【脂肪燃焼スープでダイエット】7日間ダイエットの方法や注意点を徹底解説!スープの作り方やアレンジレシピも教えます!

今すぐダイエットしたい!そんな人におすすめなのが脂肪燃焼スープダイエットです。7日間スープを飲んで、決まった食事をするだけでダイエットができる短期集中ダイエット!脂肪燃焼スープの作り方やダイエットの方法を紹介します。

脂肪燃焼スープダイエットで健康的に痩せる!

ダイエットでいつも失敗しているという人におすすめなのが「脂肪燃焼ダイエット」です。他のダイエットよりも食事を我慢したり、激しい運動をしなくてもいいので、誰にでもやりやすいダイエットとしてインターネットを中心に話題になっています。

ダイエットをすると、栄養の偏りなどから、肌荒れや便秘に悩むことがありますよね。せっかくきれいになりたくてダイエットをしているのに、不健康な痩せ方をしてしまうのは本末転倒です。脂肪燃焼ダイエットは、栄養も偏らないため、肌荒れや便秘などに悩むことなくできるダイエットなので、美容が気になる女性のダイエットに最適です。

短期間で結果ができるので、大事なイベントやデートの前に集中して痩せたいときにもおすすめです!

脂肪燃焼スープダイエットについて

脂肪燃焼スープダイエットとは?

脂肪燃焼ダイエットは、野菜スープを中心に食事をする7日間の集中ダイエットです。決められたルールを守って食生活をするだけなので、誰でも簡単に行うことができます。

元々は、心臓病の外科手術の時に、肥満患者の減量を短期間で行うために用いられている方法でした。病院で行われている減量方法なので、体に負担が少なく安心してできることから、健康的に痩せられると注目され、ダイエット法としても人気になったそうですよ。

脂肪燃焼スープは、使用する食材が便通を良くするため、体内の毒出し効果もあります。今までのダイエットでなかなか痩せないと感じていた人や、日頃体の不調を感じやすい人は、食生活が乱れていることがあります。食生活を改善することで、体内の毒出し効果によって、体質も変化していくので、効果を実感しやすくなりますよ。

脂肪燃焼スープダイエットの効果

脂肪燃焼スープには、高い脂肪燃焼効果があることがわかっています。太ってしまう原因は、体内に脂肪や糖分が余分についているからですが、腸内に毒素が溜まっていると、脂肪や糖分をよけいに吸収してしまいます。毒素が溜まっていると、血液もドロドロになってしまうため、肥満だけでなく、病気を引き起こすこともあります。

脂肪燃焼スープには毒出しの効果があるため、体に溜まった毒素を排出し、便通も良くしてくれます。そのおかげで代謝が良くなり、自然と体重が落ちていき、さらに脂肪がつきにくい体にしてくれます。血液もきれいになり、免疫力も強くなるので、病気にもなりにくい体質に改善することもできますよ。

脂肪燃焼スープダイエットに向いている人

脂肪燃焼スープは野菜を多く摂ることができるので、野菜好きな人は、苦痛を感じずに続けることができるでしょう。また、7日間だけ集中して行うダイエットなので、飽きやすくて長期のダイエットが苦手という人も行いやすいですね。料理が苦手な人も、食材をただ煮込めばいいだけなので、誰でも簡単に作ることができますよ。

食事を美味しく楽しみながらダイエットをしたいという人も、脂肪燃焼スープはいろいろな味にアレンジすることができるので、ダイエットをしている感覚がなく続けることができるのではないでしょうか。今まで運動ダイエットや、同じものだけを食べるダイエットに失敗してきたという人も、脂肪燃焼ダイエットなら成功できるかもしれませんよ。

口コミ

脂肪燃焼ダイエットを実践した人の口コミ体験談には、「7日間で-5kg痩せた!」という声や、「始めてからお腹周りや首周りがスッキリした!」という声があり、効果を感じている人が多いようですね。他にも「便通が良くなった。」「口内炎が治った」という声もあり、体質が改善したと実感している人もいます。

中には、「味が単調でつまらない。短期間ならなんとか我慢できるかな…」と不満を感じている人もいます。脂肪燃焼スープは基本的なレシピはありますが、アレンジすることで味に変化をつけることができます。それぞれ自分に合ったやり方で行うことで、よりストレスを感じずにダイエットしやすくなりますよ。

