もやしダイエットの方法と効果!短期間でもOKなワケとは?

あのきゃりーぱみゅぱみゅさんも「ちょっと太ってきたかな」と思うと体重維持のためにもやしダイエットを実践しているそうです。1週間で効果が期待できるとの口コミも多数あるもやしダイットについてその方法と、実施上の注意点、成功レシピなどまとめてみましたので、本気で痩せたい方は必見です。

痩せたいなら絶対に”もやしダイエット”がおすすめ!

とにかく驚きの効果!?試してみる価値アリ!

とにかく短期間で効果的と多数の口コミがあるのがもやしダイエットです。もやしは低価格で手に入り易い食材ですし、さらにアレンジもしやすいのでレパートリー豊富に続けられるということでもチャレンジしやすいダイエットです。

そしてなんといっても短期決戦型のもやしダイエットは、もちろん個人差はありますが口コミの結果を見てみると一週間で1.5~2kgの減量が最も多く、きゃりーぱみゅぱみゅさんは一週間に4kgも減量したそうです。

但し間違ったやり方では体調に支障をきたしたり、リバウンドしやすかったり困ったことになります。ここではもやしの栄養やダイエットの正しいやり方、成功レシピなどをご紹介します。

注目!もやしの栄養

もやしは栄養価が高い?!

もやしは緑豆や大豆を発芽させて作っています。発芽・成長の過程で別の栄養素が生成されています。低カロリーで健康に役立つ様々な栄養素を含むヘルシーな食品なのです。
まずもやしがダイエットの強い味方なのはそのカロリーの低さです。緑豆もやしで14kcal/100g 、大豆もやしで37kcal/100gです。食事量を極端に減らすダイエットに比べて、もやしをたっぷり食べてストレスなくダイエットを続けることができます。

さらにもやしは栄養価がとても高い食材です。血液の循環をよくするカリウムや女性に多い便秘を解消する食物繊維も豊富です。また胎児の発育に必要と言われる葉酸も多く含みます。葉酸は妊婦さんだけでなく、不足すると悪性の貧血や食欲不振となったり、また皮膚を強くする作用もあるので、体の調子を整えるために重要な栄養素の一つです。
またもやしのビタミンCは緑豆や大豆には含まれないのですが、発芽することで作られたものです。ビタミンCは免疫力を高めるためにも欠かせないビタミンです。

おすすめは大豆もやし

意外なほど栄養価が高いもやしですが、中でもおすすめなのは「大豆もやし」です。
カリウムやマグネシウムなどのミネラル類はもちろんですが、ビタミンや食物繊維など主要な栄養成分のほとんどが緑豆もやしに比べて2倍以上も含まれています。

もちろんカロリーも例外ではなく2倍になりますが、100g食べても37kcalですので低カロリー食材であることに違いありません。必要な栄養はきちんと取って、カロリーは抑えることがダイエットとしては非常に重要となってきます。

もやしダイエットの効果は?

もやしは安価ですのでたくさん買っても経済的ですし、低カロリーなのでたっぷり食べて満腹感があるのでストレスなく、しかも高い効果が得やすいというのが一番の魅力です。
口コミを拝見すると、いつもの食事をもやしに置き換えるという「置き換えダイエット」の手法がポピュラーで成功例が多い方法で、中でもご飯やパンをよく食べていた方が一部主食をもやしに置き換えて効果がみられることが多いようです。
さらにただ体重を減らすだけではなく、もやしの豊富な食物繊維によって便秘などが解消されるため、ポッコリしたお腹が凹んでウエストラインがすっきりします。バランスよく含まれたビタミン類の効果によってお肌のトラブルが解消されてキメを整えてくれるといったダイエットの以外にも嬉しい効果もあります。
脂肪代謝に必要なビタミンB2も含まれています。緑豆もやしで0.05mg/100g、大豆もやしで0.07mg/100gです。ビタミンB2は脂肪がエネルギーとして燃やされる時に必要不可欠ですので、ダイエット中には欠かさずしっかり取りたい栄養素です
特におすすめの大豆もやしには大豆たんぱく質が含まれます。大豆たんぱく質は体脂肪の燃焼を促し、体脂肪の蓄積を抑える効果があると言われています。しかも大豆に含まれるサポニンはもやしになると増加し、脂質代謝の改善や肥満防止に効果があると言われています。

もやしダイエットはどのくらいで効果が出るの?

