だいこん足とは?足が太い!?原因と簡単解消方法!自分で出来る「4つ」のマッサージテクニックや太く見せない方法など徹底解説!

「大根足!」っていわれたらショックですよね。白いっていう意味?やっぱり太いって言われてるの?と不安な気持ちになってしまいます。大根足ってやっぱり言われたくない!そんな方のために自宅でできるマッサージやケア、細見せコーデのアイデアをまとめてご紹介します。

大根足解消して絶対痩せる

大根足という言葉を聞くだけで嫌な感じを受ける人も沢山いると思います。そんなコンプレックスを解消できるよう原因と解消法を解説していきたいと思います。

ほめ言葉なの?大根足とは

大根足の意味は?白い?太い?

大根足って言われてるとまず考えるのは太いって言われてるの?と考えてしまいます。でももともとは「君の身体は白くてきれいだね」っていう意味で使われていた言葉。そんな悪い言葉ではないんです。

しかし残念ながら現在は「白くてきれいだけど太いね」というニュアンスで使う事が多い言葉のよう。

大根足の語源は

もともとは大根は細くてすらっとしたもので、古くは「古事記」に仁徳天皇が詠んだ句に女性の細く美しい腕枕を大根と著したところからきているといわれています。

このほめ言葉が大根のほうが改良されて、どんどん大きく太くなってきてしまったことからあまりいい意味では使われない「大根脚」の意味合いとしてつかわれるよようになってしまったようです。なんだか悲しいですよね。

大根足って英語でもあるの?

じゃあ英語で大根足ってなんていうんでしょう。「thick lags」、「fats lags」だとそのまま太い脚という意味。大根足に似た比喩的表現だと「piano lags」だそうです。ピアノの脚がイメージなんだとか。

足が太い!大根足の原因は?

では、足が太くなってしまう原因とはなんでしょう。もともと骨の太さや筋肉のつきやすさからの個人差はあります。しかし多くは後天的な生活環境や習慣からおきるむくみや筋肉の付き方などが主な原因です。
つまり、生活環境や習慣を変えればけっこう改善されるということ!

ヒールでふくらはぎに大ダメージ!

ハイヒールは足を長く見せてくれる女性にとって心強い靴ですが筋肉が発達してふくらはぎが太くなってしまう傾向があります。
毎日仕事でヒールを履いている人などはふくらはぎが太くなってしまいがち。フラットな靴は筋肉の前側の筋肉をよく使うのでふくらはぎには影響が少なくなります。

さらにハイヒールは足首が固定されて動かない歩き方になってしまうため体液の循環が悪くなりやすく足首が太くなりやすい傾向ももっています。

冷えで血行が悪くなっている

足が太くなってしまう大きな原因にむくみがあります。人間の身体はほとんどが水分なので特に普段地面についていることの多い脚に重力で水分がたまってきてしまうことがおきます。
普段、夕方になってくると足が重くなったり同じ靴でもきつくなったりしますよね!

脚は血液を押し流しているポンプの役割の心臓からいちばん遠く、流れが滞りがちになるということも関係してきます。身体の中で一番血液やリンパ液の流れが滞りやすくなりやすいのが脚なのです。

ほぼすべての人の足は冷えているといっていいくらい現代の生活は足が冷えやすい環境です。血管が収縮してより流れが悪くなってしまうので普段から温めることを重視しましょう!

むくみの正体、リンパ液とは?

ではこのむくみの原因になっているリンパ液ってなんなのでしょう。リンパ液はケガをしたときににじんでくる黄色い液体で、体中の組織を間をまんべんなく流れています。

このリンパ液こそがむくみに正体。身体のなかで血液とともに老廃物を促したり外から入ってきた菌を殺す免疫の働きなど大きな働きをしているこのリンパ液ですが自分では流れる力がほとんどないためとても流れが滞りやすいのです。

老廃物を抱えたまま流れにくくなっているリンパ液はそのままにしておくとセルライトの原因にもなってしまうので早めの解消が必要です。

彼女もやってる!簡単解消方法!

足の細さ太さは微妙なバランスで判断されているものです。毎日の生活のなかで行っていく解消法は貯金のようなもの。生活習慣になってしまえば気が付いたら効果がたまっているお得なものです。意識しないでもできるものや、自分に楽しみがあるもので取り入れることができたら一番良いですよね!

