グレープフルーツでおいしくダイエット!楽痩せも短期決戦も夢じゃない!?

グレープフルーツの効能を利用したダイエットが人気です。グレープフルーツの香りの効果で、無理せずおいしく楽しくダイエットする方法、そしてで短期決戦で痩せる「新国立病院ダイエット」、あわせてご紹介します。

グレープフルーツダイエットって?

ダイエットしたいと思っている人なら一度は聞いたことがあるかもしれないグレープフルーツダイエット。グレープフルーツダイエットはテレビ番組や雑誌など多くのメディアで取り上げられ、実際に挑戦して成功した、という声もよく聞かれます。

ですが、これはもちろんグレープフルーツだけを食べ続ければダイエットできる、というものではありません。以前主流だった1つのものだけを食べて痩せる「単品ダイエット」は、やっている最中が大変なだけでなく、不健康でリバウンドしやすいため決しておすすめできない方法です。

そこで今回は、グレープフルーツのダイエット効果を上手に利用して、おいしく楽しくヘルシーにダイエットする方法をご紹介します。

グレープフルーツのダイエット効果

フレッシュで爽やかな香り、ほのかな甘みとほどよい酸味が特徴のグレープフルーツ。グレープフルーツの良さは素晴らしい香りとスッキリとした味わいだけでなく、ビタミンC、クエン酸、リモネン、ペクチン、ビタミンB1、ナイアシン、カリウム、ヌートカトンなど栄養豊富なところにもあります。1個食べれば1日の必要量をほぼ摂取できるビタミンCをはじめ、ダイエット、美容、健康など様々な良い効果をもたらす栄養が豊富な、優秀な食品なんです。

グレープフルーツで痩せる秘密は、香り成分ヌートカトンとリモネンにあります。これらの成分は、体内で脂肪を燃やす働きがある「UCPタンパク質」の活動をサポートする働きをします。体内の脂肪燃焼を促進して脂肪をつきにくくするだけでなく、すでについてしまった脂肪の量を少なくする働きもあります。食べることで脂肪や体重の減少が期待できるという、ダイエットにはピッタリの食品なんです。

また、グレープフルーツのほのかな苦みの元であるナリンギンには、食欲を抑えて食べ過ぎを予防し、食事量を減らして満腹感を得やすくしてくれる働きがあります。

さらにグレープフルーツ自体は、肥満の大きな原因となる糖質が少なく低カロリー。サイズにもよりますが1個あたり70~90kcal程度なので、毎日食べてもカロリーの心配は要らないというメリットもあります。

グレープフルーツダイエットのメリット

おすすめするグレープフルーツダイエットは、食事をすべてグレープフルーツに置き換えるような単品ダイエットとは全く違うものです。3食きちんと食べる食生活にグレープフルーツを取り入れる方法なので、栄養が偏ったり空腹に悩まされる心配はありません。ヘルシーで続けやすいのも大きなポイントです。

また、このグレープフルーツダイエットの最大のメリットは、効果が早くあらわれること。うまくいけば1週間程度ではっきり体重計の針の位置が変わるほど減量することもあります。なかには1周間で3kg以上減ったという人も少なくありません。成果がすぐに目に見えて現れるのでモチベーションを保ちやすく挫折しにくいのも、成功者が多い理由の一つです。

グレープフルーツダイエットのやり方

グレープフルーツダイエットは、いくつかやり方があります。それぞれ効果ややりやすさに多少の違いが出てくるので、ライフスタイルや食生活、どれくらい痩せたいかなど、自分の好みや希望に合った方法を選びましょう。

グレープフルーツダイエット~お手軽バージョン

グレープフルーツダイエットのカギとなるのが、香り成分ヌートカトンとリモネン。これらの香りの効能を利用して食欲を抑えるのが、最も手軽な方法です。

やり方はとても簡単でシンプル。食前にグレープルーツを食べたり、よく香りをかいで食欲を抑える効果を利用するだけです。最も効果的なのは、食事前にグレープフルーツの香りをたっぷり堪能してから食べる方法です。しかし、毎食ごとにグレープフルーツを食べるのが難しい場合は、グレープフルーツのエッセンシャルオイルの香りをかぐだけでも効果があります。

