歯が白いとそれだけで清潔感もアップ、爽やかで綺麗な印象を人に与えることができます。逆にせっかくお手入れをしていても歯にシミや汚れがあったら台無しになってしまいます。歯を白くするためにホワイトニングの施術を受けたり、自分でケアをしている人もたくさんいらっしゃるでしょう。今回は白い歯を保つためのケアや注意点についてお話しします。

白い歯は七難隠す…歯を白くしたいという方へ

ずいぶん前に「芸能人は歯が…」なんていうキャッチコピーもありましたが、歯が白いというのはそれだけで好感度がアップしますよね。逆にせっかく素敵な印象を持っても何かの拍子に歯が汚れていたり、シミや虫歯があるとちょっとがっかりしてしまいます。

それだけ歯が白いという事は人の印象を左右するものなのです。ですから、ホワイトニングやケアはとても大事です。でもちゃんと毎日歯を磨いているのに、歯の一部に斑点が出来たり、一部だけ色が付いていたりするのはどうしてなのでしょう?歯を綺麗に白くするために歯が汚れて見えてしまう原因や正しいケアの仕方について見てみましょう。

歯を白くしたい!歯のホワイトニングについて

誰もが白い歯には憧れるでしょう。いろいろな方法を試している人もいらっしゃるかと思います。でも、歯を白くするためにしているその努力が実際あまり効果がなかったり、逆に歯を傷つけてしまったりすることもあります。ここでは、自宅でできる方法から歯医者さんで行ってもらうホワイトニング法等、比較的安全で効果的と思われる方法をご紹介します。

自宅でできる歯のホワイトニング法

<h3>自宅でできる歯のホワイトニング法</h3>
自宅でできる方法は以下のようなものが考えられます。いずれも手軽にできる方法になりますが、劇的に歯が白くなるという事は期待できません。ある程度白くなったり、ツヤが出る程度と考えましょう。

(1)美白用歯磨き粉を使う
注意したい点は歯を白くしたいからといって粗い研磨剤の入った歯磨き粉を使う事は避けましょう。一時的には白くなるかもしれませんが、歯の表面に傷がつくとその傷に汚れがつき、着色しやすい歯になってしまいます。

(2)歯のマニュキュアをぬる
これは綺麗に塗るにはテクニックがいるようです。手先が器用なはずの歯医者さんが試してみても斑らになってしまったそうなので、うまく塗るのは難しいかもしれませんね。

(3)歯の消しゴムを使う
市販の歯の消しゴムはだいたいシリコンゴムに研磨剤が含まれています。やりすぎは歯を傷つけ、研磨剤の歯磨きと同様に着色しやすくなる恐れがあるので注意しましょう。

歯医者で歯を白くする方法

歯医者さんで白い歯にしてもらう方法は正にピンからキリまで色々あります。以下に挙げてみましょう。

(1)歯石を取る
まず、歯石を取ってもらう事です。歯石には黄色や黒く色づいたものがあり、歯の周辺についている歯石を落としてもらう事である程度歯を白くできます。歯石が付いていると歯の表面もザラザラしてしまうため、余計に歯に色がつきやすくなるのです。

(2)専門の機械で取ってもらう
一度ついてしまった歯の汚れ、着色は歯をみがいてもなかなか綺麗には落とせません。歯医者さんで専門の機械で取ってもらうようにしましょう。ただし、タバコのヤニなどは落ちにくく、落としてもまたすぐについてしまう事を知っておきましょう。

(3)ホームホワイトニング
歯医者さんで歯型に合わせたマウスピースを作ってもらい、自宅でホワイトニングをする方法があります。1〜2週間かけてゆっくりと色素を抜いていきます。効果は1〜2年くらいは持ちます。

(4)アミノ酸エアーフロー
粒子の細かいアミノ酸パウダーを歯に吹き付ける方法で汚れ色を落とす事ができます。

(5)リナメルトリートメント
粗い研磨剤などで歯の表面に傷が付いている人は前項でもお話ししたように傷に汚れが付着しやすくなります。歯を磨くのではなく、このような傷を埋める事を繰り返して歯の表面をなめらかにしてさらに色がつく事を防ぎやすくなります。

