ラーメンダイエットって便秘解消になる?効果的に痩せる5つの理由と高める5つのポイント!注意点3つと厳選レシピを大公開!

ダイエットという時に限って食べたくなるのがラーメン。あのこってりとしたスープに、肉厚のチャーシュー。とろとろ卵。どれも高カロリーなものばかりが凝縮された究極の一杯…。ラーメンダイエットは本当に痩せることができるのでしょうか?嘘みたいな話ですが、ポイントをしっかりおさえればラーメンダイエットで痩せるというのです!ラーメンダイエットのサクセスストーリーをご紹介します。

ラーメンダイエットとは!?

ダイエットの天敵とされるラーメン。もちもち中華麺に背脂たっぷりのスープ。脂身までおいしいチャーシューに煮卵。これだけ揃えば高カロリー間違いなしの料理ですよね。そんなラーメンでダイエットができるという噂があるのです!

ラーメンダイエットとは、その名の通りラーメンを毎日食べて、ラーメンのカロリー分だけ身体を動かすダイエットです。とても単純なダイエット方法ですが、本当にラーメンで痩せることはできるのでしょうか?疑いながらも、ラーメンダイエットの真偽に迫るべく調査しました!

ラーメンダイエットが効果的に痩せるという5つの理由

思っているほどカロリーは高くない

ラーメンのカロリーは平均で400〜500kcalです。一杯でこれだけのカロリーとなれば高カロリーに感じますが、女性の一日の摂取カロリーを1300〜1500kcalとしたとき、1食分としては普通だと思います。

間食にスイーツなどでつい食べてしまう500kcalを考えたら全く問題ないのです。また和食は低カロリーといっても、定食にしたら500kcal〜700kcalは当たり前。ラーメンはみなさんが思うほど高カロリーの食事ではないのです。

実は栄養たっぷりの料理

ラーメンと言われると、炭水化物・タンパク質・脂質…とダイエットにNGな栄養素ばかりに感じますが、野菜がたっぷり入ったラーメンも多いことから、しっかり野菜も摂れるヘルシー料理でもあります。野菜の種類も豊富に入っているので栄養バランスも実はバッチリなのです。

便秘解消になる

ダイエットをしているときは便秘になってしまう、ということはありませんか?便秘は食物繊維の多い食事と水分を摂れば治ると思われがちですが、実はしっかりとした量の食事と適度な油分が必要なのです。

油分は肛門へ便を移動させるのをスムーズにしてくれるそうです。せっかく便が作られても肛門にいくのに苦労してたら意味がないですよね。しっかりしたボリュームに適度な油分、ラーメンはまさに適した料理なのです。

汗をかきながら食べると脂肪が燃焼される

韓国の麺料理や辛いラーメンなどは、唐辛子の成分などで食べているとじんわり額に汗をかいたりしますよね。食事で汗をかくことはその場でカロリーを消費して、脂肪が燃焼されて皮下脂肪になりにくくなると言われています。

日頃から適度に運動をする人ほど食事中に汗をかくといわれ、基礎代謝が高いということです。

基礎代謝があがる

基礎代謝とは、人間が普段生活する上で必要最低限の消費エネルギーのことです。この基礎代謝があがると太りにくくなる体質になると言われています。しかし、基礎代謝をあげるには、継続的に運動を続けなくてはなりません。

ラーメンで摂取したカロリーの分だけ、運動してカロリーを消費する。これを繰り返すことによって自然と基礎代謝があがっていきます。基礎代謝があがると体質的にも太らなくなるというので、長期的にみても効果の高いダイエット方法と言えるでしょう。

ラーメンダイエットのやり方

一日一食は必ずラーメンを食べる

最近では、ラーメン屋さんで「朝ラーメン」なるものも出ていますよね。朝食または昼食で必ずラーメンを食べましょう。そこで食べたいものを食べることの欲求を満たし、ダイエットならではのストレスを軽減します。ラーメンを食べる際は、カロリーをきちんと把握しておきましょう。

ラーメンのカロリー分だけ運動をする

ラーメンを食べたら、直後でなくてもいいのでその日のうちにラーメンのカロリー分を消費する運動をしましょう。ラーメンのカロリーを400kcalとしたときに必要な運動量は、ジョギングなら1時間強。階段の昇り降りを1時間半。腹筋・ストレッチを1時間。

