ミスタードーナツで糖質制限は可能?人気メニューの糖質量を大調査!

糖質制限をしているときにドーナツなんか食べても大丈夫かな?と不安に思ってしまいますよね。もちろん食べ過ぎはよくありませんが、きちんと調べると一口に「ミスタードーナツのドーナツ」と言っても含まれる糖質量はメニューによって様々。正確な知識を身につけて、安心してスイーツを楽しんじゃいましょう!

ミスタードーナツと糖質を考える

まずは糖質について詳しく知ろう

糖質制限ダイエット、という言葉を聞いたことがあるという方は多いと思います。しかし、具体的に糖質が何を指すかご存知でしょうか?

糖質は、もちろん「甘いもの」を指します。しかし、糖質にあたるのはそれだけではなく、「でんぷん質」も含まれます。ごはんを食べるとほんのり感じる甘さ、あれは穀類やイモ類にでんぷんが含まれているため。

甘いお菓子を食べていなくてもそういったでんぷん質のもの、例えば塩辛いおせんべいなどを食べ過ぎても糖質オーバーということになってしまします。炭水化物は、食物繊維と糖質から成り立っています。つまり、糖質制限を考えるならば糖類と炭水化物に気をつける必要があるということなのです。

ミスタードーナツの糖質量は何グラム?

糖質を抑える生活をしていても、やっぱり甘いお菓子は食べたいですよね。甘いものはもちろん食べないに越したことはありませんが、スイーツを食べる事自体はリラックスやストレス軽減という効果も期待できますので、量や頻度に気をつけて食べるなら問題ありません。実際に、ドーナツ店の定番ミスタードーナツの商品の糖質量を比較して見ていきましょう。今回は特に人気の高い定番商品の数値を調べてみました。

※数値はすべてミスタードーナツの公式ホームページを参考にし、炭水化物量を表示しています。

オールドファッション系

見た目はもちろん、チョコやクリームのデコレーションもシンプルなオールドファッション系のドーナツ。実際に成分をチェックしてみると…

オールドファッション      28.6グラム
チョコファッション       31.3グラム
オールドファッション ハニー  44.4グラム
オールドファッション 黒糖   31.2グラム
ストロべリーファッション    31.5グラム
オールドファッション シナモン 30.3グラム  

なんとすべてが30前後、ハニーは40超という高糖質のメニューであることがわかります!「オールドファッションなら大丈夫そう」と油断していた方、多いのではないのでしょうか。実は要注意メニューだったんですね。

チョコレート系

チョコレート           30.7グラム
ココナツチョコレート       29.4グラム
ゴールデンチョコレート      37.3グラム
ダブルチョコレート        26.1グラム
キャラメルポイップチョコレート  33.2グラム
アーモンドホワイトチョコレート  28.6グラム

オールドファッション系のドーナツに比べると数値は少なめですが、それでもその差は若干というところ。どうしてもチョコレート系が食べたいならばダブルチョコレートを選ぶといいかもしれませんね。

ポン・デ・リング系

ポン・デ・リング     27.3グラム
ポン・デ・黒糖      22.6グラム
ポン・デ・ストロベリー  24.5グラム
ポン・デ・エンゼル    25.4グラム
ポン・デ・シュガー    26.3グラム
ポン・デ・あずき     32.9グラム

オールドファッションやチョコレート系と比較すると、落ち着いた数値が並ぶポン・デ・リング系のドーナツ。しかし、同じ和風テイストのものでも黒糖とあずきでは約10グラムもの差が見られます。小豆は穀類なので含まれる糖質も多いのです。和菓子のヘルシーなイメージに惑わされないように要注意ですね。

ミスタードーナツで糖質制限をするコツは?

