脂肪吸引の費用を事前にチェック!気になる11の方法と手術部位別の費用の目安、おすすめクリニックも紹介します!

脂肪吸引は部分痩せにはポピュラーな方法ですが、高い費用が気になるところです。施術を受けてから請求にびっくりするのではなく、事前にチェックしておく必要があるでしょう。手術したいと思っている部位や施術内容によって費用は異なってくるのでしっかりと確認してください。又、オススメのクリニックも紹介しています。

痩身エステの効果を最大限に出すポイントまとめ

気になる脂肪吸引の費用

加齢とともに増えてしまう贅肉を、何とかしたいと思っても自己ケアでは思うようにはいきません。そこでオススメなのが医療機関による脂肪吸引です。蓄積された脂肪を取り除く方法なので、いち早く痩せることが出来る方法として注目されているのです。

これは医療目的ではなく、美容整形の一つとされていて比較的安全ですが、気になるのはどうしても費用の事でしょう。よく聞く手術ではあるものの、初めて体験する人にとっては不安ですし、やはりどれくらいの費用がかかってくるのかも気がかりです。そこでここでは各部位による費用とオススメのクリニックを紹介していきます。

脂肪吸引には11つの方法が!

1.チューメセント

あまり聞き慣れないのですが、チューメセントと言った方法があります。この意味は「ふやかす」であり、1980年後半にアメリカで開発された最もベーシックな脂肪吸引方法なのです。止血作用のあるエピネフリンや、麻酔効果のあるリドカイン溶液を生理食塩水で薄めた溶液を使用します。この溶液は脂肪をふやかす働きがあります。

皮下部に注射され、その後ふやかした脂肪を吸引すると言った方法です。この方法によって脂肪吸引には必須であった輸血をしなくても済むようになったのです。手術費用は部位によって異なり、チューメセント方法だけを行うクリニックは少なく、やり方や相場の金額を平均してみると、太もも全体で30~120万、お腹全体で20~100万程度となっています。

同じ部位でもクリニックによって費用に開きがあるので、詳しくは直接クリニックに問い合わせをしてみてください。

2.ベイザーリボ

ベイザーリボは「ベイザー脂肪吸引」とも呼ばれ、脂肪吸引の管の先端からベイザー波と言う特殊な振動エネルギーを発生させて脂肪に働かせます。堅かった脂肪が乳化されて柔らかくなり、脂肪吸引がしやすくなります。従来の脂肪吸引法よりも痛みや腫れが少なく、引き締め効果もあってまさにダイエットしたい方には理想的な方法と言えるでしょう。

やり方や相場の金額は病院や部位・脂肪量によって異なりますが、平均的に言うと両足の太もも全体で80~90万、腹部全体で70~80万程度が目安となります。

3.ベイザーデフ

ベイザーハイデフともいい、従来の脂肪吸引だけでなく、理想のウエストやヒップに近づける為に腹筋が割れるようなボディデザインを目指す施術法です。まるでミケランジェロの銅像のような見事な腹筋をイメージしたところからこの名前が付いたそうです。とても理想的な方法なのですが、開発者からの直接指導を受けなければ行うことが出来ないのです。

その為、国内で施術が出来る医師はごく僅かな為、なかなか出会えるチャンスは少ないでしょう。やり方や相場の金額は医療機関によっても異なってくる為、平均すると100~150万円程が目安であると考えた方が良いでしょう。平均よりも安い所がありますが、技術力を問う施術なので、出来るだけ口コミ情報等を参考に探した方が良いかもしれません。

4.ボディジェット

この方法は、脂肪除去の際に脂肪層と筋肉層の間にウォーターポケットを作り、施術の時の筋肉層へのダメージを防ぎます。細かい部分にまでしっかりと麻酔が浸透しやすくなると言った作用があり、吸引しやすい状態を作ってくれます。

