身長160cmの人は、何キロの体重が普通なのでしょうか。なかなか他人の体重を聞くことはできませんよね。みんな何キロくらいの体重で、何キロを目指してダイエットをしているのでしょうか。あなたの理想体重、目指すべき体重をまとめてみました。

身長160cm女性の理想の体重について

女性ならば誰もが自分のスタイルを気にしたことがあるでしょう。例え仲のよい友人同士だとしても、あまり自分の体重を話ししたりすることもありません。自分の体重は、ふつうなのか、多目なのか少な目なのか、わからないという人も多いかもしれませんね。

ダイエットをしようと思っても、一体何キロを目標にしたらいいのか迷ったことがある、という人もいるかもしれません。体重は身長によって変わってくるものですが、細かい数字はどのように計算すればいいのかわからないものです。

日本の女性は身長160cm前後の人が多いです。今回は身長160cmの人の体重について考えてみたいと思います。どのくらいの体重が理想なのでしょうか。自分がどんなスタイルを目指したいかも含めて、じっくり考えてみてください。

身長から体重を評価する方法 

理想体重はズバリ何キロ?

世の中には「理想体重」という言葉があります。これは日本肥満学会から発表されているもので、医学的な面から見た、身長に対する理想的な体重のことです。身長を基準に計算されるこの理想体重は、糖尿病などの生活習慣病や病気による死亡率が少なく、病気にかかりにくい健康な体重の目安です。

理想体重は計算方法がありますので、自分の身長を知っている人ならば、誰でも簡単に数字を出すことができます。

BMIという数字をご存じでしょうか。BMIとは脂肪指数という肥満度を示す数字で、18.5~25が普通体重とされています。このBMIは「体重(kg)÷身長(m)×身長(m)」の計算式で算出することができます。BMIの数値が22になる数字が理想体重と言われています。

自分のBMIを知るのではなく、理想体重を知りたいときは「身長(m)×身長(m)×22」という計算をしてみましょう。これがあなたの理想体重となります。

美容体重を目指すなら

一般的な理想体重ではなく、もっと軽い数字を目指したいと感じる人は美容体重を意識してみましょう。美容体重とはBMIを18.5で計算した数字です。BMIが18.5だと、普通と痩せの境目くらいの体型ということになります。

この範囲の体重の人になると、やはり一般的な人の体型よりも細身の印象の人が多いでしょう。普通よりも痩せている範囲の数字になりますから、まさに美容体重といえます。

美を追求すると、どんどん痩せたくなってしまうかもしれませんが、あまり軽すぎると不健康になってしまいますので、痩せすぎてしまわないようにしましょう。この美容体重で維持していくということを意識するといいかもしれませんね。

モデル体型の体重も知っておこう

美容体重の他にも、モデル体型という体重の計算方法があるのでご紹介します。モデル体型とは「身長(cm)ー110(cm)×0.9」という簡単な計算式です。

ただしこの体重を目指したいと感じている女性は、わずか3%だそうです。モデルや芸能人など、美やスタイルを仕事にしている人が目指す範囲の体重といえるかもしれません。

そのため、普通の人にはちょっと軽すぎになってしまうかもしれませんね。ダイエットをするのしても過度なものになってしまわないように、参考程度の数字として知っておいてください。美しさを追求するのも悪いことではありませんが、健康的でいることが第一です。

では標準体重とは

身長に対して標準的な数値を示した、標準体重というものもあります。標準体重は成人の目標体重ともされていますので知っておきたいですね。

標準体重は「身長(m)×身長(m)×22」で算出することができます。これは理想体重でご紹介した計算式と同じものとなります。健康を維持するための理想体重は、標準体重と同じとされているのです。

身長160cmの人の理想体重・標準体重

56kg

では身長160cmの人の理想体重とは、具体的に何キロになるのでしょうか。標準体重も同じ計算式でしたので、一緒に考えてみましょう。

理想体重の計算式は「身長(m)×身長(m)×22」でしたね。身長をmで計算するところがポイントです。間違えやすいので気を付けてください。「1.6×1.6×22」が身長160cmの人の理想体重・標準体重となります。

