里芋は糖質を気にしなくてOK!あのネバネバにも驚きの効果…食べる時に注意すべきポイントは?

里芋糖質は芋類では低い方なので、糖質制限食や糖質制限ダイエットには向いています。もちろん油断は禁物で、レシピ次第ということになりますが、食材そのものは糖質オフに近いと言えるでしょう。すなわち里芋糖質は低くカロリー糖質も低いのですが、糖質制限食ではレシピでほかの食材との兼ね合いが大切になります。折角の低糖質も料理でほかの食材が高糖質では元も子も無くなりますから、すべてはレシピ次第と言えるでしょう。

里芋の糖質はダイエットに向きか不向きか?

里芋糖質はじゃがいも糖質より低いので糖質制限ダイエットにOK

里芋糖質は芋類では低いほうなので、じゃがいも糖質よりも低いため糖質制限食や糖質制限ダイエットには向いている食材と言える優秀な食材です。

とはいえもちろん油断は禁物で、レシピ次第ということになりますが、食材そのものは糖質オフに近いと言えるでしょう。すなわち里芋糖質は低くカロリー糖質も低いのですが、糖質制限食ではレシピでほかの食材との兼ね合いが大切になります。

ただしじゃがいも糖質より低糖質なのも、料理でほかの食材が高糖質では元も子も無くなりますから、すべてはレシピ次第と言えるでしょう。

里芋の栄養成分やカロリーとは

栄養成分は少なめ…しかしあのネバネバには驚く効果!

里芋の糖質は100gあたりが11gと低くカロリー・糖質も23kcalと低いのが特徴です。さらにこの食品特有のネバネバした成分はガラクタンで、炭水化物とたんぱく質の結合した粘性物質ですが、免疫力を高めることでがんなどの成人病の予防になると言われています。

話を糖質制限、糖質制限食あるいは糖質制限ダイエット、糖質ダイエットに戻しますと、まさに芋類のなかでは申し分がないと言えます。すなわちすべての面で糖質制限の条件をクリアしているのです。したがってレシピ次第ではおいしくてたくさん食しても大丈夫な食材と言えるでしょう。

カロリー・糖質ともに低めの食材

なお里芋はカロリー、糖質といった面でも低いので、カロリー制限・糖質制限のダイエットにも向いている食材です。

ちなみにネバネバのガラクタンという独特の成分があるので調理がしにくいというデメリットがありますが、裏を返せば調理のし甲斐もあるわけで、じょうずに皮をむくテクニックもあります。おおいにこの食材を利用して、おいしくてたくさん食べることができる糖質オフの糖質制限食を楽しみましょう。

里芋の糖質ってどれくらい?

里芋の糖質は100g当たりで11gと低いのが特徴

里芋の糖質は芋類の中では100gにつき11g、つまり10%強ですから、低糖質で糖質制限食や糖質制限ダイエットに向いていると言えます。

たとえばお腹一杯に食べたとしても、シンプルなレシピであればカロリー制限や糖質制限に問題なく糖質オフダイエットができます。すなわちほかの食材を考えてのレシピであれば里芋糖質は心配がないほど糖質オフな食材なのです。

ただしこれで安心することは出来ません。何故ならこの食材と一緒に使うほかの食材の糖質がおしなべて高いからです。

もともと糖質が低い食材はあまり栄養素がないのが当たり前なのですが、糖質すなわち「炭水化物」と言うくくりから見ると芋類は総じて高糖質です。この食材はその中で逆に低糖質ですが、食べ過ぎると当然糖質制限をオーバーします。

里芋なら糖質制限中に食べても大丈夫?

里芋糖質は糖質制限中でもOK!