しかし、中には、めまいなど体調の異変を感じている人もいるようです。正しい方法で行っていなかったり、体質に合わないダイエット法だと、体調を崩してしまう場合もあるでしょう。体調に異変を感じたら、すぐにダイエットを中止しましょう。中止しても体調が回復しない場合には、必ずお医者さんに相談しましょう。

脂肪燃焼スープの基本のレシピ

<作り方>
1.野菜を好きな大きさにカットする。
2.材料を鍋に入れ、材料がかぶるくらいの水を加え、野菜が好みの固さになるまで煮る。
3.最後に唐辛子を加えて沸騰させ、塩こしょうで味を調え出来上がり。

野菜を切って全ての材料を鍋で煮込むだけなので、料理が苦手な人でも、簡単に作れます。生姜や唐辛子などを入れると、味にインパクトがでますし、代謝が良くなり、脂肪燃焼効果を上げることができますよ。

脂肪燃焼スープは、カロリーが80kcal程度なので、お腹がすいたらこのスープを食べるようにすれば、自然とダイエットをすることができます。出来上がった時には、量の多さに驚いてしまうかもしれませんが、人によっては一日で食べ終えてしまう量なので、たくさん作っておくといいですね。

脂肪燃焼スープダイエット7日間の食事方法

1日目 スープとバナナ以外の果物の日

脂肪燃焼スープダイエットをスタートしたら、1日目はスープとバナナ以外の全ての果物だけで食事をします。水分は水か甘味料の入っていない果物ジュースだけにしましょう。お腹がすいたらいくらでも食べていいので、我慢をせずに楽しみながら食事をするといいですね。

果物もバナナ以外でしたら何を食べてもいいので、自分の好きな果物を食べてください。果物ジュースで飲んでもいいですが、そのまま食べる方が満腹感を感じることができます。りんごなどは皮ごと食べることで、栄養をまるごと摂取することができますよ。

果物ジュースは甘味料が入っていない100%果物ジュースを飲むようにしましょう。市販の果物ジュースだと添加物などが入っていることがあるので、なるべく手作りのものを飲むことをおすすめします。

脂肪燃焼スープダイエットを始めるのは、体調が万全なときにしましょう。脂肪燃焼スープダイエットは栄養を充分摂取できるダイエットですが、急激に食生活が変化することで、人によっては体調を崩すことがあります。必ず体調を確認してから始めてください。また、女性はホルモンバランスの影響で痩せにくい時期があるので、生理後など痩せやすい時期から始めると効果が出やすいでしょう。

2日目 スープと野菜の日

2日目は脂肪燃焼スープと野菜だけを食べるようにしましょう。脂肪燃焼スープの中に、自分の好きな野菜をプラスしてもいいです。調理法は自由なので、それぞれ調理法を変えて、たくさんの野菜を食べましょう。但し、豆やスイートコーンは食べてはいけません。また、調理の時にバターや油、砂糖は使わないことが大切です。その他でしたらどんな調理でも構いません。

サラダやおひたし、油を使わない野菜のグリルなどもいいですね。焼いたり茹でたりすることで味に変化がでますし、料理の品が増えることで、食卓も賑やかになりますよ。夕食には、頑張っているご褒美としてベイクドポテトを食べてもOKです。少量のバターなら加えてもいいので、美味しく食べましょう。

3日目 スープと果物と野菜の日

3日目は、1日目と2日目に食べていたものを全て食べることができます。脂肪燃焼スープと果物、野菜を好きなだけ食べましょう。食べられるものが増えるので、ストレスもあまり感じずに過ごせますね。但し、ベイクドポテトはNGなので、食べないようにしましょう。果物を食べる時には、朝4時〜11時の間に食べるといいですよ。

3日目になるとスープの味に飽きてくることもあります。お肉やデザートなど普段食べているものが食べたくなる時でもあり、3日目で断念する人も多くいます。この時期が頑張り時ですので、基本のスープレシピだけでなく、アレンジレシピを活用したり、野菜や果物の調理法に工夫をすると続けやすくなるでしょう。

