平泳ぎ30分の消費カロリーは白ご飯1杯分!水泳は食中毒予防・ダイエットに効果的!?平泳ぎで痩せる理由を徹底解説します!

水泳ダイエットというのをご存知でしょうか?水の抵抗を利用した水泳ダイエットは、じつに効率よくカロリー消費が出来るとして、ここ最近注目をあびています。さらに、ダイエットだけでなく、これからの季節に気になる食中毒の予防法としても推奨されているのだそうです。誰でも簡単にできる平泳ぎで免疫力をアップし、ダイエット効果で理想のボディも手に入れましょう!平泳ぎの効果的なやり方もご紹介します。

食中毒に負けないためには水泳が効果的?

もうじき、食中毒が気になる季節の到来です。食中毒というと、どこか飲食店で口にした食事が原因だと思われがちですよね。しかし、じつは私たちが普段食べている家庭の食事でも発生するのです。

毎日あたり前にしていることが、思わぬ食中毒を引き起こしてしまう。それは何故でしょうか?これには、どうやら免疫力が大きく関係しているようなのです。

免疫力を向上させれば、こわい食中毒を未然に防ぐことも可能なのだとか。その「体を鍛えて免疫力をアップする」という面において、水泳が効果的だと言われています。

水泳の中でも比較的簡単に出来る平泳ぎなら、初心者にとっても続けやすいのではないでしょうか。今回は、その平泳ぎがもたらす効果や、気になる消費カロリー、さらに効果的なやり方についても解説します。

平泳ぎはダイエットに効果的?

専門家によると、水泳はダイエット効果がとても高いと言われています。というのも、全身をまんべんなく動かす運動になるからだそうです。脂肪燃焼をしたい、ダイエットで理想のボディを手に入れたいという方にオススメなのです。

水中は、陸上と違って水の抵抗があります。そのため、ゆっくりと平泳ぎをするだけで全身の筋肉をバランスよく使うことが可能です。陸上での有酸素運動や筋トレをするのが苦手という方、今日から平泳ぎで効率よくダイエットをしてみませんか?

平泳ぎのカロリー消費量はどのくらい?

平泳ぎ30分の消費カロリーは白ご飯1杯分

20代で50kg台の女性が、平泳ぎを30分間したと仮定しましょう。すると、消費カロリーは約260kcalになります。このカロリーは茶碗1杯分の白ご飯に相当します。

平泳ぎ1時間の消費カロリーはエビピラフ1人前

上と同じ条件で平泳ぎを1時間したとすると、消費カロリーは520kcalです。ちなみに、このカロリーはエビピラフ1人前(約300g)のカロリーと一緒です。

平泳ぎ1kmの消費カロリーはシュークリーム1個分

50kg台の20代女性が平泳ぎで1kmの距離を泳いだとすれば、消費カロリーは170kcalです。これはシュークリーム1個分のカロリーと同じといったところです。

ちなみに、これは25mを30秒という比較的ゆっきりとしたペースで泳いだ場合の消費カロリーです。きちんとスイミング教室に通って、もっと速く泳いでいるという人は、消費カロリーもこれより高くなるでしょう。

他の運動との消費カロリー比較

1.平泳ぎ30分=クロール17分

平泳ぎ30分で消費するカロリーは、クロールだと17分間消費できます。この時の消費カロリーを計算すると、およそ260kcalほどになります。より効率よく脂肪を燃焼したい方は、平泳ぎではなくクロールにすると良いでしょう。

2.平泳ぎ30分=バタフライ27分

平泳ぎ30分は、バタフライ27分の消費カロリーと同じくらいになります。この数値を見て、あなたは平泳ぎとバタフライのどちらを選びますか?得意な方で良いでしょうが、だいたいの人にとって平泳ぎのほうが楽だと思います。

3.平泳ぎ1km=ウォーキング3.7km

平泳ぎを1km泳ぎきる場合の消費カロリーは、5km/1時間で3.7km歩いた時のカロリーとだいたい一緒になります。ちなみに、このペースで3.7km歩くのには、およそ45分かかります。

4.平泳ぎ1km=ジョギング3.2km

スローペースでジョギングした場合を考えてみましょう。平泳ぎ1km分の170kcalを消費するには、3.2km走る必要があります。水中での運動がいかに効率が良いか分かりますね。

5.平泳ぎ1km=腹筋315回

平泳ぎ1kmで消費できるカロリーを腹筋運動に置き換えてみましょう。すると、腹筋だと315回必要だという結果になりました。腹筋315回とは、気が遠くなりますね。筋トレが得意ならばよいでしょうが、なかなか大変な回数だと言えるでしょう。

平泳ぎのダイエット効果と痩せる理由とは

ダイエット効果

水の抵抗に逆らっておこなう水泳ダイエットは、ダイエット効果が絶大です。そのなかでも、平泳ぎは他の泳ぎ方と比べると楽に泳ぐことが出来ると言えます。

ダイエットにおいては、短時間の激しい運動が求められるのではなく、負荷の軽いものを長時間する方が脂肪燃焼の効果が高いのです。平泳ぎに関しては、30分以上ゆったりと泳ぐことで、高いダイエット効果を得ることが出来ます。

