ダイエットピルって本当に痩せるの?自分にあったダイエットピルは?

「ダイエットに挑戦するけど、なかなか痩せない」、「ダイエットが辛くて長続きしない」そんな人は少なくないと思います。飲むだけで痩せると噂のダイエットピルは、本当に痩せるのでしょうか?ダイエットピルについてまとめましたので、チェックしてみましょう。

ダイエットピルとは?

ダイエットピルは、標準体重を大きく上回っており肥満に悩んでいる人に対し、痩身目的で医師から処方される薬です。

通称、やせ薬とも言われています。

医療機関でのみ処方可能であり、痩身を目的とした医薬品です。

ダイエットは、「食事制限」か「運動を行う」のどちらか、もしくは両方の組み合わせです。ダイエットピルは、「食事制限」の部分を服用することによりダイエットを手伝ってくれる薬です。

たとえばあなたの肥満が健康を害するほどのものであるならば、医師に相談してダイエットピルの使用を検討してみてもいいかもしれません。
正確な情報があまり知られていないダイエットピルについての基礎情報をまとめました。

ダイエットピルの特徴

ダイエットピルとして代表的なのが、サノレックス(食欲抑制剤)と、ゼニカル(脂肪吸収阻害剤)です。

・食欲抑制剤では、食欲が落ちて摂取カロリーが減ることにより、痩せていきます。

・脂肪吸収阻害剤では、炭水化物や脂っこい食事の体内吸収率を低下させることにより、痩せていきます。

このようにダイエットピルを飲むことで、食欲を抑制したり、脂肪の吸収を抑えてくれるため、従来のダイエットと比べて過剰な食事制限や運動が必要ありません。

ダイエットピルを服用することで、ダイエットで一番辛い空腹に耐えることから開放されます。辛いことから開放されるということは、精神的ストレスが少ないということです。

そのため従来のダイエットよりも、ダイエットピルは継続しやすいのが特徴の1つです。ダイエットピルは無理なくダイエットをするための心強い見方になってくれます。

ダイエットピルとダイエットサプリメントの違いは?

ダイエットピルは医療機関のみで処方されている痩せ薬です。効く仕組みが明らかになっているため、薬として扱われています。

薬は原因に直接的に働きかけ効果があります。逆に直接働きかけるからこそ、副作用がある事も忘れてはいけません。医師の指示に従って、正しく服用することが大切です。

一方、ダイエトサプリメントは、健康補助食品というカテゴリーになります。サプリメントは「足りないもの」を補う目的で使用し、健康の維持や増進が目的です。そのため、効き目がはっきり分かるものではありません。

ダイエットサプリメントでは、脂肪の燃焼を助ける成分が入っているものが多いようです。そのため、飲むだけでは体重減少などの効果が表れにくく、プラスで運動を取り入れないと効果が得られにくいようです。

もちろん、ダイエットサプリメントも副作用がないとは言い切れません、多情摂取によっては健康被害を促す危険性もあるため、正しく使用しましょう。

どんな人がダイエットピルに向いてるの?

ダイエットの悩みは?
あなたはダイエットにどんなイメージを持っていますか?

「食事制限が大変」、「たくさん運動して脂肪を燃焼させないといけない」、「やめるとすぐリバウンドする」こんなイメージを持ってる人が多いのではないのでしょうか?

実は、ダイエットピルをはじめた人は、こんな悩みをもっている人が多いようです。

・辛いダイエットはしたくない
・健康的に痩せたい
・無理なく食事制限をしたい
・運動をするときにもっと効率よく脂肪燃焼させたい

なんだか、ダイエットというと辛いイメージがありますが、ストレスなく取り組めそうな気がしますね。

あなたのライフスタイルはダイエットピルに向いてる?
では、実際のライフスタイルと照らし合せると、どんな人がダイエットピルに向いているのでしょうか?
チェックしてみましょう。

・ダイエットに失敗したことがある
・食事の量が多い
・空腹が我慢できない
・リバウンドを避けたい
・脂っこい食事や外食が多い
・暴飲暴食をなくしたい
・健康的に痩せたい
・間食をしてしまう

どうですか?
当てはまるものがありましたか?