この頃になると、体重の変化も起きてきて、早い人だと2〜3kg痩せていることがあります。体重に変化が出ることでやる気も出てきますね。体重に変化が出ていない人も、焦らずに続けることが大切です。もっと痩せたいからといって、食事の量を減らしたり、食事をとらないでいると、栄養が足りなくなってしまい、体調を崩す危険があります。脂肪燃焼スープダイエットの方法を必ず守って続けてくださいね。

4日目 スープとバナナとスキムミルクの日

4日目はスープとバナナ3本とスキムミルク(無脂肪ミルク)500mlを食べ、水をたくさん飲むようにしましょう。バナナはカロリーが高く、炭水化物やたんぱく質が摂取できます。食物繊維も豊富なので、便秘解消にも効果的です。

スキムミルクは牛乳から脂肪と水分を除いたもので、牛乳と同じ栄養を摂取することができます。バナナと同じく、カロリーと炭水化物、たんぱく質が摂取できますし、カルシウムも補うことができます。炭水化物、カルシウム、たんぱく質を摂取することで、甘いものが食べたいという欲求を抑えることができますよ。

バナナとスキムミルク、水と氷をミキサーで混ぜることで、バナナシェイクを作ることができます。デザート感覚で味わうことができるので、そのまま食べるのに飽きてしまった人は試してみましょう。

また、バナナは美容や健康効果も高く、温めることで、さらに効果をUPすることができます。電子レンジ500w~700wで30秒~40秒温めるか、フライパンで焼き目がつくまで1分程度焼くと、甘みを増して美味しく食べられますよ。温めることで善玉菌も増え、腸を冷やさないので、腸内環境を良くすることもできます。

5日目 スープと肉とトマトの日

5日目は、350g〜700gの赤身の牛肉か、または鶏肉か煮魚を食べることができます。ひさびさのお肉や魚に嬉しくなってしまいますね。ローストビーフや胸肉のグリルなど、油を使わない調理で作るようにしましょう。トマトも最大6個まで食べていいので、いろいろな食べ方で楽しむといいですね。

生のトマトが苦手だという人は、お肉や魚にかけるソースにしたり、脂肪燃焼スープに入れて食べてもいいでしょう。トマトは温めることで栄養価が高くなるのでおすすめですよ。

急激なダイエットをすると、脂肪が分解される時にケトン体という物質が血液中に増えて、尿酸が排出されにくくなることがあります。尿酸が溜まってしまうと、高尿酸血症や痛風などの病気を引き起こすことがあるので、尿酸を排出ためにも水分をたくさん摂ることが大切です。

脂肪燃焼スープは最低でも1杯は食べるようにして、体から尿酸を排出させるためにも、6〜8杯の水を飲むようにしましょう。

6日目 スープと牛肉と野菜の日

6日目はスープと牛肉と野菜を食べていい日です。牛肉の量にも制限がないので、2〜3枚のステーキや焼き肉でもOKですよ。牛肉はなるべく赤身のものがいいので、ヒレ肉やランプ肉などを選ぶといいですね。ステーキソースやタレは使わずに、醤油や塩こしょうなどシンプルな味付けで食べましょう。

ダイエットなのにたくさん牛肉を食べていいの?と思うかもしれませんが、脂肪燃焼スープダイエットは、栄養が偏らないように効率良くダイエットができる方法になっています。ダイエット中にはある程度のたんぱく質を摂る必要があり、牛肉にはたんぱく質が豊富に含まれているので、不足しているたんぱく質を補うためにも食べるようにしましょう。

ベイクドポテトを除く野菜も食べていいので、牛肉と野菜のグリルや、煮込み料理などいろいろな調理で作ってみましょう。そのままサラダや蒸して食べてもいいですね。6日目になると脂肪燃焼スープを飲むのがいやになってきているかもしれませんが、最低でも1杯は飲むようにしましょう。スープの中にお肉を入れたり、味をアレンジをして飽きないように工夫してみてください。

7日目 スープと玄米と野菜、果物ジュースの日

脂肪燃焼スープダイエットの最終日の7日目は、スープと玄米と野菜、甘味料の入っていない果物ジュースだけを食べるようにしましょう。ようやく炭水化物が食べられるため、朝からたくさん食べたくなるでしょうが、体を慣れさせるためにも、3食に分けて量を増やしていってください。

