太ももマッサージで細くしたい!自宅でできるリンパマッサージの方法を徹底解説!むくみやすいタイプ別の対処法を詳しく紹介

ダイエットしているのに太ももが細くならない…と、けっこう良く聞きます。お尻や太ももなどの腰回りは実際に落ちにくいのが現実です。女性の体のつくりだから仕方ない…なんて、諦めることができない!どう考えても、余計についている!と感じる人へ、タイプ別に太ももを細くする方法と、リンパマッサージのポイントなどを紹介します!

太ももは痩せにくい?

太ももを細くしようとして、「ダイエットに努めているのに細くならない!」「食事に気を配って体重は落ちたのに、太ももだけ落ちてないような気がする…」など、悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

上半身に比べ、下半身は脂肪を蓄えやすいように体ができているそうです。特に女性は、妊娠・出産をする体になっているため、腰回りの脂肪はつきやすいのです。なので、単純に食事制限をしたからといって太ももが細くなるわけではありません。なら、どうすればよいのでしょう?

今回は、太ももの状態や太ももの血行とリンパを刺激して、代謝を良くする方法などを紹介します。参考にしてみてください。

太ももの状態について知ろう!

むくみ

デスクワークや立ち仕事で、脚を常に下に置いている状態が長い人に、起こりやすいのがむくみです。時間が経つにつれて、足元が太くなっていくような感じがしたり、靴がきつくなる人は、むくみが原因の可能性が高いです。

むくみは、本来、外に排出されるべき老廃物が溜まってしまった状態。同じ姿勢でい続ける、運動不足、塩分の摂り過ぎからの水分摂取量が多い人も、むくみで太ももが太くなっている可能性が高いと言えます。

また、ファッションを重視するあまり、いつも脚を出していたり、脚を冷やしている人もこのタイプかも?このタイプの人は、できる限り動かすようにしたり、食事を見直すことも大切になります。

セルライト

脚がボコボコしている人は、セルライト太りです。太ももだけでなく、お尻にもセルライトが付いている可能性があります。セルライトとは、皮下脂肪組織がスポンジのように脂肪や水分、老廃物をため込み、皮下脂肪が肥大した状態。

セルライトが毛細血管やリンパを圧迫するため、さらに老廃物をため込みやすくなってしまいます。悪循環ですね。それが原因で、冷え性などにも繋がっていきます。

このような人は、食事制限しても太ももだけ細くならないという現象が起きやすくなります。甘いお菓子が好きでたくさん食べてしまう人や、脂質の多い食事を好む人は、食事の改善も必要になります。

筋肉が張っている

過去に激しい運動をしていた人はこのタイプに。筋肉が硬く、老廃物が出にくい状態になっています。脚全体の筋肉はどのような感じでしょうか?力を入れていないのに、硬くなっていますか?前ももは張っていませんか?

このような状態の人は、筋肉を柔らかくすることが大切です。疲労物質が上手に流れないために、太ももが張って太くなった状態に!過度な運動をすぐにストップし、緩やかな運動にまずは変えましょう!硬くなった筋肉を柔軟性のある筋肉に変えて、余計な老廃物を排出しやすくしましょう!ヨガやピラティス、ストレッチなどが有効です。

太ももを細くする方法

リンパマッサージ

リンパマッサージは、太ももの老廃物を排出させて、細くするのに有効なひとつです。リンパ液を送る力は、エクササイズとマッサージがありますが、リンパマッサージだと最大20倍にもなり、エクササイズよりも有効なのだとか。すごいですね!

リンパマッサージは、太ももを細くするだけでなく、新陳代謝が活発になり、肌がキレイになったり、健康効果も!セルライトやむくみができにくい体質へ改善することが期待できます。体も軽やかになり、老廃物や毒素が体から出るので、免疫力アップ!いいことばかりです。

太ももを細くするためのリンパマッサージのポイントは、ひざ裏と足の付け根であるそけい部です。ひざ裏にたまると、ふくらはぎや足がむくみやすくなり、ひどいと静脈瘤に!

そけい部は下半身全体のリンパが流れ込みます。ここに溜まっていると下半身太りや冷え性、セルライト、脚全体のむくみ、ヒップが落ちるなどに繋がります。ここの2つに老廃物や毒素が溜まりやすいので、ここに集めて流し、外に排出させ、スッキリした太ももへ!

絞って解かす

膝の上

ひざ周辺は、老廃物や毒素がたまりやすく、脂肪もつきやすいのでしっかりとマッサージします。

1.ひざの下からひざのお皿に沿って半円を描くように、ひざ上にマッサージ。この時の手は、グーでもOK。
2.ひざ上のお肉の部分に両手の親指がくるように置き、ひざ上のお肉をぞうきんを絞るようにねじります。
3.ひざ裏のリンパも円を描くようにマッサージしながら、ほぐしてきます。

ひざをマッサージでほぐし、太ももへ持ち上げていくことで、ひざ周辺のムニッとした老廃物や毒素がスッキリとし、ひざ上にちょっとしたくびれのようなラインが出てきます。たるみのないひざへ!

