ダイエットはダンスで楽しく痩せよう!楽しいから辛くない!話題のダンスダイエットまとめ!

ダイエットと言えば孤独で辛い印象ですが、ダンスで楽しみながらダイエットができるとしたらどうでしょう。ダイエット目的でダンスを始める前に知っておきたいのはどんなこと?効果を最大限にするためのポイントをまとめてみました。

ダンスの楽しさがダイエットのポイント

ダイエットの成果をきちんと出そうと思ったら、どんな方法でダイエットをするのかがとても大切です。世の中には無数のダイエット法があり、また流行りもありますね。
あなたは今までどんなダイエットを試したことがあるでしょうか。数多くのダイエット法にチャレンジしてはみたものの、満足な効果が得られたというダイエットは少ないのではないでしょうか。

今回はダンスでダイエットをする方法について考えてみたいと思います。

最近はダンスは多くの人が楽しむスポーツになってきました。趣味としてお稽古に通う人も多いですね。学生さんやプロを目指す若者はもちろん、子育てがひと段落した主婦の趣味としても盛り上がっています。
憧れのアーティストのように踊ったり、仲間達と汗を流すのは楽しいひとときです。
この楽しいダンスがダイエットになると嬉しいですよね。

今まで「ダイエット」と言うと、空腹を我慢したり、得意でない運動をしなくてはいけなかったりと、あまり楽しいイメージはありませんでした。
しかしダンスを運動として取り入れれば、楽しくストレスを発散させながらダイエット効果を期待することができます。

今までのダイエットは続けることが難しかったですよね。それはダイエットが苦痛の時間だったからではないでしょうか。
しかしダンスなら楽しみながら続けることができるのできそうですね。
ダイエットは短期間で頑張るのではなく続けていくことが大切です。ダイエットを楽しみたいという方はダンスをダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダンスの運動量をダイエットに活かすなら

1日の摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば体重は減っていきます。
カロリー計算はダイエットの中でも基本中の基本ですので、この方法はみなさんご存知ですよね。

ダンスでダイエットをしようと思ったら、2つの方法があります。

1つ目はダンスの運動量で消費カロリーを増やし、体重を減らすという考え方です。
1日の消費カロリーが増えれば方法はなんでもよいので、ランニングしたりするのと同じ考え方ですね。
しかし一人で続けなければいけないランニングは何かと自分に理由をつけて三日坊主で終わる可能性が高いです。今日は遅くなってしまったから、雨が降っているから、などランニングを諦める理由はたくさんあります。
一人で続けるというのは想像以上に難しいことです。あなたの意志が弱いわけではなく、誰にとっても難しいことなので気にする必要はありません。
しかしダイエットに仲間がいたらどうでしょうか。ダンスのレッスンの時間に友人や仲間に会えると思うと苦痛なダイエットの時間にはならないはずです。

すぐにランニングを諦めてしまいダイエットが終わってしまえば、消費カロリーどうこうの問題ではありませんね。まずは定期的にダンスレッスンで消費カロリーを増やしていく生活を心がけることが大切なのです。

好きなジャンルのダンスを選んでみよう

ダンスをダイエットに取り入れるのならば、ダンス初心者の方はダンスを習うことになるでしょう。今は仕事帰りにでも通えるお教室が多いですから、職場から自宅までの道のりで通過する場所でスタジオを探してみてくださいね。わざわざ通うとなると億劫になってしまいますが、職場から帰る途中にスタジオがあれば寄ればよいだけなのでハードルがさがりますね。

また「ダンス」と一言で言っても、そのジャンルは無数にあり、どのダンスを選べばよいのか迷ってしまいそうになります。ここで興味のあるジャンルのダンスを選ぶことがとても大切です。興味のないジャンルを始めてしまうと、楽しくないですよね。すぐにやめることになってしまっては何の意味もありません。
そうは言っても、ダンスに触れた事のない人がダンスのジャンルについてどれくらい理解しているのでしょう。ほとんどの方はジャンル名を言われても、どんなスタイルなのかピンとこないでしょう。
ダンスはクラシックバレエやジャズダンス、ヒップホップダンスなどそれぞれ特徴が違います。
ジャンルによって曲調やスタイルが違うのはもちろん、使う筋肉の種類も変わってきますし、先生が違うわけですからレッスンの雰囲気も違ってくるでしょう。

