オクラは糖質制限ダイエットには最適!2つの注意点と簡単レシピ公開!

まずオクラの糖質量は100gあたりで1.5gと糖質オフですから、糖質制限には向いている食材です。この食品はアオイ科トロロアオイ属で、特徴はねばねば成分ですから、海外で納豆が手に入らない時にはオクラで代用することもあるようです。オクラにはビタミン類やミネラル類と3大栄養素が含まれていて、なおかつ低糖質なので糖質制限ダイエットに良いでしょう。

オクラは糖質制限ダイエット中に食べても良い!

オクラの糖質は100gあたりが1.5gで糖質制限でOK

オクラの糖質量は極めて低く、100g当たりで1.5gですから、おくら糖質制限は可能です。つまり糖質制限ダイエット中には大いに食すべき食品とも言え、それはこの食材が3大栄養に加えて豊富なビタミン類とミネラル類、さらには食物繊維を含んでいるからです。

そのままで刻んでかつお節などと和えるとこの食材独特のネバネバ成分がまるで納豆を食しているように感じられます。やや青味があるかもしれませんがそれほど強くはないので大概の人はそのままで食べても違和感はないでしょう。

また同じネバネバの山芋などとの煮漬けやサラダも身体に良いようです。

栄養素とカロリーは?

オクラの栄養成分は豊富でカロリーは低い

オクラの栄養成分を詳しく見るとまずミネラル類ではナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムと鉄で、鉄は比較的多く含まれています。ビタミン類はビタミンB6とCなどで、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富です。

さらに3大栄養素である脂質、たんぱく質と炭水化物も含まれています。カロリーは100gで30kcalと低いのが特徴で、糖質もたとえば20g(2本)でも0.3gしかありません。なおオクラの特徴はねばねば成分で、このネバネバは芋類の山芋と似ています。

まとめますとおくら糖質制限はまさに糖質制限を軽くクリアしますから、どのようなレシピで食しても何ら問題はないと言えます。

したがってこの食材単体でも食せますし、ほかの食材と一緒に調理することもできますから、あとは糖質制限を心配するのはこれをおかずにした場合の主食のご飯の量と言えるでしょう。

すなわちオクラ自体やほかの食材と合わせた料理がおいしくて食べやすいので、つい食が進むのが心配になります。

ダイエット向きのオクラの糖質って?

オクラの糖質量は100gで1.5gと極めて低く糖質オフ

オクラの糖質量はたとえ100g(食べきれませんが)食しても1.5gですから、普通に2本(20g)食べると糖質は0.3gほどにしかならず、まさに糖質オフの食材と言えます。しかもカロリーも低い上に栄養成分はミネラル類やビタミン類が豊富ですから、糖質制限食には最適と言えるでしょう。

食しかたは軽く湯がいて刻むとネバネバで納豆に似ていますからご飯の友に良いでしょう。ただしご飯の食べ過ぎには注意が必要なことはおくら糖質制限では言うまでもありません。

大体食事で糖質制限が問題になるのは主食に含まれる炭水化物などですから、おから糖質制限で大幅に糖質量を減らしても肝心の主食が多いと意味が無くなりますからご飯の食べ過ぎは要注意です。

オクラは糖質制限ダイエット中に食べても大丈夫?

オクラは糖質制限ダイエット中に食してもOK

オクラはまさに糖質オフの食材の代表とも言えるほど低糖質ですから糖質制限ダイエット中には大いに食すことをおすすめします。低糖質で低カロリーのうえに豊富な栄養成分が含まれていますし、食物繊維も多く含まれています。

オクラの食しかたはシンプルにかつお節を和えるだけでもおいしいですし、山芋や野菜類と煮漬けてもおいしいです。すなわちこのようなことからこの食材はまるで糖質制限のためにあるようなものと言え、これを敬遠することはみすみす宝物を見逃すようなことです。

宝物に例えるのはいささかオーバーですが、少なくともこの食材は何らかの形で毎日でも食べるほうが糖質制限できちんと栄養成分を摂取するには向いていることは間違いないと言えるでしょう。

