中性脂肪が低い原因は栄養不足?頭痛が長いと要注意!改善方法を紹介

中性脂肪は身体にとってとても大切な成分です。糖を蓄えたり、栄養を身体全体に運んだり、細胞を守るといった大切な役割を果たしています。しかし、食生活などといった生活習慣の影響で、中性脂肪が高かったり低かったりと身体への異常が起こってしまうことがあります。中性脂肪が低い原因、高い原因やそれぞれの改善方法などをまとめましたので、ぜひご覧ください。

中性脂肪が低い原因とは

中性脂肪は、身体にとってとても大切な成分です。糖を蓄えたり、栄養を身体全体に運んだり、細胞を守るといった大切な役割を果たしています。

しかし、食生活などといった生活習慣の影響で、中性脂肪が高かったり低かったりと身体への異常が起こってしまうことがあります。中性脂肪が低い原因、高い原因やそれぞれの改善方法などをまとめましたので、ぜひご覧ください。

検索結果の正常値の目安

中性脂肪

中性脂肪は、血液中に流れている脂肪のことです。主に、脂溶性ビタミンと呼ばれ、ビタミンA、ビタミンE、βカロチンなどを含んでいる脂肪です。脂溶性ビタミンは、細胞の活発化や粘膜の保護に役立っています。中性脂肪の量は、多すぎても少なすぎてもいけない大切な成分です。

食事などで摂取たブドウ糖など、生活の中で使い切れなかった糖をストックしておくのが中性脂肪です。主に肝臓や脂肪細胞に蓄えられ、体温の保温や内臓の保護などをしています。生きていく上でとても大切な成分の一つです。

中性脂肪の数値の高い低いは、それぞれに原因があると考えられています。低い場合は、病気や遺伝など様々な原因が考えられます。高い場合は、生活習慣の見直しや遺伝など様々な原因が考えられます。

中性脂肪は、男女平均は30〜149mg/dlと言われています。29mg/dl以下だと、低中性脂肪血症と呼ばれ、病気の可能性が考えられる数値と言われています。反対に、150mg/dl以上であると、軽度〜高度の中性脂肪血症と呼ばれており、生活習慣を見直すべきと言われています。

ただし、その数値が全てではありません。男性と女性それぞれの基準値が、人間ドッグ学会で定められています。日本の中性脂肪の基準値は、海外と比べると厳しすぎると言われてきましたが、だんだん緩和された数値へと見直しが行われているそうです。

男性の中性脂肪の基準値は、男性の基準は39〜198mg/dlです。また、女性の中性脂肪の基準は32〜134mg/dlです。

総コレステロール

コレステロールは、細胞膜の材料や、体の機能を調整するホルモンを作るなどといった働きをします。また、コレステロールは悪玉と善玉があり、それぞれ違った働きをします。

悪と善と言われていることからも、悪いコレステロールと良いコレステロールと考えてしまいがちですが、それぞれに重要な役割が割り当てられています。

悪玉コレステロールは、主に肉などに含まれており、傷ついた血管の修復を行ったりしています。ただし、過剰に摂取した場合、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす場合があるため、扱いの難しいコレステロールです。

動脈硬化や心筋梗塞は知らない間に急に起こることから、サイレントキラーと呼ばれていることもあります。

善玉コレステロールは、血管の修復をするために着きすぎた悪玉コレステロールを取り除き、血液をサラサラにする働きがあります。主に野菜や魚、豆乳などに含まれています。それぞれに役割を持つコレステロールは、バランスが大切になってきます。

身体全体のコレステロールを「総コレステロール」とよび、健康診断などでも数値として表されます。この総コレステロール値が低い場合、病気が疑われることがあります。その他にもメンタルに影響があると言われています。そのため、自殺率が高くなる傾向があると言われています。

総コレステロールの基準値は140〜199mg/dlです。

LDLコレステロール

コレステロール値の悪玉コレステロールは、LDLと呼ばれています。LDLコレステロールは、食べ物から摂取したり、肝臓で合成されることで血液を通って全身を巡り、細胞膜やホルモンを作る働きがあります。

とても大事なものではありますが、血中のLDLコレステロールが増えることで、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。LDLコレステロールが低くなると、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、通称バセドウ病と呼ばれている病気を引き起こす可能性があります。

バセドウ病は女性に多い病気で、肝機能が低下することで、いくら食べても中性脂肪が生成されずせていってしまうという症状が出ます。LDLコレステロールの基準値は60〜119mg/dlです。

HbA1c

HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)は、血液中にある成分の一つです。血中のHb(ヘモグロビン)とブドウ糖が結合することで、グリコヘモグロビンとなります。グリコヘモグロビンは数種類あり、その中でも糖尿病と密接な関係を持っているのが、HbA1cです。

