ナイシトールの効果とは?どんな人にオススメ?気になる副作用と効果を高めるための「3つ」のポイントを解説!

お腹の脂肪を減らすことができるとされているナイシトール。では、実際にはその効果はどのようなものになっているのでしょうか。また、飲むことによる副作用も気になりますね。効果を高めるための飲み方のコツや飲むことをオススメしたい人についてもご紹介していきます。

ナイシトールの効果とは?

お腹の脂肪が気になる人向けのサプリメントである「ナイシトール」。CMなどを見て気になっている人も多いのではないでしょうか。では、その効果とはどのようなものなのでしょうか。ナイシトールをお勧めしたい人や、副作用についても併せてご紹介していきます。

ナイシトールはどんな人におすすめ?

お腹に脂肪がたまりやすい人

ナイシトールは、お腹に脂肪がたまりやすい人にオススメです。日本人の体質に合っていて、なおかつお腹の脂肪を減らすのに効果があるとされている漢方薬をたくさん配合しています。これらの漢方薬によって、体内に溜まった老廃物を尿や汗、便などと一緒に排出し、脂肪の分解・燃焼を促す効果があるとされています。

いわゆる太鼓腹が気になる人や、お腹の出っ張りが気になる人などには特に効果が高いとされています。もちろん、ナイシトールを飲むだけでなく、日々の生活習慣にも気を付けるとさらに効果は高まると考えられています。時間がない人でも、食生活に少し気を付けてみたり、少しの距離なら歩いてみたりといったちょっとしたことで効果を高めることができるでしょう。

便秘がちの人

ナイシトールは、便秘がちの人にも効果があるとされています。ナイシトールには「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という18種類の生薬を配合した漢方薬が含まれています。肥満症や高血圧に由来した便秘に効果があるとされている他、のぼせにも効果的だとされています。体の水分循環を改善することがこれらの効果につながっていると考えられています。

便秘を改善することは、肥満の解消にとって大きな役割を果たすと考えられています。便秘になるとどうしても消化・吸収のスピードが落ちたり、代謝が落ちたりして皮下脂肪がつきやすくなると考えられているのです。また、肥満になると腸が圧迫されるために便秘になりやすくなるという悪循環が発生してしまうこともあります。

ナイシトールの効果はどんなものがある?

脂肪の分解

ナイシトールには、脂肪を分解してくれる効果があるとされています。脂肪が燃焼するためには一度分解されなければなりませんから、この段階で脂肪が燃焼しやすい状態になっていると言えます。特に、お腹回りがぽっこりと出てきやすい内臓脂肪は病気につながる可能性も高い脂肪となっていますので、注意した方が良いと言えるでしょう。

お腹がポッコリと出ているにも関わらず、そのお肉がつまみにくいようならばそれは内臓脂肪がついている可能性が高くなります。ナイシトールで脂肪を分解したら、運動などを取り入れるとさらに効果は高まると考えられています。

脂肪の燃焼

ナイシトールには、脂肪を燃焼する効果もあるとされています。体についてしまった脂肪を減らすには、燃焼させるしかありません。運動などで脂肪を燃焼するとともに、その燃焼を助けてくれる効果があるとされています。これを飲んでさえいれば劇的に痩せていくというような薬ではありませんが、その手助けをしてくれるでしょう。

ナイシトールの効果はどんなものがある?
脂肪の分解

ナイシトールには、脂肪を分解してくれる効果があるとされています。脂肪が燃焼するためには一度分解されなければなりませんから、この段階で脂肪が燃焼しやすい状態になっていると言えます。特に、お腹回りがぽっこりと出てきやすい内臓脂肪は病気につながる可能性も高い脂肪となっていますので、注意した方が良いと言えるでしょう。

お腹がポッコリと出ているにも関わらず、そのお肉がつまみにくいようならばそれは内臓脂肪がついている可能性が高くなります。ナイシトールで脂肪を分解したら、運動などを取り入れるとさらに効果は高まると考えられています。

脂肪の燃焼

ナイシトールには、脂肪を燃焼する効果もあるとされています。体についてしまった脂肪を減らすには、燃焼させるしかありません。運動などで脂肪を燃焼するとともに、その燃焼を助けてくれる効果があるとされています。これを飲んでさえいれば劇的に痩せていくというような薬ではありませんが、その手助けをしてくれるでしょう。

ナイシトールの効果を高めるには?

