172cmの女性というと、モデル並みの身長ですよね。小柄な女性にとっては憧れの身長です。では、身長172cmの女性の美容体重、理想体重、モデル体重、標準体重はどれぐらいでしょうか?もしダイエットしたいと思っておられるなら、自分が目標にできる設定を決める助けになるかもしれません。172cmの男性の理想体重と学生のローレル指数について取り上げていきます。

172cmの人とは?

172cmの女性にとってベストな体重はどれぐらいでしょうか?モデルさんのようなすらりとした美しさを求めるか、健康的なスタイルを求めるか、それぞれ思い描くものや理想とするもので異なってくるでしょう。

172cmの有名人と言うと、ビーチバレーの選手だった浅尾美和さんや女優の松嶋菜々子さん、菜々緒さんなどがいます。有名人の方のような体型を目指すなら、モデル体重や、美容体重という目標設定を立てる必要があるでしょう。

健康を大切に思うなら標準体重、もう少し細めを望むなら理想体重に設定すると良いかもしれません。では、172cmの女性の標準体重、理想体重、美容体重、モデル体重、そして男性の理想体重、学生の場合の体重に関して注意すべき点を見ていきましょう。

172cmの美容体重

59.1kg-少し細めのスタイル重視の美容体重

美容体重とは、ガリガリとまではいかない少し細めのスタイルの良さを重視する時に設定される体重です。身長が172cmの場合、美容体重は59.1㎏となります。

有名人で言うと、元シンクロナイズドスイミングの青木愛さんが身長173cmで59㎏とプロフィールに載せられています。ほぼ彼女のような体型が身長172cmの方の美容体重と言えるかもしれません。イメージがわいたでしょうか?

細いのが美しいという概念が浸透するようになって、この美容体重というのは言われるようになりました。あくまでも目安としてとらえることをオススメします。

計算式

美容体重の計算の仕方は、次の通りです。

身長(m)×身長(m)×20(BMI指数)=美容体重(㎏)

1.72×1.72×20=59.1となるわけです。

この体重を達成した場合のBMI指数

身長172cmの女性が体重59.1㎏だった場合、BMI値は20となります。BMIというのは、Body Mass Index(脂肪指数)の略で、肥満度を表す国際的な基準です。

BMI値が18.5~25未満が普通体重とされ、18.5いかが低体重(痩せ)25以上が肥満と分類されます。そして、BMI値22が一番病気になりにくいと考えられています。BMI値は高すぎても低すぎても死亡率が高まるとされています。

BMI値が20という数字は、普通体重に含まれる範囲と言えます。ただし、このBMI指数はあくまで目安とする数値です。内蔵脂肪などの体脂肪率にも気を配ることは、健康的な体という観点で見た時にとても大切です。

172cmの理想体重

62.1kg-標準より少し細めの理想体重

172cmの女性の理想体重は、62.1㎏です。後ほど出てきますが、標準体重よりも少し細めのスタイルとなります。美容体重よりも少し多めです。

健康を気遣いながらも痩せすぎず、スタイリッシュな体型を求める方に適した体重設定と言えるかもしれません。すでに標準体重の方で、もう少し痩せたいという方は、この理想体重を目標設定としてみるのはいかがでしょうか?

計算式

理想体重の計算の仕方は以下の通りです。

身長(m)×身長(m)×21(BMI指数)=理想体重

1.72×1.72×21=62.1となります。

この体重を達成した場合のBMI指数

身長172cmで、体重が62.1㎏となった場合、BMI指数は、21となります。これは、基準の中で普通に当てはまります。

ですから、健康を害する恐れのない体重であると考えられるでしょう。標準体重だけど、もう少し痩せたいと思っている方や、スタイルをもう少し良くしたいと思っておられる方は、この理想体重を目標にまず設定してみると良いかもしれません。

