顔のダイエットで今日から小顔?むくみ・たるみを撃退する症状別の改善法を詳しく解説します

顔が大きいのが悩み…そう思っているのは、あなただけではありません。最近、顔が老けて見えるようになってきた、輪郭がぼやけて見えるようになってきた、顔がパンパンに腫れている感じがする。そんな悩みを持つ人はたくさんいるのです。こういう時には、顔ダイエットをしてみましょう!悩みの種類ごとにマッサージやエクササイズ方法も変わります。これで今日から小顔をゲットしましょう。

短期間ですっきり小顔ダイエット!

大きな顔で昔から悩んでいる人や、最近顔が腫れてきた感じがする、むくみや顔のたるみが気になり、顔を引き締めたい、というように、顔にはいろいろな悩みがありますよね。

人の顔というのは、体の中で一番初めに見られるもので、第一印象を決めるとても大切なものです。そこが引き締まっているのと、そうでないのとでは、全く印象が変わってしまいます。実は、顔には多くの筋肉があり、脂肪も意外とついています。

その顔の筋肉のエクササイズ、そして脂肪をなくし、むくみを解消するマッサージ、それと食事でのサポートを行うだけで、効果も目に見えてしっかりと小顔に近づくことが出来ます。どれもすぐできるものばかりですから、是非、今すぐ試してみましょう。

老けて見えるのはたるみのせい?

顔のたるみチェック

30代に突入し、急に顔が老けて見えるという悩みを抱えている人も少なくありません。これは、男女にかかわらず、たるみが原因になっていることがほとんどです。昔は小顔で目力もあったのに、最近は輪郭も崩れてきた、という人はたるみのせいだと思ってほぼ間違いはないでしょう。

顔のたるみで一番目立つのは、目の周りと口周りです。目の周りとは、上瞼の垂れ、目じりの垂れ、そして目袋(涙袋でなく、目の下に大きなクマのように脂肪が垂れてくること)の増加です。口周りの悩みは、口角が下がる、そしてほうれい線が出来る、顎まで脂肪がつく、等です。

これらの箇所の皮膚が垂れていたり、締まりがなかったり、しわが目立ち始めたら要注意!今すぐケアを始めなければ、どんどん悪化してしまいますよ。気付いたらすぐに小顔ダイエットに取り組みましょう。

顔のたるみはなぜ老けて見える?

顔にたるみがあると、小顔に見えないだけでなく、一気に老け顔に見えてしまいます。それは、顔表面の皮膚に締まりがなくなり、そこにたるみが生じることで、顔に影を作ってしまうからです。それだけでなく、重力に負けて引っ張られているような印象になり、老けて見えるらしいのです。

20代の若い人でも、顔の筋肉は使わないと垂れてくることがあります。若いうちは大丈夫と思っていても、気付いたらあっというまに老け顔になっていた、なんてこともあり得ます。顔にたるみが出来ないよう、日々鏡を見ながら顔ダイエットやケアをすることは非常に重要です。

顔がたるむ原因

顔がたるむ原因として一番に考えられるのが、顔の筋力の低下です。顔も、体と同じく、使わない筋肉はだんだんと弱くなり、そこに脂肪がつきやすくなったり、少しずつ垂れてくるものなんです。

子供のうちは、筋肉が低下するようなことはほとんどありませんので、顔の筋肉も美しく保たれています。それが、年を重ねるにつれて、筋肉が弱くなり、あっという間にたるんだ顔になってしまうという現象が起こるのです。

でも、いったんたるんでしまっても大丈夫!体と同じように、適切なエクササイズやマッサージを続ければ、必ず表情筋、そして肌の深層筋も復活させることが出来るんですよ。

顔のたるみ解消ダイエット

首の緊張をほぐす

顔のたるみが気になる人は、顔周りの筋肉が固まっている可能性があります。長時間のデスクワークやPCでの作業で、肩から顔まで動かさない人も沢山いますよね。たるみを改善する顔ダイエットは、顔の周りにある首の緊張をほぐすことから始めてみましょう。