1つでも当てはまった人は、ダイエットピルでのダイエットが向いているかもしれません。

ダイエットピルの入手方法

病院で処方してもらう

ダイエットピルは医師に処方してもらう痩せ薬です。

そのため、肥満外来のある内科や、もしくは美容クリニックで医師から処方してもらうことが出来ます。標準体重を上回っていなくても、希望があれば美容クリニックでは処方して貰うことができます。

病院では医師のアドバイスを受けながら、個人の体質やライフスタイルにあったダイエットを行うことが出来ます。一人で行い自己流になりがちなダイエットは挫折の原因にもまりますが、医師の指導の元でダイエットを行うため挫折しにくいというメリットもあります。

主なダイエットピルの紹介

ここでは、ダイエットピルで代表的なサノレックス(食欲抑制剤)と、ゼニカル(脂肪吸収阻害剤)について、ご紹介します。

クリニックで取り扱っているダイエットピルもこの2つが多いようです。

サノレックス(食欲抑制剤)

サノレックスは、厚生労働省が認可している唯一のダイエットピルです。

サノレックスはマジントールという成分が、満腹中枢に直接作用し食欲を制限します。空腹感が少なくなり食欲が抑えられ、ダイエットピルでは食欲制限剤にあたります。

少ない食事量でも満腹感や満足感を得ることが出来、我慢することなく食事の量が減ります。空腹感を感じることが少なくなるため、食べ物に執着しやすい人にも効果があります。

我慢をしなくても食事の量が減るため、計画的なダイエットをすることが出来ます。

また、サノレックスは唯一認可を受けている薬のため、BMI35以上の人は保険を適用することが出来、費用を安く抑えることができます。

※BMI=体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

サノレックスはどんな人に向いてるの?

食欲を抑えることから、

・以前にダイエットで食事を我慢できずに失敗したことがある人
・食事量が多い人
・食べ物に執着がある人
・空腹感を感じやすい人
・間食が多い人
・無理なくダイエットをしたい人

自分で食事制限が出来ない人や、食事の量を減らしたい人に向いています。

サノレックスを飲んではいけない人は?
・妊娠している人
・低体重の人
・重症の高血圧の人
・うつ状態、精神疾患のある人
・脳血管に異常のある人
・重症の心臓・肝臓などの病気を持ってる人
・小児

上記以外にも、ダイエットピルを処方してもらうときは、持病や常用している薬を医師に申告し、相談することが大切です。

サノレックスの飲み方は?

1日1回、昼食前に1錠服用します。

昼食前に服用する理由は睡眠障害を引き起こす可能性があるためです。飲むのが遅くなってしまうと、寝つきが悪くなる可能性があります。

また、サノレックスの服用期間は最大3ヵ月です。これは、サノレックスには依存性があるためです。そのため3ヵ月を経過したら、一度服用を止める必要があります。効果が効いてきた場合でも、必ず一度中断することになります。

止めたとたんにリバウンドしないために、医師と相談して正しく服用することが大切です。

サノレックスの副作用は?

主な副作用は、

・便秘になりやすい
・口の中が渇く
・睡眠障害
・吐き気

こうやって副作用を並べるとなんだか怖くなってしまいますが、重大な副作用の可能性は低いようです。医師の指示のもと、3ヵ月以内で服用する分には危険な薬ではないようです。

しかし、やはりお薬であるため、人よっては合う合わないがあります。医師と相談し正しく服用することが大切です。

サノレックスのまとめ

サノレックスは食欲が制限されるお薬ですので、飲むだけで計画的なダイエットのお手伝いになります。

空腹感が抑えられることから、ダイエットにおける食べれないというストレスを軽減するメリットはとても大きいものです。

また、サノレックスは新陳代謝もアップする効果があります。そのため、食生活の改善や軽い運動を取り入れると、相乗効果により全体重の5~10%の減量を達成できるともいわれています。

早く痩せたい場合は、食生活の改善と軽い運動を取り入れるとよいでしょう。

ゼニカル(脂肪吸収阻害剤)

