「整形外科ってどんな診療科なの?」と聞かれた時にきちんと答えることは出来るでしょうか。整形外科が対象とする疾患は非常に幅広く、スポーツ障害や労働災害、交通障害、捻挫や骨折などの外傷、小児整形外科など全てが含まれます。

そこで行なわれている治療内容も多岐にわたり、手術や薬物療法、リハビリなど症状や病態に合わせて適切なものが選択されることになります。整形外科が対象としている疾患や治療方法などについて知っておき、いざという時に困らないようにしておきましょう。

整形外科について

整形外科が扱う主な疾患や、その診療内容についてご存知でしょうか。また、整形外科には様々な分野があるため、各専門分野に特化した専門医が存在しています。まず、整形外科とは一体どんな診療科なのか解説していきます。

整形外科は運動器官の病気や外傷を対象としている

整形外科とは、運動器官を構成している全ての組織(骨、軟骨、筋、靭帯、神経など)に生じる疾患や外傷を対象としている診療科です。そのため、診療範囲は非常に広範囲で、脊椎・脊髄、上肢(肩、腕、肘、手、指)、下肢(股、足、膝、指)、骨盤など体の全身が該当します。

また、対象年齢も幅広く、新生児に始まり、小児、学童、成人、高齢者まで全ての年齢層が対象となります。そのため、患者数も非常に多く、平成14年度の厚生労働省の調査によると、内科の次に患者数が多い診療科であると報告されています。

整形外科が扱う主な疾患とは腰痛といわれている

厚生労働省の調査によると、整形外科を受診する患者が訴える疾患でも最も多いものは腰痛という結果が出ています(人口1,000人当たり)。その次に多い訴えが腰痛、それから手足の関節痛などが続きます。

高齢化が進む現代日本において、加齢と共に発症しやすくなる腰痛や肩こり、変形性関節症などの疾患で悩む方はどうしても多くなります。ただもちろん、整形外科が扱う疾患はそれだけではなく、外傷やスポーツ、手の外科など、運動器全ての疾患が対象となります。

整形外科は外傷や日常生活で生じる痛みを診療する

整形外科の主な診療内容は、骨折や脱臼、打撲、切り傷などの外傷をはじめ、肩こりや腰痛、関節痛などの日常的に生じる身体の痛みや違和感なども含まれます。そのため、整形外科で行われる治療は病気や怪我を治すだけではなく、運動機能をもとに戻すためのリハビリテーション(リハビリ)が含まれています。

また、リウマチや神経痛などの痛みを主とする疾患の治療や、偏平足や外反母趾などの整形外科疾患に密接に関連していると考えられる障害の治療を行っている施設も少なくありません。

サブスペシャリティの専門医がいる

整形外科医は、日本整形外科学会が認定する整形外科専医資格を取得ことで一般整形外科診療を行うことが可能になります。ただ、通常はこの整形外科専門医資格を取得した後、それぞれの専門領域に進んで行く医師が多くなっています。

その専門領域は非常に多岐にわたり、関節リウマチを専門に診るリウマチ医、スポーツによる障害や外傷を専門的に見るスポーツ医を始め、脊椎脊髄外科医、関節外科医、手や足の外科医、骨・軟部腫瘍医、骨代謝・骨粗鬆症医、小児整形外科医など細かく分かれています。これをサブスペシャリティと呼びます。

そのため、整形外科を選ぶ際は自分の症状に合わせて事前に医師の専門領域を確認しておくと、症状に合わせた適切な治療を受けやすくなります。もちろん専門ではないからといって、治療を受けることは出来ないということはありません。

整形外科の社会的ニーズについて

高齢化が進む日本において、整形外科の需要は高まる一方です。複数の診療科がある大きな病院に行くとよく分かりますが、どこの病院でも整形外科は患者さんで一杯になっていますよね。また、病院のHPなどで紹介されていることも多いですが、手術件数や入院患者数も他の診療科に比べると多くなっているのが整形外科の特徴です。

整形外科の需要が高まっている理由はもちろん高齢化だけではありません。労働災害や交通事故の多発、スポーツ障害や外傷などの増加といった社会背景も大きく関係しています。このようなことから、整形外科は生涯を通じて人々の生活をサポートするための重要な診療科であると捉える方も少なくありません。

整形外科の治療内容とは

整形外科の治療内容は、ただ単に病気や怪我を治すだけではありません。治療終了後にも、障害を受ける前と同様の運動機能を回復するためにリハビリなどが行われることが多くなっています。整形外科の治療内容にはどのようなものがあるのか、しっかりと押さえておきましょう。

運動機能の回復を目指す

整形外科の診療内容は多岐に渡りますが、そこで行われる治療はただ単に病気や怪我を治すだけではありません。病気や怪我などにより障害を負ってしまった運動機能を元に戻す事も、大切な治療内容の一つです。