(6)オフィスホワイトニング
薬剤を塗って歯の色素を抜く方法です。手っ取り早く歯を白くしたい人には効果的ですが、半年〜1年くらいしか保ちません。

(7)ダイレクトボンディング
歯の表面をプラスチックの材料を覆う方法で、ピンポイントで色が違う場合には有効です。しかしプラスチックは4〜5年くらいで変色してしまいます。

(8)ラミネートベニア
ホワイトニングでは白くできないくらい強い変色がある人や何度もホワイトニングをするのが面倒という人にオススメです。しかし歯の表面を一層削り落としてセラミックを貼り付けるという、結構大掛かりな施術になります。また、セラミック自体は薄いので、歯ぎしりなどがある人には向きません。金額もそれなりにかかります。

(9)セラミック
最も歯を白くできて長持ちできる最強の方法で、芸能人がよく行う方法でもあります。ただし、歯を削る量はラミネートベニアよりも増える事になります。

白い歯を手に入れるにはどのくらい費用がかかる?

歯医者さんで白いはにしてもらう時に気になるのはその費用です。治療方法によってもその値段は大きく変わります。

まず歯石の除去や専門の機械を使うクリーニングは歯周病の治療として行えば保険が適用され、金額は¥3,000程でできます。

リナメルトリートメントは保険適用外になります。歯科医院によっても違いますが大体¥2,500〜¥15,000と開きがあります。事前に金額を確認しておくのも良いでしょう。

マウスピースを作ってもらって自宅で行うほーうホワイトニングは薬剤さえ追加すれな何度でもできて経済的とも言えます。費用は大体¥10,000〜¥50,000程度です。

色素を抜くオフィスホワイトニングは歯、1本あたり大体¥2,000〜¥3,000位です。上下20本やるとなると¥40,000〜¥60,000はかかる事になりますね。

ダイレクトボンディングは虫歯の治療として行えば、保険が適用されます。およそ¥1,500〜¥2,000程です。歯を白くするためだけですと自費診療となります。どこまで白い歯を追求するかによって、プラスチックを何層にも重ねて歯の色を合わせていくので、金額も変わってきます。歯1本あたり、¥10,000〜¥30,000程度を目安とすると良いでしょう。

セラミックは金属アレルギーになったり 歯茎が黒くなったりする事はありません。口の中でも安定していて変色や劣化することのない素材でしかも虫歯になりにくいというメリットもあります。しかし保険診療として認められていないので金額も高額になります。その形や仕様によっても値段は変わってきます。

ラミネートニベアは、もちろん、保険適用外です。金額としては歯1本で¥90,000〜¥150,000。オールセラミックで部分的に歯を被せるセラミックアンレーというものだと平均して1本、¥50,000〜¥100,000くらい。

セラミックで差し歯にするセラミッククラウンというものにすると一般的な平均金額は約¥70,000〜¥150,000、歯と歯を繋げるセラミックブリッジとなると3本のブリッジで¥270,000〜¥450,000と高額になっていきます。

歯の一部に白い斑点が!これは何?

歯の一部に白いや黒い斑点がある事ってありませんか?この斑点の正体はいったいなんなのでしょうか。虫歯?それとも・・・。ここでは歯の一字にできる斑点の正体とどのようにな治療法があるのかをご紹介します。

歯のホワイトスポットと呼ばれる斑点

歯の一部に白い斑点がある場合、それはホワイトスポットと呼ばれています。歯の表面のエナメル質が形成不全を起こしているのです。エナメル質石灰化不全症とも言います。エナメル質形成不全はエナメル質が形成される8歳くらいまでに何らかの影響を受けて歯の成長が一時的に阻害され流ことが原因となります。

その要因としては下記のようなことが挙げられます。
(1)栄養不足
(2)高熱を伴う病気
(3)外傷
(4)フッ素濃度の高いものの過剰摂取

この他にも遺伝性も関係していると言われています。

ひょっとしたら初期の虫歯かも

一般的にホワイトスポットができるのは歯磨きが十分に行き届いていない事でもできると言われています。歯の表面にあるエナメル質は透明感があります。しかしプラークと呼ばれる歯垢が作り出す酸によって歯の表面が白く濁るのです。
虫歯の初期症状の時はそのままにしておくと虫歯が進行してしまいます。ホワイトスポットに気がついた場合は虫歯かどうか歯医者さんで診てもらう事をお勧めします。

