な数値である51.1kgという数字を目指すと良いのではないでしょうか。

若いころはモデル体型で良いとしても、年齢を重ねていくうちにこの数値にたどり着くことができれば良いでしょう。

健康なBMI数値とは

BMIは上述の通り体型を表わす指標です。計算式は以下の通りです。

BMI指数 = 体重 ÷ 身長 × 身長

この数値が18.5から25未満だと「標準」と呼ばれて健康的な体型だと判断されます。最も健康的であると言われているのは22の時ですが、女性は21が健康数値だと言われることもあります。

ダイエットしている方の中にはBMIの数値が「低体重」を表す18.5未満を目指す人もいますが、これでは不健康でガリガリに見えてしまう可能性もあります。

スーパーモデル体型と言われているのはBMIが18になるような数値ですが、一般人ではこの数値にするのは難しいでしょう。BMI指数では「標準」と呼ばれる体型でも、その中での痩せ型を目指した方が健康的なスタイルの良さを保つことができます。

体重の数字だけにこだわるのではなく、BMIの数値を参考にして、自分の身体の健康をしっかりと保ちましょう。このBMIは数値を入力するだけで計算してくれるサイトもありますから、そちらを利用すると良いでしょう。

156cm女性の基礎代謝

20代

基礎代謝は、運動などをなんもしていない時に、人間がどれくらいカロリーを消費することができるのかという数値です。この数値が大きいほど、何もしていなくても消費することができるカロリーが多くなると言うことです。数値は年齢ごとに違いますが、さらに身長、体重によっても異なります。

基礎代謝量は筋肉量、運動量と関係があり、毎日筋肉を使っているような10代を過ぎると、だんだんと筋肉を増やすためのホルモンの分泌量が下がります。この結果、たくさんカロリーを消費する筋肉量は減り、だんだんと太りやすい体質になってしまうのです。

基礎代謝量が下がれば下がるほど、同じ食事を摂っていても太りやすくなると言うことが分かります。それでは、年齢別には、平均的にどれくらいの基礎代謝量なのでしょうか。

まずは、20代女性で、体重は理想体重である51.1kgで見てみることにしましょう。年齢は20代半ばである25歳とします。計算式は以下の通りです。

基礎代謝量 = 9.247 × 体重 + 3.098 × 身長 - 4.33 × 年齢 + 447.593

この計算式を用いると、25歳、身長156cm、体重51.1kgの女性の基礎代謝量は1296kcalです。このようにして計算すると、理想の体重にするためにはどれくらいのカロリーを減らさなければいけないのか、計算することができます。

30代

同じ計算式を用いて35歳の理想体型の女性の基礎代謝量を見てみることにしましょう。

35歳、身長156cm、体重51.1kgの女性の基礎代謝量は1251kcalです。やはり、20代女性と比べるとわずかに減っていることが分かります。

若いころは消費できるカロリー量が違いますから、若いころと同じ食生活をしていると太ってしまうのは当たり前でしょう。体型を維持するのなら、年齢に応じたカロリーを計算することが大切です。

40代

45歳、身長156cm、体重51.1kgの女性の基礎代謝量は1208kcalです。20代女性、30代女性と比べて基礎代謝量がぐんと低くなりました。

基礎代謝は40代では急激に下がると言われています。上記では45歳の女性の基礎代謝量を計算しましたが、41歳女性では1225kcal、49歳女性では1191kcalと、同じ年代でもかなり数値が異なることが分かります。

50代

50代女性でも基礎代謝量を見てみることにしましょう。55歳、身長156cm、体重51.1kgの女性は、1165kcalという数値が出ます。

これは40代女性と比べても引くなっていますし、20代女性と比べるとかなり落ちていると言うことが読み取れます。それでは、体型を維持するためには、栄養摂取量を減らさなければいけないのでしょうか。

実際に、カロリーを減らすために急激にダイエットを行うと、逆に基礎代謝量を減らすことになってしまいます。無理なダイエットは身体に悪いですが、基礎代謝量の低下にもつながってしまうのです。

それでは、年齢を重ねても美しい体型を維持するためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

答えは、「基礎代謝量に合わせて食事をする」のではなく、「基礎代謝をあげる」というところにあります。

基礎代謝をあげよう

食事はよく噛む

よく噛んで食事をすることで、満腹感が増して食事量が減り、ダイエットに役立つということを聞いたことがある人も多いでしょう。ですが、よく噛むことには、それ以外の効果もあるのです。

それは、食事の後のエネルギーの消費量を大きくすることです。よく噛んで食事をすることで、食事後の体温もあがりますから、これが代謝を上げることと関係があるのです。

ダイエット効果もありますし、太りにくい身体を作るための基礎代謝を上げる効果もあるのが、「良く噛んで食べる」という方法です。毎回の食事で心がけているだけで良いので、簡単に実行できるでしょう。