計算してみると、56.32kgということがわかりますね。一般的な身長160cmの女性の感覚でいくと、少し多めでもいいんだな、という印象の方が多いかもしれません。

自分の理想は違う!という人は、自分でBMIの数値を見て考えてみてもいいかもしれませんね。BMIの数値が18.5~25だと「普通」ということになります。BMIの数値を20や19で計算してみると、よりやせ形に近い数字を算出することができます。

ではBMIの数値が18.5の美容体重ではどうでしょうか。

身長160cmの人の美容体重

51kg

美容体重はBMIを18.5として計算する体重のことでしたね。先ほどの計算式のBMI22で計算した部分を変えて、「身長(m)×身長(m)×18.5」の計算式で計算します。

1.6×1.6×18.5となりますので、美容体重は47.36kgとなります。美容体重と言っても、そこまで軽すぎるというわけではなさそうです。少し頑張れば手が届きそう、という方も多いかもしれませんね。

日本人女性は、どんどん軽い体重、痩せ形の体型を目指しがちです。しかしそこまでストイックにダイエットをする必要はないのかもしれません。

身長160cmの人のモデル体型の体重

45kg

では美容体重よりもさらに追及された、モデル体型について詳しい数字を計算してみましょう。モデル体型の計算式は「身長(cm)−110(cm)」×0.9というものでした。このモデル体型の計算式だけ身長の単位がcmとなっていますので注意してください。

身長160cmの人なら、「160-110」×0.9となりますので、モデル体型の体重は45kgとなります。

身長160cmで45kgなら、かなりホッソリとした体になるのではないでしょうか。体重を減らすときには、数字ばかりにとらわれず、きちんと筋肉もつけてバランスのよい体をつくるようにしてください。

身長から体重を評価するときの注意点

体脂肪率や筋肉量が計算に含まれていない

身長160cmの人を基準に、いろいろな体重をみてきました。どの範囲の体重を目指すかは、あなた次第です。自分の体調や望むスタイルに合わせて、ちょうど良い範囲を見つけてくださいね。

ただし上記で計算した体重は、身長のみを基準にした数字です。体脂肪率や筋肉量が計算に含まれていないので注意が必要です。脂肪より筋肉の方は重いといわれています。そのため同じ体重の重さの人でも、筋肉の多い人の方が見た目は締まっているということです。

どのように体脂肪率や筋肉量を調べるのでしょうか。数字だけが出る体重計では、細かいデータを知ることはできません。しかし最近では、自宅用の体重計でもいろいろなことがわかるようになっています。

3000円程度~購入することができますから、本気で体重管理をしようとするのであれば購入を検討してもいいかもしれません。体重や体脂肪率はもちろん、脂肪量や骨密度、基礎代謝まで体重計で計測することができるものもあります。

スタイルを意識する上で、体重だけが全てではない、ということがわかりますね。上記の体重の数字はあくまでも目安として、意識するようにします。その上で、体脂肪率や筋肉量、年齢や性別も考慮した体重を目指すようにしましょう。

160cm理想の体重を目指すための生活上の注意点

睡眠不足の日は水分摂取量を増やす

現代人は忙しく、ついつい睡眠不足の日が続いてしまうということもあります。睡眠不足が慢性化してしまっているという人もいるかもしれませんね。

睡眠不足は健康にも美容にもよくありません。睡眠不足で体調を崩してしまうということもあることなので、体調管理の一環として睡眠時間もきちんと確保したいものです。

睡眠不足のときは脱水症状を起こしやすいため、多めに水分補給するように気をつけましょう。なぜ体の水分がなくなりやすいのでしょう?十分な睡眠がとれないと脳がきちんと休まらないため、酸欠を起こして普段以上に酸素を必要とします。すると、脳がうまく機能せず体の水分不足が起きやすい、老廃物をうまく外へ出せないため便秘や足がむくむといった症状がでるようです。

