身長176cmの成人男性について、体重を求めるには計算方法には標準体重・美容体重・理想体重・BMI指数などがあります。自分の体重について痩せ過ぎか、メタボか、それとも筋肉質?どのタイプかなと考えて計算してみてはいかがですか。今後の健康管理のバロメーターのきっかけになるのでは!

身長176cmの成人男性の体重について!

身長176cmの成人男性の体重といっても、筋肉質の体型の方や脂肪により肥満体型の方でそれぞれ違います。理想体重だと思っていてもBMI指数(日本肥満学会から発表されている肥満度の判定基準)を計算してみると実は数値が高かったりと、体重にも様々な視点から見た計算方法があります。

そのような様々な角度からみた体重の計算方法を、メタボの方の改善策を盛り込みながらこれから紹介させて頂きます。

身長176cmの成人男性の標準体重は?

1.標準体重について

標準体重とは、太り過ぎでも痩せ過ぎでも無く、最も病気(生活習慣病等)になりにくい体重を言います。自分自身の体重とBMI指数をまず計算してみてはいかがでしょうか。

他の人と見た目だけでの比較で太り過ぎかな?反対に痩せ過ぎなのかな?と思っている方、もしかすると計算してみたらとても標準的で健康的な体重かもしれません。計算して出た数値によってはダイエットをこころみたり、筋肉質の体型を理想とする方は食事や運動を考えてみてはいかがですか。

標準体重は、あくまでも平均的なものです。筋肉は密度の関係で脂肪よりも重い為、標準体重よりも重いと思っていても太っているとは限りません。基準値として参考にして下さい。

ちなみに芸能人で176cmの身長の方は、SMAP木村拓哉さん・稲垣吾郎さん・KAT-TUN中丸雄一さんがいらっしゃいます。見た目的にも大分細い方達ですが、木村拓哉さんなどは、スタイルが良いだけではなく筋肉質の体型のようにみえます。

2.標準体重は68.1kg、BMI指数は22

身長176cmの成人男性の標準体重は68.1kg、BMI指数は22になります。

標準体重の計算方法は、身長(m)×身長(m)×22=標準体重(kg)です。22という数字はBMI指数からみると「最も病気になりにくいと言われている」標準値で計算しております。この計算式に合わせますと標準体重=1.76×1.76×22=68.1kgです。体重だけをみるとちょっと、ぽっりゃりかなと思います。

BMI指数とはボディマス指数(Body Mass Index)ともよばれ身長と体重から肥満指数を算出します。BMI指数の計算方法は、体重÷(身長×身長)です。

よって、身長176cmで標準体重の方は、BMI=68.1kg÷(1.76×1.76)=22となります。

BMI指数は、成人の方の肥満度の数値を計算する方法です。その他に、幼児はカウプ指数、学生はローレル指数となり計算方法は違ってきます。

身長176cmの成人男性の理想体重は?

1.理想体重について

前項で、標準体重を求める時にBMI指数で「最も病気になりにくい」と言われいる22という数字から求めましたが、身長176cmの成人男性の理想体重はBMI指数21から求めます。

理想体重は、標準体重と同じように病気になりにくく、健康的に長生きできるとされる(BMI指数18.5以上25未満標準値)数値の範囲です。

標準体重も理想体重も、日本肥満学会のBMI指数からみると普通体重の範囲なので、少し体重を落としたい方は理想体重を目指した方が体が細く引き締まって見えるかもしれません。

2.理想体重65.0kg、BMI指数は21

身長176cmの成人男性の理想体重は65.0kg、BMI指数は21になります。

理想体重の計算方法は、身長(m)×身長(m)×21=理想体重(kg)です。この計算式で計算しますと理想体重=1.76×1.76×21=65.0kgとなります。

BMI指数の計算方法は、体重÷(身長×身長)なので、BMI=65.0kg÷(1.76×1.76)=21となります。

65.0kgの体重ですと、BMI指数は21となります。BMI指数からみますと18.5以上25.0未満が標準値になりますので、 理想体重は標準値の範囲内となります。

身長176cmの成人男性の美容体重は?

