マンゴーの糖質は高め!ダイエット中に食べる時の注意点やオフレシピを公開

糖質制限ダイエットを考えるのであれば、マンゴーを含め果物はかなり糖質を多く服も食品類となるでしょう。しかし、ビタミンなどを考えると摂取を考えていくべきです。ただし、食べ過ぎてしまうと糖質を大量に摂取してしまう可能性があるため、注意する必要があります。レシピや摂取法など参考にしてみてはいかがでしょうか。

糖質制限ダイエット中のマンゴーの糖質は大丈夫?

マンゴーは糖質制限ダイエット中には気を付けたい食材

果物類は、糖質制限ダイエット中には、控えていかなければいけないものがたくさんあります。マンゴーも果物の中でもは糖質が多い部類に入りますので、大量に摂取してしまうのは危険な食材です。

お菓子などを食べるよりは、はるかに少なくすることができますし、量もコントロールしやすいため、食べたいときには少量に抑えるといいでしょう。ダイエットということを考えると、ビタミン類や葉酸などが不足することも考えられますので、うまくコントロールする必要があります。

マンゴーの栄養成分は?カロリーはどのくらいなの?

カロリー糖質も高めの果物の一つであるマンゴー

果物は、ダイエット中でも摂取を考えるべき食材の一つです。マンゴーのカロリーを見てみると、100g当たり64kcalとなります。1個当たり可食部を考えると、160kcal程度になると考えられるのです。糖質ということでも、100g当たり15gで、可食部で計算すると37g程度は摂取することになります。ここから考えても、決してカロリー糖質の低い果物ではありません。

その一方で、ビタミンB1やB6、ビタミンCが豊富で、貧血予防に重要な葉酸も含まれています。熟したものは、体内でビタミンAに変換できるベータカロテンも多く含まれているのです。食物繊維も多い果物であり、ダイエット中ということを考えても重要な果物になることは間違いないでしょう。消化酵素も豊富で、カリウムも含んでいますので、血液中の塩分の排出にも役立ちます。

こうした点からも、大量に摂取するのは糖質も大量に摂取してしまうことになりますので、少量に限定したり、一日の糖質量を考えて摂取することは重要であるといえるでしょう。

マンゴーの糖質ってどれくらい?

100gあたり15gある!

糖質量ということを考えると、マンゴーはかなり多くの糖質を含んでいる果物です。100g当たりの換算で、15gの糖質ということは、バナナのように高い数値ではありませんが、そこまで低いということにもなりません。1個当たり400gを超えることも珍しくはなく、可食部ということでは250g程度になってきます。

ここから計算すると、37g程度の糖質となりますので、1個食べることは非常に問題が出てきてしまうのです。カロリーに関しても低いというわけではなく、糖質制限ダイエット中には、糖質やカロリーを見ると、あまり適さない果物であるといえるでしょう。それでも、他の栄養素が優秀であるということを考えれば、計算しながら接種するべき果物といえるのです。

マンゴーを糖質制限ダイエット中でも食べたい時は?

糖質制限ダイエット中だからこそ少量を

マンゴーには、ダイエット中に必要となる栄養素がいろいろと含まれています。ただし、糖質制限ダイエット中ということを考えると、多く摂取してしまうと糖質も増大してしまうことになるのです。ですが、ビタミンCや食物繊維、酵素の存在を考えると、少量でも摂取したほうがいいでしょう。貧血に対して効果のある葉酸も含まれていることも重要です。

それでも、400gもある果実1個は多すぎるため、小さめのものを選び、さらに半分程度にすることで、糖質も15g程度まで下げることができますので、一日の摂取量に合わせて考えれば、食べることができるようになるのです。すべて制限するのではなく、うまくコントロールすることが重要といえます。

マンゴーの糖質制限ダイエット中の2つの食べ方とは?

