ナイシトールgと他の商品との違いや効果とは?効果をより高める「3つ」のポイント!気になる4つの副作用や注意点などご紹介!

CMなどで耳にするナイシトールですが、そのシリーズの中に「ナイシトールg」という商品があります。このナイシトールgは、他のナイシトールとはどのように違うのでしょうか。そして、ナイシトールgにはどのような効果あるのか、効果を高めるポイントとはどのようなものなのか、気になる副作用についてもご紹介します。

ナイシトールgとは?

お腹の脂肪をやっつける薬として「ナイシトール」という薬があるのはCMなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ナイシトールgはそのナイシトールシリーズの中のひとつです。それでは、ナイシトールgにはどのような効果があるのでしょうか。実は、ナイシトールシリーズには効果を高める飲み方というのもあります。

また、気になる副作用や、他のナイシトールシリーズとの違いについてもご紹介していきます。

ナイシトールgの効き目はどんなの?

脂肪の分解

脂肪を減らすためには、まず脂肪を燃焼しやすい形に分解しなければなりません。ナイシトールgは、肥満症が気になる方向けの薬として、脂肪を分解する働きがあるとされています。これによって、まずは体内にある脂肪が燃焼しやすい体を作ることができます。

通常、脂肪を燃焼させるためにはある程度の時間運動を続けなければなりませんが、ナイシトールgを飲むことによって、少しの運動でも脂肪が燃焼しやすくなると言えるでしょう。

脂肪の燃焼

ナイシトールgには、脂肪を燃焼させる効果もあると言われています。分解された脂肪は、ある程度の時間燃焼されなければまたもとに戻ってしまいます。つまり、脂肪を燃焼させるというのは実際に脂肪を減らしていくステップであるとも言えます。

一般的な生活の中でも、摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ脂肪は燃焼していくと考えられています。しかし、そのためには食事制限をしたり、運動量を増やしたりといったことを意識的に行わなければなりません。そうした生活習慣を作っていくことも大切ですが、ナイシトールgを飲むことによって、それらをサポートしてくれると言えるでしょう。

肥満症の改善

身長に対して体重が重すぎる状態を肥満と言いますが、その肥満によって何らかの治療をしなければならない事態が引き起こされている場合を「肥満症」と呼びます。ナイシトールgは、肥満を改善するとされている薬ですから、当然それによって引き起こされてる肥満症の改善にも役立つと考えられています。

ナイシトールgには防風通聖散という漢方が配合されていて、その成分によって老廃物など体内の余分なものを排出し、肥満症の改善につながると考えられているのです。

ナイシトールgの効果を高めるには?

服用タイミングを習慣化する

ナイシトールに限ったことではありませんが、漢方や生薬といったものはある程度の期間飲み続けることで効果が発揮されると考えられています。つまり、1回や2回飲んだだけだったり、気まぐれに飲んでいたのでは効果は発揮されにくいと考えた方が良いでしょう。

忘れず飲み続けるためには、服用タイミングを習慣化することが重要になります。ナイシトールgは空腹時に服用した方が効果が高いと考えられていて、食事の30分前または2時間後に飲むのが最も効果的だとされています。アラームなどを活用してこの時間にのめる場合には、それを習慣とすると良いでしょう。

それだとどうしても忘れがちになってしまうという人の場合には、起きてすぐ、午後の小休憩、寝る前など、自分なりの目安を作って、そのタイミングで飲むようにすると、飲み忘れが減るのではないでしょうか。

食事内容を改善する

ナイシトールgの効果をより発揮させるには、食事内容を改善することも大切だと言われています。ナイシトールgを服用する主な目的はお腹の脂肪を減らすことであるという人が多いでしょう。そこまで脂肪が蓄積してしまった原因は、日々の生活にあるとも言えます。つまり、その習慣を変えていくことで、お腹の脂肪を減らすことにより役立つのです。

