大根ダイエットってどんなもの?効果を高める「5つ」の方法と理由!おすすめレシピや口コミと注意点など徹底解説!

テレビ番組で女性芸人が成功して話題になった「大根ダイエット」というものをご存知でしょうか?とても手軽に始められるにもかかわらず効果的だとして注目されているのです。この記事では、大根ダイエットが効果を得られる理由と、より効果を高める方法、オススメのレシピについてもご紹介していきます。

大根ダイエットとは?

大根ダイエットとは生の大根を食べるダイエットのこと

大根ダイエットとは、生の大根を食べるダイエット方法のことです。より高い効果を得られる方法もありますが、これだけ守っていればひとまず体に脂肪が蓄積しにくい状態を作ることができると言います。

それでは、大根ダイエットで痩せると言われている理由は何なのか、より効果的にする方法とはどんなものか、大根ダイエットの注意点などについてご紹介していきます。

大根ダイエットが効果的で痩せるといわれる5つの理由

1.活性酵素を無害化

活性酵素とは、肥満の原因になると言われている物質です。大根に含まれている「イソチオシアネート」という成分は、この活性酵素を無害化してくれる働きがあると言われています。大根ダイエットが効果的だと言われる理由のひとつは、この活性酵素の無害化によるものだと考えられています。

2.炭水化物の消化を促進

大根に含まれる「アミラーゼ」は、炭水化物の消化を促進してくれる働きがあると言われています。低炭水化物ダイエットというダイエット方法が流行したことからわかる通り、炭水化物は取り過ぎるとダイエットの妨げとなってしまう栄養素でもあります。

炭水化物によって太る理由は、炭水化物の摂取量に対して消化が間に合わないことによるものです。消化できなかった炭水化物が脂肪として蓄積されてしまうのです。アミラーゼによって炭水化物の消化が促進されると、ダイエットにつながると考えられます。

3.便秘の改善

アミラーゼには、便通を改善する効果があると言われています。また、大根には食物繊維も多く含まれているため、その効果によっても便通を改善できると考えられています。便秘を改善することによって、その分の体重が減ることが期待できます。

また、宿便が溜まっているとそれによってお腹がポッコリと出てきてしまうこともあります。また、宿便から質の悪い余分な栄養素を吸収してしまうことも肥満の原因になると言われていますが、これらの状況を改善することも期待できます。

4.むくみの改善

消化を促進することや、便秘の改善というのは、体全体の代謝の改善にもつながると考えられています。代謝が改善することによって、むくみの改善も期待できます。むくみというのは、体内に余分な水分が溜まってしまっている状態ですから、代謝によってその水分が体外に排出されることで、むくみが解消されると考えられます。

むくみが解消することで、溜まっていた分の水分の重さが減ることになります。さらに、むくみが解消すると手足や顔などが細く見えるようになることも多いため、見た目の改善には大きく貢献してくれると言えます。

5.食事量の減少

大根ダイエットは、食前、または食事中に生の大根を食べるダイエット方法です。つまり、大根を食べる分だけ他の食べ物を食べられる量が減ることになります。大根はかなりカロリーの低い食材ですから、大根を食べて他の食べものを減らすことができれば、全体のカロリー摂取量が下がることが期待できます。

大根ダイエットのやり方

1.大根を食前または食事中に食べる

大根ダイエットのやり方は、大根を食前または食事中に食べるということです。基本的にはこれだけです。食べる量としては、1日最低1回、300g程度を食べるのが良いとされています。300gとは、一般的な大根の輪切りで5~6センチ程度の量だと言われています。気になる方はキッチンスケールなどを使って計量すると良いでしょう。

3回の食事に分けて100gずつ食べても良いですし、1回の食事で300g食べても構いません。最低これだけの量ということなので、もちろんこれより多い量を食べても問題ありません。大根が好きな人ならば、毎食300gずつ食べても苦にならないかもしれませんね。

食事の前にまとめて食べてしまっても良いですし、レシピに織り込んで食事中に食べても構いません。食前に食べた方が胃を満たすため効果は高いと考えられますが、食事中に食べる方が無理なく自然に食べられるため続けやすいと言えるでしょう。

2.大根は加熱せずに食べる

大根ダイエットの一番のポイントは、加熱せずに食べるということです。加熱することによって有効な栄養素が減ってしまうと言われているからです生のままであれば、どんな料理につかっても構いません。刻んでサラダにしても良いですし、すりおろして大根おろしとして食べてもよいとされています。もちろん、可能であれば切った大根をそのままかじっても大丈夫です。

ただし、大根おろしを使う際には注意が必要です。すりおろしたときに出る汁の方に多く栄養素が含まれると言われているので、大根おろしは汁まで全部使いきるようにしましょう。大根おろしを料理にかけて食べる方法が最も手軽ですが、皿などに汁が残らない様に注意して食べてください。