怪我の状態や病状によっては、完璧に元に戻す事が難しい場合もあります。そのような状態においても残された機能を最大限に活用し、元の状態にできるだけ近づけるよう治療が行われます。そのため、病気や怪我の治療だけではなく、リハビリにも力を入れた総合的な治療が行われることが多くなっているのです。

痛みをとってやわらげる

障害を受けてしまった運動機能の回復だけではなく、主に痛みを主訴とする疾患(リウマチや神経痛など)に悩む患者の痛みに対する治療を行うのも、整形外科の主要な役割です。痛みに悩む患者の中には、特に異常がないのに痛みについて悩んでいる方もいます。そのような悩みを持つ患者の痛みを緩和してあげることも、整形外科の大切な治療内容の1つと言えます。

手術的治療と保存的治療の両方をおこなう

整形外科といえば、その治療内容は手術とイメージする方が多いかもしれませんが、手術を行わない保存的治療が行われることも少なくありません。また、整形外科で行われる手術には様々な種類があり、脊髄・脊椎、神経、腱、骨(骨接合術など)、関節(人工関節置換術など)があります。また場合によっては、切断された手足や指などの再接合手術が行われることもあります。

整形外科の治療方法とは

整形外科を受診する患者さんの訴えで多い疾患の治療方法についてまとめています。もしご自分の症状に該当するものがあったら、ぜひ参考にしてみてください。ただし、あくまでも一般的な治療方法ですので、医師によっては別の方法が選択されることもあります。

腰痛は痛み止めやシップなどを使うことが多い

2012年に日本整形外科学会から発刊された腰痛診療ガイドラインによると、腰痛に対して治療を行う場合は、まずはじめに重篤な脊椎疾患や神経根症状の有無を確認する必要があるとされています。

身体所見や検査などを行ってこれらの症状に該当しない場合は、非特異的腰痛と判断されて通常4週間から6週間程度、痛み止めや湿布などを使用して保存的治療が行われることが多いようです。ただ、もし痛み止めを飲んでも痛みが取れないような腰痛の場合は、重篤な疾患が隠れている可能性があるため、再度身体所見や画像検査、血液検査などが行われることになります。

肩こりの主な治療方法とは

肩こりで整形外科を受診した場合、主な治療法は薬物治療、牽引療法、温熱療法、理学療法の4種類になります。

(1)湿布や筋肉弛緩薬などの「薬物療法」

つらい症状を抑えて、いたみの悪循環を取り除くことを目的に行われます。湿布などの貼り薬、筋肉弛緩薬などの内服薬、神経ブロック注射やトリガーポイント注射など様々な種類があります。

(2)コリを解消させる「牽引療法」

物理的に首を引っ張って頸椎などの位置を正しい位置に戻しコリを解消させる方法です。

(3)患部の筋肉を温めて血行をよくする「温熱療法」

患部の筋肉を温めて血行を良くし、老廃物の排出を促すことでコリを解消させる方法です。電気療法、温熱療法(ホットパック)などの種類があります。

(4)血液の循環を改善させる「理学療法」

リハビリが該当します。運動を行って筋肉を動かし、肩の筋肉や関節を強化して血液の循環を改善させる方法です。

その他の疾患の治療方法について

関節痛はその部位や症状により治療方法が異なります。ここでは整形外科での訴えが多い疾患についてご紹介しています。

(1)「変形性膝関節症」

骨と骨の間にある関節軟骨の変形や減少により膝周辺に炎症が生じる疾患です。症状が重篤な場合は手術が行われますが、関節の変形や痛みがそこまで強くない場合は注射や投薬などの薬物治療が行われることが多くなっています。

(2)「関節リウマチ」

全身の関節に炎症を生じる疾患です。症状を放置すると骨や軟骨が破壊されていきます。関節リウマチの治療では主に薬物療法が行われます。また、関節機能を維持するためにリハビリが行われることも多いようです。

(3)「手指の変形性関節症」

症状が進むと指の関節が変形していき、元に戻らなくなる疾患です。痛みがある場合には薬物治療により痛みを和らげますが、症状が重篤な場合は手術が行われることもあります。

(4)「腱鞘炎」

指を固定する装具を身につけたり、炎症を抑制する薬が処方されます。ただ、腱鞘炎の場合はこれらの治療を行うよりも安静にすることが大切と医師から指導されることが多いようです。

整形外科についての疑問について

形成外科や一般外科、整骨院など整形外科と似たようなイメージのある診療科は少なくありません。ここではそれぞれの診療科と整形外科との違いについて解説していますので、イマイチ違いが分からないという方はぜひ受診の際の参考にしてみてください。

形成外科と整形外科の違いとは

形成外科は、身体表面を治療することを目的とした診療科です。主な治療対象は、先天異常、外傷、腫瘍、美容になります。形成外科という診療科が確立する以前は、整形外科において先天性の多指症やあざ、腫瘍や外傷などによる見た目の良くない状態を治療する傾向にありました。