では数多くのジャンル・レッスンから自分の受講するレッスンを決めるには、何を基準にどう選べばよいのでしょうか。
まずはレッスンを見学させてもらうことや体験レッスンへの参加をオススメします。
レッスンの見学は予約なし、無料でさせてくれるお教室がほとんどです。体験レッスンの場合はお金がかかる所もありますし、予約が必要なところもあります。事前に調べて申し込んでおきましょう。

レッスンを見学すれば、どんなスタイルのレッスンなのかだいたいわかりますね。
中にはアーティストの曲を使って、振付を踊るレッスンもあります。自分がどんなダンスを踊りたいのか希望を明確にしてからスタジオを探すようにしましょう。

ダンサーの身体付きを目指すなら

ダンスの運動量で消費カロリーを増やし、体重を減らすという考え方とは別でダンスがダイエットに向いている理由として、身体の引き締め効果があります。
テレビで見るアーティストのバックダンサーとして踊っているような人達は、例え女性であっても綺麗な筋肉がついていますよね。もちろんプロの人達はダンスとは別で筋肉トレーニングもしているでしょうが、普通にダンスを踊るだけでも充分きれいなボディラインを目指すことができます。
ダンスのレッスンに集中していたら、いつの間にか身体が引き締まっていたという女性も多いのです。

せっかくダンスを始めるのなら、体重を減らすだけでなくボディラインだって欲張っちゃいましょう。

オススメはクラシックバレエ

では綺麗な筋肉をつけるためには、どのジャンルのダンスを選べばよいのでしょうか。
身体のラインを1番に求めるならば、絶対的にクラシックバレエをオススメします。バレリーナを1度は見たことがあるかと思いますが、決してムキムキの筋肉はついていないですよね。だからといってクラシックバレエに筋肉が必要ないということではありません。バレリーナの全身にもしっかりと筋肉はついています。
クラシックバレエに必要な筋肉は、伸びがよくてしなやかな筋肉で、普通の筋肉トレーニングなどでつけることができるムキムキの筋肉とは違う種類の筋肉なのです。そのため筋肉をつけても身体のラインが太くなることはありません。
またバレリーナは手足や首が長いイメージがありますが、実際の長さにくわえ姿勢を正しく保つことで長く見せています。このバレリーナの姿勢を習得することによって、スタイルがよく見せることができるというわけですね。
ボディラインを追及したいという方は、まずはクラシックバレエのレッスンの見学に行ってみてくださいね。

他のジャンルではいけないの?

しかしクラシックバレエのレッスンは単調で実はあまり面白くないと感じる人が多いダンスでもあります。身体作りには最も適していますが、本気でダンスをする人、プロを目指す人にこそ不可欠なレッスンと言えるかもしれませんね。
ダイエットを目指しているのであれば、イヤな思いをしてレッスンを受ける必要な全くありません。自分が楽しめるレッスンを探しましょうね。

そこで他のジャンルのレッスンですが、もちろんどのダンスでもダイエット効果は期待できます。楽しみたいのであれば、ジャズダンスやジャズヒップホップというジャンルを選ぶと良いでしょう。
アーティストのバックで踊られているようなダンスは、ジャズヒップホップというジャンルになることが多いです。
気持ちよく身体を動かして、ストレスも贅肉も吹き飛ばしてくださいね。

ダイエットなら、先生の体型も選ぶポイントに

ではジャンルを選んだあとのポイントです。
あなたはどんな基準でダンスの先生を選びますか?
好きなアーティストが同じ、生徒さんと仲がよい、ダンスがすごくカッコイイ、振付の雰囲気が好き、などなど先生を選ぶポイントはたくさんあります。