もともとミスタードーナツはスイーツのお店ですので、糖質を抑える具体的なコツはズバリ「糖質量の少ないものを選ぶ」の一言に尽きます。という訳で、ひとつあたりの糖質量が15~20グラム前後の商品を集めてみました。

実は低糖質!フレンチクルーラー系

フレンチクルーラー        15.8グラム
エンゼルフレンチ         12.7グラム
ストロベリーカスタードフレンチ  15.3グラム
ゴールデンフレンチ        15.0グラム

意外な事実ですが、生クリームやアイシングなどが甘くて美味しいフレンチクルーラがオールドファッションの半分以下の糖質量だということ!ダイエット中でも甘いものが食べたい!という方には実はおすすめのメニューだったんですね。

イーストドーナツ系

ココアリング    21.7グラム
きなこリング    20.9グラム
エンゼルクリーム  19.8グラム

種類豊富なイーストドーナツ系。たくさんあるからこそ、糖質量をチェックしてなるべく数値の低いものを選びましょう!イーストドーナツ系でおすすめなのは、上記の3つ。どれも糖質量20グラム前後、合格点の数字です!

一方、注意が必要なのは「メープルリング」と「きなこ&あずきポイップ」。この2つはどちらも約26グラム、イーストドーナツ系の中ではトップの数値なんです。他のメニューを見ても、ハニーとあずきが加わると糖質量は一気に跳ね上がる傾向にあるようですね。

パイ系

スティックパイ アップル  18.6グラム
フランクパイ        21.5グラム
エビグラタンパイ      19.7グラム

パイ系の商品も、糖質を考えるならば優秀なメニューが揃っています。「糖質が低いのはどれだっけ…?」と迷ってしまった場合は、とりあえずパイ系をチョイスしておけば間違いはないでしょう。

ミスタードーナツで糖質制限する際の注意点

いくらひとつあたりの糖質量が低いメニューをチョイスしても、食べ過ぎてしまっては意味がありません。また、ドーナツを食べるときは何か飲み物を飲む人も多いはず。ドリンクの糖質量はちゃんとカウントしていますか?知らずに目標数値をオーバーしてしまわないように、ドリンクメニューの糖質量もきちんと把握しておきましょう。

スープ

小柱と野菜のクリームチャウダー  12.2グラム
野菜を食べるミネストローネ   9.9グラム

ドーナツと合わせていただくならスープ系はとてもおすすめ!元々の糖質量が圧倒的に少ないのはもちろん、糖質制限ダイエットには欠かせない野菜を摂取できるからです。また通常のドリンクよりも「お食事系」のスープは満腹感も得られるので、ドーナツの食べ過ぎを防ぐこともできます。ちょっと小腹が空いた、そんな時は糖質量を抑えたドーナツをひとつ食べて甘いものへの欲求を満たし、スープでお腹を満足させてあげましょう。

カフェオレ

ミスドプレミアム ホットカフェオレ【マグカップ】 6.0グラム 
ミスドプレミアム アイスカフェオレ        6.3グラム

カフェオレ系の糖質量の少なさは群を抜いています。ドーナツを食べるときは、ついお友達とお喋りが盛り上がって長居してしまいがち。この数値ならお代わりも安心してできますね。

ソフトドリンク

フロリダオレンジジュース      22.1グラム
ゴールデンパイナップルジュース   22.6グラム
カルピス              31.5グラム
山ぶどうスカッシュ         32.9グラム

要注意なのはソフトドリンク系。それぞれにドーナツ1個分ほどの糖質量が含まれています。どうしても飲みたい場合は、注文するドーナツをひとつ我慢するなど工夫する必要があるようですね。

リッチ・シェイク

マダガスカルバニラ  49.9グラム
チョコファジ     46.8グラム

シェイク系の糖質量はダントツの高さ!糖質量の少ないエンゼルフレンチが12.7グラムですので、なんとその3~4倍もの数値になっています。一度にエンゼルフレンチを4個も食べられますか?簡単にそれだけの糖質を摂取できてしまうシェイク類。糖質制限を考えているのなら避けた方がいいメニューと言えます。

終わりに

糖質制限ダイエットで怖いのは、過度に糖質を避けることでストレスがたまりリバウンドしてしまうこと。ダイエット中であってもたまになら、そしてきちんと数値を意識して賢く摂取するなら大丈夫なんですよ。しかし、こうして比較してみるとひとつのお店、そして同じドーナツ類といっても含まれている糖質量は様々。しっかりと把握して、安心してスイーツを楽しみたいものですね。