美容整形の埋没法を試してみたい!と思うけど、なかなか決断出来ずにいる人も多いと思います。埋没法では、どうしても目の腫れが出ることもあり、術後ののことを考えると不安になることもあるでしょう。今回は、埋没法での腫れの原因や、対処法をまとめていきます。

埋没法による腫れの対策はどうすればいい?

一重だったり、目が腫れぼったかったりして、自分の目にコンプレックスを持っている人も多く、多いでしょう。最近ではアイプチやアイテープを上手く駆使して、上手に二重にしている人も多いですよね。

でも、毎日アイプチやアイテープをするのも面倒だし、早く綺麗に二重にしたいと、埋没法をしようかどうしようか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

二重にしたいけど、腫れや痛みが心配だし、本当に上手くいくのか、失敗したらどうしようという不安は、どうしてもありますよね。埋没法は美容整形の中でも、人気ではあり、満足度もとても高い手術のようですが、術後の腫れのことを考えると、なかなか思いきれないものでもあると思います。

今回は、埋没法の腫れについてまとめてめいきます。手術による腫れや、術後の経過、腫れの対策法などまとめていますので、埋没法をお考えの人は是非参考にしてください。

埋没法ってどうゆうもの?

埋没法とはどんなものか、どんな方法で行うのか、そして費用など、まずは埋没法のことについてまとめていきます。

理想の二重をつくるプチ整形

埋没法は、メスを使わずに医療用の針と糸で二重をつくっていく、美容整形術のことを言います。このとき使う糸は、髪の毛よりも細い医療用の糸です。まぶたの内側から留めるだけで二重にできる、比較的気軽に出来て人気のプチ整形にります。

一般的には「瞼板法」で二重にする

埋没法は、まぶたの瞼板というところに糸を留める、瞼板法という手術法式が知られています。瞼板は眉毛の生え際にあって、その部分と皮膚を直接結んでいくようです。

埋没法は完全埋没法という術式があり、これは瞼板ではなくて、挙筋という目を開ける筋肉に糸を通していく方法もあります。

完全埋没法は糸が角膜に接触しない埋没方式で、 術後のツッパリ感や腫れが少ないとされています。そして、糸がまぶたの中に完全に埋没するので、眼球を傷つける心配がないとも言われています。

埋没法の値段はどのくらい?

埋没法にかかる費用はクリニックによっても違いますが、平均は8~10万円位ですることができるようです。費用についてはピンキリです。クリニックのホームページなどでも金額が記載されていますので、比較してみるといいでしょう。

埋没法で二重にするメリットは?

埋没法は美容整形の中でも、比較的気軽に出来ると人気の方法です。でも、埋没法で二重にすることのメリットって、どんなことがあるんでしょうか?

両目で10分程度!短時間の施術

埋没法の施術にかかる時間は、両目で10分程度と短時間ですることができます。麻酔をしての手術になるので、術中も痛みは少なくてすみます。そして、手術の当日から洗顔もシャワーもOK!としているクリニックが多いようです。

術後は腫れにくく、ダウンタイムが短い

二重にする整形手術は、まぶたを切って二重にする切開方法もありますが、この方法は皮膚を切るので、術後に腫れや内出血が出やすいようで、長いダウンタイムが必要となってしまいます。

それに比べて、埋没法は皮膚を切ることはありませんので、切開法よりも腫れにくく、ダウンタイムが少なくてすみます。

元に戻したり、修正することが可能

埋没法は縫って留めているだけなので、仕上がりが気に入らなかった場合も、元に戻すことが可能なので、これも安心できますし、埋没法が人気の理由です。

人が細いので切開法よりも腫れが少ない

埋没法で使われる糸は髪の毛よりも細い糸のため、まぶたの裏側から糸を留めて二重にしても、あまり腫れないというメリットがあります。切開法と比べても、腫れは少ないとされています。

埋没法で二重にするデメリットは?