玄米の量に制限はありませんが、胃に負担をかけないためにも、腹八分目を意識してい食べるようにしましょう。玄米には、栄養が豊富に含まれていて、食物繊維もたくさん入っているので、普通のごはんよりも栄養価が高くなっています。便秘解消の効果もあるので、ダイエットには最適なお米ですよ。

玄米は、普通のごはんよりも硬いので、よく噛んで食べるため満腹感も感じやすいです。玄米が苦手だという人は、リゾットにスープと混ぜてリゾット風にして食べるといいですね。焼きおにぎりにしたり、クスクス代わりにサラダと一緒に混ぜるなどアレンジをして食べましょう。

7日目を終えたら、普通の食事に戻りますが、ダイエット中の食事よりも摂取カロリーは増えるので、1kgは戻ると思っておきましょう。7日間ダイエットを終えると、案外スープだけでもお腹がすかないものだと感じることがあります。ダイエット効果を感じたら、大幅なリバウンドをしないためにも、それまでの食生活を見直してみるといいですね。

脂肪燃焼スープダイエット中の5つのルール

飲酒はNG!

脂肪燃焼スープダイエットをしている時には、飲酒をするのはやめましょう。飲酒をしてしまうと、せっかく体の中の脂肪を排出しようとしているのに、邪魔をしてしまいます。脂肪燃焼スープダイエットを始める時には、前日から飲酒をやめておきましょう。体内にアルコールが残っている状態で始めてしまうと、ダイエット効果が弱まってしまいます。

脂肪燃焼スープダイエット中は、なるべく外食や飲みの席には参加しないようにして、食事を管理するようにしましょう。もし、途中で飲酒をした場合は、24時間後にもう一度スタートしましょう。途中で飲酒をしてしまっても、諦めずにもう一度始めることが大切です。たった7日間でも、お酒好きな人には飲酒をやめることはつらいかもしれませんが、今までのお酒の量を考えるいいチャンスだと思って頑張りましょう。

炭酸飲料はNG!

脂肪燃焼スープダイエット中は、炭酸飲料は禁止になっています。炭酸飲料は砂糖や甘味料がたくさん使われているので、せっかく食事で糖分を制限しても効果がなくなってしまいます。ダイエットコーラなど低カロリー系の炭酸飲料ならいいだろうと思ってしまうこともありますよね。しかし、最新の研究では、ダイエットコーラなどに低カロリー系の炭酸飲料を飲むことで、お腹周りに脂肪が溜まりやすくなると指摘されています。

わたしたち人間は、味覚からカロリーを判別して自然と食事の量を制御しています。しかし、低カロリー系炭酸飲料に使用されている人工甘味料はその機能を混乱させるため、甘いものを求めてしまうようになります。脂肪燃焼スープダイエットの時には、甘いものが食べたいという欲求が出てくるので、低カロリー系の炭酸飲料を飲むことで、さらに欲求が強くなることがあるので飲まないようにしましょう。

どうしても炭酸水を飲みたくなったら、炭酸水を飲むといいでしょう。近年では、フレーバー付きの炭酸水も増えてきていますから、無味が苦手という人は試してみましょう。フレーバーがついているだけでジュース感覚で飲むことができますよ。

炭酸水は炭酸ガスによって胃が膨らむので、お腹がすいた時に飲むと空腹感を紛らわすことができます。腸を刺激して腸のぜん動運動を活発にする働きもあるので、便秘解消にも効果的です。また、血行促進効果もあるので、冷え性の人にもおすすめです。

飲み物は、水・お茶・ブラックコーヒーのみOK

飲み物は、水・お茶・ブラックコーヒーだけを飲むようにしましょう。脂肪燃焼スープダイエット中は、食べるものや飲むものが制限されています。果物ジュースやスキムミルクなどを飲んでいい日以外は、水・お茶・ブラックコーヒーだけで過ごすようにしましょう。ジュースには糖分が含まれているので、決められた日以外に飲んでしまうと、せっかくのダイエットの効果がなくなってしまいます。

日頃からジュースを飲んでいる人にとってはつらいかもしれません。しかし、7日間を終えた頃には、甘いジュースを飲みたいという欲求が薄れていることもあります。また、7日間後に飲んだジュースの甘さにびっくりすることもあるでしょう。日常的にクセになっていただけで、実はそれほど必要ないものだと気づくと思います。

ダイエット中にどうしてもジュースを飲みたくなった時には、野菜や果物を食べてもいい日に手作りのジュースを作ってみましょう。野菜や果物の甘みを感じることができるので、欲求も満たされるはずです。

揚げ物や砂糖・甘味料はNG!