もやしダイエットは結構即効性のあるダイエットと言え、基本的に続けていれば一週間ほどでその効果を実感できると言われています。主食をもやしに変えた場合、体に取り入れる炭水化物の量が激減する分、その分体重は重くならず、どんどん減っていきます。口コミによると、凄い方では一週間で何と3キロも体重が落ちたという人もいるぐらいです。

要するに、炭水化物を抜いた状態でもやしを食べるというダイエット法は非常にヘルシーで、太る要素が全く無いのです。また、もやしに含まれる大豆イソフラボンなどの効果も相乗的に手伝ってくれるので、続けていけば確実により痩せやすい体質になるでしょう。

しかし、普段の食事に加えてもやしを食べるというだけの食事法ではその効果はあまり期待できるとは言えません。ポイントはいかに炭水化物を抜きながら、もやしを食べていくかなのです。特に、もやしは味付け次第でごはんがとても欲しくなる食材なので、気を付ける必要があります。

他にもたくさん!もやしの健康効果

食物繊維による便秘の改善やビタミンB2による脂肪燃焼作用の他にも、もやしは美容と健康に関して様々な効果が期待できます。最近では欧米でもダイエットだけでなく健康を意識してサラダなどにもやしを入れたりするそうです。
ではダイエット以外の健康効果を見ていきましょう。

ビタミンCとサポニンで肝機能を高める

ビタミンCは免疫力を高める他にも肝臓機能を助ける作用があります。さらにコラーゲンの生成を助け、メラニン色素を取り除く働きがあるのでシミやそばかすを防ぐなど美肌効果もあります。
そしてもう一つ肝機能を整えるもやしの成分に「サポニン」があります。大豆のもやしに含まれる成分です。肝臓にトラブルが起きているときは肝臓の細胞がダメージを受け働かなくなっていますが、このサポニンはこの肝臓の細胞の働きを復活させるよう作用してくれます。

さらに体内に入った酸素の一部が活性酸素という体を害する酸素に変化してしまうのですが、この活性酸素の働きを抑える効果を強くもっています。脂質が活性酸素によって酸化されてしまうと過酸化脂質というものに変わって、肝臓を攻撃するので肝臓が弱ります。ですからサポニンの活性酸素を抑制する働きは、肝臓の機能を維持するためには大切な役割と言えます。

肝臓はアルコール等の解毒の役目があるため、肝臓の働きを高めたり守るサポニンはとても重要な成分です。

大豆もやしは女性のホルモンバランスも整える

最近よく耳にする機会が多い大豆イソフラボンですが、これは女性ホルモンとよく似た構造を持つためホルモンバランスを保つと考えられています。若い世代にも多く見られる「月経前症候群」という生理前の様々な体調不良の改善につながります。更に年齢と重ねても更年期障害の症状を抑えたり、閉経後のホルモンバランスも保たれます。
しかもこの大豆イソフラボンは、女性に多い乳がんの予防のためにも働きます。女性ホルモンが減ってくる年齢になると乳がんにかかりやすくなる傾向にありますが、さまざまな研究により大豆イソフラボンによって乳がんの発症率が下がるとわかっているそうです。これは大豆イソフラボンの一つである成分が、がんを増殖させる経路を断つからとされます。

動脈硬化や高血圧の予防

生活習慣などで起きてしまう後々大病に繋がる可能性のある「動脈硬化」や「高血圧」には、やはり血管・血液の状態を改善を促す食事は大事です。

大豆のもやしには、大豆が含む成分によって血管や血液にとってうれしい働きがあります。その成分の一つが大豆のタンパク質で、同じくタンパク質となる肉などと違って脂肪や悪玉コレステロールを減らしたり生成を防ぐよう働きます。なおかつ血管の状態を強化するためにも、この大豆タンパク質が働きます。

そして大豆タンパク質だけでなく、レシチン・リノール酸・カリウムなども大豆もやしは含んでいます。レシチンも大豆タンパク質同じように血液の流れを邪魔する悪玉コレステロールを減らし、合わせてリノール酸とカリウムとともに血圧を下げて血液循環の改善に導きます。