低いヒールを履きましょう

高いヒールはふくらはぎが発達しやすいため、毎日履くのはおすすめできません。ヒールの高さで足の筋肉の使う部分が変わってくるので高さの違うヒールを交代で履くと足が太くなりにくいです。ヒールは5cmまでがふくらはぎに強く負担がかからないぎりぎりライン。

休みの日はフラットなものやスニーカーにするなど、毎日ヒールにならないように注意しましょう。

お風呂で血行促進!マッサージ

毎日の生活のなかでお風呂は手軽に血行促進するのに最適な場所です。シャワーだけで毎日すましていると足のむくみがとれず足が太くなってしまいやすいのでお風呂につかる習慣をつけましょう。お風呂の中でマッサージをおこなうと血行促進効果も高くて一石二鳥です。

〈お風呂での足ストレッチ〉
お風呂のなかで足の指と手の指を組み合わせてグルグルまわします。大きく持ち上げるようにするのがコツです。左右20回ずつ両方の足首を回しましょう!

〈ひざまわりマッサージ〉
膝の周りはむくみがたまりやすくここがたるむと足がだらしない印象になってしまいます。膝の骨周りを囲むように親指で刺激をしましょう。ひざ上の部分を親指で太股のほうに向かって流していきます。親指でひざ上をやさしく揉みほぐすようにしましょう。

股関節ストレッチで柔軟に!効果的なストレッチ2つ

股関節にはそ径リンパ節といわれる大きなリンパ液の集合地点があります。リンパ液は普段歩くことや運動など身体の動きで流れているので股関節のストレッチで股関節を動かして柔軟にすることが足のむくみに効果大です。

この周囲につながりあってる筋肉は大きいものが多く、柔軟でないと血液やリンパの流れが悪くなって下半身太りを招きやすくなります。股関節を柔らかくするストレッチはテレビを見ているときなど自宅でもやりやすいのでぜひ取り入れてください。
〈股関節ストレッチ〉
まずはあぐらをかくのように座りましょう。足裏を合わせて座り、ひざを10回上下に揺らすようにします。おおきく息を吐きながらひざが床に近づくように手のひらで押していきましょう。股関節がゆっくり開くのを感じたら元に戻します。ここまでがワンセットです。

ゆっくり呼吸を意識しながら5セットを繰り返しましょう!
股関節がやわらかくなってきたら、今度は大きく息を吐いてつま先をもち前屈していきます。その姿勢を5秒キープしたら息を吸いながら元に戻ります。これをゆっくり5セットしましょう。

股関節のかたい人は無理をせず、伸びて気持ちの良い程度でおこなってくださいね!

ふくらはぎに温湿布が効果的

ふくらはぎの疲れをためないようにするのも重要です。このとき湿布薬を使っていただくとエステサロンのパックのように疲れをとり、むくみを防いでくれます。湿布には「冷湿布」と「温湿布」がありますがこの場合に効果的なのは温湿布です。

筋肉中の血液やリンパ液の流れをよくすることがむくみの改善につながるので温湿布で足の疲れをとりましょう。

鏡で姿勢確認!効果的なヨガポーズ2つ

ヨガはおうちでも手軽に取り入れることのできるうれしい運動です。各身体の部位を鍛えるだけでなく、大きく呼吸を意識しながらおこなうことで血液循環がよくなり自律神経が安定する効果があるので、女性の外レス解消にもうってつけです。

その中でも下半身に効果的なポーズを二つご紹介します!

〈立木のポーズ〉

1.右足を左足の太股につけて立ちます。お互いの足に軽く力を入れてしっかり安定感が感じられる位置を探します。
2.両手を胸の前で合わせ、背筋を意識しながら大きく息を吸いながらゆっくりと頭上まで手を合わせたまま上げていきます。
3.30秒キープします。キープ中は息を止めないように大きく呼吸を鼻からしましょう。
4.大きく息を吐きながら手を胸の前までおろして足を両足床に着けます。反対の足もおこないましょう!
〈三日月のポーズ〉
1.右足を大きく踏み出し、しっかりとバランスをとります。
2.背筋を意識して両手を胸の前で合わせ、大きく息を吸いながら頭上まで上げていきます。
3.空を眺める視線で胸を張るように意識して30秒キープします。
4.大きく息を吐きながら手を胸の前まで戻し、足を戻します。反対の足もおこないましょう!

強度の高いポーズなので気持ち良いくらいのキープ時間でおこなうのがポイントです。慣れてきたら30秒キープしましょう。

適度な有酸素運動が効果的!

歩くことは足のむくみをとるのにも非常に効果的です。あまりやりすぎてしまうと逆に筋肉が発達してきてしまうので、うっすら汗が出てくる程度のウォーキングなどが最適。だいたい40分程度が効果的といわれています。

足首が太い人におすすめ!自分でできるマッサージテクニック4つ!

自分でもできるマッサージテクニックをご紹介します。1~4番までつながった流れでできますので順番に片足ずつしていただくと効果的です。

リンパの流れに沿っておこなうマッサージなのであまり強くしすぎてもあざができたり毛細血管が切れて逆効果です。やさしく気持ちがよい程度の圧力でおこなっていただくのがよい効果を生み出します。

お風呂上りなどにむくみ解消効果のあるマッサージオイルなどを使用してするとより効果がアップ。肌も潤ってツルツルになりますよ!