座った状態で、ゆっくりと首を後ろにそらせます。それを、時間をかけてまっすぐにし、今度は前に倒します。同様に左右も行い、これを2、3セット行いましょう。首の筋肉が伸ばされたと実感したら、今度は右回り、左回りと、常にゆっくりとした動作でぐるりと回してみましょう。耳やあごまで、しっかりと筋肉が引っ張られてほぐれていくことが実感できるはずです。

アイウエオ体操でウォーミングアップ

首の筋肉がほぐれて温まったら、今度は顔のウォーミングアップをしましょう。筋トレを始める前に、顔の筋肉全体を柔らかくすることで、さらに効果が高くなりますよ。

まずは、姿勢を正して椅子に座り、頬の一番高いところを両手の人差し指で触ってみましょう。このままの状態で行うことで、無駄な動きを避け、筋肉がきちんと動いていることをしっかりと実感できます。ウォーミングアップに効果抜群なのは、「アイウエオ体操」です。
まずは、大きく口を開けて「ア」の口をしてみましょう。本当に声を出した方が、口が動きやすいのでお勧めです。首から耳までしっかりと筋肉が使われますね。このとき、口角が下がったまま、力の抜けた状態にならないよう、しっかりと上に引き上げて大きく口を開けるようにします。

「イ」のときには、口をしっかりと横に広げます。自分の限界まで行うのが理想的です。アのときよりも、さらに頬の筋肉が使われていることが実感できるでしょう。

「ウ」は、唇を出来るだけ前に突き出すようにします。ウのときは頬の筋肉はほとんど使われませんが、この時も上の方に筋肉を動かすことを意識して行いましょう。

「エ」をするときには、顔の輪郭全体の筋肉を使うイメージで行ってください。口の下から、耳の後ろ、そして目の周りまでの筋肉を引き上げる要領で行います。

「オ」は、普段よりも口を縦長に開けるようにすると効果があります。いかがでしたか。アイウエオ体操をすると、普段、いかに筋肉が使われていないかがわかりますね。

顔の筋トレ

体のダイエットと同じように、顔ダイエットも、ウォーミングアップが終わってから、筋トレにかかりましょう。鏡の前に立ち、自分の気になるたるみがあるところを鍛えます。

まずは、一番悩みが多い、目袋です。これは、涙袋とは違い、慢性的なクマのように見えてしまい、非常に老けて見える原因になります。目袋の下は筋肉がありますから、ここを鍛えるには、両目のウインクを繰り返したり、した瞼を引き上げて目を閉じるエクササイズをしましょう。毎日数分行うだけで、だんだん筋肉が引き締まり、出っ張っていた部分がフラットになってくるはずです。

口周りもエクササイズで十分効果が出るところです。口を「エ」の形にして舌を出来るだけ前に突き出し、その舌を左右にゆっくりと動かしてみましょう。これだけで、口周りの筋肉、そして深層筋、首の筋肉まで鍛えることが出来るんですよ。

毎日のマッサージ

顔のたるみが気になるのは、やはり筋肉の衰えが一番の原因だといえるでしょう。そのため、外側から筋肉を引っ張り上げるようなマッサージをすると効果があります。

顔ダイエットのためにマッサージをするときには、顔の内側から外側に、そして低い位置から少しずつ高い位置にもっていくように行います。たるみを引き上げるためには、頬の内側から耳の後ろの方に、手のひら全体を使って、ギュッとギュッと、少しずつ筋肉を押し上げるようにすると効果的です。目の周りは、指の腹を使って軽く行いましょう。

気になるところだけ細かく引っ張ろうとすると、逆に表皮が痛んだり伸びたりして、たるみを助長してしまう可能性がありますので、注意してください。

むくみ解消で小顔に!