ゼニカルは、太る原因である脂肪分の吸収を抑えてくれます。

太る原因の脂質や脂肪分を体内に吸収するとき、リパーゼという酵素が必要になります。ゼニカルでは、このリパーゼの働きを抑えることができるため、結果として脂肪分の吸収を抑えることになります。

食事中に含まれる脂肪分の約30%は体内で消化されることなく、そのまま便として体外に排出します。

このゼニカルは食欲や食事制限をすることなく、体内に取り入れる脂肪分を減らし便として排出することで体重を減らしていく薬です。今までと同じ食事を続けてもダイエットをすることが出来るため、無理な食事制限をすることがなく痩せることができます。

また、ゼニカルは脂肪の吸収を大幅にカットするためコレステロール値を下げたり糖尿病や高血圧といった病気の危険を回避することにも繋がるようです。

アメリカでは、米国FDA(医薬品を認可する機関)で正式に認可されており、多くの肥満治療に用いられており、安全性の高いお薬です。

ゼニカルはどんな人に向いてるの?

脂肪の吸収を抑えてくれることから、

・脂っこい食事や、外食が多い人
・食事の量を減らすのが辛い人

に効果が表れやすいといえるでしょう。

食事制限を行わず、無理なくダイエットをしたい方に向いています。

ゼニカルを飲んではいけない人は?

・妊娠中の人
・授乳中の人
・胆石症の人
・消化吸収に関する病気を持ってる人
・肝臓や腎臓に関する病気を持ってる人

ゼニカルは自由診療ですが、飲み合わせに注意が必要な薬もあるようです。処方してもらうときは、必ず医師に確認しましょう。
ゼニカルの飲み方は?
食事中、もしくは食後の1時間以内に水で1カプセル服用します。

脂肪分の吸収を抑える薬のため、食事を摂らないときや、脂肪分のない食事では服用する必要がありません。逆に脂っこい食事をするときに特に効果を発揮することが出来ます。

ゼニカルの副作用は?

脂肪を便として排出するため、以下のような副作用が現われる場合があります。

・下痢
・急な便意
・油分や脂肪分を含んだ排便
・おならが出やすくなる
・ビタミン不足

脂肪を便として排出するため、副作用も便にまつわるものが多いです。便に関する副作用は、飲み始めの1週間でよく見られ、4週間で徐々に軽減していくことが多いようです。中には数ヶ月にわたって続く人もいます。

脂肪分を食べ過ぎると便に大量の油が出るため、下痢気味になりやすいです。ゼニカルは下痢の症状が出やすく、おならと一緒に便が出てしまうこともあり、症状が落ち着くまでナプキンをするなどして対策をする人が多いようです。

人によっては、脂肪分の多いものを食べると下痢気味になると体が覚え、自然と脂肪の多い食事を避けるようになるそうです。そのため、いつの間にか食事改善に繋がり、リバウンドしない体作りをすることができるようです。

下痢気味になることが、悪いことだけではないようです。

ゼニカルのまとめ

食事抑制の薬ではないため、今までと同様の食スタイルでもゼニカルを服用することでダイエット効果を期待することができます。もちろん、早く痩せたい場合は食生活も見直すとよいでしょう。

胃腸に関する症状はありますが、脂肪が身体に吸収されないというのは、とても安全です。

しかし一方で、ゼニカルは脂肪に溶けているビタミンの吸収も減少してしまいます。綺麗に痩せるために、ビタミン不足を果物や野菜、またはサプリメントで補いましょう。

サプリメントでビタミンを補う場合は、ゼニカル服用の前後2時間は避けて取るようにしてください。

果物や野菜も取り入れたバランスよい食事やサプリメント等で、ビタミンを補うことで綺麗に痩せることが出来ます。

フルファスト(食欲抑制剤)

フルファストは、美容外科や美容クリニックでも推奨されているという「食欲抑制剤」です。これはダイエット中に悩まされることが多い、過度な空腹感を抑えて、食べ過ぎを防止してくれます。食欲が抑えられると、当然食べる量は減りますから、ダイエット効果が期待できるという訳です。

フルファストは舌下スプレータイプや、ガムタイプがあります。どちらも舌下の粘膜から有効成分の「L-5ヒドロキシトリプトファン」が体内に吸収されることで、セロトニンの生成を促す効果をもっています。

セロトニンに精神を安定させる効果があることはよく知られていますが、実は同時に満腹中枢を刺激し食欲をコントロールする作用ももっているのだそうです。フルファストはそんなセロトニンの生成を促進し、食欲を抑えることで、ダイエットに役立つと言われています。

フルファストはどんな人に向いてるの?