ヘモグロビンは、血液中の成分の中で一番多く占めています。全身をめぐる中で少しずつ糖と結合していきます。血液中の糖分が多いほど、たくさんのHbA1cが生まれることになります。その状態が高血糖であるという状態だと言われています。

少しずつ結合していくので、ヘモグロビンの寿命が半分ほどになった頃の、血糖値の平均を調べることが出来ると言われています。血液検査を行うことで、大体1〜2ヶ月前の血糖値を調べることができます。

食後に血糖値が上がるのはふつうのことですが、食事をしていないのに血糖値が高いということは、常に糖分が血中に多いことがわかります。

そのため、血糖値を確認できるHbA1cが基準値を超えると、糖尿病と判断されることになります。基準値は4.6〜5.6%とされています。6.5%を超えると糖尿病型と診断を受けることになります。

中性脂肪が低いとどうなる?

動悸・息切れ

中性脂肪が低い(少ない)状態が続くと、動悸や息切れの症状が現れると言われています。中性脂肪には糖を蓄える働きがあるため、低いということは身体全体が栄養不足の状態になっていると考えられます。そのため、身体は披露する一方で回復が出来ないため、体力が落ちていきます。

様々な内臓にも負担がかかることで、動悸や息切れを起こすことが増えます。また、動悸や息切れはその他の病気を併発している可能性もあり、医師の診断を受ける必要があります。

めまい・ふらつき

中性脂肪が低い状態が続くと、めまいやふらつきを起こす可能性があります。身体全体に必要な量の糖を蓄えることができなくなることで、身体が疲れやすくなります。その他に、脂溶性ビタミンが不足すると、神経系統の機能も低下することで、めまいやフラつきが起こることがあります。

すぐにめまいや立ちくらみが落ち着く場合は、一時的なものかもしれませんが、頻繁に症状が現れたり、回復するまでの時間があまりにも長い場合は、低中性脂肪血症やその他の病気が疑われます。一度かかりつけ医と相談されることをオススメいたします。

片頭痛

中性脂肪が低い状態が続くと、片頭痛が起こる可能性があります。中性脂肪が低いと、栄養不足などが疑われます。そのため、脳にも影響が及んでしまいます。

すぐに収まる場合はほぼ問題はないですが、中には生活に支障がでるほどの頭痛が起こるという人もいます。頻繁に片頭痛が起こる、頭痛の時間が長いという場合は、自己判断で頭痛薬などを摂取することは控え、かかりつけ医へ相談することをおすすめいたします。

動脈硬化

中性脂肪が低い状態が続くと、動脈硬化となる危険性があります。中性脂肪が減ると栄養や脂溶性ビタミンが不足することで、動脈の弾力性が亡くなり、もろくなることで血液が全身にスムーズに行き渡らなくなります。これが栄養欠乏による動脈硬化と呼ばれています。

進行することで命の危険性があります。日本人の死因の主な原因である狭心症や心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、脳出血などを引き起こす恐れがあります。

中性脂肪が低い原因

1.栄養不足・ダイエット

中性脂肪が低い原因として、無理なダイエットなどでの変色や、少食での栄養不足が考えられます。栄養は主に食事から摂取することになりますので、毎食バランスの取れた食事が大切になります。中性脂肪が低くなると、女性に必要なビタミンEも減るため、冷え性や肌の衰えなどが促進されてしまいます。

ダイエットでも食事を抜いたり、偏食を行うのではなく、バランスの取れた食事を考えたダイエットを行うことが大切です。

2.病気

中性脂肪が低い原因として、肝臓疾患が考えられます。肝臓の機能に何らかのトラブルが起こると機能が低下してしまい、肝硬変などの脂肪が分泌しずらい病気になります。

普通肝臓は、脂肪酸を中性脂肪に変えたりする働きがあるため、肝臓の病気になると、小腸を通り肝臓に蓄積された脂肪を、中性脂肪に変えることができなるなどの障害が起こります。そして肝機能に障害が起こることで、中性脂肪がどんどん低下していってしまいます。

中性脂肪が低い状態が続くと、病気が発症する事があります。主に甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や、肝機能に異常が見られる肝臓疾患も考えられます。いずれも治療によって治る病気なので、かかりつけ医に相談してみましょう。

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、新陳代謝が異常に活発になります。激しい運動はしていないのにもかかわらず、動悸、疲れやすい、汗がでてくる、情緒不安定になるといった症状が現れます。