糖質制限ダイエット中だからこそマンゴーを

マンゴーには、食物繊維も豊富に含まれていますし、ビタミンB1やB6、葉酸といった貧血に対して重要な栄養素も豊富です。糖質制限ダイエット中には、どうしても果物が不足してしまうことから、摂取を考えていくといいでしょう。ただし、大量に食べてしまうと、糖質が一気に増えてしまいますので、一日の糖質量から食べられる量を考えてみることも必要です。

マンゴーの場合、煮詰めたり加工をすると、中の水分が失われ濃縮することで、多くの糖質を取ってしまうことになります。熟したものを選び、半分にするなど量を減らしていくことがポイントになってくるのです。

マンゴーのドライフルーツ糖質もうまく利用

マンゴーにはドライフルーツになっているものがあります。こうしたものは、食物繊維が豊富で凝縮されるのです。生に比べるとビタミンCや酵素は減るものの、少量とることで効果を得やすくなります。

その代り、ドライフルーツ糖質が多く、生の時より糖質が増えますので、量を1切れにしてみたり、細かく切ってヨーグルトにいれたりする工夫がポイントになってくるでしょう。これだけでも、かなりの栄養素が摂取できますし、糖質も抑えることが可能です。

糖質制限ダイエット中のマンゴー摂取時の2つの注意点

量に注意し糖質制限のバランスを

糖質制限中には、果物はかなり選んで食べなければいけない食材になってきます。マンゴーもその中の一つになりますが、量を食べてしまうとどうしても問題になるということがあるでしょう。100g当たり15gの糖質は、決して少ないものではありません。

ですが、この量に抑えることができるのであれば、一日の糖質量とのバランスをとることで摂取することができるようになるでしょう。栄養素的にも摂取して行きたいものが多いため、少し取り入れたりすることが重要です。

マンゴーを食べるなら間食に!

ダイエットということを含め、糖質制限を考えるのであれば、マンゴーはかなり控えなければいけない食材になってしまいます。食べるときには、量を少なくするだけではなく、できるだけ熟れたものを選ぶことで、ベータカロテンも摂取することができますので、成人病予防ということも考えれば重要です。

糖質は多いものの、逆に考えれば他の間食をするぐらいなら、栄養素が豊富なマンゴーに置き換えたほうが、健康にもいいといえるでしょう。ダイエットということでも、効果を期待することができますので、食事とプラスするというよりも、間食として考えてみたほうが効果的なのです。

どうしてもマンゴーが食べたいときの糖質オフレシピ

ドライマンゴーをヨーグルトで戻してムースに

【材料】
ドライマンゴー 27g
無糖ヨーグルト 450g
代用甘味料 大さじ1
ゼラチン 5g
ゼラチンを溶かすお湯 50CC

1. ドライマンゴーをヨーグルトに漬け込み、冷蔵庫で寝かせる
2.マンゴーが柔らかくなったらボウルに移し、代用甘味料を加えて混ぜる
3.ハンドブレンダーを使い、マンゴーの形がなくなるまで混ぜる
4.お湯で溶かしたゼラチンを加え、混ぜる
5.器に取り分け、冷蔵庫で冷やし固める

ドライマンゴーは、栄養素的にはビタミンCや酵素が失われてしまいますが、その分凝縮した状態で摂取できます。ただし、ドライフルーツは加糖してあったりすることもありますので、そのまま食べるとドライフルーツ糖質を摂りすぎになってしまいやすい欠点を持っているのです。

そこで、無糖のヨーグルトの中に1晩つけておくと、フレッシュのような状態に戻せるだけではなく、ヨーグルトもおいしくいただけるようになります。

栄養面を考えて摂取量に気を付けよう!

マンゴーのような果物は、ダイエットということを考えれば摂取をするべきものです。ですが、どうしても甘みが強く糖質という部分とぶつかってしまうことで、摂取自体を制限されたりすることがあるのです。しかし、大事な栄養素を豊富に含んでいることからも、量をコントロールしたりして、摂取を考えることが大切なのでしょう。