たんぱく質をとる

基礎代謝量を上げるためには、たんぱく質を意識的に取ることも大切です。たんぱく質を摂ると太りそう、という理由で、ダイエット中にはたんぱく質の多い食事を控えている方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際にはたんぱく質は基礎代謝をあげると言う意味で、ダイエットには欠かせない栄養素の一つです。なぜなら、たんぱく質は筋肉量を増やす元となるからです。

たんぱく質が不足していると、結果的に、筋肉量の減少を招きます。太りにくい身体を作るためにも、ダイエット中でもしっかりとたんぱく質を摂取するようにしましょう。

血行をよくする

基礎代謝量を下げてしまう原因の一つに、血行不良も挙げられます。一般的に体温が高い方が基礎代謝量が大きいと言われていますが、血行不良では身体も冷えやすくなってしまうので、基礎代謝を上げたい時には血行改善を心がけましょう。

まず、簡単にストレッチをすることで血行が良くなります。身体が凝り固まっていると思ったら、伸びをして簡単なストレッチを行いましょう。

また、夏場のクーラーのかけすぎも、身体を冷やして血行を悪くしてしまいます。冷房の温度調節には気を付けるようにしましょう。

そのほかにも、しっかりとお湯に浸かってお風呂に入るなどが有効です。最近ではシャワーのみで済ませてしまう人も多いですが、一日の終わりに湯船につかることで血行が良くなります。時間があるときには、湯船にしっかりと浸かるようにしましょう。

適度な運動

適度に運動をして筋肉量を増やすことは、基礎代謝をあげることにつながります。また、血行も良くなります。アスリートになるわけではないのできつい運動をする必要はありません。

ダイエットをする場合でも、極度に食事量を減らすよりは、運動量を増やした方が良いでしょう。運動量を増やすことで筋肉量が上がれば、同じだけの食事量でも基礎代謝が上がっているので、より多くのカロリー消費をすることができるのです。

運動にはヨガやジョギングがおすすめです。もっと軽い運動が良いのなら、ウォーキングでも良いでしょう。基礎代謝をあげる運動として最適なのは水泳ですが、これはもともと泳げる人じゃないと難しいかもしれませんね。

水泳やジョギングは30分以上すると、効果が高いとも言われています。最初は苦しいかもしれませんから、少しずつ量を増やしていくと良いのではないでしょうか。しっかりと筋肉量がつけば、自然と基礎代謝量は年齢別の平均よりも上がります。

姿勢をよくする

姿勢を保つことで基礎代謝が上がると言うと不思議な感じがするかもしれません。ですが、実は、姿勢を保つことと筋肉量には関係があるため、姿勢を良い状態で保っていることで基礎代謝は上がるのです。

良い姿勢を保つ筋肉はインナーマッスルと呼ばれています。正常な位置に内臓や骨格を保とうとするためのものであり、姿勢安定筋と呼ばれることもあります。

基礎代謝を上げるためには筋肉量を増やし、運動することも重要です。ですが、運動をしなくても姿勢を良い状態で保っているだけで、インナーマッスルが鍛えられるのです。

運動が苦手、時間がないと言う方は、姿勢を意識してみてはどうでしょうか。目に見えて筋肉量が変わるわけではありませんが、代謝を上げるためには有効な手段です。

緑茶を飲む

緑茶にはカテキンが含まれています。これには、基礎代謝量をあげてくれるような作用があります。また、血液をサラサラにするような効果もありますから、血行が良くなり、美容にも効果的です。

特に、朝に一杯飲むのは有効な方法です。緑茶が苦手な人は、お湯やホットココアでも構いません。お茶が好きな方は面倒だと思わずに、緑茶を入れて飲むようにしましょう。

お茶を飲むだけで基礎代謝が少しでも上がるのなら、簡単で手軽にすることができます。忙しくてなかなか運動のための時間を摂ることができないような人は、朝の一杯を心がけてみてはどうでしょうか。

まとめ

健康や美容のためには、自分の身長に応じた理想体重や美容体重をしっかり知っておくべきでしょう。ダイエットのしすぎも禁物なので、計算上、基準になる値はチェックしておきましょう。基準値を知っていれば、適切なダイエットをすることができます。

また、年齢ごとにどれくらいの体重だと健康的であるのか、基礎代謝がどれくらいになっているのかも、健康のためには知っておくべきです。基礎代謝が落ちているのなら、上述のような方法を実践してみてください。

美容も健康も、普段の生活を楽しむためには欠かせないポイントです。しっかりと体重計をチェックして、自分の身体を良い状態にキープできると良いですね。