脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェルの効果と人気おすすめランキング

暖かくなってきて、ファッションでボディラインや肌を見せるお洋服を着る機会が多くなってきました。脚や二の腕、ウエストラインなどが気になるけれど、すぐにダイエットは難しそう。そんな人におすすめなのが、脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェルです。人気商品や気になるところを集中的にスリムにするためのテクニックなどを徹底的にリサーチしました。

脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェルで愛されボディに

薬局やコスメショップ、通販などでよく見かける脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェル。使ってみたいけれど本当に効果があるのか?と思っている方もいるのではないでしょうか?脚や二の腕、ウエストラインなどがボディの中で細くしたいところがあるけれど、すぐにダイエットは難しそう。
そんな人におすすめです。また、スリムになれるだけでなく、美肌成分が配合されているので、つるつるすべすべの愛されボディになれちゃいます。

脂肪燃焼クリームやジェルは脂肪細胞を活性する

脂肪には2種類あるのをご存知ですか?体に貯めこんで、太らせる「白色脂肪細胞」と白色脂肪を燃焼させる働きのある「褐色脂肪細胞」の2種類です。「白色脂肪細胞」は全身にあって、脂肪をどんどん貯めこんでいきます。それに対して、脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」は首の周り、脇の下、肩甲骨の周り、腎臓などに限られ、体内のエネルギーを熱に変え体温を保つ働きがあります。
この褐色脂肪細胞がきちんと働いていると、代謝が上がることで脂肪が燃焼され、やせやすい体になるのです。脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェルには褐色脂肪細胞を活性化し、代謝をあげる成分が含まれています。

肌の奥まで有効成分を浸透することで効果があがる

肌の皮膚から成分を浸透させて脂肪細胞に働きをかけますから、せっかくの有効成分も浸透して脂肪細胞に届かなければ意味がありません。脂肪燃焼クリームの中には、粒子を細かくして肌の奥まで浸透するようにしているものが多くあります。
また、ボディマサージを行うことでも肌に浸透させることができるので、マッサージをしながら塗っていくのがおすすめです。きちんと浸透させることで、気になるセルライトやむくみを無くすことができます。

脂肪燃焼クリームは効果的に脂肪の分解をしてくれる

脂肪を分解してくれる「褐色脂肪さいぼう」。この褐色脂肪細胞が活性化すると、脂肪を分解する酵素、脂肪燃焼リパーゼがたくさん作り出されます。それにより、体が溜まった脂肪をエネルギーに変わりやすい状態になりますから、普段より痩せやすい体になります。
脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェルをつかうと、痩せやすい体にする酵素をたくさん作れる状態になるので、効果的にシェイプアップできます。

脂肪燃焼クリームの効果をあげるコツとは?

塗るだけでは効果は低い

肌の皮膚から成分を浸透させて褐色脂肪細胞まで届いても、残念ながらそれだけだと効果は薄いのです。 より褐色脂肪細胞を活性化させて、いらない脂肪を燃やしてもらうためにはもうひと工夫必要です。 ちょっとひと手間で痩せる効果がアップします!

マッサージしながら揉み込むことで脂肪燃焼効果がアップ

褐色脂肪細胞を活性化して体を痩せやすい状態にしながら、より代謝をあげ効果を高めるには脂肪燃焼クリームを揉み込みながらマッサージするのがおすすめです。心臓から遠いところから心臓へ向かってマッサージしていきます。まずは足先や指先、脚や腕、つづいてお腹という風に血液の流れを意識して、リンパマッサージしていきます。
心臓リンパの流れがよくなると、身体の老廃物が体外に効率よく排泄されるようになり、脂肪が燃焼されるとともにむくみが無くなっていきます。

気になるまぶたには専用クリームがおすすめ

腫れぼったい一重まぶたがコンプレックス。という悩みをよく聞きます。脂肪燃焼クリームやジェルで脂肪が燃焼されて、すっきりした目元になれたら嬉しいけれど、デリケートなまぶたに塗っても大丈夫でしょうか?
脂肪燃焼クリームやジェルは代謝をあげるために、唐辛子エキスやジンジャーエキスなど、顔にぬるには刺激が強い成分が含まれている場合があります。ですから、顔よりデリケートなまぶたに使うのはやめた方がいいです。
使うなら、ナイトアイボーテなどの目元専用のクリームがおすすめです。まぶたの脂肪に働きかけてくれ、>二重まぶたになるのも夢ではありません。

運動や食事で効果をあげよう!