摩擦による体へのダメージを最小限にして、痛みや内出血もあまりなく、ダウンタイムが少ない施術として注目されています。施術中の痛みに不安を感じている人にとってはまさに理想的な方法と言えるでしょう。やり方や相場の金額は医療機関により様々ですが、他の施術方法よりも比較的安価な方法です。大体16~50万前後となります。

安価で脂肪吸引をしたいと思っている人にはオススメですが、脂肪吸引で無理やり脂肪を取り除くことは体への負担がゼロではありませんから、リスクが全くないとは言い切れません。跡がデコボコになったり、再手術の必要性もあるので注意してください。

5.ボディタイト

ボディタイトとは、RFやラジオ波等の高周波の熱で脂肪を溶かして吸引すると言った方法です。高周波を当てると脂肪細胞が液化して柔らかくなり、吸引の際の体への負担が軽減されます。又それに伴う出血や腫れを抑えることも出来るので理想的な吸引方法と言えるでしょう。体をきゅっと引き締める効果も期待出来るので、徹底したダイエットボディを目指したい方には理想的です。

2~3時間程のダウンタイムが必要で、やり方や相場の金額も医師の技術によって異なってくるのですが、平均的に言うと両足の太もも全体で70~90万程度、腹部全体で60~80万程度が目安となります。クリニックによって異なってくるので、詳しくは直接問い合わせてみてください。

6.エルコーニアレーザー

エルコーニアレーザーは、脂肪吸引の時に使用する低出力レーザーで、初めてアメリカのFDAに認可されました。若干温かくなってくるので、ほのかな温かさに心地よさを感じながら、肌の上を滑らせるように照射すると脂肪細胞が液化されて、落としにくい部位もしっかりと落とすことが出来ると言われています。

液化させていくので時間も短縮され、肌への負担が少ないことでも人気が高いのです。又、時間が短いからと言って仕上がりが荒くなるのかと言うとそうではなく、仕上がりも美しくなると言うことでも注目されているようです。やり方や相場の金額にはクリニックや施術する部位によって違いがありますが、大体太もも全体で90万程度、お腹全体で75万円程度となっています。

7.ハイパーインフレート

ハイパーインフレートは一般的な脂肪吸引法を改良した方法です。一般的な方法にはチューメセント法がありますが、これは止血や麻酔効果のある溶液を注入した後でカニューレを挿入して脂肪吸引すると言った方法です。この方法ではなかなか吸引することが出来ない浅層・中間層の脂肪吸引が出来るようになったのです。

これによって安全で大量に吸引が出来るようになった為、ハイパーインフレートが最近話題になってきています。勿論この施術は医師の技量が問われるので、必ずしも納得のいく施術結果になるかどうかは分かりませんが、脂肪吸引を受けてみたいと思っているのであれば、受けてみる価値はあるでしょう。

やり方や相場の金額は病院によっても異なりますが、平均的には50万前後と見ると良いでしょう。安いクリニックもありますが、安いからと気軽に手を伸ばしてしまうと失敗する可能性もあるので、慎重に選ぶようにしてください。

8.シリンジ

シリンジは、一般的な機械を使った吸引法ではなく、手動式の吸引器を使った方法です。10ccの小さなシリンジの陰圧力だけを使って行うので、優しく吸引して内出血を防ぐことが出来ます。吸引量も細かくチェックできるので、少しだけ細くしたいと言った場所にも適用しています。

傷が出来にくい理由は圧力の問題もありますが、通常の吸引管よりも細いので傷痕が分かりにくいと言ったメリットもあるからです。又、シリンジによる脂肪吸引は医療ボンドで止める為、施術の次の日からシャンプーしても良いと言う点も魅力の一つでしょう。

ボンドは1週間程度で徐々に取れます。体への負担も小さく入院の必要が無いと言った点も多忙な人にとっては嬉しいメリットですね。やり方や相場の金額は、病院や部位、医師の技量によっても異なりますが、一回に取れる量が少ないので、やりたい箇所が増えれば増える程費用が高くなってきます。大体20~80万円が目安でしょう。