1.内、外くるぶしをマッサージ

くるぶしまわりはむくみが溜まりやすく、刺激するとそ径部リンパ節までのリンパの流れがよくなるといわれる部分なのでまずはここからマッサージします。

くるぶしの周りとくるぶしとくるぶしの間のくぼみをさするよう指でマッサージしましょう。
下の動画は手の動きがとてもわかりやすいので参考にしてください。

2.足の甲をこぶしでなぞりましょう

足の甲は指の間にむくみの原因がたまってしまいます。この部分を拳で足首までなぞっていきましょう。往復してもらっても十分に効果があります。少しごりごり感じる気持ち良い程度でおこないましょう。
片足10回をワンセットに流していきましょう。

3.アキレス腱脇の引き上げ

アキレス腱脇の部分がすっきりしていると足の細さは違って見えます。ここはむくみがたまりやすいところでもあるので足首からこぶしではさみこむようにしてひざ裏まで下から上にむくみを押し流すようにしましょう!片足あたり10回を目安に流していきましょう。

アキレス腱の部分は弱いところなので強く押えないように気を付けましょう。

4.足首をつかんで引き上げましょう!

足首を両手で握るように持ち足首からひざ裏まで両手で包み込むように流していきます。5回流していきましょう。

足を長くすることで大根足脱出!

足の長さは個人差がありますが長くするには大きく2つの方法があります。
まず一つは足のゆがみを直してまっすぐにすること。靴底見て外側がかたよって減ってしまっている人はO脚気味、内側が減っている人はX脚気味です。

同じ長さの線でも曲がっている線をまっすぐにすると長く見えるように、足をまっすぐするだけで足は長くきれいに見えるのです。

足が曲がっているな、と思った人は内腿を意識してひざがまっすぐ正面になるように歩き方を変えてみましょう。これだけでだいぶ変化が出てきます。

そしてもう一つはヒップアップをすること。お尻が下がっているとそのぶんだけ足が短く見えてしまいます。これをひきしめていくだけで足長効果はかなり高くなります!

足を長くする運動

〈簡単!つま先ジャンプ運動〉
つま先立ちになってつま先で全力でジャンプします。つま先立ちになるとふくらはぎの筋肉が硬くなりアキレス腱を引っ張る形になりますが、この状態でジャンプするとアキレス腱が伸びやすくなりきれいな足になるそう。

お尻の筋肉を引き締めておこなうとヒップアップにも効果が期待できます。10秒間ジャンプを一日5セットおこないましょう。

足を長くみせるファッション!

目の錯覚はファッションには重要な要素です。足を長くきれいに見えるバランスをうまくつかうとまったく印象が変わってきます。
特にボトム選びと靴選びをうまく選ぶと足の美しさを強調できますよ!

芸能人のお手本ファッション

足長でうらやましいローラさんや水原希子さん、木下優樹菜さんなどのファッションを見てみるとハイウエスト+フレアパンツが多いような気がします。これは足長アイテムとしては最強かもしれません。トップスとボトムを同じ色で統一するのも全体を長く細く見せるのにはとても有効です。

それ以外にもスカートと靴のバランスもとても計算されています。お手本コーデがあると挑戦しやすいですよね!

密着パンツは寒色系で引き締め効果

ぴったりしたパンツは足のラインが出やすいので黒~寒色系の引き締めカラーをもってくると足が細く長く見えます。
同じラインに見えてもパンツの素材によって足がきれいに見えるものとそうでないものが出てきます。足の形によっても相性があるのでパンツを購入するときは必ず試着をして足の見え方をチェックしましょう。

足首見せパンツでかろやかに

足首を見せることができるパンツでコーディネイトすると、すっきり感がでます。身体の細い部分である足首、手首、首回りを出すことは細見せコーデにはかなり効果が高い方法なのでぜひ取り入れてみてください。

デニムもロールアップして足首を見せたりフレアパンツも足首の見える長さを選ぶとかろやかな印象になります。

細見せスカートはフレアが正解!

ぴったりしたラインのスカートは全体が重く見えがちなので、スカートは思い切ってフレアの短めを選ぶのが正解です。
フレアスカートのラインは足を細くすっきりとみせて女性らしさも抜群。足の見える部分が長ければ長いほど足長効果も高いのでぜひ細見せコーデに取り入れてみましょう。

まとめ

いかがでしょう、足の美しさは長さ、細さ、肌の美しさ3つのバランスが重要です。なるべくむくみをためず、適度な運動も取り入れていただくときれいな足をつくることができます。

健康的でバランスの良い足は男性から見ても女性から見ても素敵なもの。毎日の積み重ね、コーディネイトで十分変化を感じることができる部分なので、ぜひあなたのきれいの参考にしてみてくださいね!