脂肪分や糖分を多く摂取しがちな人は、それを1口だけ減らしたり、野菜中心の食生活に変えていくことでナイシトールgのサポート効果をより多く得ることができると考えられます。

運動をする

ナイシトールgには脂肪を分解してくれる役割があるとされていますから、日々の生活の中で運動量を増やしていくことで、分解した脂肪を燃焼することができます。一番良いのは、生活習慣として散歩やウォーキング、ジョギング、ジムに通うなどの運動を取り入れていくことです。

しかし、時間がなくてそれらの運動ができないという場合でも、生活の中でちょっとした運動量を増やすことで効果を高めることができると言われています。例えば、駅でエスカレーターではなく階段を使ってみたり、家に帰る道を少しだけ遠まわりをしてみたりといった方法です。まずは、自分にできることから、体を動かす習慣を作ってみてください。

ナイシトールgの価格は?

1522円

ナイシトールgには、3種類のサイズがあります。一番小さいのが84錠のもので、パウチタイプで販売されています。定価は1,450円、税込みで1,522円となっています。amazonなどで購入すると、もう少し安く購入できる場合も多くなっています。推奨の服用量は1回4錠で1日3回とされていますから、これ1つで1週間分の量ということになります。1日あたり約217円です。

錠剤が飲みやすいかどうかのお試しや、ひどい副作用が出ないかどうか確認するためにはよい大きさと言えるでしょう。効果を確認するためのお試しとしては少し少なすぎる量かもしれません。小さいため、旅行などに持っていくのにも良いかもしれませんね。

2940円

168錠入りのものは定価で2,800円、税込み2,940円となっています。1日あたりで約210円です。2週間分の量となりますので、飲み続けて効果を確認したいという場合にはちょうど良い量であると言えるでしょう。小さなビンなので場所を取らずに置いておくことも出来ます。

5460円

ナイシトールgのラインナップの中で一番大きいサイズが336錠のもので、1ヶ月分の量となっています。続けて飲むことを決めた時にはこちらを購入してみると良いでしょう。定価は5,200円、税込みで5,460円です。1日あたり182円と、3種類の中では最もコストパフォーマンスが良いのもこの商品となっています。

大きいサイズなので、1人で飲むのももちろん良いのですが、家族など複数人でシェアして飲むために常備しておくのも便利です。Amazonで購入すると、定価よりもずっと安く購入できる場合もあります。

ナイシトールg以外のナイシトールって?

ナイシトール85a

ナイシトールにはさまざまなラインナップがありますが、実はその有効成分はどれも「防風通聖散」となっていて、種類は同じです。異なるのは、その配合量となります。ナイシトール85aに含まれる1日あたりの有効成分量は2500mgとなっています。ナイシトールgの1日あたりの有効成分量は3100mgですから、およそ8割程度の量であると言えます。

まずは軽めのものから試してみたいという人や、成分は少なくても価格が安い方が良いと考える人はこちらを試してみると良いでしょう。

ナイシトールL

ナイシトールLは、以前販売されていた女性向けのナイシトールです。現在は製造・販売が終了となってしまっていますが、実はその中身はナイシトール85aと全く同じものであったようです。ただし、ナイシトール85aの場合にはパッケージがいかにも男性向けであるため、女性にも手に取ってもらいやすいように女性向けのパッケージを作成したようです。

つまり、以前にナイシトールLを服用していて、現在飲めずに困っているという人はナイシトール85aを購入すると良いと言えるでしょう。もちろん、ナイシトールgやZなど他のラインナップを試してみるのも良いかもしれません。

ナイシトールZ

ナイシトールZは、有効成分量が1日あたり5000mgとなっています。この量は、ナイシトール85aの2倍、ナイシトールgの約1.6倍となっていて、ナイシトールのシリーズの中でもっとも有効成分の含有量が多い商品となっています。本気で肥満症に悩んでいる人の場合には、こちらの商品を使用するのが良いとされています。

ナイシトールgの副作用は?