グレープフルーツダイエット~確実痩せバージョン

グレープフルーツダイエットでもっと確実に減量を目指すなら、朝食と夕食をグレープフルーツ1個に置き換える方法がおすすめです。ルールは3つ、とても簡単です。

1.朝食はグレープフルーツ1個と豆乳1杯。お好みで野菜をプラス。
2.昼食は好きなものを食べてOK。
3.夕食はグレープフルーツ1個と豆乳1杯の他に、おかずや野菜を食べる。

朝食と夕食は主食を食べないので、お腹が空きそうで心配ですよね。でも、グレープフルーツの香りをしっかりかいでおけば、食欲が抑えられ空腹に悩まされることがなくなります。

やり方は自分のライフスタイルに合わせて

グレープフルーツダイエットは、自分の食生活やライフスタイルに合わせてやるといいでしょう。まずは手軽に始めたいなら、食前にグレープフルーツの香りをかいだり食べたりして、なおかつ食事量がやや少なめになるよう調整。しっかり確実に痩せたいなら、朝食と夕食をグレープフルーツメインで。もしくは中間をとって、グレープフルーツを食事前に食べ、主食を半分に減らしたり食事量を6~7割に減らすなどの方法でも効果が期待できます。

グレープフルーツダイエットの注意点

グレープフルーツダイエットで効果を出すには、いくつか注意点を押えておきましょう。

1.グレープフルーツの香りを数分かいでから食べる。
2.朝起きてすぐに香りをかぐ。
3.グレープフルーツに砂糖やハチミツなどをかけず、そのまま食べる。
4.加工せずそのまま食べる。

グレープフルーツの香りは、朝起きてすぐにかくのが最も効果的です。というのも、朝起きてから午前中までは交感神経が優位になる時間帯なので、このタイミングで香りをかぐことで代謝アップを図ることが出来るのです。

グレープフルーツの種類はなんでもOKですが、よりおすすめなのが果実が赤いルビーグレープフルーツ。果実の赤いグレープフルーツは、強い抗酸化作用を持つリコピンやベータカロテンが豊富。そのため、アンチエイジングや美肌など美容効果にも期待ができるんです。

グレープフルーツの食べ方はそのままがおすすめです。ジュースやスムージーにしても効果はありますが、生のまましっかり噛んで食べた方が、満腹感がアップします。

無理なく痩せられるグレープフルーツダイエット

グレープフルーツの香りで無理なく食欲を抑えて食べる量を減らし、摂取カロリーを減らしつつ香り成分ヌートカトンとリモネンの働きで脂肪を減らす。グレープフルーツダイエットはダブルの香り効果で、頑張って食事制限をしなくても、自然とダイエットを進めることができる方法なのです。

グレープフルーツを利用した「新国立病院ダイエット」

グレープフルーツの効果を取り入れたダイエット方法は、医師の指導による食事制限にも用いられています。それが、「国立病院ダイエット」。これは、食事に卵、グレープフルーツ、牛乳を取り入れ、カロリーを1日の最低限必要である1200kcalに抑えるというもの。元々は病院で医師の指導の元で行われていましたが、その効果が話題となり一般に広まって人気となりました。

しかし、「すぐに痩せる」「太りにくくなる」という評判の一方、栄養の偏りや極端な食事制限によって体調や健康状態に悪影響が出るケースも報告されていました。

そのため、これを改善した「新国立病院ダイエット」が生み出され、また新たな評判を呼んでいます。これは「国立病院ダイエット」の栄養面の偏りを直し、糖尿病や肥満患者の治療のために病院で行われている食事療法を取り入れたもの。低カロリーでありながら必要な栄養が摂れるもので、1日3食バランス良くおいしく食べ、2周間で無理なく確実に痩せられると人気を集めています。

新国立病院ダイエットのルール

新国立病院ダイエットは2週間限定。短期決戦のダイエットなので、成果を出すためにはルールを逸脱しなようきっちりやることが大切です。

1.2週間
ダイエット期間は2週間限定。それ以上やると、栄養失調や貧血などの恐れがあります。再びやる場合は1ヶ月以上間を空けてからやりましょう。

2. 1日1200kcal
2週間の間はなにがあっても1日1200kcalを厳守。食べ過ぎてしまった場合は、その後の食事を制限して1日1200kcalを超えないよう調整しましょう。

3. 1日何度も体重測定
体重は1日の間でもタイミングによってかなり変わります。起床直後、食事後、寝る前など、決まった時間に体重を量る習慣をつけましょう。毎日同じタイミングで測定し、体重を記録しておくのがおすすめです。

4. 食事時間を一定に
毎日の食事は、時間をしっかり決めて摂るようにしましょう。食事時間を一定にすることで、エネルギーとして消費しやすくし、脂肪を溜め込みにくくします。

5. よく考えて食べる
なんとなく……や食べたいから……だけで食事をするのではなく、よく考えて食事をするようにしましょう。甘いものや脂っこいものの誘惑に負けないよう、常にクールに!