9.体外式超音波

体外式超音波は超音波脂肪吸引法の一つです。体の外から超音波を当てることで脂肪細胞を崩壊し、脂肪を柔らかくしてカニューレを挿入して吸引していきます。この方法で行うメリットは体内に管を入れて吸引する方法とは異なり、体外で脂肪吸引することでその脂肪をバスト等に注入利用することが出来ると言う点です。

せっかくウエスト等がすっきりしてもバストが乏しいと貧弱なスタイルになってしまうので、気になる箇所のシェイプとともにバストアップが図れるのは嬉しいメリットです。しかし皮膚に直接超音波を当てる為、火傷をしてしまうリスクがあると言うことは頭に入れておいた方が良いかもしれません。

やり方や相場の金額は病院や部位によって異なりますが、平均して大体一部位につき50万円程度とされています。

10.PAL

PAL法は、Power Assisted Liposuctioの略です。パワーアシスト脂肪吸引で1分間に4000回の高速振動をする機器をカニューレに取り付けた装置のことです。チューメセント方法を改良したハイパーインフレート法よりも更に進化した手術テクです。

PALでは脂肪細胞を崩壊することなく、短時間で大量の脂肪を吸引することが出来ます。その為、吸引された脂肪は鮮度が高いので別の部位に注入することも可能です。ウエストやヒップシェイプとともにバストアップも図れると言うことです。

高速振動は人の手の届かない細かい手術を可能にし、日本の厚生労働省に近い機関であるアメリカのFDAによって一般使用が承認されているので、安心安全に利用することが出来るでしょう。やり方や相場の金額は病院や部位によって異なりますが、大体30~70万円程度となります。

11.カーボメッド

メスによる切開手術はちょっと嫌だなあと思っている人も多いでしょう。切開をしてしまうとどうしても傷痕が残るので女性としてはあまり魅力的な方法とは言えません。そこで最近注目されているのが、部分痩せに適した脂肪吸引と言われるカーボメッドです。痛みやリスクが少ないと言われており、その上価格も安いとなれば、気になるところです。

カーボメッドは「切らない脂肪吸引」で、メスを使わずに行います。しかし脂肪を取り除く為に3~5mm程度の穴を開けることになりますが、あまり目立たず傷痕にもならないのがメリットと言えるでしょう。元々はフランスで開発された医療機器で、「炭酸ガス療法」と呼ばれています。炭酸ガスを入れることで新陳代謝がアップし、脂肪燃焼・分解してくれると言った作用を利用しているのです。

精密に言うと脂肪吸引ではありませんが、効率的に部分痩せが出来る点が魅力と言えるでしょう。やり方や相場の金額は部位によって異なってきますが、1回の施術で2~5万円、コース価格になると10~30万円程度でしょう。

手術部位別に費用の目安を知ろう

顔の脂肪吸引費用

顔は第一印象が強く、人に多く見られるのでどうしても顔の脂肪を気にしてしまう人が多いのです。顔だけがぽっちゃりしていることで、全体的に太って見えてしまうからです。

その為、顔をシェイプしたいと願っている人は意外と多いようです。特に頬の脂肪吸引をすると頬がほっそりとして全体的に小顔に見えるので、顔の大きさにコンプレックスを持っている人は特に注目です。

又、顔の脂肪吸引は将来、頬のたるみを予防することにもなる為、アンチエイジング効果も期待出来ます。しかしこれはあくまでも、顔のたるみが脂肪によるものであることが前提とされる為、むくみによるものであれば脂肪吸引法では効果が無いことを頭に入れておきましょう。気になる費用は相場としてベイザーリポであれば40~50万円、その他の方法では30万円前後となります。

お腹の脂肪吸引費用

ぽっこりお腹を気にしている人も多いのです。暴飲暴食が続いてしまうとお腹周りのお肉は付きやすくなるので、見た目的にもあまり良くありません。そこでお腹を集中的にシェイプしたいと願う女性が多いようです。しかしお腹の脂肪吸引はデコボコが出来てしまいやすく、あまり取り過ぎてしまうと皮膚がたるんでしまうのである程度の量を取る方法が適しています。

