太もも痩せを簡単にするには?今日からできる!?太もも痩せの方法まとめ!

脚が細くなりたい!と思ってる人は多いのではないでしょうか?特にデニムパンツが似合わなかったり、ミニスカートを履きこなせなかったりするので、特に太ももが細くなりたいと願う女性や男性、学生さんなども多いようです。今回は太ももやせの効果的な方法をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

太ももは簡単にはやせない場所

太ももを細くする為には、普段あまり使わないインナーマッスルを鍛え、慢性的になっているむくみを解消しなければなりません。ですので、普通のダイエットのように食事制限やサプリを飲むだけで効果が出るというものではありません。エステで一週間で痩せたという成功例もあるようですが、お手軽に簡単なストレッチなどで憧れの太ももが手に入るなら挑戦してみたいですよね。

なぜ太ももは痩せにくいの?

普段使わない筋肉が多いから

一日中座りっぱなしだったり、立ち仕事などが多い、また冷えが原因で血行不良になると、老廃物が溜まりむくみになります。足は心臓から一番遠い部分なので、血流が滞りがちになりやすいのですが、それに加えて代謝が悪く、冷えたり老廃物が溜まったりしてしまうと、普段使わない太ももがむくみや、余分な脂肪の溜まり場になってしまいます。

そしてそのむくみが長期化すると、古い脂肪が水分を吸い、新しい脂肪や老廃物によって固まってしまいます。それがセルライトです。太ももをギュっとつかみ絞るようにして、ボコボコしていたら要注意です。

セルライトをつぶすようにマッサージをして、血行をよくすることが効果的です。また、タバコを吸ったり、きつい下着をつけたりするのも血行を悪くしてセルライトの原因になります。水分不足や寝不足なども原因になりやすいので、日々の生活を見直すことも大切かもしれませんね。

女性の下半身は脂肪を蓄えやすいから

上半身はダイエットに成功するのに、下半身はなかなか痩せるのが難しいって女性は多いですよね。その原因は、女性は筋肉がもともと少ないので、皮下脂肪やセルライトなど問題が起こりやすいことにあるようです。

また、代謝が悪くなると水分も溜まりやすくなり、脂肪がどんどん蓄えられてしまいます。一番大切なのは、身体の老廃物が溜まる前に、血行を良くして代謝を上げることです。ふくらはぎのツボは脚痩せには効くと言われているので、ふくらはぎをマッサージすると良いかもしれません。

理想の太ももサイズを出してみよう

数字にするのはちょっと怖い気もするけど、理想の太ももサイズが気になる!っていう方多いのではないでしょうか?理想の太ももサイズの計算式は、身長(cm)×0.2です。これがあなたの理想の太さになります。また、自分の今のサイズを測る時には、立った状態で、太ももの一番太い部分を測りましょう。

ダイエットを成功しやすくするポイントは?

持続する方法を選ぶ

色々なダイエットの方法がありますが、どんなに効果的で人が成功している方法といっても、自分に合うかどうかは分かりませんよね。コツコツと続けていくことがダイエット成功の秘訣とも言えるので、持続的にできる方法を探すことが大切です。

短時間や空き時間にできる簡単なストレッチなどは持続しやすいかもしれませんね。体力的に厳しいストレッチでも三日坊主では全く効果がないので、簡単でも続けていける方法を見つけてみましょう。

効果の出やすいタイミングを知る

ダイエットに欠かせない運動やストレッチは、やるタイミングや時間によって効果が変わってきます。朝にジョギングやウォーキングをする方は多いですが、実は朝の運動にはリスクもあります。起床時は血糖値が低く、体内の水分も不足しているので、そんな時に激しい運動をすると、倒れてしまったり、怪我をしてしまう恐れがあります。

そして、ダイエット効果もあまり期待できないようです。また就寝前の激しい運動も脳を覚醒させてしまい、良い睡眠がとれない恐れがあるので危険です。

運動に一番良い時間は、昼や、夕方16時前後だと言われています。この時間はエネルギー代謝が高く、ホルモンの分泌も活性化されているので、脂肪も燃焼されやすいのです。また、夕方の運動は成長ホルモンを増やすとも言われているので学生さんにもぴったりですね。

ライフスタイルの都合で夕方に運動ができない場合は、食前食後を避けて運動をしましょう。そして、入浴中や入浴後は、リラックスした状態で軽いストレッチがおすすめです。

マッサージで代謝をよくする

下半身や太ももは重力の影響もあって、老廃物が溜まりやすく、冷え性やむくみになり、太りやすく痩せにくい部分です。そんなむくみ解消にはリンパマッサージが効果的です。入浴中や入浴後の血行の良い時にするのがおすすめです。

リンパマッサージの方法は、太ももの肉をつまんでもみほぐすようにする、太ももを絞るようにマッサージする、最後は優しく下から足の付け根に向かってさすります。セルライト予防にもなるのでぜひ試してみてくださいね。

