標準体重を計算するのって、どうやったら出るの!?とお悩みのかたへ、自分のBMI(Body Mass Index 体格を相対評価した肥満の国際基準)を知れば大丈夫。やせ型!?標準!?肥満!?高度肥満!?身長と体重がわかれば、すぐに計算出来るBMI値で肥満レベルをチェックしてみましょう!

標準体重と自分のBMIを知って肥満レベルをチェック!

標準体重とBMI値をご存知ですか?ダイエットには、体重計は欠かせないですよね。最近の体重計は、脂肪率も同時に測定出来る体重計が多いので健康のためにも何かと便利です。

標準体重と自分のBMI(Body Mass Index 体格を相対評価した肥満の国際基準)を知って自分の肥満レベルをチェックしてみましょう。ちょっと怖いかもしれませんが、健康や美容の為にもわかって損はしない数値でしょう。

自分の身長と体重から知るBMI値計算

BMIは、「身長」「体重」「年齢」さえわかれば簡単に自分の身長の標準体重とBMI値が簡単な計算でわかります。標準体重の他に、美容体重やモデル体重も算出してくれて、男女別で、肥満度もわかる便利なものです。

現在の体重との差や余分な脂肪燃焼に必要な消費カロリーの量も出してくれます。そして、各体重に必要な1日の摂取カロリー量を調べることもできます。

生活環境によって、消費カロリーも変わってくるため、終日あまり体を動かさない人から、終日重労働をしている人まで細かく摂取カロリー量を調べることも出来るようです。これを分かっていれば、健康管理もしっかり出来るでしょうし知ってて損はないでしょう。

標準体重、BMI値とは?

標準体重は理想の体重

標準体重とは、一体何のためにあるのでしょうか!?標準体重とは、生きていくために最も適切な体重、そして健康的に生活するために適した体重ということを医学上でも定義されているそうです。

BMIを計算してみて、標準体重と判定されたかたは、今の状態をキープしていきましょう。あと気をつけたいのは、体脂肪率です。

体脂肪率など、普段体重計で測定出来るかたは、隠れ肥満じゃないかもチェックしてみることも健康の為おすすめします。

またBMIの計算式は世界共通なんです。ただ判定基準に関しては各国で異なっていて、日本でのBMIの理想値として出されているのは、男性が「22.0」で女性が「21.0」とされているそうです。この数値に近いかたたちは、「統計的に病気にかかりにくい体型」と疫学調査で判明されているといわれています。

BMI値

BMI値(Body Mass Index)というのを初めて聞いたというかたもいらっしゃると思います。このBMI値とは体格を相対評価した肥満の国際基準で、25.0以上の数値が出た場合は「肥満」に分類されるといわれています。

また、肥満に分類された場合、糖尿病や脳卒中、心臓病に高脂血症、高血圧等の生活習慣病にかかりやすくなるとされているようです。

逆にBMI値が低すぎても健康に関わってきます。BIM値が18.5未満のかたは、スーパーモデルなどにも多いようですが、最近では健康上の問題もありモデル界でも規制がかかっている国もあるようです。

過度なダイエットや、行き過ぎた絶食なども体に大きな負担をかけ、寿命にも関わってくるとも言われています。

美容体重、モデル体重とは?

美容体重とは、標準体重と別の数値で、個人で異なってくるものの、一般的には標準体重よりも約5%くらい落とした体重とされているそうです。

<美容体重の計算の仕方>⇒ 美容体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 20(BMI)

モデル体重とは、名前の通り一般的にモデルや女優のようなとてもスリムな体型のかた達の体重です。BMI値は18で計算されています。モデルのなかには、沢山BMI値が18以下のかたがいらっしゃるようですが、現在は健康上の理由からイタリア、スペイン、そしてフランスではBMI18以下のモデルは、ファッションショーなどへの出演を規制されているようです。他国でも、これが問題になっており18以下にならないように合理を働きかけているようです。

<モデル体重の計算の仕方>⇒ モデル体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 18(BMI)