歯の斑点を予防法と治療法

虫歯が原因で発生するホワイトスポットであればしっかりと歯を磨き、それ以上進行させないようにする事が基本的な予防法になります。その他にも虫歯であれば歯医者さんでフッ素を塗ったり、クリーニングを受けて治しましょう。

その他の原因でできるホワイトスポットは歯磨きでは防げないので下記の治療法を試してみてください。
(1)ホワイトニングで斑点を目立たなくする
斑点は白く濁っているので、周囲の歯の色を白くする事で見た目では目立たなく出来ます。
斑点の白色が濃くなければホワイトニング用の歯磨きを使う事でも改善は期待できるでしょう。

(2)斑点部分を削って上から被せ物をする
ホワイトニングではカバー仕切れない位斑点が白い場合は歯医者さんで斑点部分を削ってもらう事もできます。歯の表面を削るとエナメルの層がなくなってしまうのでその削った部分にプラスチックかセラミックを貼り付けて歯の表面を綺麗にしてもらいましょう。

(3)MIペースト
軽度の石灰華不全症の場合はMIペーストというペーストを毎日数ヶ月の間ホワイトスポットに塗る事で改善する場合があります。MIペーストとは酸性に傾いた口の中を中和する緩衝作用があり、ペーストにミネラルが豊富に含まれている事と相まって再石灰化を助ける働きがあると言われています。注意点としては牛乳アレルギーのある人は使えませんので気をつけて下さい。

(4)アイコン
アイコンは最新技術のホワイトスポット治療法です。ホワイトスポットの部分に特殊な液状樹脂を浸透させてミネラルが溶け出す事を防止しします。さらにエナメル質を補強して周囲のエナメル質と色を馴染ませる効果があります。歯を削らなくて済むのがメリットですが、まだあまり知られておらず、この治療法を行っている歯科医院は限られています。

歯に白い縞模様が!ホワイトライン

ホワイトスポットとはまた違う、ボーダーのような縞模様が見られることもあります。これはホワイトラインとかホワイトバンドと呼ばれます。この場合、ホワイトニングをしたらさらに縞模様が目立ってしまう恐れがあります。この原因はいったい何なのでしょうか?

考えられるのは、3つです。

(1)テトラサイクリン系のミノサイクリンという抗生物質の副作用
ミノサイクリンは子供の風邪薬として出されるシロップにも含まれている事があり、一般的に使用されている抗生物質です。この副作用で黄色系の着色が起こることがあります。永久歯に影響が及ぶのはミノサイクリンを0歳〜3歳の頃に服用した事が考えられます。

(2)石灰化不全、エナメル質の形成不全
これはいわゆるホワイトスポットの一種です。でもホワイトスポットのように斑らでない場合はこの可能性は低いでしょう。

(3)歯の構造によるもの
歯は表層部はエナメル質、その下に象牙質があります。これらが出来る時に何らかの影響を受けるとエナメル質や象牙質がしっかりと完成されずに、縞模様ができてしまう事があるのです。

ホワイトラインの場合は通常のホワイトニングを行うと返って縞模様が目立ってしまうケースが多いようです。自分で治そうとせず、審美歯科の先生ときちんと相談して治療を行うことをお勧めします。

お手入れは小さいうちから。赤ちゃんや子供にもできる予防法

エナメル質が白濁するのは歯の表面が酸性になるからです。これは虫歯が出来る時と同じような仕組みです。そのため、ホワイトスポットの予防も虫歯と同じようにする事が良いようです。

⑴歯磨きをしっかりとやる
歯の表面にプラークがついたままだと歯の表面を溶かして白い斑点が大きくなる事があります。プラークを落とすようにしっかりと歯磨きをしましょう。