太ももを細くする効果的な方法

ストレッチ

太ももが細くなる効果的なストレッチをご紹介します。

寝ながらできる内ももを鍛えるストレッチのやり方は、まず横向きにまっすぐ寝そべります。下になる腕をまっすぐ伸ばして頭を乗せ、上になる方の腕は前に出し体を支えます。上側の脚を腰と同じ高さまで上げます。そして、下側の脚を上げ、上腰の脚に打ちつけます。この動作を反対も同様に10回繰り返します。

次に太ももの後ろのストレッチのやり方です。仰向けになり、両膝を90度に曲げ、両足は肩幅に広げます。両手は身体から離し、手を床につけます。次にお尻をゆっくり持ち上げ、ひざから肩が一直線になるようにして10秒間キープします。そしてゆっくりと最初の状態に戻し、8回くらい繰り返します。

筋トレ

筋肉量が多い方が脂肪が燃えやすくなり、良い筋肉をつける筋トレは太もも痩せには欠かせません。また筋トレは短期間で効果がでることも多いようです。良い筋肉をつける筋トレでおすすめなのが、スクワットです。モデル脚になる為のスクワットの方法をご紹介します。

まず、脚を広めに開き、つま先を45度くらい外側に向けます。そして、ひざが90度になるまで曲げ一旦静止して、ひざを伸ばし元の体勢に戻ります。これを10回1セットから始めて、慣れてきたら10回2~3セットで挑戦してみましょう。プルプルしてきたら効いてる証拠です。慣れない時は脚の間にボールなどを挟んでやると簡単にできます。

有酸素運動

有酸素運動は身体全体のダイエットにも効果的で、もちろん腰痩せにも効果があります。有酸素運動と言えばジョギングかウォーキングどちらが脚や太もも痩せに効果あるのだろうと悩む方もいるかもしれませんが、ジョギングは筋肉がつきすぎてしまったり、継続が大変なので、ウォーキングを楽しく続ける方が効果はあるようです。

歩く時に背筋を伸ばし、脚の筋肉を意識してウォーキングすると、より効果が得られそうです。

日頃からの歩き方を見直す

なんと日頃の歩き方が太い太ももを作っているって知っていましたか?正しい歩き方を身につけることで、良い筋肉がつき、痩せやすくなります。

正しい歩き方は、まず着地はかかとから地面につけるようにします。そして膝を伸ばし、足の爪先全体で地面を蹴ります。足の指を使わないと浮足になってしまい、外反母趾など脚に悪い影響を与えます。脚の筋肉を意識して歩くことが大切です。

グッズを使う

太もも痩せに効果のあるグッズや器具もたくさん発売されていますよね。固まったセルライトを凝りほぐしてくれる、レッグセルローラーは大人気で、お風呂上りの血行の良い時にすると効果があるみたいです。また、100均のゴムボールもけっこう使えておすすめです。

ゴムボールを太ももにぎゅっと挟み20秒、ゆるめて20秒を繰り返すと、太もも痩せに効くようです。他には細くみせるスパッツなどもあり、一度試してみてもいいかもしれません。

男性は運動量を減らす

男性の太もも痩せが難しいと言われる理由の一つに、筋肉が多いことがあげられます。筋肉が多いと基礎代謝は良くなり、他の部分は痩せやすくなります。そのバランスで脚が太く見えたりすることも多いようですね。筋肉太りで脚が太いという人は、運動をやりすぎず、脚の筋肉を柔らかくする為にマッサージをすることから始めるのがおすすめです。

食事で気をつけるポイント

塩分を控えめにする

太ももを細くする為には、食事での塩分にも注意しなければなりません。下半身太りの大敵はむくみです。食事で塩分の多いものばかり摂ると、水分が欲しくなりますよね。水はカロリーがゼロとは言え、その水分も多くなりすぎると、身体に蓄えられてむくみの原因になってしまいます。どうしても塩分が欲しい場合は、酢やレモンで代用すると良いでしょう。

注意点

運動、筋トレをしすぎると太ももは太くなる

筋トレや激しい運動をやりすぎると、下半身や太ももに筋肉がついてしまい、筋肉太りになってしまうので、注意が必要です。また、運動部だった人は、スポーツをやめてしまうと筋肉だった部分に、脂肪がついてしまい落ちにくくなります。筋肉がついてしまって痩せないという人は、ヨガやピラティス、マッサージなどで筋肉をほぐし、外側の筋肉を落とし、インナーマッスルを鍛えていきましょう。

食事制限はし過ぎないようにする

成長期の小学生や、中学生、高校生のダイエットには、過度の食事制限は絶対してはいけません。身体を作る大事な時期に必要な栄養を毎日摂らないと、痩せても不健康になり、将来病気になる可能性もあります。3食バランスよく食べて、間食を減らし、ストレッチや運動で健康的な身体と細い太ももを目指していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?太もも痩せの為には、むくみやセルライトをなくすマッサージや、日ごろから継続的にストレッチをすることがとても大切です。体重は激しい運動で減ったりもしますが、太ももは筋肉太りで更に太くなったりもするので注意して、正しい運動やストレッチで細くてかっこいい太ももを手にいれていきましょう。