この機会に、標準体重と始め、美容体重とモデル体重も知っておくのもダイエットのモチベーションがアップするかもしれません。ただ、モデル体重はあくまでもモデル体重ですし、そこを目指すも不健康な生活をするのはおすすめできませんので、バランスのとれた食事と運動は忘れずに心がけていきましょう。

自分のBMIを計算してみよう

BMIの計算方法

BMI=Body Mass Index、これは1994年にWHOで定められた肥満判定の国際基準で、国内でも健康診断で使われたりしています。BMIの計算方法は、とても簡単です。「体重」と「身長」がわかっていればすぐに計算出来ます。

⇒ 体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))= BMI

BMIは、体脂肪率との関連性もとても高く、BMIの標準値が上回ってしまうほどに病気である確率が高くなる傾向にあるようです。健康診断などされているかたは、その結果と見比べてみるのもよいでしょう。

見比べてみて疑問だったり不安に思うことがある場合は、お医者様に相談することをおすすめします。数値に寄っては、拒食症の可能性があったり、逆に糖尿病や高血圧の恐れがある可能性も出てくるようです。

BMIでわかること

~18.5未満「低体重:やせ型」

BMI値が、18.5未満は「低体重:やせ型」と判定されます。肥満は健康には良くありませんが、痩せ過ぎも良くありません。知らない間に、栄養失調になっていたなんてこともあるみたいです。

普段、食欲不振だったり、運動不足だったり、過度なダイエットが原因で痩せ過ぎてしまっているかたは、栄養をしっかり摂って軽い運動をするように心がけましょう。

ダイエットは、昔から女性にとって誰もが一度は通る道かもしれませんが、間違ったダイエットをしてしまって栄養失調になってしまって大病を患ってしまうなんて結果が出てしまったら、元も子もありません。

女性の美とは何か…ただ痩せていればいいというわけじゃないでしょうし、モデルのお仕事をしているかたたちは、過酷な世界だと思います。女性の魅力は人それぞれにあると思いますし、内なる美しさがあってこそ輝けると思います。

18.5~25未満「普通体重:標準」

BMI値が、18.5~25未満は「普通体重:標準」と判定されます。今のままの体重をキープし続けることが大切です。ただ、気をつけたいのは体脂肪率です。体重は標準体重と判定されても、最近多い隠れ肥満の可能性もありますから、健康のためにも体脂肪率もしっかりチェックしましょう。

普段お酒を飲むかたは、BMI値が標準だったからと安心して、油断してしまいお酒を飲み過ぎてしまい食生活にも影響が出てきてしまって、次にBMI値を計ったら、違う結果となっていたなんてことにならないように注意も大切のようです。

お仕事などでお忙しい毎日だと思いますし、仕事のお付き合いなどで会食などもあると維持するのって大変ですよね。そんな時は、週に1度でいいから運動の時間を作ってみて、汗をかくことも大切なことだと思います。

年齢を重ねていくと、新陳代謝も低下していくので日頃の軽い運動などは忘れないよう心がけていきましょう。そして、食生活もバランスのとれた食事を摂るようにし、いつまでも笑顔で健康体でいきましょう。

25~30未満「肥満」

BMI値が、25~30未満は「肥満」と判定されます。肥満は、健康の大敵とも言われています。食生活を見直して、健康のためにダイエットや適度な運動を取り入れ、しっかり自己管理を怠らないようにしましょう。

お医者様に相談してみるのも良いかもしれません。自分の体調に適したダイエット法や運動量などのアドバイスをいただけると思います。摂取カロリーと消費カロリーをコントロールすることから始めて、運動も無理なく毎日続けられるように少しずつでも、効果は出てくるでしょう。

運動は全くしていないという方は、今まで車や自転車を使っていた道を週に何回かだけでも徒歩に変えてみたり、映画やテレビを観ながら食べていた夜食をサラダやカロリーの少ないものに変えてみたり、思い切ってジムに通い始めるのもトレーナーさんがアドバイスをしてくれて良いかもしれません。