揚げ物や砂糖、甘味料はダイエット中は摂らないようにしましょう。炭酸飲料と同じように、人工甘味料もNGです。甘いものが食べたくなった時には、果物を食べていい日に甘みの強い果物を食べるようにするといいですね。果物は焼いたり温めたりすると甘みが増すので、調理法を工夫して満足感を得るようにしましょう。

また、パンや小麦などの炭水化物も一切食べてはいけません。ごはんやパンなどを好きな人は、肥満になりやすいことがありますね。日常的に食べているものですから、我慢するのはつらいかもしれません。脂肪燃焼スープダイエットの最終日、7日目には、玄米を食べることができるので、その日を目標に頑張って我慢しましょう。

脂肪燃焼スープダイエットを終えた後には、揚げ物や甘いものなどを我慢していた分、開放感からたくさん食べてしまうことがあります。ダイエットを終えた後は、普通の食事に戻すことで1kg程度体重が戻ってしまうことがありますが、食べ過ぎてしまうとせっかく痩せた分もリバウンドしてしまいます。胃に負担をかけてしまう危険があるので、ダイエットが終わった後からといって、揚げ物や甘いものを食べ過ぎないように注意が必要です。

牛肉は鶏肉や煮魚に変更OK!

5日目と6日目は、お肉を食べていい日になっています。牛肉の他にも鶏肉や煮魚に変更してもいいので、自分の好きなものを食べましょう。しかし、お肉を食べていいからといって、脂身がたっぷりとついたものはやめておきましょう。牛肉ならヒレ肉やランプ肉など赤身の肉にして、鶏肉の場合はササミや胸肉の食べるようにするといいですね。鶏肉の皮は脂が多いので取り除いて食べましょう。

豚肉は脂が多く、茹でても脂が落ちにくいため、ダイエット中はあまり向いていない食材です。脂肪燃焼スープダイエットを終えた後にも、なるべく豚肉は避ける人は多いようです。

調理法も工夫することで、余計な脂をとるのを抑えることができます。牛肉は網焼きにすると余分な脂を落とせますし、ローストビーフなどは脂が少なく、出来上がったものを買ってこれるので便利でしょう。鶏肉は塩やコンソメで味をつけたお湯で茹でて、細かくほぐすと食べやすくなります。サラダやスープと一緒に食べるといいですね。

煮魚だと砂糖を使えないことから、味が薄く食べづらいこともあります。煮魚に飽きてしまったら、焼く時に油を使わなければ、焼き魚もおすすめです。サンマなど脂の乗った魚であっても、焼き魚にすることで余分な脂を落とすことができます。

脂肪燃焼スープの保存方法

冷凍保存がおすすめ

脂肪燃焼スープは、一度に大量に作るため、1日では食べきれない人もいるでしょう。夏場や温かい部屋に鍋のまま置いておくと、腐ってしまうことがあり、お腹を壊してしまうかもしれないので注意が必要です。脂肪燃焼スープは鍋のまま冷蔵保存して毎日火をかける方法もありますが、一食分づつ保存容器に移して、冷凍保存しておくといいですね。

脂肪燃焼スープはお腹がすいた時に、いつでも食べるので、一食ごとに冷凍しておくことで、電子レンジで温めればすぐに食べることができます。いろいろなアレンジレシピで作っておいて、保存しておくと気分によって食べるスープを変えることもできるのでおすすめです。

保存期間はどのくらい?