栄養満点なオクラをダイエット中に食べる方法は

オクラを糖質制限ダイエット中に食べる方法はシンプルレシピ

オクラを糖質制限で食べる際にはシンプルなレシピがおすすめと言えます。その理由はこの食材自体が豊富な栄養成分を含んでいるからで、ほかの食材で栄養成分を補わなくても間に合うからです。

むしろ間違って糖質量が多い食材と合わせるとせっかくの子の食材の低糖質が帳消しになる恐れがあります。すなわち低糖質の山芋や野菜類と一緒に調理をすることをおすすめします。

そして、肝心の主食は控え目にすることが肝要で、炭水化物や糖質が多い主食を食べ過ぎないようにしましょう。

オクラの糖質制限ダイエットでの食し方はほかの食べ物に注意

オクラ自体はいわば糖質オフ、糖質ゼロの食材と言えますから、この食材に関する限り注意する点はないでしょう。しかしこの食材はおかずとしてですから肝腎の主食で糖質量が増えたのでは糖質制限はできません。

おくら糖質制限はクリアしても主食糖質制限がオーバーしたのでは全体として糖質制限にはならないのです。なぜこのようなことを言うかと言いますと。おかずのオクラは精々5本程度(50gで糖質は0.75g)であり、それほど大量には食べないからです。

ダイエット中に食べるときの2つの注意点は?

おくら糖質制限でオクラを食べる際には主食を減らす

オクラそのものはいくらたくさん食べても糖質制限の点から見るといわば糖質オフでしょう。しかし糖質制限ダイエット中だからこの食材だけで1食を間に合わすことは無理で、やはり主食を食べます。

問題はその主食で、ご飯は糖質量が多いので、ではパンにしようとすると、これも糖質は高いのです。
すなわちどうしても糖質量が多くなるのは止むを得ないのです。

そこでおくら糖質制限を糖質制限ダイエット中におこなうためには一にも二にも主食の量を制限する必要があります。

おくら糖質制限でオクラを食べる時はほかの食材に配慮

おくら糖質制限で糖質制限ダイエットを成功させるにはとにかくほかの食材で糖質量が多いものは敬遠することが必要です。すなわちオクラの糖質オフ自体は歓迎すべきですが、同時に一緒に食するほかの食材の糖質量を考える必要があります。

具体的にはご飯の量を減らすことですが、これは麦ごはんでも同じです。つまり主食は炭水化物という身体に不可欠な栄養成分があるので、これを食べないわけにはいきませんが、その糖質量をきちんと把握することが大切なのです。

オクラの栄養満点なダイエットレシピ

何とも絶妙な味になるオクラと山芋のネバネバ和え

オクラと山芋の和え物(わさび味もみのり)
【材料】(2人分)
オクラ 10本
山芋  10cm
調味料はポン酢大さじ1、ゴマ油小さじ1、塩少々
かつおぶし適量

【作り方】
1)オクラを茹でて小口切りにし、山芋は皮をむいて千切りにします。
2)オクラと山芋と調味料を混ぜます。
3)皿に盛り付けて、かつおぶしを振りかければ出来上がりです。

【ポイント】
この食材のネバネバと山芋のネバネバが良くマッチして、山芋のシャキシャキ感もあるおいしい和風サラダのおかずです。
これならいくらたくさん食べてもおくら糖質制限食ですから安心できます。
しかも栄養成分はミネラルもビタミンも食物繊維も豊富ですからなおさら嬉しいレシピです。

ダイエット食として満点でも主食に注意しよう

オクラは100gでも1.5gの糖質量ですから、普通に食する量で考えると正に糖質ゼロと言える食材です。

したがって糖質制限では大いに食することをおすすめしますが、その際によう注意なのはこの食材がおいしくて食が進むことで、そうなると主食のご飯を食べ過ぎないようにしなければなりません。

ちなみにオクラの栄養成分は豊富ですからシンプルなレシピで食べることができるのは大きなメリットと言えます。