1.美容体重について

美容体重とは、標準体重の方と比べてみると大分ほっそりとして見える場合の体重です。

身長176cmで美容体重の方は見た目にも、とてもスマートな男性ではないでしょうか。ガリガリという位に細い訳でもないので、成人男性で体重を落としたいと思っている方にとっては目標になる体重かなと思います。

標準体重のように最も病気になりにくいと言われている数値よりは少し下ですが、BMI指数では標準値内の数値に入ります。あくまでも、スタイルが良くなりたい、痩せたいと考えていらっしゃる方の美容体重として目標にして下さい。

ただ、その方の体質によっては筋肉質で思うように体重を落とせない方もいらっしゃいますので注意して下さい。

2.美容体重61.9kg、BMI指数は20

身長176cmの成人男性の美容体重は61.9kg、BMI指数は20になります。標準体重の68.1kgと比べるとだいぶ体重が落ちています。

理想体重の計算方法は、身長(m) 身長(m)×20=理想体重(kg)です。この方法で計算しますと、理想体重は1.76×1.76×20=61.9kgです。

BMI指数の計算方法は、体重÷(身長×身長)ですので、BMI=61.9kg÷(1.76×1.76)=20となります。

この体重ですとBMI指数は20となり、BMI指数からみますと18.5以上25.0未満が標準値になりますので、美容体重も標準値の範囲内になります。

身長176cmの成人男性のモデル体重は?

1.モデル体重について

モデル体重とは、字のごとくこのようなお仕事についている方が目標にしている体重になります。実際にモデルやファッション関係のお仕事についている方の平均体重から求められております。

見た目にも大分細く、痩せ過ぎといった感じです。ファッション誌やファッションショーを見ても、とても美しく憧れるスタイルかもしれませんが、これからモデル体重を目標にしてダイエットを考えている方は注意が必要です。

その方の筋肉量や骨格によっても、体重の減り方は違いがあります。ただモデル体重だけを目標としてしまいますと「最も病気になりにくい」BMI指数から離れてしまい、健康的に問題が発生する可能性があります。

2.モデル体重58.8kg、BMI指数は19

身長176cmの成人男性のモデル体重は58.8kg、BMI指数は19になります。

モデル体重の計算方法は、身長(m) 身長(m)×19=理想体重(kg)です。この方法で計算しますと、モデル体重は1.76×1.76×19=58.8㎏です。

BMI指数の計算方法は、体重÷(身長×身長)ですので、BMI=58.8kg÷(1.76×1.76)=19となります。

BMI指数も18以下になると「痩せ過ぎ」になります。ファッション界でも痩せ過ぎは問題になった事もあります。脂肪も体を維持していく為には必要です。体を維持していく為に必要な栄養を考えてスタイルだけに執着しないようにしましょう。

筋肉質の体へ!目指せBMI22!体脂肪減少させる3つの施策

1.食事はバランス良く

体に筋肉を付ける上では、運動は勿論、食事も大切な役割を果たします。

スポーツや運動をする事で、筋組織を痛めてしまいます。筋肉の維持や向上、また、痛めた筋肉組織の回復には、体の中で筋肉や臓器を構成する上で大切な良質のたんぱく質が豊富に含まれている卵やお魚、お肉のほか、畑の肉と呼ばれている大豆製品を摂る事が大切になってきます。

炭水化物(糖質)は消化しやすい為、摂りすぎてしまうと消化しきれなかったものは体脂肪となり、肥満の原因になってしまいます。メタボの方は、低炭水化物(糖質を減らす)の食事に気を付けてみてはいかがでしょうか。

2.運動で筋肉増強

有酸素運動は、継続的に酸素を取り入れて運動する事によって脂肪燃焼し体脂肪を減少してくれます。脂肪燃焼の為には20分以上続けて行う必要があります。有酸素運動には、ジョギングやウォーキング・水泳など全身を使う運動があります。

有酸素運動は脂肪燃焼には効果はありますが、筋肉によって脂肪は燃焼されるので基礎代謝を上げることも必要です。レジスタンス運動(無酸素運動)を同時に行うことによって基礎代謝を上げることができ筋肉増加がはかられます。

レジスタンス運動にはストレッチやスクワットがあり、若い方でしたらダンベル体操なども効果的です。

3.普段から体重計測を習慣付ける

有酸素運動やレジスタンス運動により脂肪が燃焼され、筋肉が増加し、ぽっちゃり体型から筋肉質の体型に変わっていきます。しかし、ちょっとした安心感が油断となるため、リバウンドをしないように「普段から体重計測を行う」習慣を身に付けていきましょう。

朝目覚めたとき、就寝前、いつでも良いです。体重計に乗る事で日々の自己管理ができ、さらにリバウンドに繋がらないように気を付ける事ができます。

まとめ

様々な視点から説明させて頂きましたが、少しはお役に立ちましたでしょうか?「最も病気になりにくい」BMI指数22の体を作っていく為には、体重やBMI指数を把握し、適度な運動やバランスの摂れた食事も必要になります。

無理なダイエットや暴飲暴食に気を付けて、筋肉をつけながら健康的な体とスタイルを維持していきましょう。