ただし、体重的には細くても、体脂肪率も健康的な数値とは限りませんので、自分の体脂肪率も把握することをオススメします。

172cmのモデル体重

56.2kg-見た目重視のかなり細めなモデル体重

身長172cmのモデル体重は、56.2㎏となります。モデル体重というのは、モデルさんや女優さんのような一般的に見るとかなり細い体型の人のスタイルになります。

健康面よりも、スタイルを良くすることを重視して設定されています。細いのが美しいという見方が広まっている現代になり作られるようになったものです。

実際にモデルさんや女優さんは、このモデル体重よりも低い体重の方も多くおられます。例えば、女優の片瀬那奈さんは身長が172cmですが、体重は53㎏とされています。また、モデルの田丸麻紀さんも身長172cmで、体重は50.5㎏とされています。

芸能人のスタイルを手に入れたいという方には、目安としてこの体重設定を目標とすることができるかもしれませんが、健康という面から考えるとあまりおススメできるものではないかもしれません。

痩せるということはだんだんエスカレートしていくことがありますし、「やせたね」と言われるとついついうれしくなって歯止めが効かなくなることもあります。

計算式

モデル体重の計算の仕方は次の通りです。

身長(m)×身長(m)×19(BMI指数)=モデル体重(㎏)

1.72×1.72×19=56.2となります。

この体重を達成した場合のBMI指数

身長172cm、モデル体重56.2㎏となった場合、BMI指数は、19です。これは、低体重(痩せ)に分類されます。

ですから、病気になりやすかったり、健康を害したりしかねない数値であることを覚えておく必要があります。見た目にはスラリと美しく見えるかもしれませんが、痩せすぎてしまうと健康には影響が及びます。

痩せていくともっともっと痩せた方が美しくなれると思ってしまう事があります。しかし、これ以上BMI指数が下がり、17,16と下がっていくと命に関わる場合もあるでしょう。

モデルさんや女優さんのようになりたいと誰もが憧れますが、リスクやデメリットも考えた上でダイエットの目標体重を設定しましょう。健康面などを考えると、このモデル体重はあまりオススメできません。

172cmの標準体重

65.0kg-一番健康で長生きできる標準体重

身長172cmの標準体重は、65.0㎏です。少し太めでは?と思われる方が多いかもしれません。

確かに見た目は、ぽっちゃりと感じるような体型に感じるでしょう。では、どうして標準なのでしょうか?

この標準体重は、医学的に見て一番健康的な生活を送れる、病気にかかりにくく、一番長生きできる体重とされています。ですから、見た目よりも健康重視の体重です。

スラリとした体型を目指してダイエットをしている女性にとっては、標準と言ってもあまり目安にはならないかもしれません。しかし、標準体重よりかなり体重が多い方は、この体重をまずは、目指してダイエットするなら、肥満による病気を防ぐのに役立つと言えるでしょう。

計算式

標準体重の計算の仕方は次の通りです。

身長(m)×身長(m)×22(BMI指数)=標準体重(㎏)

1.72×1.72×22=65.0㎏となります。

この体重を達成した場合のBMI指数

身長172cm、体重65.0㎏の標準体重のBMI指数は、22です。この22という数値は、BMI指数の標準値とされています。

一番病気になりにくい数値として設定されています。ただし、ここで注意が必要なのは、体重は標準値でも、体脂肪率が多ければ、それは健康的な体型とは言えないかもしれません。

BMI指数は、身長に対して適切な体重は?という観点で割り出されたものだからです。ですから、あくまでも、目安にはなりますが、体内の自分の脂肪が何%かを知ることも大切でしょう。

いくら見た目的には痩せていても、隠れ肥満となっていれば、病気のリスクは高まります。健康的なダイエット、体型を目指す場合、身長、体重、BMI指数、そして、体脂肪率も考慮されることをオススメします。

172cmの身長の男性は?