アスパラギン酸の疲労回復効果

アスパラガスに含まれていることで有名なアスパラギン酸は大豆もやしにはアスパラガスの2倍も含まれています。アスパラギン酸は体内で作ることのできるアミノ酸の一種ではありますが、疲労感を感じるようなときはこのアスパラギン酸は不足気味である可能性があります。

アスパラギン酸は、食べたものをエネルギーに変える代謝を促進したり毒素を体の外へ出す働きがあります。疲労感を感じるときや激しい運動をするとき・代謝が鈍っているときなどは、積極的にとりたい成分になります。

豆の段階では微量なギャバ(アミノ酸の一つ)は、もやしとして芽吹くことにより増えるというポイントがあります。ギャバは内面つまり精神面の安定感を作る成分なので、疲労感に伴う精神的な疲れであるストレスを和らげることに繋がります。

もやしダイエットはこんな人に向いている

もやしダイエットに向いているかどうかは、まずはお腹をチェックしてみましょう。何かが溜まったようにお腹が出ていたり、あるいは便秘がちという認識があればもやしダイエットの効果がでる可能性が高いと言えます。それはこれらの状態は食物繊維が足りてないことが多いので、食物繊維を含むもやしを食べることでお腹が動き出すわけです。

とにかくおなか周りに効果があると定評のダイエット法で、口コミでは「ウエストラインがすっきりした」「おなかのあたりのお肉が減った」という成功例が多数見受けられます。
短期間で効果が出るということで、一週間で少しでも効果を見たいとか、頑張ってダイエットしてるけど目標まであと少しとか、何日までに痩せたいなどの短期集中型の方にも向いています。

効果的なダイエット方法

主食をもやしに置き換えるダイエット

では実際のもやしダイエットの方法ですが、それはいわゆる「置き換えダイエット」法で、成功した人の例では、食事の前にもやしを食べることで食事量を減らす方法や、3食の食事のうち1食の主食(ごはんやパン)などをもやしに置き換える方法です。

「どうして3食全部置き換えないの?」と思われるかもしれませんが、それは避けましょう。というのも、もやしだけで体に必要な栄養を全て含んでいるわけではありません。いくらダイエットしたくても、体が正常に機能するために必要な栄養を欠いてしまうと病気になります。

ですから食事全体のバランスを踏まえて、肥満の元になりがちなパンや麺類等の糖質の置き換えくらいがちょうどよいのです。

置き換えのタイミング

もやしへの置き換えのタイミングは、ずばり夕食です。夜は糖質などをとってしまうと吸収ばかりで、エネルギーとしての使用や排泄が活発でないので溜め込んで太る元になります。ですから、夜の食事をもやしに置き換えるとそれを防ぐことに繋がるわけです。

これは体のサイクルを理解するとよくわかります。まず食べた物の成分例えば脂肪がエネルギーとして使われやすくなるのはお昼間で、これは体のあちこちに指示を出す自律神経のうちの交感神経がその働きを促すためです。夜は副交感神経の方が活発になるので、消費させる働きは弱まるのです。

特に夜8時を過ぎると逆に食べた物の吸収に働きだすので、ダイエット中の夜8時以降の糖質はもやしに置き換えるのがベストと言えるでしょう。加えて夕食の最初に食べれば、他のものを食べ過ぎてしまうことも防げます。もやしが満足感がでるように促してくれるからです。

もやし調理の基本

もやしの調理についてですが、はじめに注意してほしいのは野菜だからといって生で食べることは控えてください。もやしは足の速い野菜です。お腹を壊してしまう可能性があるので、面倒だからと手を抜かず火入れで予防しましょう。

ただしもやしの含有する栄養素は熱に強いとは言えないので、熱の入れすぎは必要な栄養がとれません。なので調理法も色々ありますが、どの調理法も長くて20秒くらいのごく短時間にしましょう。また水に溶けだしてしまう栄養素も多いので、水洗いもつけ置きせずに水に通すだけにします。

この2つのもやしの性質により、一番のおすすめ調理法は「蒸す」ことです。栄養が保持しながら、旨みや食感も守られると言われます。

それからダイエットを成功させるにはしっかり続けることも大事ですから、味付けの工夫は必要です。和え物はレパートリーが多く簡単なので、毎日続けるのには取り入れやすい食べ方でしょう。何日かに一回は他の食材と合わせて炒め物や鍋物を作ると、食事としても満足感が大きくなります。