服用タイミングを習慣化する

ナイシトールに限らず、漢方を使った薬やサプリメントというのはある程度の期間飲み続けることで効果が発揮されると言われています。つまり、数回飲んで忘れてしまうようではあまり意味がないと言えます。飲み忘れを防ぐためには、服用タイミングを習慣化するのが良いと言えるでしょう。

ナイシトールは、薬が吸収されやすい空腹時に飲むのが最も効果が高まると言われています。公式で推奨されているのは、食事の30分前か、食後2時間後のタイミングです。このタイミングで毎日飲む習慣を付けることができれば最も理想的であると言えるでしょう。

ただし、このタイミングは、服用を忘れてしまいやすいタイミングでもあります。忘れてしまいがちな方は、起床後、午後の小休憩、寝る前など、自分が覚えやすいタイミングを目安にして服用を習慣化すると良いでしょう。

食事内容を改善する

ナイシトールの効果を高めるためには、食事の内容を改善することも重要です。まずは、普段の食事でカロリーを摂取しすぎていないかどうか確認してみましょう。間食の習慣がある人はそれを控えることも重要なポイントになります。1回の量はちょっとしたものでも、それが積み重なることでカロリーの摂取量が増えてしまうのです。

ただし、ただ食べる量を減らすだけではなく、きちんと栄養を摂取することも重要です。必要な栄養が体に入ってこない場合、体は飢餓状態と判断して脂肪などをため込んで体を守る働きをすることがあります。必要な栄養をきちんと摂取するためには、肉や魚などメインのおかずを食べたうえで、その他の部分を野菜中心にするのがオススメです。

運動をする

運動をすることもナイシトールの効果を高めるためには重要になります。ナイシトールには、脂肪を分解する効果があるとされています。脂肪が分解された状態は燃焼しやすい状態であるとも言えますから、この時に運動を取り入れることで、さらに脂肪の燃焼効果を高めることができると考えられるのです。

ジムに行ったり、外に出てウォーキングをしたりするのが理想的ではありますが、そんな時間が取れないという人の場合には、いつもエスカレーターを使っているのを階段にしてみたり、ちょっとだけ遠回りして歩いてみたりといったほんの少しの運動を取り入れてみるだけでも効果に違いがみられるとされています。

運動をすることは、便秘の改善にも役立ちます。脂肪の燃焼効果とともに便秘改善を期待する人の場合には、特に運動を取り入れてみると良いと言えるでしょう。

ナイシトールの副作用は?

体がだるくなる

ナイシトールは体内に取り入れるものですから、当然副作用が出てしまう可能性もあります。特に、効果が高いとされている薬ほどその副作用も大きくなる傾向にあります。妊娠中の場合や、何らかの病気などで医師の診察を受けている人、薬を服用している人の場合にはあらかじめ病院で相談した方が良いでしょう。

また、他の下剤を飲んでいる場合や授乳中の場合には服用を控えた方が良いとされています。ナイシトールの副作用のひとつめとしては、体のだるさがあげられています。朝起きた時にだるさを感じたり、ひどい場合には一日中だるさを感じたりすることもあるようです。

ナイシトールを服用すると肝機能が低下することがあるようですが、この体のだるさは、その肝機能の低下から引き起こされるのではないかと考えられます。

皮膚に異変が出る

ナイシトールを服用することによって、皮膚に発疹、発赤、かゆみなどの異変が起きることもあります。他の要因でも起こることがあるため、ナイシトールの副作用であると見分けづらい症状ではありますが、このような症状が現れた場合にはいったん服用を中止した方が良いとされています。

服用をやめても症状が治まらない場合や、あまりにもひどい症状が出ている場合、症状がだんだん悪化してしまうような場合には、商品と一緒に入っている添付文書を持って医療機関を受診した方が良いとされています。

胃部に不快を感じる

ナイシトールはお腹に作用する薬であるため、場合によっては腹痛や下痢などの症状を引き起こすこともあります。元々お腹が弱い人の場合には特に注意した方が良いと言えるでしょう。また、他の下剤と組み合わせて飲むことはNGとなっていますので特に注意してください。