自分に合ったやり方で、長く続けられる食生活と運動ってとても大切です。大切なひとのため、家族のため、そして自分のためにも自己管理をして肥満から抜け出しましょう。

30以上「高度肥満」

BMI値が、30以上は「高度肥満」と判定されます。高血圧や糖尿病でなくても、何かしらの病気のリスクがあることは間違いないとも言われている数値です。

BMI値が30以上と出てしまったかたは、直ぐに病院に診ていただくか、ダイエット対策を今からする必要があるかもしれません。どこから始めたら良いのか迷ってしまっても、始めの一歩が大事だと思います。

まずは病院に行ってBMI値が30以上となったことをお伝えすれば、お医者様がダイエット法やアドバイスをくださるでしょう。一人でダイエットに挑む自信がないと思った時には、無理せず、ご家族や友人に相談して協力してもらうのも1つの手かもしれません。

やせすぎ、高度肥満の人は

やせすぎ

BMI値で、やせすぎと判定されたかたは、健康面のことを第1に考えて欲しいです。実際、高齢者でBMI値がやせすぎと判定されたかたには、認知症を患うリスクが高いとも言われています。

過剰なダイエットや失恋などが原因で、拒食症などになってしまったりする女性も多いと思います。自分では、拒食症と気づいていなかったりするケールも多いようですので、少しでも思い当たることがあったりしたら、お医者様に一度診てもらうことをおすすめします。

先程も挙げましたが、BMI値が18以下のモデルは、健康上の問題からイタリアとスペインとフランスでは、規制がかかってしまいショーに出させてもらえないほど深刻になっているようです。日々の忙しい生活の中で、自己管理をしていくのは本当に大変なことですよね。でも、健康が何よりも大事といいますし、これは本当だと思います。

ダイエットをしはじめて、欲が出てしまい過度なダイエットに陥ってしまうケースは多々あると思います。でも、健康であってこそ「美しさ」が放たれるものだと思います。バランスの摂れた質の良い食生活と十分な睡眠時間を確保し、食べることもお休みすることも仕事だと思っても過言じゃないほどです。

大切な人生を忘れないでください。悩みもあるかもしれませんが、負けないで、泣きたいときは思い切り泣いていいんです。美味しいものを、心から美味しいと思い食べる食事は、体にも良い影響を与えてくれるはずです。

高度肥満

BMI値が30を超してしまっていて高度肥満と判定された方は、生活習慣病を患う恐れが高いと言われています。糖尿病や高血圧などの予防や改善のためにも、即食生活を見直して、運動を毎日少しずつでもいいからすることをおすすめします。

ただ、自分での体重や食生活の管理がどうしても難しいというかたは、専門医に相談することをおすすめします。なぜかと言うと、深刻な疾病が既に発病している恐れがあるからです。

日本人の成人で、高度肥満は、0.2~0.3%といわれているようです。和食の文化というのもあるのかもしれませんが欧米に比べると低いようです。

また男子の大学生を対象に調査したところ、0.3~0.66%がBMI35以上という報告もあったようで、体重が100kgを超過しているかたも珍しくないそうです。こういった結果をもとに、新しい診断基準なども定義されていて、診断や治療の対象と位置付けられてきているようです。

食事を一切ストップするのではなく、健康のためにも一歩一歩、食生活の改善や運動を取り入れることを心がけていきましょう。

まとめ

標準体重と自分のBMIチェックしてみましたか?こうしてBMIを計算してみて、数値により健康生活のためにも対処法が変わってきます。

生活習慣病などが増えている現社会で、標準体重と自分のBMIを肥満レベルをチェックして、今日から出来る食生活の改善や、運動プログラムを作成してみたり、または専門医に相談して自分の体にあったものを探すなど色々出来ると思います。

過度なダイエットで、やせすぎと判定されるBMI値になってしまったり、逆にリバウンドなどからくる食べ過ぎが原因で肥満と判定されるBMI値になってしまったかたもいるようです。

毎日の食生活や運動を見直して、健康第一でいたいですね。