最初はハードに感じられますが「ラーメンを食べたら運動する」を続けることで基礎代謝もあがりますので、太りにくい身体づくりにもなります。また、食べた罪悪感も感じにくくなります。

ラーメン以外の食事は低カロリーに徹する

ラーメンを食べる以外には何を食べてもいいのでしょうか。そんなことはありません。ラーメンを食べるのですから、他の時間の食事は極力低カロリーを心がけましょう。

豆腐や納豆などの豆類、こんにゃくや低カロリーの野菜などを中心とします。低カロリーに徹することで、結果的に一日に摂取したカロリーが低く抑えられることになるのです。

毎食低カロリーはうんざりしますが「ラーメンを食べた」という事実がモチベーション維持につながりそうですよね!

ラーメンダイエットの効果をより高める5つのポイント

ラーメンダイエットは食前に野菜ジュースを飲む

いきなり炭水化物のラーメンを食べてしまうと、血糖値が急上昇してしまい糖分が脂肪に変化しやすくなってしまうのです。ラーメンの前に野菜の栄養を摂ることで、血糖値の上昇を緩やかにします。そうすることで脂肪になりにくい状態にします。

野菜ジュースでビタミンなどの栄養を補う役目もあります。また、はじめに飲んでおくことで少しお腹が満たされて、ラーメン一杯で満腹感が味わえるかもしれません。

ラーメンダイエットの食べ方 野菜多めのラーメンを野菜から食べる

こってり家系ラーメンだけでなく、女性にもうれしい野菜多めのラーメンメニューも増えていますよね。なるべく野菜がたくさん入ったラーメンを選びましょう。

二郎系ラーメンは野菜が多くとも麺の量も多く、カロリーは高いので注意です。量はほどほどに。まずは野菜から食べましょう。そうすると血糖値の急上昇を抑えて、糖の吸収を緩やかにしてくれます。

ラーメンダイエットの食べ方 ゆっくり、よく噛んで食べる

ラーメンダイエットに限らず、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。噛むことは満腹中枢を刺激するので、満足感も早く訪れます。ラーメンは流れるように食べられるので、早食いになりがち。そこをしっかりと噛んで、ゆっくり味わってくださいね。

ラーメンダイエットにはノンフライ麺や背脂の少ないものを選ぶ

自宅でラーメンを作るときのインスタントラーメンやカップラーメンは揚げ麺ですか?ノンフライ麺ですか?揚げ麺は油で揚げた麺を乾燥させているので、出来上がったときにコクのある味わいになりますが、少々カロリーは高め。

少しでもカロリーを抑えるべく、ノンフライ麺を選びましょう。ノンフライ麺は油で揚げていない分だけ、やや生麺にも近い食感になるそうです。油が少ないのであっさりめに。

ラーメンダイエットはカロリーをしっかり計算する

ラーメンを食べた後は必ず運動をする、それがラーメンダイエットの鉄則です。そのためには食べたラーメンのカロリーをしっかりと把握しておくことが大切です。

食べるときくらいはダイエットを忘れたいところですが、あくまでもダイエット中。麺はノンフライか?背脂は少なめか?スープを飲み干せば、それだけで200kcalあることもあるのです。スープは飲まずに我慢しましょう。

ラーメンダイエットの注意点 3つの掟

食べるのは昼。夜に食べてはいけない

夜、お酒を飲んだ後にシメのラーメンが大好物!という人も多いはず。しかし夜ラーメンを食べてしまうと、摂取したカロリーを消費することなく寝てしまうことになるので太る原因になります。

医学的にもカリウムの多く含まれるビールを飲むと、ナトリウムとの体内バランスが崩れて、過剰に塩分をほしがるためラーメンが食べたくなるのだとか。そこはぐっとこらえて、みそ汁などに置き換える努力をしましょう。

背脂たっぷりスープやチャーシューは控えめに

こってりの背脂たっぷりスープや味のしみたチャーシューは、ラーメンの主役とも言える代物ですが、ラーメンダイエットでは控えめにしたいところです。

特にスープだけでも200kcalはあるといわれていますが、それだけでなく、スープを飲み干すことで塩分の過剰摂取にもつながります。塩分を摂りすぎれば自然とのどが渇き、水分を欲します。それが「むくみ」や「水太り」の原因となるのです。

「ライス無料」「餃子セット」の誘惑に乗らない!