術後は内出血や腫れが出やすく、綺麗な仕上がりにする為には入院が必要です。勿論日帰りのところもありますが、安静を保つ為には入院して術後ケアを徹底させた方が綺麗な仕上がりになるでしょう。手術自体の費用は、脂肪の吸引量や難易度によって異なってきますが、大体30~100万円程度が目安でしょう。

太ももの脂肪吸引費用

太ももの脂肪吸引はほとんどの女性が適用され、BMIの数値によって判断されます。18よりも下回る場合は吸引が出来ない場合があるようです。体重÷身長2の式がBMI数値になります。脂肪が多く吸引するには適している箇所ですが、術後は痛みや内出血、かゆみやむくみに時として痺れを引き起こす可能性があります。

その為、術後のダウンタイムが必要です。痛みや内出血、むくみがとれるまでは1、2週間程度ですが、痺れや感覚の低下は2か月程度かかります。特にむくみを訴える人が多いので、マッサージやストレッチ法でしっかりとケアしていくようにしましょう。気になる費用ですが、ベイザーリポで100万円前後で、その他の施術方法では50~60万円程度となります。

ふくらはぎの脂肪吸引費用

ふくらはぎを細くしたいと考えている人も多いようです。スカートを履いた時にほっそりと引き締まっているふくらはぎは女性としては憧れでしょう。

エクササイズ等を行うと逆に筋肉が付いてしまって太くなってしまうこともあります。脂肪と言うよりも筋肉量が多い場合は脂肪吸引手術は望めないので、まずは自身のふくらはぎが脂肪なのか筋肉で太く見えてしまうのかをしっかりと把握することです。

痩せたいと思ってエクササイズをしてしまうと筋肉が発達してしまうので、脂肪吸引法は理想的な方法です。しかし、ふくらはぎは元々むくみやすく、術後もむくみなどの症状が出やすい箇所でもあるため、ダウンタイムが必要になってきます。安静にしてバランスの取れた食事を摂るように心がけることが大事でしょう。

ふくらはぎの脂肪吸引は、ベイザー脂肪吸引で40万前後、その他の脂肪吸引法では25万前後となります。病院等によって異なってくるので、詳しくは通うクリニックに問い合わせてみましょう。

二の腕の脂肪吸引費用

二の腕は太りやすい箇所の一つで、冬場は長袖で隠せても夏場になるとノースリーブや半袖と、露出が多くなる季節になるとどうしても目立ってしまうものです。元々は筋肉の割合が多くて脂肪層が少ない特徴がある二の腕ですが、一度脂肪が付いてしまうとなかなか解消することが難しい点が悩みの種でしょう。

一般的な二の腕ダイエット法では上手く行かないのは理由があるからです。そこで効率的に痩せる為には施術の必要があるのです。勿論脂肪吸引しても根本原因は筋肉の衰えにあるので、又脂肪がつかないように、術後ある程度安定したら筋トレをすることが理想です。

気になる施術の費用ですが、大体30万前後と考えれば良いでしょう。静脈注射による局部麻酔で眠った状態での施術となり、両腕の脂肪吸引で30~60分程度の施術時間で、術後はしばらく休憩をしてその日のうちに帰ることが出来ます。

おしりの脂肪吸引費用

欧米食が日本に出回ってきたことで、どうしても脂肪が付きやすくなってしまった体の中で、おしりも同様に太ってきてしまう箇所です。キュッと上がったおしりはとても魅力的ですが、加齢によって脂肪が付いてしまうと引力に負けて垂れ下がってしまいます。一度落ちてしまったおしりはなかなか元には戻ってくれません。

そこで付いてしまったおしりの脂肪を吸引するのが効果的なのです。一般的な吸引方法は、シワの間にカニューレを入れて吸引していくのですが、脂肪を取りやすい箇所である分、取り過ぎてしまうと逆に女性らしいフォルムが無くなって魅力が半減してしまうので、医師の技量テクが必要になってきます。病院選びは慎重に行う必要があるでしょう。

