外もも痩せの簡単テクニック|今すぐできる3つのストレッチとマッサージ!原因は冷えによるセルライト?骨盤を立てて歩くとは?

太りやすく痩せにくいやっかいなパーツ、外もも。ボコッと張った筋肉や、その上についたぶよぶよの脂肪が、とっても気になりますよね。外ももは普通のダイエイット方法では痩せにくいため、外もも専用のケアをすることが大切です。今回は、そんな外もも痩せのテクニックを詳しく紹介!すぐにできる簡単な方法ばかりですので、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

外もものお肉が気になる!

女性の天敵、下半身太り。その中でも、特に太ももの外側のお肉が気になっている人、多いのではないでしょうか。ふくらはぎが細くても、外ももにお肉がついてると脚全体が太く見えてしまいます。

そんな気になる外ももを細くする方法を、これから具体的に紹介!コツコツと続ければ、外ももが驚くほどすっきりするはずですよ。

外ももが太る原因って?

まずはじめに、外ももが太くなってしまう原因について説明していきます。原因が分かれば、これ以上外ももを太らせないようにする対策ができるはず。普段の生活を振り返り、自分の外もも太りの原因を把握しましょう。

骨盤のゆがみ

外ももが太るひとつめの原因は、骨盤のゆがみです。骨盤がゆがむと股関節がずれ、脚の付け根にある「大転子」という骨が出っ張ってしまいます。すると傾いた骨を支えるため、外ももに常に力が入った状態になります。その結果、外ももの筋肉が太くなり、さらに代謝も下がるため、脂肪も増えてしまうのです。

骨盤のゆがみは、脚を組んだり、あぐらをかいたり、片方の脚に体重をかけて立ったりすることで起こります。また、運動不足で筋肉が少ない人も、ゆがみが起こりやすいでしょう。外もも太りの対策には、骨盤をゆがませるクセをやめること、そして適度な筋肉をつけることが大切です。

セルライト

ふたつめの原因は、ボコボコとした皮下脂肪のかたまり、「セルライト」です。セルライトとは、皮下脂肪が水分や老廃物を溜め込み巨大化し、固くなってしまった状態のことを指します。普通の脂肪とは違い、一度できてしまうと中々取り除くことができません。

太ももはもともと脂肪が多いことに加え、上半身に比べ老廃物を排泄しにくいため、セルライトがとても発生しやすくなっています。セルライトを作らないためには、油ものや甘いお菓子を控え、適度に運動をして代謝を上げることが大切です。

また、冷えもセルライトの原因になりやすいため、シャワーではなくきちんと湯船につかるようにすると良いでしょう。

下半身痩せの方法は?

外ももを含めた下半身は、太りやすく痩せにくい、やっかいなパーツです。そのため、ただ食事制限や運動をするだけでは、中々お肉が落ちません。そこでこれから、下半身痩せに効果的な方法を、いくつか紹介していきます。

老廃物の流れをスムーズに

内臓から離れている下半身は、老廃物を流してくれるポンプの役割を果たしてくれる機能がないため、老廃物を溜めやすくなっています。さらに重力の影響もあり、老廃物は下へ下へと集まります。こうして溜まった老廃物が脂肪とくっつき、セルライトになってしまうのです。

そんな下半身太りには、老廃物の流れをスムーズにすることが必要です。下半身のお肉をもみほぐすなどして、老廃物の流れを悪くするセルライトのような固い脂肪を柔らかくしていきましょう。やや強めにもむとより効果的ですよ。

また、冷えた料理の油が固まるように、身体の脂肪も冷えると固くなってしまいます。そのため、身体を温め、脂肪を流れやすくすることも大切です。総合すると、お風呂で身体をしっかり温めた後、脂肪をもみほぐすのが最も効果的だといえますね。

骨盤矯正

もうひとつの下半身痩せテクニックは、骨盤矯正です。はじめにご説明したように、骨盤のゆがみから筋肉の緊張、代謝の低下、そして脂肪の増加が起こり、下半身が太くなってしまいます。このような骨盤のゆがみによる下半身太りは、骨盤を正常に戻さなければ解決しません。

一番手っ取り早く効果的なのは、整体院に行き専門家に施術してもらうこと。現在の自分の症状を知るためにも、一度は整体院を訪れてみた方が良いかもしれませんね。

また、骨盤矯正ベルトやストレッチによって、自分で骨盤を矯正していくことも可能です。他にも座るだけで骨盤を矯正してくれるクッションなど、さまざまな骨盤矯正アイテムが販売されています。即効性はありませんが、毎日コツコツと続ければ、しっかりと効果が現れますよ。

外もも痩せのコツ 1.ストレッチ

それではここから、下半身の中でも外もも痩せに効果のある方法を、具体的に紹介していきます。ひとつめのコツは、ストレッチです。ストレッチは身体の代謝を上げ、老廃物を流れやすく、そして溜めにくくするために非常に重要。