体がだるくなる

ナイシトールgの副作用として、体がだるくなるということがあげられています。ナイシトールgは、副作用として肝機能を低下させる場合があるため、それによって体のだるさが引き起こされているのではないかと考えられています。

皮膚に異変が出る

ナイシトールgの副作用によって、皮膚に発疹、発赤、かゆみなどの異変が出る場合もあります。ナイシトールgは皮膚に直接塗るものではないうえに、皮膚の症状に対応する薬でもないため、皮膚に異変が出てもナイシトールgの副作用であると気が付きにくいかもしれません。

ナイシトールgを飲み始める前には、皮膚に異変を引き起こす可能性もあるのだということを念頭に置いたうえで、ひどい症状が出た時には添付文書を持って医療機関を受診できるようにしておくと安心です。

胃部に不快を感じる

ナイシトールgは、脂肪の分解・燃焼を促すとともに、便秘を改善する効果もあるとされています。そのため、副作用として胃腸にも影響を及ぼすことがあります。主な症状としては胃部に不快感を感じることがある他、腹痛や下痢などの症状が出てしまう場合もあるようです。

咳が出る

ナイシトールgの副作用として、咳が出ることもあります。発熱するなど風邪に似た症状がデルことがある他、息切れや呼吸困難などの重篤な症状を引き起こしてしまうこともあります。これらの重い症状が出た場合には、すぐに添付文書をもって医療機関を受診してください。

ナイシトールg以外のサプリは?

防風通聖散

「防風通聖散」は、ナイシトールシリーズの主な有効成分となっている漢方薬です。ツムラなどからは、そのまま漢方薬として販売されています。有効成分量や価格、飲みやすさなどを比較したうえで、自分に合ったものを選ぶと良いと言えるでしょう。注意点や副作用などもナイシトールgとほぼ同じものとなっています。

カロリミット

カロリミットは、ダイエット用としてよく知られたサプリメントです。脂肪や糖の吸収を防ぐ効果があるとされています。一般的なカロリミットの他に、代謝が低下して太りやすくなったと感じている、40代以上向けの商品として「大人のカロリミット」も販売されていますので、自分に合ったものを使ってみると良いでしょう。

カニなどの殻から抽出される「キトサン」が含まれているため、甲殻類アレルギーの方は服用しない方が良いとされています。

コレウスフォルスコリ

「コレウスフォルスコリ」もダイエット用のサプリメントとして活用されています。食事中の余分な糖や脂肪に効果的だとされています。オーがランドのコレウスフォルスコリの場合には、食物繊維も配合されているため、ダイエットにより効果的なサプリメントとなっていると言えるでしょう。

メタバリアスリム

メタバリアスリムは、「サラシア」という植物から抽出された成分でダイエットのサポートをしてくれると言われているサプリメントです。吸収しやすいサラシアを高濃度かつ安定的に錠剤にする技術で特許を取得しています。公式サイトからは、2週間分を500円でお試し購入することもできます。

ヴィーナスボディ

ヴィーナスボディは、ダイエット効果のほかに、美肌や胸の維持などの女性にうれしい効果もあるとされているサプリメントです。ダイエットをすると、どうしても胸がやせてしまいがちで、多くの女性の悩みともなっています。しかし、このサプリメントにはプエラリアが配合されていて、胸が小さくなることを予防する効果もあるとされています。

まとめ

ナイシトールには3種類のラインナップがありますが、ナイシトールgはちょうど真ん中の強さの種類となっています。脂肪の分解や燃焼をする効果があるとされていますが、一方で副作用の可能性もありますので、服用を始めた時には自分の体をよく観察するようにしてください。重篤な副作用が出てしまった場合には、医療機関を受診することも必要です。

大きさによって1日あたりの価格も少し異なりますから、自分に合ったサイズの商品を使うことも上手に活用するためのポイントとなるでしょう。運動や食事の改善を行っていくと、より高い効果が得られるとされています。日常の中で、できることから取り入れて、お腹のぽっこりを解消できると良いですね。