また、その他の科と協力して治療を行うこともあり、例えば火傷の治療であれば、火傷自体の治療は皮膚科で行われ、火傷による傷跡の治療は形成外科により行われるといった具合です。

外科と整形外科の違いとは

一般的に「外科」という言葉が付いている場合、手術を行う診療科であることを意味します。整形外科のほかにも、脳神経外科や心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科などがあります。ただ通常一般外科と言った場合には、消化器外科のことを意味することが多いようです。

ちょっとした傷であれば一般外科でも治療してもらえますが、骨折や捻挫、打撲などの場合は整形外科を受診するようにしましょう。

接骨院と整形外科の違いとは

整形外科は医学の1分野ですから、そこで治療を行う方は医師でなくてはなりません。一方、整骨院は「接骨医」と呼ばれることもあるため医師であると勘違いしがちですが、正確には「柔道整体師」と呼ばれる資格で医師ではないことに最大の違いがあります。

そのため、整骨院で行われるのは医療行為ではありません。打撲や捻挫、肩こり、腰痛、などの症状に対して外科的手術や薬物療法ではなく、応急的または医療補助的な方法でもってその状態を回復させることを目的に行えます。また、脱臼や骨折に対して施術を行う場合は医師の同意が必要になるため、柔道整体師が医師の同意なしで扱えるのは捻挫と打撲のみとされています。

整形外科の選び方とは

整形外科を受診する際、一番悩むのがどの整形外科を受診しようか、という点ですよね。自分の通える範囲に複数の整形外科がある場合は、なかなか決め手がないこともあります。ここでは整形外科を選ぶ際の目安について解説していきます。

病院は通いやすい場所に

まずは自分の通いやすい立地にあることを確認しましょう。整形外科を受診する場合、その日のみで治療が終わることはほとんどなく、リハビリ期間も含めて長期間に渡っての治療が必要になることが多い傾向にあります。

どんなに名医であっても、あまりに通いにくい所にある施設では身体的にも経済的にも大きな負担になります。最近はWEB上で手軽に病院検索を行うことが可能になっていますから、まずは自分の通いやすい立地にある整形外科を絞り込んでみるようにしてください。

日本整形外科学会の認定医かどうか

日本整形外科学会の「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに各専門領域の研修を受けた医師は「認定医」として認められています。認定医に認められる医師はその専門分野での知識や経験が豊富ですから、より症状に合わせた適切な治療が行われることを期待出来ます。

日本整形外科学会のHPから各専門領域の認定を検索することが可能となっていますので、気になる方はぜひ一度調べてみてください。

医師との相性は治療におこなっていく上で大切

整形外科で治療を受ける上で非常に大切なのが医師との相性です。長期間に渡ってリハビリを行わなければならないことも多いのに、質問に対しておざなりな対応しかしてもらえなかったり、治療方法などの説明が不十分だったりすると、治療を続ける意欲がなくなってしまうこともあります。

また、医師の方針に対して不信感を抱いてしまうと、治療に積極的に取り組めず、結果的に治療期間が予定よりもずっと長引いてしまうこともありえます。最初の受診の際は、医師に質問しやすい雰囲気があるか、丁寧に説明してもらえるか、看護師などの他のスタッフの対応はどうかなどにも気をつけておき、医師を信頼して治療を続けられる環境にあるか確認しておきましょう。

最初から総合病院には行かない

整形外科を受診する際に注意したいのは、最初から総合病院などの大きな病院の整形外科を受診しないようにするということです。基本的に大きな病院は待ち時間が長いですから、診察に加えて検査などがあるとほぼ1日潰れてしまうこともあります。また、紹介状を必要としている病院も多いですから、紹介状がない場合は余計な費用がかかってしまうことになります。

「大きな病院の方がちゃんと治療してくれそう」というイメージもありますが、最初は自分の通いやすいクリニックへ行って診察や検査を受けるようにしましょう。治療の過程で検査や手術のために大きな病院を受診することが必要になった場合は、クリニックできちんと紹介状を書いてもらうことが出来ます。

整形外科の特徴を知って、症状に合った適切な治療を受けよう!

整形外科の治療内容は、一般外科や形成外科、整骨院などとの区別がつきにくい面もありますから、いざ受診となるとどこの科を診療すべきか悩んでしまいがちですよね。基本的に整形外科は運動器官に関する全ての疾患を扱う診療科です。腰痛や関節痛などに悩まされているようでしたら、まず整形外科を受診するようにしてみると良いかもしれませんね。

整形外科で受けることの出来る治療は、非常にたくさんの種類があります。そのため、症状によっては治療期間が長くなることもありますから、受診する整形外科を選ぶ場合はまず通いやすさを念頭において選ぶようにしてください。

また、医師が持つ認定医資格や医師との相性も病院を選ぶ際の重要な要素となります。医師を信頼することが出来ないと、治療へしっかりと取り組むことが出来ず治療期間が長引いてしまう可能性もあります。自分に合った整形外科を選んで、積極的に治療に取り組んでいくようにしてくださいね。