お店でラーメンを注文すると「ライス無料」「餃子セット」など魅惑的なメニューに心が躍りますよね。しかし、ラーメンダイエットはラーメンだけにとどめることが大切です。

ラーメン500kcalに加えてライス一杯220kcal、餃子一皿200kcal。全部あわせたら1000kcalのパワーフードになり、もはや運動で消費するのも難しくなってきますよね。ラーメンダイエットはラーメンのみに徹する、それが掟です。

ラーメンのカロリーはどれくらい?

比較的低カロリーは「塩」「しょうゆ」

すっきりとした透明感のあるスープが魅力の「しおラーメン」は約480kcal。昔なつかしい味わいをみせる「しょうゆラーメン」は約400kcal。この二種は比較的低カロリーです。

ただしスープに塩分が強くでているので飲み干すことは厳禁。麺に絡んだスープの味わいをよく堪能してくださいね。

こってり系「とんこつ」「みそ」は濃厚高カロリー

もやし、キャベツ、コーンなど野菜たっぷりヘルシー路線かと思いきや高カロリーな「みそラーメン」は約600kcal。スープを全部飲み干したくなる濃厚な背脂の味がたまらない「とんこつラーメン」は約500kcal。

とんこつの方が油分が多くて高カロリーのように感じますが、実際具材の多さでは味噌のほうが圧倒的です。また種類にもよりますが、とんこつは博多風の細麺が多いので、少しカロリーが抑え気味です。

ラーメンダイエットにおすすめダイエットレシピ3選

カンタン!蒸し野菜のヘルシーラーメン

<作り方>
1.インスタントラーメンは市販のものを工程通りに作る。
2.白菜をざく切り、長ネギを斜め切り、きのこをほぐしておく。
3.豚バラをフライパンで油をひかずに焼く。肉の油はペーパーでふきとる。
4.2の材料をフライパンに入れ、水を大さじ1入れて二分ほど蒸し焼きに。

油を使わずに野菜も摂れる簡単なヘルシーラーメンです。できれば豚バラ肉もなしにして野菜の蒸し焼きだけでいただきましょう。野菜の甘みもあり十分おいしいです。

ラーメンに欠かせない!鶏チャーシューを作ってみよう

<作り方>
1.鶏の胸肉の皮目にフォークで数カ所穴をあけ、焼き肉のたれで30分漬け込む。
2.皮が外になるよう丸めて、たこ糸でまく。
3.鶏肉にラップをゆるくかけて、600Wで4分加熱。裏返して2分。
4.ラップをはずし粗熱をとって出来上がり。

豚肉のチャーシューは脂身が多くカロリーが高め。ヘルシーな鶏の胸肉を使って自家製チャーシューを作れば、見た目も味も満足度があがります!普段のおつまみとしてダイエット中には最適の一品。

インスタント担々麺で汗をかこう!代謝アップラーメン

<作り方>
1.インスタントラーメン(担々麺)を工程通りに作る
2.フライパンを熱し、豚ひき肉とタマネギを炒める。にんにくと唐辛子をいれる
3.さらにもやしと白髪葱を加えて、醤油を少々。
4.ラーメンの上に盛りつけ、最後に貝割を添える。

暑い夏などにはオススメです。汗をかきながら辛いラーメンを食べて新陳代謝を活発にし、脂肪の燃焼を助けます。豚ひき肉は、鶏ひき肉に変えるとさらにカロリーダウンしますよ。

ラーメンダイエットは本当に効果あるのか? 口コミ

ラーメンのカロリーを把握している人は普段から意識している

ラーメンダイエットはひそかに広がっている!

まとめ

今や国民食となったラーメン。ダイエットを決行!となればすぐに除外される料理ですが、意外なところで共存が可能だということがわかりました!

ラーメンダイエットはとにかくラーメンを食べて運動する!シンプルですが慣れるまでは苦労します。しかし、大好きなラーメンを食べ続けながらダイエットができるという夢のような方法であることも事実です。

大好きなラーメンとともに、すてきなダイエットライフを送ってください!