3.他の食事制限はなし

大根ダイエットでは、他の食事制限はないため気にせずに食べて構いません。甘いものや油っぽいものも食べることができます。ただし、食事制限がないとは言っても消化できる量には限度があります。食べ過ぎてしまうと脂肪が蓄積する原因となってしまいますので注意してください。

これまでの生活で、だいたい体重維持ができていたという人は、特に生活を変える必要はないでしょう。大根ダイエットだけを取り入れえれば、少しずつ体重が減っていくはずです。逆に、何かのきっかけで急激に太ってしまったという人はその原因を取り除く必要があるでしょう。その原因を取り除いたうえで、サポートとして大根ダイエットを利用するのが良いでしょう。

大根ダイエットの効果をより高める5つの方法

1.有酸素運動と併用する

大根ダイエットの効果をより高めるためには、有酸素運動を取り入れるのがオススメです。なぜならば、大根ダイエットは新たな脂肪の蓄積を防ぐには効果的ですが、今ある脂肪を燃焼させる効果はあまりありません。

もちろん、新たに蓄積しないために、日常生活でエネルギーが不足した時には今ある脂肪が燃えて使われることになるのですが、有酸素運動で積極的に脂肪を燃やすことによって、ダイエットの効果はより高まると言えるでしょう。

運動する時間を確保できないという人は、お風呂の中でストレッチをしてみたり、エスカレーターを使わず階段を使うといったような方法でも少しずつ脂肪を燃焼させることができます。また筋肉を鍛えることで基礎代謝を上げれば少しずつ燃焼できる脂肪の量も増えていきます。

2.他の栄養素もまんべんなく取り入れる

大根ダイエットは確かに効果的な方法ではあるのですが、大根には実は栄養素があまり多く含まれていません。そのため、大根ばかりを食べていると体に必要な栄養素が不足してしまうことがあります。大根ダイエットの際には、大根ばかりを食べるのではなく、他のものもまんべんなく食べて栄養素を取り入れましょう。

大根ばかりを食べるダイエットでは、体調を崩してしまうこともあるようです。また、栄養が足りなくなると体が飢餓状態となって食べ物の吸収率を高めるため、ダイエットには逆効果になってしまうと言えるでしょう。カロリーが低くダイエットに効果的と考えられている食材ですが、そればかりを食べることがないように注意が必要です。

3.カロリー管理と併用する

大根ダイエットは、体に脂肪を蓄積させにくくするダイエット方法ですが、これさえ行っていれば一切脂肪が蓄積しないというわけではありません。やはり、余ってしまったエネルギーは脂肪になって体に蓄積されてしまうのです。

これを防ぐためには、カロリー管理と併用することがより効果的であると言えます。元々余分なカロリーをカットしておけば、脂肪が蓄積してしまう可能性は低くなります。また、エネルギーが不足すれば今体にある脂肪を燃焼させてエネルギーに変えますので、ダイエットにつながると考えられるでしょう。

4.無理せず食べられるレシピを探す

大根ダイエットを無理なく続けるためには、おいしく食べられるレシピを探すのが良いでしょう。毎回頑張らなければ食べられないことよりも、同じ効果であるばらばおいしく食べられる方が続けやすいのは当然です。調理の際に手間がかからないということも大事なポイントになりますね。

一番簡単なのは、大根おろしを料理のタレなどに混ぜてしまうことです。あまり大きく味を変えることなく、さっぱりした印象の料理を楽しむことができます。調理の手間もあまりかかりません。サラダなどに使う場合には、お気に入りのドレッシングなどを見つけてみるのも良いですね。

5.大根を酸化させないように注意する

大根は、保存の際に酸化してしまうとだウエットに効果的だとされる成分が減ってしまうと言われています。そのため、大根は酸化させないように保存しておくことでダイエットの効果をより高めることができると考えられます。

酸化を防ぐためには、なるべく空気に触れさせないことが必要になります。大根ダイエットに使うことだけを考えるのならば、買ってきた大根を300gずつに切り分け、サランラップなどに巻いた後に密閉容器やジップロックなどに入れて冷蔵庫に保存しておくのが良いでしょう。

大根ダイエットの3つの注意点

1.大根ばかり食べない

大根ダイエットで失敗する人の例として、大根ばかりを食べていたために体調を崩してしまうというパターンがあります。低カロリー体に良さそうなイメージのある大根ですが、実は、含まれている栄養素はあまり多くないのです。そのため、大根ばかりを食べ続けると体を壊してしまう原因となります。

大根ダイエットを行う際には、他の栄養素も取れるようにきちんと食事をしましょう。カロリーを摂りすぎてしまうのが心配だという時には、大根ダイエットと同時にカロリー管理を取り入れると良いでしょう。ダイエットでは、健康的に痩せられなければ意味がありません。