では逆に、埋没法で二重にすることのデメリットは、どんなものがあるんでしょうか。埋没法をする前に、メリットデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

糸が取れて元に戻る事がある

埋没法のデメリットは、糸の結び目がほどけてしまうことがあり、きれいに二重になっていても、元の一重に戻る可能性があることです。簡単に糸がほどけてしまうものではないのですが、何かのはずみで取れてしまう可能性があるようです。

埋没法に不向きな目の人もいる

埋没法が適していない瞼に行うと、二重のラインが薄くなったりすることもあるようです。瞼が厚い人は、糸を止めるだけでは皮膚を重ねることが難しいようです。そして、目をあける力が弱い人も、糸の力だけでは足りないので、切開法での整形をする必要が出てくることもあります。

これは失敗?術後の引かない腫れの対処法とは

埋没法をするときは、腫れが気になるところですよね。術後の腫れた目を見たら、もしかしたらこれは失敗なのでは?と思うこともあるかもしれません。ここでは、埋没法の術後に目が腫れた場合の対処法を紹介していきます。

1.術後はだれでも必ず腫れる

埋没法は、腫れが比較的少ない手術方法ですが、術後はほとんどの人が腫れます。麻酔注射をするときに、瞼に針を刺したり麻酔の液体も入りますので、まったく腫れないというわけではないのです。

腫れの度合いはもちろん個人差がありますが、多少は腫れると思っておいた方がいいでしょう。人によって腫れている期間も違いますが、、早くて一週間位で腫れが引いてくるようです。

2.早く腫れを解消させる方法はない

腫れは早くて一週間ほどで引いていき、スッキリとした本来の状態になるまでは1ヶ月ほどかかるようです。しかし、1ヶ月くらいでは、糸の結び目のふくらみは、まだ気になる場合があります。

これは、糸が目立ちにくくなるまで、半年ほどはかかるようです。人によっては改善されない場合もありますので、しっかりと経過を観察する必要があります。

3.手術前に出来る腫れ対策は「力まない」

埋没法手術を受けるときは、どうしても緊張したりして、体もガチガチに力が入ってしまう人が多いようです。麻酔を打つ時に、目に力が入ってしまうと瞼が腫れやすくなり、内出血もやすくなると言われています。

痛そうだと思うと、体に力が入ってしまうのは自然な事ですが、術後の瞼の腫れを少なくするためにも、リラックスすることが大事です。リラックスするには、深呼吸を行うと効果的です。

手術前から針を刺す時にも、深く深呼吸をすることで体の力も抜けやすくなりますし、痛みの感じかたも変わってきますのでオススメです。

4.術後の腫れ対策は「冷やす」が大事

術後は、どうしても瞼がはれてしまいます。時間とともに、瞼に針や糸を通した刺激による炎症で腫れてきます。この炎症を抑えるには、瞼を冷やすことが一番です。

クリニックでも、手術後に冷やしてくれる所が多いようです。家に帰ってからも、自分でも冷やすようにしましょう。冷やす時のポイントは、瞼を直接冷やすのではなくて、こめかみや瞼の上を冷やす事です。

アイスノンなどをガーゼなどにくるんでから、軽く冷やすようにしましょう。腫れがどのくらいかにもよりますが、冷やすのは2〜3日でいいでしょう。内出血があるときは腫れがおさまったら、今度は温めると血液の循環もよくなるので、早く内出血がひきやすくなりますよ。

5.腫れにくい手術方法を選ぶ

縫って留める埋没法にも様々な方法があるようですが、腫れるかどうかは、痛みをいかに取り除けるか、麻酔量をいかに減らせるかなどによるようです。クリニックによっては、糸の種類も違ったりします。

独自開発された細い特殊な糸を使っていたり、鈍針といる先の丸い針を使用しるところもあるようです。そのクリニックが、どんな方法でどんな物を使って手術をするかなども、カウンセリングなどでしっかりと聞いておきましょう。

6.腫れてる時はアイメイクはNG

埋没法の手術後は、3日間~7日間くらいはアイメイクはしない方が良いとされています。アイメイクが、まぶたに開いた針穴に入り込んでしまい、それが色素沈着の原因にもなってしまいます。

メイクだけでなく、落とす時のクレンジングも皮膚に負担がかかるので、腫れが長引か可能性もあります。手術後に落ち着いて、瞼の腫れが引くまでの間は、なるべくメイクは控えたほうがいいでしょう。

埋没法を失敗しないために必要な事は?