フルファストは食欲を抑えて、食べ過ぎを防ぐ効果をもっているので、

・ダイエット中の過度な食欲を抑えたい人
・食べることが好きな人
・ついつい食べ過ぎてしまう人
・夜食や間食がやめられない人

に効果が出やすいと言えます。「ダイエット計画を立てても、過度な食欲のせいでうまくいかない」という方に、おすすめです。

フルファストを飲んではいけない人は?

・妊娠中の人
・授乳中の人
・糖尿病の人

以上の人は、フルファストの使用を避けるべきだと言われています。また他になにか薬を服用している人などの場合、なんらかの影響が出る可能性があります。処方して貰う際は、必ず医師に確認するようにしましょう。

フルファストの飲み方は?

こちらでは、フルファストの摂取方法についてご紹介します。

●フルファスト「舌下スプレータイプ」
フルファストの舌下スプレータイプは、1日5回、舌下にスプレー(1回3プッシュ)します。成分は口内から吸収されるので、すぐに飲み込まずに2~3分間は口内に含むようにしましょう。効果は使用後わずか5分で現れ、2時間持続するとのことです。

1日5回の摂取は、「朝食前」「朝食と昼食の間」「昼食前」「昼食と夕食の間」「夕食前」のタイミングが推奨されています。

●フルファスト「ガムタイプ」
フルファストのガムタイプは、小腹がすいた時などに1日3~4個を目安に食べます。長く噛むほど効果が期待できるとのことですから、毎回10~15分ほどかけてガムを噛むようにしましょう。

ガムを食べると舌下スプレータイプと同じように、食欲を抑えてくれますし、口寂しさを紛らわせる効果も期待できます。

フルファストの副作用は?

フルファストは食欲抑制剤ですが、特に副作用はないと言われています。臨床試験でも副作用報告はなく、依存性もないようです。なお副作用がないのは、フルファストの成分が植物由来の安全なものだからだと言われています。

とはいえ舌下スプレーに慣れていない方は違和感を覚えるなど、人によって合う、合わないはあります。またどんなに安全と言われる薬であっても間違った使い方をすると、なにが起こるかわかりません。ですから用法・用量を守って、正しく使用するようにしましょう。
フルファストのまとめ
食欲はダイエット中の最大の悩み、と言っても過言ではないでしょう。食欲さえわいてこなければ食べ過ぎることもありませんし、計画した通りにダイエットを進めることもできますよね。

こちらでご紹介したフルファストは、セロトニンの生成を促し、満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる「食欲抑制剤」なので、過度な食欲にお悩みの方にぴったりと言えます。

舌下スプレータイプならシュッとスプレーするだけ、ガムタイプなら噛むだけ、と摂取方法が簡単なのも嬉しいですね。またフルファストは他のダイエット方法と併用すると、相乗効果が期待できます。フルファストの利用にプラスして、食生活の見直しをしたり、運動をとり入れたりして、更にダイエット効果アップを狙うのがおすすめです。

まとめ

どうでしたか?自分に合ったダイエットピルは見つかりましたか?

ダイエットを始めときは、自分がなぜ太ってしまったかという原因を知ることが大切です。ダイエットピルだから、どんなものでも選んでもいいということはなく、普段のライフスタイルや食生活に当てはめて選びましょう。

ダイエットピルは医薬品であり痩せる効果があるといえますが、使用するときは医師と相談して正しく服用してください。

ダイエットに挫折した人も、ダイエットを始めてみたい人も、ダイエットピルで計画的なダイエットを始めてみませんか?