 

顔がむくむ原因

顔のむくみが気になる人は、マッサージと食事で改善を期待できます。むくみの原因は、体の中に老廃物や水分が溜まった結果です。体内のリンパの流れが滞って起こる場合と、栄養の偏りによっても起こります。

この二つは、毎日の習慣で少しづつ作り上げられてしまうものです。ですので、マッサージでリンパの流れを良くしたり、むくみにくいための食事に変えるだけで、改善出来ることがほとんどです。

むくみ解消マッサージ

朝起きたら顔がパンパンになっていた!そんな人は、前の日の食事の内容が原因になっている場合が多いようです。また、1年中、顔のむくみが気になるという方は、慢性化している可能性があります。どちらもリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まった状態になっていますから、マッサージですっきりさせましょう。

まずは、鎖骨のくぼみを指先で内側に向かってさすり、滞ったリンパをほぐしましょう。鎖骨と逆の手で行うとよいでしょう。

そのあとは、顔のうちわがから、人差し指、中指、薬指の腹を使って、目の下から耳の後ろへ、頬を引き上げながら耳の後ろへ、そして口角から、あご下から、全て耳の後ろのリンパに老廃物を押し込むイメージでゆっくりとマッサージをします。

今度は眉間から眉の上を通り、耳の後ろへ額を引き上げるように指を滑らせます。そのあとは、耳の下にたまった老廃物を流すように、鎖骨まで優しく指を滑らせます。

全てのステップは、決して無理がないよう、優しく行うことが大切です。これ全部で3分間!マッサージを行うだけで、むくみの引きが非常に早くなります。マッサージクリームを使えば、更に指の滑りもよくなり、効果的にマッサージできるでしょう。

むくまないための食事

顔は皮膚が薄いために、とてもむくみやすい場所です。特に、お酒を沢山飲んだ次の日の朝などは、顔がパンパンになってしまうこともあるでしょう。

むくみの原因となる老廃物、水分がスムーズに排出される、そんな食事の内容にすることが、原因を根本から解決する最良の方法です。

アルコールや塩分、糖分の摂りすぎは、むくみに繋がりやすいために、出来るだけ避けるようにしましょう。そして、体内の塩分(ナトリウム)のバランスを調節するカリウムを豊富に含んだバナナやリンゴ、納豆、アボカド、ほうれん草などを取り入れながら、バランスの良い食生活を心がけるようにしてください。

二重あご解消で横顔美人に!

二重あごになる原因

なんとなく、顎のラインがぼやけてきたり、二重あごに悩まされている、そんな事ってありますよね。じつは、これは生まれつきや肥満だけが原因だけでなく、あご周りのたるみが原因になっていることも多いのです。

二重あごは、顔のあまり筋肉を使わない、あご周辺の筋肉の筋力低下、そして姿勢が悪いことによっても起こります。大して太ってはないのに、そんなに年齢も重ねていないのに二重あごが気になる、という場合はこのタイプがほとんどなんだそう。エクササイズや生活の改善で、顔ダイエットに励みましょう。

二重あご解消エクササイズ

二重あごで悩まされている人は、エクササイズでしっかりと毎日ケアをしましょう。話し方や発音の仕方、そして悪い姿勢などが癖になってしまい、二重あごは生まれつきだと思っている人もいるようですが、エクササイズで意外と解消できるものなんですよ。

まずは、常に背筋を伸ばして、引き上げた姿勢をとるようにしましょう。頭をまっすくにし、顎を引いた状態にします。そのまま、両手を腰に当て、口を大きく開けて「エ、オ、エ、オ…」と言ってみましょう。首から顎、顔の筋肉までしっかりとつかわれていることが実感できます。

