メンチカツは糖質制限中の貴重なエネルギー源?!揚げ物なのに糖質オフなのは何故?

メンチカツは豚や牛の挽肉にみじん切りタマネギと食コショウを混ぜて練り、小判型にして、小麦粉と溶き卵をまぶしてパン粉で衣をつけたものを油で揚げたり、フライパンで焼きます。実は日本独特の食べ物と言えるメンチカツの糖質量はどのくらいなのでしょうか。実は意外に…なんです!

メンチカツの糖質はやっぱり高い?

実はメンチカツは糖質が少ない!

メンチカツと聞くと「さぞかし糖質量が多いのでは…」という先入観があるかもしれません。確かにカロリーは揚物ですので高いのですが、実は「糖質量」は意外と少なく、糖質制限食などもあります。

ここでいう「糖質ゼロ」はまったくの0と言うことではありませんが、たとえばクリアアサヒが提供するジャンボメンチカツのレシピは、具体的な数字はつかめないにしても糖質制限を謳っています。

メンチカツに使う食材は基本的に糖質は多くないものが多いので、「カロリー制限」には向いていなくても「糖質制限」では食べることができるのです。

メンチカツの栄養成分やカロリーは?

ビタミンやミネラルがひとつに凝縮

メンチカツは確かにカロリーの面では高いのでカロリー制限には考えものですが、使われている食材を見ると糖質量の面ではそれほど気にしなくてもよいようです。

メンチカツのカロリーは100gの場合196kcalで、普通のサイズだとおよそ78kcalとやや高めのようですが、反面、糖質量は約9.6gしかなく糖質制限ダイエットにはOKです。

メンチカツの栄養成分を見ますと、ビタミンA、B1、B2、ナイアシン、ビタミンCなどで、ミネラル類はナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄などですから、たとえ糖質制限ダイエットでも食べたい食材といえます。

ここに付け合わせてキャベツや温野菜などが加われば栄養素が豊富で、低糖質の食べ物になりますから、カロリーだけに気を配れば普通に食しても何ら問題はないでしょう。より少ない糖質量を目指すいろいろなレシピがありますから、それを参考に自分で調理することもできます。

いずれにしても注意したいのはカロリーと糖質を同一視しないことで、このふたつは「別のもの」ということを忘れないようにして下さい。高カロリーが必ずしも高糖質ではないのです。

メンチカツの糖質が低いのは何故なのか

メンチカツの糖質量は100gあたりで約9.6gと少ない

メンチカツは豚肉や牛肉とタマネギですから、ちょっと考えるといかにも糖質量が多いような錯覚があります。しかしこれはカロリーと糖質の区別がつかないからで、この両者は似ているようで異質なのです。

したがってカロリーが高いから糖質も高いということではなく、普通のメンチカツでは僅か10%未満の糖質量しかないのです。そうなるとこの食材はむしろエネルギーと栄養素を補給するための糖質制限食として向いていると言えるのです。

もちろんいくら糖質が食材の10%未満だからと言っても油断して食べ過ぎることは結局は糖質量が増えることになるので注意はしなければなりません。しかし普通の食べ方をすればどうということはないので、糖質制限ダイエットでも時々はこの食材を食べるようにしましょう。

市販のメンチカツは糖質制限中に食べても大丈夫?

コンビニなどの市販品も大きくは変わらない

ローソンやセブンイレブンなどのコンビニでもメンチカツが売られていますが、こうした市販品の場合、脂質量や糖質量が気になります。

具体的な糖質量は商品に明記されていませんが、いずれもが大体は同じものと考えられますので、糖質量は食品重量の10%未満と考えられます。したがってカロリーさえ気にしなければ糖質制限中やダイエット中に食べても大丈夫と言えるでしょう。

通常は1個をキャベツや温野菜と合わせて食しますから、その程度であれば何ら問題はないと考えましょう。むしろこの場合に注意を要するのは主食のご飯やパンの糖質量で、これが多いと糖質量は1食で50gを超えてしまいますから、主食は常に控え目にすることが糖質制限での鉄則になります。

糖質制限中にメンチカツを食べたくなったら

糖質制限レシピをフル活用する

普通でもそれほど糖質量は多くはないのですが、糖質制限中やダイエット中に食する場合は、さらに糖質制限レシピで糖質オフを目指しましょう。糖質制限レシピはインターネットでいくつも紹介されていますから、それを参考にして自分で調理することをおすすめします。

ちなみにローソンやセブンイレブンの市販品でも良いですし、糖質ゼロを謳っているメンチカツ商品もあります。なお、糖質オフとは糖質ゼロということではなく、ほとんどすべての食材には糖質がありますかた、個々での糖質オフの意味は1食で50gの糖質以下のことと思ってください。

食材や付け合せに工夫を

ダイエット中ならメンチカツを食する際には糖質制限レシピにして糖質量をできるだけ少なくすることが必要ですから、そのためには糖質制限を主目的にしたレシピが大切になります。

もともとメンチカツは豚肉や牛肉のひき肉とタマネギですから、糖質量自体はさほど多くはないのですが、それをさらに工夫するのが糖質制ダイエット向きの糖質制限レシピです。たとえば肉の種類を変えたりおからを使うなどでも立派な制限用レシピになりますから、大いに工夫するようにしましょう。

メンチカツの糖質をコントロールするための注意点

食事全体の糖質量に注意

メンチカツ自体はそれほど多くの糖質を含んでいませんが、それでも100g中の約10%は糖質です。約9.6gと言えども糖質ですから、食べる際の主食のことなども考えると、メンチカツの糖質量は少ないほうがいいでしょう。

そこでメンチカツを糖質制限ダイエット中に食べる時の注意点は、あくまでも糖質オフを実現する糖質制限食にするのがベターと言えます。

なお、この際の糖質制限食はメンチカツだけのことではなく、食事全体のことだと理解してください。すなわち主食のご飯やパン類と付け合わせの食材のすべてが「低糖質であること」が条件になります。

糖質制限レシピを探すことを面倒くさがらない

糖質制限向けのレシピはインターネットなどでいくつも紹介されていますから、自分で調理ができる人はそれを参考にして、さらに創意工夫を凝らしましょう。そんな時に意外な食材がメンチカツに合うかもしれません。

たとえばおからでボリュームを増やすという方法もあるでしょう。なお豚肉や牛肉はカロリーはそこそこありますが、糖質はそれほど多くはない食材ですから、メンチカツでの糖質制限レシピを考えるのはそれほど難しいことはないようです。

糖質オフ!カロリーもオフ!のダイエットレシピ

チーズで包んだ低糖質のスコップメンチカツ

チーズを包んだスコップメンチ。
<作り方>
1)みじん切りにしたキャベツと玉ねぎに塩をふります。
2)挽肉にも塩をふって整えてからしっかり練った後、野菜を加え混ぜます。
3)酒と昆布醤油を加え、手で丸めてチーズをのせて包みます。
4)玄米粉をまぶしてからパン粉を振ります。
5)トースター1300Wで30分ほど焼きます。

<レシピのおすすめポイント>
油で揚げないので極めてヘルシーで、カロリーも糖質も気にしないおいしいメンチカツができます。

糖質制限中の貴重なエネルギー源になる

メンチカツと聞くとさも糖質が多いような錯覚をするかもしれませんが、実は普通の1枚で糖質は9.6g以下なのです。カロリーは高めですから糖質も高いと思ってしまいますが、そんなことはありません。またいろいろな食材を混ぜればまさに低糖質の糖質オフの低糖質レシピが可能です。栄養素が豊富ですからたとえ糖質制限ダイエット中でも時折はこの食材を食べましょう。