口コミやランキングなどの情報収集をしっかりと

埋没法をすると決めたら、絶対失敗なんてしたくありませんよね。そのためには、事前の情報収集は欠かせません。美容クリニックの口コミは、ネットでもたくさん見ることが出来ます。口コミは、サイト形式のものとブログ形式のものがあります。

ブログ形式の口コミは、写真も記載されていて、経過も詳しく記載されています。ネットで口コミを参考にするときは、できるだけ多くの情報を参考にしましょう。口コミなので、否定的な意見が載っていることもありますが、だからといってすぐに選択肢から外す必要もないでしょう。

口コミの他にも、美容クリニックのランキングサイトなどから情報収集するのもいいでしょう。とにかく、最初から一つに絞らずに、ネットなどからしっかりと情報を得て、決めていくことが大事です。

経験が長いなどの医師選びは重要

埋没法で失敗しないためには、慎重に医師を選ぶ事も大切です。とは言っても、美容整形を初めて受ける場合は、どこのクリニックのどの先生がいいかなんてわかりませんよね。

ですが、できる限り手際の良い医師を選ぶほうが良いでしょう。瞼は皮膚が薄いため、とてと繊細なので、麻酔を打つときや糸で縫うときにもたついていると、瞼にかかる刺激が増えてしまい、腫れやすくなってしまいます。

ですので、美容外科経験が長い先生を選ぶ方がいいでしょう。クリニックのHPに、医師の経歴なども記載されていることが多いのでしっかり確認しましょう。経歴が長いからといって、埋没法の手術が上手とも限りません。口コミなども合わせて、参考にして総合的に判断して行くといいでしょう。

自分の理想のイメージを丁寧に伝える

美容整形を行う前には、事前にカウンセリングが行われます。医師の経歴や技術も大事ですが、カウンセリングをしっかりと行って、医師からの説明もしっかりとあり、ここでなら手術をしても安心だと思えるクリニックで受けることが一番です。

瞼を二重にしたいと言っても、色んな二重がありますよね。自分の好みの二重のラインがあると思いまし、こんな風になりたいというイメージがあると思います。

その理想の二重のイメージを、カウンセリングでしっかりと伝えることが大事になってきます。ですから、カウンセリングでしっかり患者さんの希望を聞いてくれる、クリニックを選ぶようにしましょう。

二重を長持ちさせるにはどうすればいい?

埋没法で二重にした場合、糸がほどけて元に戻ってしまうこともあります。二重を長持ちさせるために、気を付けなければいけないことがあります。

二重の幅を広くし過ぎないようにする

埋没法で二重にするとき、理想の二重のイメージにしてもらいたいと思います。二重の幅が広いパッチリとした、外人さんのような二重が流行っているようですが、二重の幅を広くすると、術後はどうしても腫れやすくやりますし、不自然にも見えやすくなってしまいます。

瞼の厚い人は特に、二重の幅を広く取ってしまうとだんだんと糸が緩んでしまい、二重の幅が狭くなってしまうこともあります。

目元にダメージを与えないようにする

埋没法で二重にしたのに、徐々に瞼が元に戻ってしまう場合もあるようです。徐々に元に戻ってしまう場合は、埋没法で使用している糸が緩んでしまったことが原因になっています。そして、急に瞼が元に戻ってしまった場合は、目元への衝撃が原因となって、糸が切れてしまうことが原因となっています。

目をこする、ぶつけるなどの衝撃でも、二重が元に戻ってしまう可能性があります。ほかにも、つけまつげなども原因になってしまうことがあるようです。なるべく、目元への衝撃、刺激は与えないようにすることが、二重を長持ちさせるためには大事になってくるようです。

顔を洗うときも、目元をゴシゴシこすったりしないようにしましょう。ダメージを与えないように、優しく優しく扱いましょう。

埋没法の直後の腫れを計算に入れておこう!

いかがでしたか?埋没法は、他の整形手術に比べると腫れは少ないようですが、全く腫れないわけではありません。腫れの度合いは個人差がありますので、どのくらい腫れるかは、施術をしてみないと分からない事ではありますが、腫れ対策を行うことで、腫れが引くのが早くなることもあります。

そして、整形したことバレたくない場合は、目が腫れることを考えて連休中にする方がいいかも知れませんね。埋没法で理想の二重を手に入れましょう。