里芋糖質は100gで11gと低いので普通に食する分にはそれほどカロリー糖質を気にすることはないと言えるでしょう。すなわちこの食材であれば糖質制限食になりやすいですから、糖質制限中はもちろんカロリー制限ダイエットでも食することができ、それも比較的量が多くても大丈夫と言えます。

しかし要はレシピ次第で、たとえばイカとの煮漬けなどでしたらカロリー糖質の面では糖質オフに近そうですが、そうではないレシピでは糖質制限を超えないように注意が必要です。

また、食卓が賑やかな場合はほかの料理も並びますし、その中で里芋だけを食べるというのはあまり考えられませんし、満足度も低くなります。たとえば豚の角煮なども並べば食べてしまうこともありえますよね。このように食べ合わせに気をつけなければ、せっかくのこの食材の良さが消えてしまいます。

ダイエット中に里芋を食べる時のポイント

里芋ならダイエット中の食べ方は普通で良い

里芋糖質は芋類の中では少ないほうですから、糖質制限ダイエットや糖質ダイエットでの糖質制限食としてそれほど神経質になる必要はないと言えます。

すなわちこの食材の良い点は腹持ちがいい割にはカロリー糖質が低いことです。この点がこの食材のメリットですから要はレシピでほかのどのような食材を一緒にするかが糖質制限の分かれ目になります。つまり糖質ダイエットで糖質オフの食を目指すなら一緒に使うほかの食材の糖質量をまずは考えることが大切なのです。

里芋糖質の糖質制限食ではほかの食材に注意

糖質量だけを気にしたレシピでは栄養成分のバランスが悪くなりかねませんから、ある程度は糖質に目を瞑ることもあるでしょう。

しかし成人病の予防に糖質制限は必要ですから、やはり糖質制限食を考えてしまいます。そこでおすすめなのは里芋の糖質に問題がない限りほかの食材の糖質に目を向けることです。

すなわち一緒に使うほかの食材のカロリー糖質を考えたうえでのレシピということです。たとえば肉類を合わせて使う場合は糖質が少ないものにして、その量も少なくするという具合です。

注意点は2つ!シンプルレシピ&カロリーオフ

里芋糖質の糖質ダイエットのレシピはシンプルにする

里芋糖質自体の糖質量は少ないほうだと言えますが、これだけをおかずにすることはないでしょう。多くの場合、ほかの食材と煮漬けたりしますから、その際のほかの食材が高糖質あるいは高いか糖質だと糖質制限食の意味が無くなります。

したがって糖質制限ダイエットでこの食材を食すときには、まずはほかの食材に目を向けないことが大切で、極力栄養バランスを良くすることに気を配りながらも糖質制限ができる食べ方をする必要があります。

里芋糖質のダイエット食はカロリー糖質を考える

何でもそうですが、食べ過ぎはどのような食材でも気をつけなければなりません。すなわち食べ過ぎるということは、どのような食材でも糖質制限を守れないからです。

糖質オフの食材は皆無とも言えますが里芋糖質はそれに近い糖質制限食です。しかしそれではたくさん食べても構わないということではないのです。つまり糖質制限ダイエットや糖質ダイエットでの基本は食べ過ぎないことなのです。おいしいからと里芋を無暗に食べるのは糖質制限を無視することになります。

里芋糖質オフを活かしたダイエットレシピ

糖質制限を意識した塩コショウあえ

<材料>(4人分)
里芋 350g~400g
海苔 大さじ1
白炒りごま 小さじ2
調味料は塩コショウ少々

<作り方>
1)里芋をきれいに洗って、水を振りかけてからラップをして500Wの電子レンジで8分ほど加熱します。
2)スプーンを使って皮をむき、塩コショウで味つけをします。
3)白炒りごまときざみ海苔を散らせばできあがりです。

<ポイント>
里芋と塩・コショウがよく合いますし、白炒りごまときざみ海苔もなかなか乙な味を引き出してくれます。
なお電子レンジで加熱する際には、8分ほどのほうが食材の芯まで柔らかくなって食べやすくなります。

まとめ:レシピを工夫して満足度をあげよう!

里芋糖質は100gあたりで11gと低いので、シンプルなレシピであれば少々食べ過ぎても糖質制限に引っかかりません。

もちろん糖質制限ダイエットなどにも向いていますが、ただし料理では一緒に使うほかの食材の糖質量に注意が必要で、ほかの食材はできるだけ糖質が少ないものにするようなレシピを考えることが肝要です。