慣れたら、同じ状態で首を後ろにそらせ、上を向いてやってみましょう。さらに効果が上がりますよ。

二重あごにならないための生活

二重あごになった原因が、肥満だとわかったら、顔ダイエットだけでなく体を引き締めるダイエットを行いましょう。太り気味で悩んでいる人は、ダイエットをするだけで、二重あごが改善できる場合もあります。

また、普段から、首の筋肉を引き締めることを意識しましょう。姿勢が悪いと、猫背になり、首が前に傾いて二重あごになりやすくなります。背筋は常に伸ばし、口角を上げているだけで、首の筋肉が引っ張られ、二重あごになりにくくなるんですよ。

小顔ダイエットグッズもたくさん登場

口にくわえるタイプの器具

顔のダイエットに非常に効果のある、小顔ダイエットグッズも色々なところで手に入るようになりましたね。口にくわえるタイプの器具は、口の口角を上げるだけでなく、顔全体の筋肉を使いますので効果抜群です!

口にくわえて、左右に出る重みを上下させるグッズや、くわえるだけで振動が伝わり、口輪筋が全体的に鍛えられるものも沢山販売されています。口の筋肉は顔全体に締まりを出す重要な役割を持っているために、口にくわえるタイプのものは非常にお勧めです。

ローラータイプの器具 

ローラータイプのものは、テレビを見ながらでも、いつでもどこでも手軽にできるために便利なグッズですよね。遠赤外線やLEDライト、天然石などを使って顔の深層筋を活発にさせる働きのあるものが数多く開発されています。

表情筋に外側からはたきかけ、手でマッサージするよりも手軽に簡単にできるため、マッサージが面倒な人でも行うことが出来ますよ。多くの種類がありますので、自分の目的にピッタリ合ったものを見つけてくださいね。

マスクタイプの器具

マスクのように、口と鼻の前に装着し、耳にかけるタイプの器具もあります。こちらは、反発力が非常に高いために、このマスクをつけた状態で「アイウエオ体操」をするだけで、顔全体の筋肉が効率よくつかわれるというものです。

口周りからの筋肉全体を両側の耳まで引き上げる効果と、発汗作用もあるために、顔から汗がたっぷり出て、筋肉の引き上げ、エクササイズなどの顔ダイエットを、すべて兼ねて行うことが出来る、便利商品です。

メンズも顔痩せダイエット

最低限すべきこと

女性のようにマッサージや食事改善が面倒だと思うメンズでも、最低限やっておいた方がいいこともあります。まず、毎日の姿勢をただし、常に口角を上げるように努力しましょう。無理にニコニコ笑う必要はありませんが、引き締まった優しい口元で男性らしさもゲットできますよ。

そして、いくらクールに振る舞いたいからと言っても、無表情でいると、表情筋がどんどん弱くなり、シャープな顔には遠のいてしまいます。自分の感情にもっと素直に、顔を少しでも動かすように努力しましょう。

メンズ用顔の筋トレ

メンズでも顔の筋肉が弱ってしまうことが当然ありますね。男性の場合は、女性と違って、年齢を重ねるほどに格好良く、ダンディーになれますから、特に目力を意識した筋トレを行うとよいでしょう。

鏡を見ながら一点を見つめ、そのまま頭をゆっくりと上下させます。このときに、目を出来るだけ見開いて行うようにしましょう。これを2分ほど繰り返したら、今度は眉間を寄せ、そこから目を見開く、この動きを1分ほど繰り返しましょう。目周りの筋肉がしっかりとつかわれ、顔ダイエットに繋がります。

まとめ

いかがでしたか。どれも、今すぐ実行できるものばかりでしたね。顔のエクササイズ、マッサージ、食事の改善などを行い、魅力的な表情を作れるようにしましょう。

器具を使うのももちろんお勧めですが、器具だけで顔ダイエットできるわけではありません。一番大切なのは、日頃からの顔筋トレです。器具はサポートとして利用し、自分の内側から小顔になる努力をしてみましょう。毎日数分で、意外と早く効果が見えてくるはずです。