むくみや便秘はダイエットの大敵です。むくみや便秘をスッキリさせることで、体重を減らさなくても見た目をスッキリさせることができますよね。美容のためにも夜は早めに休んでしっかり眠りましょう。

睡眠前にストレッチ

たっぷりと睡眠時間を確保できたとしても、眠りの質が悪ければあまり満足感を得ることができないかもしれません。睡眠は脳や体のデトックスになることを聞いたことがありますか?脳は眠っている間に記憶の整理や脳に不要な物質を捨てる作業をしていると考えられています。また、睡眠不足は太りやすくなるそうです。良い睡眠をとることができれば、代謝も上がり、スッキリとした体になるでしょう。

そこで寝る前にストレッチをするようにしてみてください。ストレッチをで筋肉を伸縮させることにより、適度にリラックスすることができ、そのまま寝る体制に入っていくことができます。

体が硬くてもいいのです。体を柔らかくすることが目的ではありません。呼吸を深くゆっくりとするようにして、酸素を体いっぱいに取り込むイメージをしてみましょう。自分だけのゆったりとした時間を過ごしてみてくださいね。

運動はやりたいときにやる

締まった体を手に入れようと思ったら、避けては通れないのが運動です。ダイエットをしても、慣れない運動がネックになってしまい、挫折してしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

挫折してしまうのは、運動を義務にしてしまうからですよね。確かに痩せるためには毎日の運動でカロリーを消費することが大切かもしれません。しかしやらなくなってしまっては何の意味もありませんね。

そこで運動を厳しい義務にしないことをオススメします。気分が乗っているときだけでいい、と少し緩めのルールにしてみましょう。

運動をすることは体重維持だけでなく、よい気分転換にもなります。楽しく体を動かすと、気持ちもスッキリしますよね。無理やりやっても楽しくないし、気持ちもスッキリしません。毎日運動をしなくてもいいので、元気がほしいときや気分が乗ったときには思いっきりトライするようにしましょう。

食生活は無理せずできるところを改善

目標の体重を目指すのには、食生活の改善も欠かせません。こちらもついつい頑張りすぎて、挫折してしまう人が多いことなのではないでしょうか。食事制限を頑張りすぎてストレスばかり溜めてしまっては、気持ちよく過ごすことができませんね。

食事は毎日のことですから、続けられることを見つけることが大切です。まずは自分の生活の中で、改善できそうなことを探してみましょう。

例えば、毎回ラーメンのスープまで飲み干していた人は、スープを控えるようにするだけで食生活の改善となります。コンビニでお弁当を買うことが多い人は、毎回サラダや野菜ジュースをプラスしてみてはいかがでしょうか。

食事の内容を見直すことも食生活の改善になります。いつも菓子パンを選びがちな人は、せめてサンドイッチにしてみるだけでも、野菜や卵などのたんぱく質を摂取できることになります。

食べる量そのものを減らすとなると、空腹感を感じてしまい、ストレスになってしまうかもしれません。しかし食事の内容を見直すということに目を向ければ、空腹感と戦う必要もありません。このように、自分でできそうなところから始めてみましょう。

ある一定期間に頑張ることもいいかもしれませんが、食事はダイエット期間だけのことではありません。一生、食べ続けていかなくてはいけませんから、上手に調節する方法を見つけるのはとてもいいことです。

日常的にできる自分なりの方法を見つけて、上手に体調・スタイル管理をしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?身長160cmの人の体重について、いろいろなパターンの体重をみてきました。あなたはどの体重を目指しますか?

身長と体重は体型のひとつの目安になる数字です。しかし体重だけにとらわれてはいけません。体脂肪率や筋肉量なども考慮した、健康的な体を維持していけるように心がけましょう。

体重管理をしていくには、毎日の生活習慣もとても大切です。理想の体重を維持していくためには、特別なダイエットではなく、日常的な習慣として意識をしていく必要があります。ストレスにならない、自分なりの健康習慣をつけていけるといいですね。