痩せる理由

想像してみてください。陸の上では簡単に歩くことが出来ますが、水中で歩くとなると水の抵抗によって思うように前へと進めないはずです。抵抗に逆らって泳ぐ際、力を入れて前へ進まないといけなくなり、全身の筋肉を使うことになります。

その結果、全身にバランスよく筋肉がつき、その筋肉のおかげで脂肪が燃えやすくなるのです。苦しい筋トレやジョギングを行うより、平泳ぎでゆっくりと泳ぐことで、ストレス解消にもなる画期的なダイエット方法だと思います。

筋肉が付くと基礎代謝があがる

平泳ぎによって全身にバランスよく筋肉が付くと、基礎代謝が上がります。というのも、基礎代謝の中で最もエネルギー消費が多いのは筋肉だからです。基礎代謝とは、寝たり起きたり、内臓を動かしたりという、身体を動かす基本的なエネルギーのことを言います。

基礎代謝をあげて、普段の生活で使われるエネルギー量を増やすことがダイエット成功の鍵になってきます。全身の筋肉を効率よく鍛えることが出来る平泳ぎは、まさにダイエットの救世主と言えるでしょう。

平泳ぎの基本姿勢

1.キック

まずは足の動きから見ていきましょう。肩幅に足を曲げて広げ、その足を外側に蹴り出して足を伸ばします。その状態から、両方の足を挟むようにして足を閉じましょう。

「膝を曲げる・蹴り出す・挟み込む」という、3つの動きを繰り返します。このリズムが平泳ぎにおけるキックの基本です。

2.腕の動き

すっと前に出した両手の平を、腕よりも外側に広げるようにして水をかきます。この時、肘が上にあがらないようにして、円を描くようにするのがポイントです。水をかいた後は、両手の平を胸の前で合掌するようにして、また伸びの状態に戻ります。

3.息継ぎ

次は、大事な息継ぎに関してです。息継ぎが上手く出来ないと、平泳ぎを長く続けることは出来ないので、しっかりマスターしましょう。

腕で水をかく動作が終わったら、そのまま息継ぎの動作に移ります。この時、脇をキュッとしめて背筋を伸ばします。そして、水面から体が出すぎないようにして顔をあげましょう。

平泳ぎで痩せる!効果的なやり方3つ

1.30分以上泳ぎ続ける

長い時間にわたって泳ぎ続けることで、脂肪が燃焼しやすくなります。平泳ぎであれば、誰にでも比較的泳ぎやすいスタイルなので、30分以上泳ぐことも可能だといえるでしょう。

2.スピードはゆっくりと

平泳ぎダイエットにおいて、スピードの速さは全く必要ありません。自分が気持ちよく泳げるペースで、ゆったりと泳ぎましょう。

3.大きく手足を動かす

同じ時間を泳ぐのであれば、手足を大きく動かしたほうがカロリー消費の効率が良くなります。浮力を上手に使い、大きく手足を動かしましょう。

水泳で脂肪を燃焼させるために必要な栄養素

1.タンパク質

水の抵抗に逆らって行う平泳ぎによって、身体の筋肉は破壊されます。その傷んだ筋肉を修復させるためには、良質のタンパク質をとることが重要です。

肉類や魚類、大豆製品、卵などの料理を選ぶと良いでしょう。また、タンパク質は運動後30分以内に吸収のピークを迎える為、あまり時間をあけずに食事をとることがオススメです。

2.糖質

水泳選手の食事法として、カーボ・ローディングという方法がよく知られています。これは、トレーニングで燃やした筋肉のグリコーゲンを補給することです。

ダイエットにおいても、このグリコーゲンが肝心です。脂肪やアミノ酸もエネルギー源になるものの、グリコーゲンは脂肪やアミノ酸に比べて分解されやすく、効率的にエネルギーが供給出来ます。

ダイエットにおいて糖質は避けられがちですが、グリコーゲンを補給するのに最も良い方法として糖質を摂取することが望ましいと、最新の研究でも確認されているのです。

3.ビタミンC

ダイエットとなると、脂肪や炭水化物ばかりに気を取られがちですが、ビタミンCの摂取も忘れないで下さい。ビタミンCはコラーゲンの合成を助けて、筋肉が出来るのを促してくれます。

4.効率よく摂取するには牛タン定食・焼き魚定食がオススメ

平泳ぎによるダイエット効果を得たいのであれば、牛タン定食や焼き魚定食がオススメです。肉や魚でタンパク質を摂取し、白ご飯で糖質も摂ることが出来ますね。

さらに、牛タンや魚にレモンを絞れば、ビタミンCまで摂ることが出来るのです。定食の副菜としてサラダがついていると完璧ですね。

生野菜からビタミンやミネラルを摂取することによって、ダイエット効果が上がります。もし生野菜がついてくる場合、食事の初めに食べるようにすれば脂肪の吸収も抑えられます。

まとめ

食中毒対策としての免疫力アップ、そして、ダイエット。両方に良いとされている水泳を、今日から始めてみませんか?平泳ぎであれば、初心者でも簡単に始めることが出来ます。

プールが併設されてあるスポーツジムやスイミングクラブなどでは、ダイエット指導も行っているようです。それらを上手く活用して、ダイエットを成功させたいですね。