気になる費用は平均して15~40万円程になります。クリニックによってはこれ以上かかる場合もあるので、詳しくは直接問い合わせてみてください。

男性でも脂肪吸引出来る

胸の脂肪吸引

女性であれば胸の膨らみはとても魅力的なものですが、逆に男性になると、胸に脂肪が付きすぎてしまうとあまり魅力的なものではありません。全体的に太った男性によく見られるのですが、胸のふくらみを気にしている人も多いのです。内臓脂肪に影響して膨らむことが無いので、体重が増えることで大きくなってきたのであれば、脂肪吸引が出来ます。

病気の可能性もあり、女性化乳房や男性乳がんで無いと診断された場合において脂肪吸引が可能でしょう。脂肪吸引の費用は男女ともそう変わらない場合が多いようです。若干変わる場合もあるようですが、理由としては男性の方が体が大きいと言ったことが挙げられます。胸の脂肪吸引の目安は大体25~30万円程になりますが、病院によっては前後する為、直接問い合わせてみてください。

お腹全体の脂肪吸引

ぽっこりお腹は中年男性にはよく見られる姿です。もう年だからと諦めてしまいがちですが、いくつになってもダンディでいたいと願うとやはりきっちり脂肪を取り除いてしまいたいでしょう。そこでオススメなのが脂肪吸引です。内臓脂肪による膨らみの場合は吸引出来ませんが、脂肪である場合は可能です。

お腹周りは筋肉質で施術に対して痛みを女性よりも感じやすいかもしれませんので、医師と相談した上で麻酔の状態を調整する必要があるでしょう。見た目を重視する為に最近では脂肪を彫刻のように削って、まるで筋肉のように見せる術技もありますが、これはあくまでも見せるだけなので、実際に筋肉が鍛えられているわけではありません。

筋肉質なお腹周りにしたいのであれば、やはり筋トレの必要があるでしょう。気になるお腹周りの脂肪吸引の費用ですが、大体75万円前後です。筋肉質に見せかける手術では、100~150万円程必要になってくるようです。

あご下の脂肪吸引

加齢とともにどうしても気になるあご下のたるみは男女関係なく悩みの種です。自分のあごの肉をつまんでみてください。1cm以上の厚みがあれば脂肪吸引が可能です。しかし、あご下の脂肪を吸引したからと言って、若い頃のシャープなあごになるとは限りませんので、選択する際には慎重に行うべきでしょう。

二重あごを気にしている場合、レーザーや注射等による治療法もあるので、自分に合った方法を選ぶべきでしょう。又、猫背等の姿勢が悪かったり、うつむいた姿勢ばかり取っていると、どうしても二重あごに見えてしまうので、普段の生活の中でも改善していく方法はあります。

とは言っても手っ取り早くあご下の脂肪を取り除きたいと言うのであれば、やはり脂肪吸引は魅力的です。気になる費用は、平均すると25万円程ですが、これはあくまでも目安なので、詳しくは病院にて直接問い合わせてみてください。

男性・女性の脂肪吸引に違いはあるか?

このように脂肪吸引は女性だけでなく男性も多く利用していることが分かります。しかし、男女では施術の仕方に違いがあるのではないかと思う人もいます。手術内容に違いないのですが、女性と男性では気になる箇所が違ってくる点に相違があります。

太ももやふくらはぎ等の脂肪には男性はあまり注意しませんが、女性は細くありたいと願う人が多く、男性よりも脂肪吸引してほしいと言う箇所が多いと言った特徴があります。しかしお腹まわりやあご下はほっそりしたいと言った共通点があります。夫婦でカップルで同じような悩みを持っているのであれば、一緒に病院へ相談に行ってみてはどうですか。