水泳やウォーキングなど有酸素運動がおすすめ

運動には、サッカーなど激しい運動で多くエネルギーを使う「無酸素運動」とウォーキングや水泳など穏やかに15分位上かけてゆっくり動く「有酸素運動」があります。脂肪を燃焼させるなら、「有酸素運動」の方が効果的です。有酸素運動では血液に含まれているエネルギーを使用しています。脂肪燃焼させるためには血液に含まれているエネルギーが不足してくれないと十分に燃焼してくれません。
血液に含まれているエネルギーではなく筋肉のエネルギーを消費する無酸素運動よりも必要としている有酸素運動のほうが効率的に脂肪燃焼できるのです。

食事のカロリー管理でさらに効果アップ

一日に自分が摂取しているカロリーを知っていますか?1日に100kcalを減らすと、脂肪は10~12.5kgへり、体重は15~25g減ります。
1ヶ月つづければ、450~750gは痩せられることになります。 カットしたカロリーの分痩せることができるので、自分が普段食べているカロリーの総量を算出して、そこからどのくらい減らすかを決めましょう。

人気のクリーム&ジェルをランキング!ベスト3はこちら

1位 LiPiA(リピア)

人気読者モデル&ブロガー瀬賀しおりさんがプロデュースした話題のスリミングクリーム。
クリニックでも使用されている「絞れる成分」と「厳選美容成分」を配合しています。 ベタベタしない塗り心地や香りが良いのも人気の理由です!

2位 Venus Lab(ヴィーナス・ラボ)

ユニスリム、グラウシン、しょうがエキスなど代謝をあげる成分が配合されたボディマッサージジェルです。
体の気になるところをマッサージして、すっきりとしたボディを演出します。 ふわっと香るローズの香りが人気です!

3位 b.glen(ビーグレン)

ビーグレン ボディマッサージクリーム(150g) 8,100円 (税込)
マッサージで脂肪を細かくしながら、引き締まったボディラインに整えていきます。
カフェインやLカルニチンを浸透させながら脂肪が燃えやすいコンディションをつくる成分に加えて、美肌へ導くコエンザイムAを配合。愛されボディを作ります!

本当に効果がある!?と心配な場合には?

インターネットの口コミを見てみよう

使ってみたい脂肪燃焼クリームがあるけれど、本当に効果があるか、自分に合うか分からなくて買えない。そんな時はインターネットで口コミを探してみてください。
「商品名 効果」「商品名 効果」などでサーチすると、実際に使った方の感想などが多数ヒットしてきます。
また、ショッピングサイトのレビューを参考にするのもおすすめです。例えば、唐辛子成分が入ったクリームが肌に合うか、熱さや痛みなどがないかなど、実際に使った人のリアルな感想が聞けるので参考になります。

ドラッグストアやショップで買うときは店員さんに聞く

自分にあった脂肪燃焼クリームが分からなかったり、商品について分からないことがあったら、店員さんに聞いてみましょう。
ドラッグストアなら薬剤師や販売員の資格があり薬効成分について専門知識のある方がいらっしゃいますし、ショップの店員さんも商品について勉強している方が多いです。
特に人気商品については詳しいはずですから、ぜひ声をかけて聞いてみましょう。

気になるところをシェイプアップ

いらない脂肪を分解する「褐色脂肪細胞」の働きを活性化させ、気になるところの脂肪やむくみをとってくれる脂肪燃焼クリームや脂肪燃焼ジェル。
効果的に使えば短期間で愛されボディになれそうですね。 特に夏までにビキニが着たいとか、ウェディングまでに引き締めたいなど目的がある方は早速お気入りの1本を見つけましょう!