「ダイエットだからと油などは食べるのを控えた方が」と思うかもしれませんが、毎日続けるポイントとしてごま油などと合わせて食べた方がいいと実践される方は考えていらっしゃるようです。

加えて上で述べたように基本生食はやめた方がいいもやしですが、もやしの一種で「糸もやし」とも呼ばれるアルファルファは生で食べることができます。アルファルファもマメ科の植物の新芽なので、もやしと同様の栄養素や効果を得ることができます。

おすすめレシピ

《ナムル》
鶏ガラスープの素 小さじ1
すりおろりにんにく 少々(チューブのものなら小さじ1くらい)
ごま油 大さじ1
塩こしょう 少々
炒りゴマ 少々

こちらの材料を全て混ぜ合わせて、茹でたもやしを和えるだけで出来上がりです。もやしは熱いうちに加えたほうがにんにくの風味がまろやかになります。またもやしだけでなく、千切りした人参やきゅうり、ほうれん草、わかめなどを加えてもとても美味しくいただけます。お好みでコチュジャンを加えると辛味がアクセントになります。

《やみつき野菜いため》
お好きな野菜プラスもやしを炒めるだけ。もちろん肉類を入れてもかまいません。これで塩こしょうして食べるのも王道でいいのですが、飽きないために一工夫しましょう。
炒めた野菜に「すりおろしたにんにく+ぽん酢」「たたいた梅+ぽん酢」を食べる食前にかけるだけでいつもと違った炒め物になります。

もやしのカルパッチョ

《もやしのカルパッチョ》
もやし 一袋
ベビーリーフ 一袋
お好きなお刺身 適量
オリーブオイル 適量
塩 適量
胡椒 適量

もやしをカルパッチョに加えて食べてみるのもとてもおすすめです。作り方はとてもシンプルで、一口サイズに切ったお刺身にベビーリーフともやしをオリーブオイル、塩、胡椒で混ぜ合わせるだけです。もやしのシャキシャキした感触とさっぱりしたカルパッチョ全体の味は非常に相性が良く、もやしを美味しくたくさん食べられるレシピとなっています。

もやしとノリの韓国風サラダ

《もやしとノリの韓国風サラダ》
もやし 一袋
ノリ(大) 一枚
キャベツ 少量
ゴマ油 適量
塩 適量

このレシピも非常に簡単でおいしくもやしを食べることができるものになっています。作り方はもやしとざく切りにしたきゃべつ、ちぎって細かくしたノリをごま油と塩で混ぜ合わせるだけで、約5分で完成させる事ができます。ゴマ油ともやしの相性は抜群でつい箸が進む一品となっています。

もやしどんぶり

《もやしどんぶり》
もやし 一袋
玉ねぎ 半玉
高野豆腐 適量
しいたけ 2から3個
醤油 適量
みりん 適量
塩 適量
ごはん 適量
卵 一個

もやしをどんぶり風にして食べるのもおすすめです。作り方は、まず玉ねぎとしいたけを刻みそれらをもやしと一緒に少量の水の入った鍋の中で数分煮込みます。野菜がしなやかになってきたら、その中に高野豆腐をいれて、しょうゆ、みりん、塩を入れて味を付けていきます。具材全体に味が染み込んだら、そこに卵を入れてかき混ぜ、汁にとろみを付けます。最後にそれをご飯にかけて完成です。

もやしのトマト煮込み

《もやしのトマト煮込み》
もやし 一袋
トマト大 一個
オリーブオイル 適量
塩 適量
ニンニク 一片

もやしをトマトソースに付けて食べるのも健康的に美味しく食べられておすすめです。まず、トマトソースの作り方ですが、みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルを入れたフライパンで炒めていき、ニンニクが黄金色になったら、切り分けたトマトをそのままフライパンに一緒に入れて炒めていきます。その際にトマトをつぶしながら、トマトの汁を外に出していきます。トマトの汁を出し切って、フライパンの中がトマトの液状になったら、そこに塩ともやしを入れて味を絡ませたら完成です。

もやしとガーリックのソテー

《もやしとガーリックのソテー》
もやし 一袋
ニンニク 一片
オリーブオイル 適量
醤油 おおさじ一杯

もやしをガーリック風に炒めて食べるのももやしを美味しく食べられて非常におすすめです。作り方はとてもシンプルで、もやしとニンニクをオリーブオイルで炒めていき、もやしがしなやかになってきたら、そこに醤油を入れて味をなじませて完成です。とってもジューシーなもやしレシピです。

間違えないで!こんなやり方はキケン!!