また、ストレッチをするタイミングは、お風呂上がりがおすすめです。自宅で簡単にできるので、ぜひ今日から実践してみてください。

壁を使ったストレッチ

まずは最も簡単な、壁を使ったストレッチから紹介します。

①両足を肩幅程度に開いて、壁と直角になるよう立ちます。壁からは片手がちょうど伸ばせるくらい、離れて立ちましょう。

②壁に手をつき、お尻を壁に近づけるよう動かします。こうすることで太ももの外側が伸び、適度なストレッチになります。

よつんばいストレッチ

次に紹介するのは、床によつんばいになって行うストレッチ。手足が痛くならないよう、カーペットやマットの上で行ってください。

①両足を肩幅程度に開き、よつんばいになります。
②よつんばいの状態で、片方の膝を横に曲げます。例えば右膝を曲げる場合は、右手の後ろに右膝、左手の後ろに右足首がくるようにします。
③曲げていない方の足を、後ろにグッと伸ばします。身体の重心は伸ばした足側に置きます。
④最後に上半身の力を抜き、頭をなるべく床に近づけるようにします。

これを左右両方、行いましょう。外ももがとっても伸びるのを感じられますよ。

大転子引っ込めストレッチ

最後に紹介するのは、骨盤のゆがみの原因となる、大転子の出っ張りを引っ込めるストレッチです。直接外ももを刺激するわけではありませんが、骨盤のゆがみがなくなることで、結果的に外ももをすっきりとさせてくれます。

①両足を肩幅よりやや広めに開いて立ち、右の大転子あたりに両手をあてます。両手をあてていない左側の足先は、外側を向けます。
②大転子を両手で内側にギュッと押し込みます。左膝が曲がるまで体全体で押し込み、10秒間そのままキープ。

これを左右両方、行いましょう。

外もも痩せのコツ 2.リンパマッサージ

次に紹介する外もも痩せテクニックは、リンパマッサージです。いつ行うのが良いかですが、身体もあたたまりリンパが流れやすくなっているお風呂上がりに行いましょう。溜まった老廃物を押し流すのにとても効果的なんです。

また、何もつけないとうまくマッサージできず、さらに肌を傷つけてしまうため、クリームやオイルを塗ってから行ってください。

ひねるように揉む

外もものお肉を柔らかくするために、ぞうきんをしぼるように揉みほぐしていきます。最初に膝上付近のお肉を両手でつかみ、ひねります。やさしくひねりながら膝上から脚の付け根まで、ゆっくり移動させます。これを何度か繰り返していきます。冷えていたり固くなっている部分は、暖かくなったり柔らかく感じるまで繰り返し行います。

引きはがすように押す

お肉をねじってほぐした後は、脂肪を引きはがすように強めに押していきましょう。まずは、膝上のお肉を親指と人差し指でつまみ、上に引っ張るように押しながら上へと移動していきます。脚の付け根まで行います。

このマッサージで、落ちにくいセルライトをつぶしてなくすこともできます。やや強めに押すのがポイントです。少し手が痛くなるかも知れませんがゆっくり丁寧に仕上げていきましょう。

老廃物をスッキリ出そう

両手をグーの形にして、さするように膝上から脚の付け根までゆっくり移動させます。リンパは皮膚のすぐ下にあるので、そこまで強くしなくてもOKです。太ももを外側、内側、前、裏側の4つのパーツに分け、各4回程度行います。そうやって揉みほぐされた脂肪やいろんな老廃物が、リンパにのって流れていき、溜まった老廃物が、すっきり押し出されむくみもなくなります。これだけで少しサイズダウンしていることでしょう。

最後に軽くたたいておわります

マッサージで外ももを刺激したあとは全体を軽くたたきます。たたき方はあくまでもやさしく、両手のひらを空間ができるように合わせてたたくと柔らかくできます。強くたたいても効果はないので最後はやさしく労わって終わりましょう。

外もも痩せのコツ 3.正しい歩き方

最後に紹介する外もも痩せのコツは、正しい歩き方をすることです。ダイエットのためにウォーキングやランニングをしている人も多いと思いますが、正しい歩き方で行わなければ、痩せるどころか反対に不必要な筋肉をつけてしまいます。

運動しているのに脚が全く細くならないという人は、まず歩き方を見直してみてください。

背筋を伸ばす

座っているとき、立っているときは意識しているかもしれませんが、歩いているときの背筋までしっかりと伸ばしていますか?頭が前方へ突き出た猫背の姿勢で歩いていると、脚がバランスをとろうとして、不要な筋肉が発達してしまいます。

そのため、背筋をしっかりと伸ばして歩き、不要な筋肉をつけないことが大切です。正しい姿勢で歩くだけで無駄な筋肉が落ち、脚がすっきりとした印象になります。

骨盤を立てて歩く

もうひとつのポイントは、骨盤を立てて歩くことです。腰を引き気味に、かつお尻が出っ張らないように意識すると、骨盤がまっすぐに立った状態になります。この状態をキープしながら歩くことが大切です。そうすると骨盤をゆがませず、そして余計な筋肉をつけることなく、歩くことができます。

ただし、骨盤の位置をキープするため、脚や腰に力を入れ過ぎないよう注意してください。リラックスした状態で、自然に骨盤を立てて歩けるようになるのが理想です。

まとめ

目指せすっきり美脚!

外もも痩せの方法を詳しく紹介してきましたが、外ももは余計なお肉がつきやすく痩せにくパーツですが、姿勢や生活習慣の見直し、そして簡単なストレッチなどで細くすることが可能です。

ただ食事制限をしたり、運動するだけでは痩せにくい部分ですので、ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてください。脚を出す機会が増えるこれからの季節に向けて、今からすっきり美脚を目指しましょう!