脂肪燃焼スープの保存期間は、鍋のままならなるべくその日のうちに食べ切るようにしましょう。冷蔵庫で保存している場合は、春〜夏場でしたら1日〜2日程度で食べ切るといいですね。冷凍保存は、2週間程度保存することができるので、7日間は充分に美味しく食べることができます。

保存期間はあくまでも目安ですので、スープが酸っぱく感じたり、異変を感じたら食べるのはやめてください。脂肪燃焼スープダイエットの期間は、スープダイエットが主食になるため、大量に作っても1日で食べ切ってしまうことがあります。始めから少なく作ってしまうと、足りなくなることがあるので、多めに作って保存しておくといいですね。

脂肪燃焼スープのアレンジレシピ

1.キムチも入れて脂肪燃焼効果UP!

脂肪燃焼スープの基本的な味に飽きてきたら、キムチを加えてみましょう。キムチを加えることで、唐辛子のカプサイシンによる効果で、脂肪燃焼をさらにUPさせてくれますよ。発汗作用もあるので、新陳代謝を上げる効果もあります。

基本の作り方にキムチを加えるだけなので、調理にも手間がかかりません。作る時にの煮込んで食べる方が美味しいですが、保存しているスープにあとからキムチを加えるだけでも、さっぱりと美味しく食べることができますよ。

2.豆乳のポタージュで気分をチェンジ

基本的な脂肪燃焼スープを作ったら、なめらかになるまでミキサーで混ぜ合わせます。鍋にミキサーにかけたスープを戻し、1/3〜1/2カップの豆乳を加えて軽く煮立たせたら完成です。

脂肪燃焼スープを食べていると、味に変化がないことから飽きてしまうことがありますよね。そんなときには、豆乳ポタージュにすることで、いつもと違った味を楽しむことができます。スキムミルクで作ってみてもいいですね。スキムミルクの場合は、大さじ1〜2杯をスープに足すとクリーミーさが増します。あらびきこしょうやバジルなどで味を締めればさらに美味しく食べられるでしょう。

3.和風で食べたいなら味噌で決まり!

和風の味付けを楽しみたいなら、基本の脂肪燃焼スープに、味噌を足してみるのもおすすめです。チキンスープの素でもいいですが、昆布など和風だしを入れると、味わいも変わって美味しくなりますよ。味噌に含まれる大豆イソフラボンには、抗酸化作用があるため、生理不順や更年期障害にも効果があります。女性には嬉しい効果のある食材ですので、ぜひ試してみましょう。

また、大豆には食物繊維が含まれているので、腸内をきれいにしてくれる効果もあります。遊離リノール酸は、メラニンの合成を抑える働きがあるので、シミやソバカスが気になっている人にも効果的です。ダイエットと一緒に美容効果を高めるのにいいですね。

4.カレー粉を入れてアレンジ!

日本人が好きな味といえば、カレー味ですよね。脂肪燃焼スープにもカレー粉を入れることで、飽きていた味も食べやすくなります。基本の脂肪燃焼スープの具は、カレーにもぴったりな食材を使っているので、美味しく食べることができます。

カレー粉を入れる時に気になるのがカロリーです。カレー粉は市販のカレールーを使ってしまうとカロリーが高くなってしまいます。また、カレールーの中には、小麦粉が入っているので注意しましょう。脂肪燃焼スープに入れるのは、スパイスだけで作られたカレー粉を使うといいですね。

5.余ったスープでスープパスタ

脂肪燃焼スープダイエットが終わった後、作り過ぎてスープが余ってしまったということもあるでしょう。余ったスープをそのまま食べるのが飽きたという人は、パスタを入れてミネストローネ風にして食べると美味しいですよ!余ったスープにホールトマトを足して、鶏肉を入れればチキントマトのスープパスタになります。

脂肪燃焼スープダイエットが終わった後には普通の食事をしてもいいですが、いきなりカロリーの高いものや油っぽい食事をしてしまうとリバウンドをしやすくなります。まずは、今までの脂肪燃焼スープに食材を足して食べていくと、体も慣れてきます。

まとめ

脂肪燃焼スープダイエットは美味しい食事をしながら痩せることのできるダイエットです。早めに効果が出る人もいるので、7日目の前に目標体重まで痩せた時には、途中でやめても大丈夫ですよ。

脂肪燃焼スープダイエットがつらいと感じる人も、今までの食生活を見直す期間だと思って、最後まで諦めずに続けてみましょう!