6. ノンカロリー食品に頼らない
カロリー制限をするならノンカロリー食品を食べよう、と思いがちですが、これはNG。必要な栄養が取れないと満腹感を得ることができず、かえって食べ過ぎたりストレスが溜まったりしてしまいます。

7. 朝食を食べる
朝食分のカロリーは日中にエネルギーとして消費してしまうので、食べたからといって太りやすくなることはありません。朝食を抜いてしまうと血液中のブドウ糖が減少し、脳が働かなかったり集中力が出ないなど、日中の活動に影響が出てしまうこともあります。

8. 一口30回以上
食事をはじめて20分ほどたつと、満腹中枢が刺激されて満腹感を得られます。20分以内で食べてしまうと、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまうことになりかねません。ゆっくり時間を掛け、一口ずつ良く噛んで食べる習慣をつけましょう。

新国立病院ダイエットの基本食品

新国立病院ダイエットで取り入れる基本の食品は「卵」「牛乳」「グレープフルーツ」の3つ。ただしこれらは同様の栄養を含む食品に置き換えることが可能です。

卵、または……

卵は、良質のたんぱく質を含む食品にチェンジしてもOKです。おすすめは鶏もも肉、牛ヒレ肉、鶏のささみ、鮭、かつお、まぐろ、いか、えび、豆腐などです。

牛乳、または……

牛乳は、カルシウム豊富な食品であれば置き換え可能です。和食に合わせて、しらすやちりめんじゃこ、ひじき、オクラなど。洋食に合わせるなら、チーズ、ヨーグルトがおすすめです。

グレープフルーツ、または……

グレープフルーツは、同じくビタミンCの豊富ないちご、ブロッコリー、トマト、ピーマン、にんじんなどに置き換え可能です。ただし、グレープフルーツのダイエット効果は抜群なので、できるだけ置き換えずにグレープフルーツを食べるようにしましょう。

新国立病院ダイエットの具体的なやり方

具体的にどんな食事をすればいいのか、モデルケースをご紹介します。

朝食

朝食は基本の卵と牛乳とグレープフルーツにパンを1枚かご飯を軽く1杯。パンの種類や卵の調理法を変えて、飽きが来ないようアレンジするといいでしょう。

ただし、パンはクロワッサンや菓子パン、調理パンなどを選ぶと一気にカロリーが跳ね上がるのでNG。ライ麦パンやロールパン、フランスパンなど、シンプルな食事パンを選びましょう。卵料理は、油を使わずヘルシーに仕上げるのがポイントです。

昼食

昼食はパンやお弁当で手軽に済ませてしまいがちですが、できるだけ400kcal以内に抑えたいのでヘルシーなメニューを厳選する必要があります。

おにぎりなら昆布や梅などのあっさり具材。野菜サラダや海藻サラダ、ひじきの煮物は低カロリーで栄養豊富なのでぜひプラスしたい一品です。パンなら小さめの食事パンや野菜サンドがおすすめ。昼食も、できるだけカットしたグレープフルーツを持参するなどして、食事のはじめに食べるようにしましょう。

夕食

夕飯はカロリーの調整がしやすい自炊がおすすめです。豆腐や野菜中心のメニューにするといいでしょう。食前にグレープフルーツの香りを楽しみ、よく味わってから食べて食欲をセーブしましょう。遅くとも20時までには夕食を終え、脂肪を蓄えにくい状態をキープしましょう。

まとめ

香りだけでダイエットに効果を発揮するグレープフルーツ。ビタミンやカリウム、食物繊維など栄養豊富なので、食べるとさらにダイエットや健康、美容など様々な面で大いに役立ちます。

食事前のグレープフルーツ習慣で気軽に楽しく痩せるもよし、新国立病院ダイエットの短期決戦で確実に痩せるもよし、自分のスタイルで無理なくストレスフリーにダイエットに励んでくださいね。