ナイシトールを飲むことによって、少し下痢気味になったという方は多いようです。できれば、はじめのうちは休日など家でゆっくりできる日に試してみて様子を見るようにすると良いかもしれません。

咳が出る

ナイシトールの副作用で、咳が出ることもあります。人によっては、発熱や息切れ、呼吸困難などの激しい症状が出てしまうこともあるようです。このような時には、すぐに医療機関を受診するのが良いようです。その際には、薬の添付文書を持参するとより正確な治療や処方を受けられるようになります。

風邪の症状にも似ているため見逃してしまいがちかもしれませんが、ナイシトールの服用を始めた時にはこれらの症状が出ないかどうか注意して観察しておきましょう。このような症状が出てしまった時には、いったん服用を中止した方が良いと言えるでしょう。

ナイシトールの他に痩せる薬は?

防風通聖散

防風通聖散とは、肥満症による便秘に悩む人によく使われている漢方です。ナイシトールにも配合されている漢方ですが、ツムラなどでこの漢方のみを購入することもできます。ナイシトールのメインにもなっている漢方であるため、ナイシトールによく似た性質があると言えます。飲み比べてみて、自分に合う方を使ってみるのも良いかもしれません。

病院に行くほどのひどい便秘だったけれど、防風通聖散を飲むことによって改善したという口コミもありました。また、薬の副作用でどうしても太りがちになってしまう人が、飲んでいる薬と併用して使えるダイエット薬として使用することもあるようです。医療関係者から勧められて使用する人も多いようです。

カロリミット

カロリミットは、ダイエット用としてよく知られているサプリメントです。ギムネマシルベスタ、桑の葉、鳩龍緑茶、キトサン、インゲン豆などの成分が配合されています。キトサンが配合されているため、甲殻類アレルギーの人は服用を避けた方が良いとされていますので注意してください。

この商品も、服用することによって便秘が解消されたという声が多いようです。日常的に使うほか、飲み会などカロリーが高くなりがちな食事の前にだけ飲むという使い方をしている人もいます。

カロリミットが甘いものや脂っこいものなどの食事が気になる人のためのサプリであるとされているのに対して、大人のカロリミットは食事コントロールに加えて代謝の低下も気になる40代以上の人にオススメとされています。

コレウスフォルスコリ

コレウスフォルスコリは、ダイエット中の食事が気になる人にオススメの成分とされています。健康的なダイエットを目指す人にもオススメだとされています。ogalandのコレウスフォルスコリのサプリメントならば、食物繊維も配合されていてさらに効果が高まるとされています。

ただし、一度に多くの量を飲むとお腹が緩くなってしまうことがあるといいます。はじめはすくない量から、徐々に服用量を増やしていくとよいようです。

メタバリアスリム

メタバリアスリムは、糖の吸収を抑えることができるとされているサプリメントです。炭水化物に偏りがちな食生活になっている人に特にオススメのサプリメントであると言えるでしょう。サラシア由来のサラシノールがこの役割を果たしているとされています。甘いものが好きな人や、糖分を摂ると肌の調子が悪くなりがちな人に好評となっているようです。

ヴィーナスボディ

ヴィーナスボディは、ダイエット向きの成分が配合されているだけでなく、美容に効果的だとされている栄養素も豊富に配合されているサプリメントです。ダイエットに成功しても胸が小さくなってしまいがちだという女性の悩みをカバーするためのプエラリアも配合されています。特に、女性にオススメのサプリメントであると言えるでしょう。

まとめ

ナイシトールは非常に効果が高いとされている一方で、副作用が出てしまうこともあります。最初は少しの量から飲み始め、徐々に推奨量に近づけて飲むと良いかもしれません。重篤な副作用が出てしまった場合には、すぐに添付文書を持参して医療機関を受診してください。

ナイシトールの効果を高めるためには、食事の見直しや運動も一緒に取り入れるのが良いとされています。また、飲み続けることによって効果が出やすくなりますから、日常の中で飲み忘れないようなタイミングを工夫することも重要であると言えるでしょう。