ただし、赤ちゃんの場合、前歯の中央にある筋、上唇上帯と呼ばれる筋が大人よりも太くて上の真ん中の歯と歯の間に入り込んでいる事がよくあります。成長とともに多くが上の方に移動して幅も狭くなるのですが歯ブラシが当たると柔らかい上唇上帯に当たって痛がる事がよくあります。歯の仕上げ磨きをする時には注意してあげて下さい。

⑵フッ素配合歯磨きを使う
フッ素は歯の質を強くして歯の修復を促進し、プラークの生成を抑えるという効果があります。フッ素を歯医者さんで塗ってもらうのも良いでしょう。フッ素を利用して歯が白くなりにくくなると考えられています。

⑶間食はなるべく控える
普段口の中は中性を保っていますが食指の度に酸性に傾くのです。間食を減らすことで酸性に傾いた口の中は唾液で中性に戻され、ホワイトスポットを修復する時間を得られます。

ホワイトスポットは食習慣や丁寧なブラッシングによって予防する事も出来るのです。

なぜ芸能人は歯が白いの?

芸能人の人達は特に人に与える印象が大事な職業ですから、歯を美しく見せるためにケアをしている人は多いようです。

一般的な方法としては一度に全ての歯を手入れするわけではなく、まず始めに笑ったり口を開いた時に目につく前の部分から始めます。

上の歯6本をラミネートベニアやセラミッククラウンのセラミックで治療し、周囲の歯や下の前歯にホワイトニングの治療を施す人が多いようです。そして、特にセラミックの色は一般の人よりもわざと白い色を選ぶ傾向にあります。

ホワイトニング

芸能人の人達は特に人に与える印象が大事な職業ですから、歯を美しく見せるためにケアをしている人は多いようです。 一般的な方法としては一度に全ての歯を手入れするわけではなく、まず始めに笑ったり口を開いた時に目につく前の部分から始めます。 上の歯6本をラミネートベニアやセラミッククラウンのセラミックで治療し、周囲の歯や下の前歯にホワイトニングの治療を施す人が多いようです。そして、特にセラミックの色は一般の人よりもわざと白い色を選ぶ傾向にあります。

インプラント

インプラントとは天然の歯の代わりに顎の骨に外科手術によって人口の歯根を埋め込み、それを土台として人口の歯を取り付けるというものです。歯周病や虫歯が酷くなって歯を失った場合にやることも多いですが、芸能人は歯並びやなの色を白くするためにこのインプラントという方法を取っている人もたくさんいます。中には全ての歯をインプラントにした大物芸能人もいるとか。

インプラントのメリットとしては人口の歯とわかりにくく、パッと見に違和感がない事です。デメリットは定着するまでに時間を要する事と費用が高い事ですね。先ほどの全ての歯をインプラントにした人の治療代はベンツを購入できる程の金額になったそうです。

また、持病がある人でインプラント治療を受けられなかったり、リスクを伴う場合があります。糖尿病や高血圧、心臓疾患のある人などは事前に相談するようにしましょう。

薬用パールホワイト

ホワイトニング商材の中でも「薬用パールホワイト」という芸能人に愛用者が多いと言われているものがあります。しっかりと本格的にやろうとするとかかるお金は際限がないですが、この薬用パールホワイトはリーズナブルでお家でお手軽にケアできると評判なのです。この商品の特徴は

(1)数的垂らして歯ブラシでブラッシングするだけでOK
(2)続ければ続けるほど歯の内側から白くなる
(3)歯茎も健康的なピンクになる

という事だそうです。だいたい2〜3ヶ月で効果が他の人が見ても気づかれる位になるようなので、お手軽にホワイトニングを試したい人には良いかもしれません。

芸能人のような白い歯も夢じゃない

芸能人のような白い歯、憧れますよね。でも今回ご紹介したようなホワイトニングの方法をやっているに過ぎないのです。もちろん金額によって効果や持続する期間は変わってきますが、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングを続けるだけでも歯を白い状態にし、保っていく事は可能です。

ご自身にあった方法で、またホワイトスポットには注意してお口の中を酸性にならないよう、フッ素配合歯磨きなども大いに利用しましょう。