理想体重62.1kg

男性の身長172㎝の理想体重は、62.1㎏です。男性も女性もBMI指数は同じです。理想体重のBMI 値は21です。

そのため、理想体重も男性も女性も同じ数字になります。理想体重は、健康を重視した標準体重よりも少し細めで、スタイルを良くしたもの、そして、美容体重よりも多めで、痩せすぎない体型の基準となるでしょう。

男性で健康も気遣いながら、見た目もスタイリッシュにしたい方は、この理想体重を目指すと良いかもしれません。

標準体重は65.0㎏

身長172cmの男性の標準体重も女性と同じく65.0㎏です。BMI指数は、22です。

先ほどもご紹介したように、この標準体重は、最も健康的で病気になりにくく、長生きできる体重とされています。見た目的には、少しぽっちゃりとして見えるかもしれません。

健康を重視するなら、痩せすぎても太り過ぎても良くないとされています。体重は標準でも、体脂肪率は体重にあらわれないので、自分の体脂肪率を把握しておくことも大切でしょう。

いずれにしても、ダイエットをしようと思っておられる方は、細さを求めすぎるあまり、健康を害さないように注意する必要があるかもしれません。美しさと健康のバランスを取るように心がけましょう。

小中高校生などの学生の場合は?

小中学生はローレル指数の計算

小中学生の場合は、肥満か標準かの体型の基準を知るのに、大人と同じようなBMI指数を測ることはできません。小中学生の場合は、ローレル指数を用います。

ローレル指数とは、児童や生徒の肥満の程度を表す指数です。成長期ですから、栄養状態の判定にも用いられる指数です。

ローレル指数は、115~145未満が正常とされ、100~115未満がやせぎみ、100未満がやせとなります。145~160未満が肥満ぎみ、160以上が肥満となります。

計算式としては、体重(kg)÷身長(㎝)×身長(㎝)×身長(㎝)×10000000となります。

最近は、小中学生でもダイエットをしたり、モデル体型を目指そうとすることがあったりしますが、成長に必要な栄養バランスなどを考えると、大人と同じようなダイエットの仕方はオススメできません。

このローレル指数もあくまでも目安ですが、成長過程にある年齢であることを意識することが必要でしょう。また、栄養事情が豊かな昨今ですから、肥満にも注意が必要です。子供の糖尿病などもありますから、健康な体を子供たちも目指す必要があるかもしれません。

高校生は大人と同じ成人でBMI指数

高校生になれば、ローレル指数ではなく、大人と同じ成人のBMI指数を目安としても良いとされています。大人と同じく標準体重の場合は、BMI指数は22です。

計算式は、身長(m)×身長(m)×22=標準体重(㎏)となります。他の計算式も同様で、健康に最も良い標準体重よりも少し細めのスタイルを望むなら、理想体重、BMI指数21を目安にして計算しましょう。

美容体重ならBMI指数は20、モデル体重なら19となります。ただし、高校生は、まだまだ成長期です。ダイエットを願う気持ちも理解できますし、有名人などを見れば憧れる気持ちになるのも当然でしょう。

しかし、無理なダイエットは成長を止めてしまったり、女性ならホルモンバランスを崩したりしてしまう事があります。ですから、成長期の体重は増減するのが当然であることを忘れないようにしましょう。

そのうえで、適度に運動するなどして、ダイエットをしたい方はするようにしてください。無理な食事制限などは健康を害し、成長を妨げてしまうので注意しましょう。

まとめ

健康と美しさのバランスを保った体重設定を!

身長172㎝の適正体重は?と聞かれたら、答えは個人が目指すところによと様々です。健康を一番に考えるなら、標準体重をオススメしますし、美しさを何よりもと思われるなら、美容体重やモデル体重になってくるかもしれません。

痩せすぎても太り過ぎても、見た目にも健康面でも良くないことは確かです。ですから、ダイエットをしたい方はその点を思いに留めておきましょう。

そして、ダイエットをする際には、無理な食事制限などをして青白くフラフラとしていては、美しくありません。ですから、運動をしながら適度な食事制限をして計画的にバランスよくダイエットをすることをオススメします。

また、学生のうちは、成長の妨げとならない体重を保つようにしましょう。小学生や中学生やローレル指数を目安として無理なダイエットは避けるようにしてくださいね。