2.大根ダイエットを過信しすぎない

大根ダイエットは非常に手軽な方法ですが、過信しすぎてはいけません。大根ダイエットはあくまでも新たな脂肪を蓄積させにくくするものであって、今ある脂肪を燃焼させるものではありません。そのため、素早く脂肪燃焼をしようと思えば運動を取り入れることが必要になります。

また、いくら脂肪を蓄積させにくくするとは言っても、大幅に超過したエネルギーが蓄積することまで防ぐことはできません。暴飲暴食をしない様に心がけておく必要はあります。

3.大根おろしを作り置きしない

酸化した大根はダイエットに有効な栄養素が減ってしまうと言われていますが、大根おろしを作り置きすると表面積が増えて急激に酸化しやすくなってしまいます。少し面倒だと感じるかもしれませんが、大根おろしを使用する際には作り置きせずに必ずその都度すりおろして使うようにするのが良いでしょう。

大根のカロリーとは?

100gで17.9キロカロリー

大根のカロリーは100gで17.9キロカロリーとされています。大根はほとんどが水分でできているため、カロリーはかなり低いと言えます。下で紹介する記事では大根サラダのカロリーについて書かれていますが、大根サラダ自体のカロリーは高くないものの、ドレッシングの選び方によってはカロリーが高くなってしまうということが書かれています。

大根をそのまま食べる場合にはあまり心配はありませんが、大根をそのまま味付けせずに食べるということはほとんどないでしょう。大根ダイエットの際にサラダを取り入れるのはとても良い方法なのですが、より効果的にするならば、下記の記事を参考に、ドレッシング選びにもこだわってみてください。

大根ダイエットのおすすめレシピ2選

お箸が止まらない!パクパク大根サラダ
皮をむいた大根を薄切りにし、塩もみをして水分を出します。かいわれ大根と和風のドレッシングを混ぜます。ドレッシングは、自作したものでも構いません。最後に、かつおぶしと刻みのりを散らして完成です。ゴマなどをかけても良いでしょう。

このレシピのオススメポイントは、調理が簡単なことです。一番手間がかかるのは大根の皮をむく部分ではないかと思いますが、気にならなければ皮をむかずに使ってしまっても問題ありません。かつお節や海苔などで多くの栄養が摂取できるレシピになっていることも大根ダイエットにはぴったりです。

ポークジンジャーと大根おろし

3等分の長さにカットした豚ロース肉を、醤油、みりん、酒、生姜に絡めて、フライパンに広げて焼きます。いったん肉を皿に取り出したら、玉ねぎを炒め、肉を戻してさらに過熱します。お皿に盛り付けたら大根おろしを乗せて青ネギを散らします。

このレシピのオススメのポイントは、大根に加えて生姜を使っていることです。生姜は、脂肪燃焼効果や代謝が高まる効果があるとしてダイエットには効果的な食材だとされています。元のレシピでは加熱する際に大根おろしの汁を加えていますが、大根ダイエットに使う場合には、加熱せずそのまま汁ごと大根おろしをかけてください。

大根ダイエットは効果あるの?気になる口コミ

お茶碗一杯程度の大根を食べるだけでも、けっこうお腹がいっぱいになるようですね。よく噛むことも効果的なのではないかと言われています。たしかに、よく噛んで食べることで満腹感が得られやすいと言われていますね。

生ではなく、なますにすればもっと食べやすいのではないかという分析もされています。確かに、なますは加熱せずに作れて食べやすいメニューであるかもしれません。これから大根ダイエットをしてみようと思う人はぜひ試してみてください。

大根おろしが好きな人ならば、ポン酢をかけただけでもおいしくいただけるようです。少々手間はかかりますが、おいしく食べられるのならばそれに越したことはないですね。ただし、ポン酢は塩分が多いので、食べ過ぎには注意してください。

人によっては、他のダイエットなし、高カロリーな食事をやめられなかったという人でも2週間で4kgの原料に成功しているようです。続けられれば、さらに効果が期待できるかもしれませんね。大根ダイエットにデメリットは特にありませんから、気になる人はぜひ気軽に始めてみると良いのではないでしょうか。

まとめ

大根ダイエットは、食前や食事中に生の大根を食べるだけという非常に手軽なダイエット方法です。それだけに、大きな効果を期待するのは難しいのですが、カロリー計算や有酸素運動と併用するとより効果的になると言えるでしょう。

サラダや大根おろしなど、自分が食べやすいレシピを探してみると良いですね。特に、夏の大根は辛くなって食べにくくなるため、なますなど加熱しない方法で食べやすくなるレシピをぜひ研究してみてください。