ダイエットを目的にダンスを始めるのであれば、ご自分のチェックポイントに「先生の体型」というのも加えておいてください。
これからその先生の真似をしてダンスを覚えていくことになります。その先生の体型は、まさにその先生のダンスを続けた結果の体型です。
ダンスにはある程度の基本やおきまりの動きがあり、その動きの組み合わせで振付をつくります。どの先生が振付をしても同じような気がしますが、不思議と先生それぞれのカラーがあります。クセ、という言葉で表現されることもあります。
ダンスには先生のこだわりがそれぞれあらわれてきます。その先生のこだわりを求めたレッスンになっていくでしょうね。この動きをしたらどこが引き締まるのか?なんてことを考えながらレッスンを受けていたら疲れてしまいますので、まずは先生の体型をチェックしてみましょう。
足に筋肉がガッチリついていて太くみえる先生は、下半身をしっかりと使うダンスを踊るのかもしれません。ウエストが締まっていて腹筋が割れているような女性の先生のダンスを踊っていれば、あなたの腹筋も割れるかもしれません。
筋肉の付き方には個人差がありますから、必ずしも先生と同じ体型になれるという保証はありませんが、参考にしてみてはいかがでしょうか。

まずは3ヶ月、続けてみて!

ではどのくらいの期間、ダンスレッスンに通えばダイエットの効果が表れてくるのでしょうか。

そもそも「ダイエットの効果」に個人差がありますね。まずは自分の目標を明確にしておきましょう。体重を落とすのが目的ならば、目標体重は何キロなのか?ウエストを締めることが目標ならば、現在のウエストは何センチで目標は何センチなのか?体脂肪率で目標をたててもいいですし、まずは3ヶ月ダンスを続ける、などの期間を設定してもよいでしょう。

目標によって必要な期間が当然変わってきます。同じレッスンを受けていてもダンスの場合は集中力や筋肉量で効果が違ってきたりもします。
まずは1ヶ月間はレッスンに通うという生活のペースを作りましょう。3ヶ月で身体の変化を見てみてください。
元々、1日の中の運動量が少なかった人ほど、効果が出ているでしょう。個人差があるとはいえ、3ヶ月たてば誰でも何かしらの効果が表れてきているはずですから自分の身体を良くチェックしてみてくださいね。
もしかしたら体重を減らすのが目的だったのに、腹筋がわれているかもしれません。筋肉をつけたかったのに体重がすごく減っているかもしれません。
最初の目的とは違う効果の表れ方をしているかもしれませんし、2つ3つと良い変化が起きているかもしれません。最初に自分で立てた目標以外でも効果が出ていないかどうか確認してみましょう。

そこで満足な結果が出ている人は問題ありませんが、もっともっと効果を得たいという人もいるかもしれません。そんな人は家で筋肉トレーニングを少しだけ取り入れるとよいかもしれませんよ。筋肉がつくことで身体が使いやすくなりダンスにも良い影響が出てくるかもしれません。筋肉がつくと基礎代謝もあがりますから、少しの運動で多くのカロリーを消費することができます。
突然たくさんやる必要はないので、できる範囲から始めてみてくださいね。

コツはとにかく、楽しむこと!

ダンスをすることでのダイエット達成のコツは、ズバリ!ダンスを楽しむことです。
楽しくなければ続けることはできません。続けなければ効果を期待することもできないからです。
短期集中で3日や1週間のダイエットで効果を出したいと考えている人には、不向きのダイエットかもしれません。
しかしダンスを始めることで新しい友人ができたり、ダンスが上達することで新しい趣味になるかもしれませんよ。普段運動不足だった人は身体を動かすことでストレス発散にもなるでしょうし、発表会に参加したりする機会が訪れるかもしれません。ダイエット以外にもいろいろな効果が期待できそうですね。

ダンスをすることでダイエット効果はもちろん期待できます。
それ以上の何かを得る事ができる人も数多くいるということです。キッカケはダイエットかもしれませんが、痩せて目標を達成してもダンスは続けるという人もいます。
ダンスを続けるのが苦痛でなければ、きっとまた太る心配もありません。多くの人はダイエットが終わるとリバウンドしてしまいますから、知らず知らずのうちにリバウンド対策もしているということになりますね。
体形をキープし続けて、健康でいることこそがダイエットの本当の目的かもしれません。
ダンスで楽しみながら理想の体型をゲットしてくださいね。