そしてしっかりと食事をしていても、中性脂肪が減少してしまいます。発見が遅れるほど治療に時間がかかるので、不安に思ったらすぐに医師に相談しましょう。

3.遺伝

中性脂肪が低い原因として、遺伝などの体質も関係していると考えられます。親も同じように中性脂肪が低いという場合に考えられます。健康診断などで中性脂肪の数値が低い場合、一度親や親族の数値も確認してみると分かることがあるかもしれません。

中性脂肪が低い場合の改善方法

食生活を見直す

中性脂肪が低い場合の改善方法として、中性脂肪を上げる食事を摂ること、食生活を見直すことがあげられます。お菓子を食事代わりにしていたり、無理なダイエットを続けている人は、食事の内容を一度考え直してみることが大切です。

あまりにも偏った食生活を続けていると、逆に脂肪肝といって、肝臓に脂肪が溜まってしまう病気にまで発展してしまうことがあります。肝硬変や肝臓がんへの危険性も高まります。しっかりと見直すようにしましょう。

適度な運動をする

中性脂肪が低い場合の改善方法として、適度な運動も大切になります。中性脂肪が低い場合に過度な運動を行うと、栄養が少ないのにどんどんエネルギーを使ってしまうため、肝臓へ負担がかかってしまうことになり、肝硬変などの病気へ繋がる可能性が高まってしまいます。

每日の食事と、適度な運動を行い、ストレスを溜めないようにすることで、中性脂肪を分泌し、健康な体を取り戻すことへ繋がるでしょう。

中性脂肪が高い原因

1.過食や飲酒

中性脂肪が高い原因として、過食や飲酒が考えられます。食べ過ぎやアルコールの過剰摂取は、中性脂肪の増加を招いてしまう可能性があります。脂っこいものを食べていないのに中性脂肪が高いという人は、日頃お酒をよく飲んでしまうということはありませんか?

アルコール分の処理は、全て肝臓で行われます。肝臓で分解・代謝されるときに、中性脂肪が合成されて各機関へ運ばれます。そのため、アルコールを過剰摂取することにより、肝臓への負担がかかると同時に、中性脂肪の分泌も多くなるうえ、中性脂肪の運搬にも手が足らず滞ってしまいます。

2.運動不足

中性脂肪が高い原因として、運動不足が考えられます。運動をしていないと、筋肉の収縮運動が行われないため、血管内の血液がどろどろになってしまいます。また、中性脂肪が使われないために、体内にどんどん蓄積されていてしまいます。

3.遺伝

中性脂肪が高い原因として、遺伝や体質が考えられます。食生活も気をつけているし、適度な運動も行っている、身体の機能も健康なのにという方は、一度中性脂肪の数値を親などに確認してみると良いでしょう。

もしかすると、親の数値も高いかもしれません。親族や親などの数値が高いといった場合、遺伝である可能性が高いです。

中性脂肪を下げる方法

食生活の改善

中性脂肪を基準値まで引き下げるためには、食べ物に気をつけると良いでしょう。過剰な飲酒や過食は控え、適度にバランスの取れた食事を心がけると良いでしょう。

サプリメントを活用

中性脂肪の数値を基準値まで引き下げるためには、サプリメントを併用するというのも一つの手です。仕事や付き合いで、アルコールの量や食事の質を変えられないといった人もいるとおもいます。

主に肝臓に良い影響を与えるサプリメントを摂取することで、身体を助けることができます。例えば、タウリンなどのサプリメントや、EPA、DHAのサプリメントも効果が高いと言われています。

適度な運動

中性脂肪を下げるには、適度な運動も大切です。蓄えられた中性脂肪を使っていくことが大切です。激しい運動は必要ありません。激しい運動をすることで、運動が続かないということも可能性として考えられます。

ウォーキングなど、軽く汗をかく程度の運動を長く続けることが大切です。体を動かすことで中性脂肪は使われていくので、数値が下がっていくと考えられます。

アルコールを減らす

中性脂肪の数値を基準値まで引き下げるためには、アルコールの摂取量を減らすことも大切です。アルコールは嗜む程度に抑えることや、飲み会が多い人は、自宅での飲酒を控えるといった、身体にとってバランスの取れた生活を心がけることも、中性脂肪を下げるためには大切になります。

おつまみの種類なども考えると良いでしょう。

生活習慣の見直しで体のストレスを減らそう

生活習慣を見直すことで、中性脂肪は基準値へ戻すことができます。食べ過ぎても食べなさすぎても身体に悪く、激しい運動をしても、しなさすぎても中性脂肪を蓄えたり使いすぎたりしてしまいます。身体がストレスを貯めず、健康でいられる生活習慣を身につけることが大切です。

もし、自力でどうにもならないといった場合は、かかりつけ医への相談をおすすめいたします。サプリメントをお考えの人も、一度かかりつけ医に相談されることをおすすめいたします。