もやしだけに頼らない

代表的な失敗例は「もやしだけを食べていた」という方法です。たしかにもやしは栄養価が高い食材ですが、さすがにそれだけで栄養バランスを保てるわけではありません。もやしだけではたんぱく質が不足してめまいやふらつきなどが起こり、便秘も解消されるどころか酷くなるということもあります。女性の場合、生理が止まってしまうこともあります。
短期間に効果が出やすいとは言え、急激に体重が減少した場合には注意が必要です。
そんな無理のあるダイエットは、リバウンドしやすいというのも失敗の一つです。ダイエットの基本は無理なく続けられることですので、ゆるやかな体重減少を目指し、適度な運動なども取り入れながら行うのが理想的です。

もやしは日持ちしない

何度も述べますが、もやしは足の速い食材なので買った日その日に使うように心がけましょう。早ければ1日もたず、長くて2日といったところです。特売日に大袋で購入しても大量に腐らせてしまうなんてことも起こりがちです。

実はもやしを密閉容器に入れて水に漬けておき、水を毎日買えるだけで驚くほど食感はそのままに保存可能ですが、前述の通り水に漬けすぎると栄養も漏れ出してしまいます。ですからやはり使う分だけ買って、買った分はすべて調理して食べてしまってください。

イソフラボンの摂りすぎには注意

大豆から作られたもやしには大豆イソフラボンという脂肪燃焼効果に秀でた栄養素が含まれています。しかし、この成分は摂りすぎると体に何らかの支障をきたす疑いがあると最近の研究で言われるようになってきているのです。

そのため、大豆イソフラボンを摂りすぎることはあまりおすすめできないのです。もやし一パックに含まれる大豆イソフラボンの量に関しては全く問題はないのですが、それに加えて大豆製品を多く摂取してしまうと、一日のイソフラボンの摂取量を超えてしまう恐れがあるので、もやしをたくさん食べたい場合は、その食事内で他の大豆製品の数は減らした方が無難と言えます。

ちなみに一日の大豆イソフラボンの摂取上限は75mgになります。

≪イソフラボン量≫

味噌汁一杯 6mg
納豆一杯 35mg
豆腐一丁 60mg
豆乳200g 50mg

もやしに味付けをしすぎない

もやしはそれ単体で食べると、非常に単調で面白みのない味しかしません。そのため、もやしに過剰に味付けをしてしまう人がもやしダイエットを行う人には多いと言えます。特に多いのが、過剰に塩分を付け加え、もやしの味を濃くさせようとする人です。

確かに味は良くなりますが、それは同時にそれに合う炭水化物の欲求を余計に増やしてしまうばかりか、塩分の取りすぎからくる高血圧、むくみなどの問題も引き起こしてしまう恐れがあるのです。

もやしに味付けをする上では塩のかけすぎには是非注意してください。

もやしは加熱しすぎない

とても基本的な注意事項ではあるのですが、もやしに含まれるビタミンはとても熱に弱いので、加熱は避ける方がベターと言えます。もやしは先程上で述べたように、非常に栄養価の優れた食品と言えます。しかし、その長所を加熱によって消してしまうのは、もやしダイエットを行っている人には大変もったいないことなのです。

理想は生で食べることですが、熱料理に加えたいというのなら、できるだけ加熱レベルの低い蒸し料理や煮料理に加えるのをおすすめします。焼いたり、揚げたりして調理してしまうとビタミンが壊れてしまうので注意が必要です。

もやしダイエット まとめ

安価で手に入り易いもやしを使ったダイエットはとても経済的ですね。りんごやバナナなどのダイエットも話題になりましたが、普段はそれほど高いと思ってなくても毎日継続するとなると、より安い食材のほうが財布にも優しく続けやすいと思います。

また、レシピも豊富でアレンジしやすく、どんな味付けにも合うのでレパートリーも広がりますね。
しかも栄養価が高く、いろいろは栄養素が広範囲で含まれている食材なので、非常にダイエットに適していると言えます。

1日1食の置き換えダイエットなら気軽に始められそうです。まずは試しに一週間くらい実践してみてはいかがでしょうか?