オススメの5つのクリニック紹介

1.高須クリニックの特徴と費用

お腹やお尻と言った大きなパーツの脂肪を即効細くしたいのであれば、「脂肪吸引(スムースライポサクション法)」がオススメです。たっぷりと付いた脂肪も1回の治療で取り除くことが出来ると言われているからです。又施術跡が目立たない箇所にカニューレと言う管を入れて、皮下脂肪を吸引し、体への負担を軽減する為にチューメセント液を事前に注入します。

仕上がりも大事にしているので、浅い脂肪層から深い脂肪層とまんべんなく注入し、顔や二の腕やふくらはぎと言った基本的な箇所だけでなく、他にも好きな箇所を施術出来ると言う点が魅力的です。施術時間は部位によって異なりますが、大体30~120分程度で、リバウンドしにくい体作りを望むことが出来ます。

場所は東京院、横浜院、名古屋院、栄院、大阪院の5カ所で、東京院は赤坂にあり、国際新赤坂ビルの12階です。白と茶色を基調とした落ち着いた雰囲気がとても魅力的です。

口コミ情報でも、「テレビや雑誌で見ることが多かったので、脂肪吸引は高須クリニックだと決めていました。治療の結果、ダイエットではなかなか取れなかったお腹の脂肪を取り除くことが出来ました。」と言った声がありました。

気になる料金は部位によって異なりますが、大体平均すると20~60万円程になりますので、やって欲しい箇所があれば、直接クリニックに問い合わせてみてください。

2.品川美容外科の特徴と費用

品川美容外科での脂肪吸引の魅力は、豊富な技術と経験を持ったドクターがバランス良く脂肪を吸引していくので、デコボコの無い綺麗なボディラインを作り出せることです。引き締め効果もあってより自然的な肌になり、手術をした部分には脂肪が付きにくいと言った特徴があります。

脂肪が付く原因は主に生活環境にありますので、その環境自体を変えない限り、又新たな脂肪を作ってしまうことになりますが、アフターケアにおいてもしっかりとしているので、アドバイスの元、生活を切り替えることで徹底したボディを維持することが出来るでしょう。

場所は東京の品川院の他にも全国に設立されていますので、お近くのクリニックに通うことが出来るでしょう。沖縄まであるのが嬉しいですね。品川院の場合は、JR品川駅「港南口」徒歩約1分です。赤と白を基調とした待合ロビーは、落ち着いていてゆったりとくつろぐことが出来るでしょう。

口コミ情報でも、「初めにカウンセラーさんに相談出来たので、初めての経験でも安心出来ましたし、その後に医師との話し合いも徹底していて、不安なく施術を受けることが出来ました。」と言った声があり、クリニックの対応について好印象だったようです。気になる価格は、プレミアム脂肪吸引であれば、部位によって5万~18万程度になります。

3.湘南美容外科の特徴と費用

湘南美容外科でのベイザー吸引法は人気が高いようです。細胞壁や血管等のダメージが少ないので、出血が少なく、ダウンタイムも短くなります。又手術時間も通常より短くなるので、体への負担も少なく画期的な方法と言えるでしょう。

脂肪吸引後はどうしても肌がたるみやすいのですが、そういった失敗が無く、皮下脂肪を90%まで除去できるので、理想に近い体型が望めるのです。施術時間は30~60分程度で、シャワーは術後3日後から、入浴は1週間後に可能です。場所は、東京を中心に全国にクリニックが設立されています。

新宿本院は、新宿アイランドタワー12Fにあり、 JR新宿駅西口徒歩10分の所にあります。ベーシックな色調で落ち着いた雰囲気がとても魅力的です。口コミ情報では、「普通の脂肪吸引ではあまり変化が見られなかったので、ベイザーに変えた所、痛みも無くカウンセリングも丁寧に教えてくれたので雰囲気が良かったです。」と言った声がありました。

気になる費用は部位によって6万~70万円と開きがありますが、セットコースでの利用でお得な費用になりますので、詳しくはクリニックに問い合わせてみましょう。

4.大塚美容外科の特徴と費用

大塚美容外科では2つの脂肪吸引法があり、ピンポイント脂肪吸引では気になる部分の脂肪を選択して除去していきます。部分痩せの中でも指でつまめる範囲内での脂肪除去は、運動等ではとても無理です。その為、こういったピンポイント法が適しているのです。一方、ボディデザイン脂肪吸引では、体のラインを作ることを目的に行う脂肪吸引法です。

脂肪をただ単に取るだけでなく、ラインを綺麗にすることを目的に脂肪吸引していきます。例えばウエストラインにくびれが欲しいと言った方には適しています。全体のバランスを重視したラインを目指したいのであれば、ボディデザイン脂肪吸引は魅力的でしょう。

場所は、東京大塚院を中心に、横浜院、北海道院、大宮院、金沢院、名古屋院、京都院の7カ所です。広い待合ロビーは落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごすことが出来ます。

口コミ情報では、「2か月でこんなに綺麗になるなんて思いませんでした。90キロ近くになって病気を心配して受けた脂肪吸引でしたが、落ちにくかった脂肪をしっかりと吸引して、憧れのピンヒールサンダルやワンピースも着れるようになりました。」と嬉しい声を聞けました。

気になる費用は、ピンポイントでは、8万~15万円、ボディデザイン吸引の場合は、20~40万円になり、部位によって異なりますので、詳しくはクリニックに問い合わせてください。

5.共立美容外科・歯科の特徴と費用

共立美容外科が選ばれる理由は、年間2000症例を超す豊富な実績とリピーター率の高いお客様満足度が高いこと、そしてあらゆる要望に対応してくれることです。又、傷痕も目立たず自然な滑らかな仕上がりになることから、デコボコの無い肌質になり、吸引手術を受けたと分からない点が魅力的なのでしょう。

場所は東京新宿本院を始め、全国各地に19院設立されていますから、地方でも十分に通うことが出来るでしょう。特に新宿本院は渋谷の中心部で、交通の利便性は良く、明るい落ち着いた雰囲気の待合室でゆったりとくつろぐことが出来ます。

口コミ情報でも、36歳の女性は、「元々ぽっちゃり体型で夏になる前に綺麗になりたいと共立美容外科を選びました。自己ダイエットでも痩せたのですがサイズダウンできず、カウンセリングでは詳しく納得がいくまで先生と話をして、安心して施術を受けることが出来ました。術後の痛みは筋肉痛が酷くて、あと内出血もありましたがしばらくすると嘘のように腫れも引いてすっきりしました。」と言った声があり、安心して受けることが出来るクリニックであると納得できるでしょう。

脂肪吸引の体験談紹介

費用の支払い方はローンや分割が一般的

脂肪吸引は、ブログ・ホームページ・口コミサイトなどで多く紹介されています。痩せたいと思う箇所も人それぞれで、30歳や40歳になったきっかけに脂肪を気にかけるようになり、施術を受ける人が多いようです。とある30歳の女性も顔のたるみが気になって、有名な美容外科で施術を受けることに決めたそうです。

気になる費用は、麻酔代とバンテージ代を含めて30万強となり(静脈麻酔5万+バンテージ1万と残り手術費用)で、バンテージが1万と言うのはちょっと高いと思ったのですが、顔用のバンテージは市販されていない為購入したようです。30万円を一回で払うことが出来ないので、支払い方法は医療ローンで3年で組んだとのこと。

脂肪吸引手術は高額になってくるので、こういったローンでの支払いが一般的です。状況に合わせて利用されると良いですね。各クリニックのホームページなどでも支払い方について説明されていることがあるので、一度見てみると役に立つかもしれません。

まとめ

脂肪吸引には部位によって施術の方法も変わり、それに応じて金額も異なってきます。高額費用になりやすいので、どうしても安いクリニックを選びがちですが、その結果失敗してしまうことも多いのが現状です。

顔等は多くの人に見られる箇所ですから失敗してしまうと取り返しのつかないことになりかねませんので、クリニック選びは慎重に行うように心がけてください。