太ももの内側

ひざの老廃物や毒素が太ももに移動したところで、今度は太ももの内側をしっかりとマッサージ。絞り込むようにするマッサージ方法は、皮下脂肪を溶かしたい時に最適!太ももにセルライトが気になる人は、絞り込むのが良いでしょう。

1.太ももの内側に両手の親指がくるように置き、ひざ横の肉を両手でぞうきん絞りのようにねじります。
2.ぞうきん絞りのようにねじりながら、脚の付け根までスライドさせていきます。
3.これを数回繰り返しましょう。

強めの力でも大丈夫です。肌にあざが付かない程度の力で絞り込みましょう。

太ももの外側

次に、太ももの外側も同じように絞り込みましょう!

1.脚の外側に両手の親指がくるようにし、両手で太ももを掴むように挟みます。
2.太ももをぞうきんを絞るようにねじりながら、上にスライドさせ、脚の付け根まで。
3.これを数回繰り返しましょう。

しっかりと太ももの肉を動かすことがポイントです。

摘まんで潰す

膝の上

余分な皮下脂肪を「潰す」という表現を使っていますが、実際にはセルライトは潰れません。セルライトを潰そうとして強い力をかけてしまうと、皮膚にあざが残ったり、リンパなどを圧迫しかねないので、力は気持ち良い程度にとどめるのがポイントです。

このマッサージ方法は、滑りやすい状態で行うのが適しています。マッサージクリームやボディーミルク、オイルなどを使用しましょう。

1.ひざ下のお皿から上にかけて、半円を描くように老廃物や毒素を移動させます。
2.ひざ上のお肉を軽く気持ちがよい程度に摘みます。
3.摘まんだお肉を摘まんだまま横にスライドします。
4.数回繰り返しましょう。

太もも内側

太もも内側も同じように、軽く摘まんだ状態でスライドさせ、脚の付け根まで持っていきます。

1.ひざ横の太もも内側のお肉を軽く摘まみます。
2.お肉を摘まんだ状態でスライドさせ、脚の付け根まで移動させます。
3.数回繰り返しましょう。

お肉をスライドすることで、脚の老廃物や毒素までもが脚の付け根に移動されていきますよ。下から上へ流すのが基本です。

太もも外側

同じように、太ももの裏側も行いましょう。横座りになったり、軽く脚を上げるとやりやすいと思います。

1.ひざ裏のリンパを簡単に上に流します。
2.ひざ裏周辺の太もも裏のお肉を軽く摘み、そのままお尻の方までスライド。
3.お尻まで届いたら、脚の付け根に沿って、指でなぞるようにしながら、前のそけい部まで老廃物や毒素を運びましょう。内側のお肉をスライドした時には、内側の股を通ってそけい部へ、外側のお肉をスライドしたなら外側お尻を通ってそけい部へが基本です。

後ろには、大きなリンパ節がありません。お尻まで持っていたら、必ず前にあるそけい部にまで運んでいきましょう。これが老廃物や毒素を排出する際に重要になります。スッキリした太ももへ!

毒素を出す

膝から脚の付け根まで

老廃物がたまりやすいのは、膝回り。膝回りから太ももの付け根に向かって老廃物を流していきましょう。エステやリンパドレナージュなどを受けて、施術後にトイレに行きたくなる人も多いと思います。これは、余分な老廃物が外に排出されている証拠!

太ももの付け根には、デトックスのスポットがあります。そこに老廃物をすべて流し込むために集めます。特に、ひざ裏に老廃物はたまりやすいので、そこを軽くプッシュ!

1.ひざ裏を何回か軽くプッシュ!
2.ひざ周辺から、グーのこぶしで太ももの付け根まで上にスライド。この時、力は少し強めでも大丈夫!老廃物を付け根まで持ってくるようなイメージで流しましょう。
3.脚の付け根の前の部分を円を描くようにほぐしましょう!
4.これを2~3回ほど繰り返しましょう。

たったこれだけでも、翌朝違うのを実感できるはず!

前、内側、外側、裏側と全部行う

老廃物は、太もも全体にたまっています。ひざから太ももの付け根までのスライドを前・内側・外側・裏側とまんべんなく。前・内側は、そのまま太ももの付け根までまっすぐに運びます。外側は、脚の付け根に沿って骨盤横の付け根まで運びます。裏側も同様にお尻の下まで持ってきたら、脚の付け根に沿って、骨盤横の付け根にまで移動させましょう。

デトックスポイントは、脚の前から内側にかけての付け根にあります。ここに、すべての老廃物を集めるのが大切です。

マッサージする時のポイント

湯船に浸かった後にマッサージ

エステなどに行っている人はご存知とは思いますが、エステティシャンは「施術の前の日には入浴してください」と言います。これは、さらに血行を促進させるため。全身の血液の流れが良くなり、代謝も良くなっている状態です。この時、当然リンパの流れも良くなっています。

また、筋肉が柔らかくなり、柔軟性もアップ!筋肉が硬くなっていると、血行が悪くなりがちに。入浴後なら筋肉も柔らかく、伸びやすくなっているため、マッサージの効果やストレッチの効果が出やすくなります。筋肉を柔らかくして、血行やリンパの流れを良くしましょう。

クリームやオイルを使ってマッサージ

太ももをマッサージする時に、滑りを良くすると老廃物や毒素が流れやすくなります。市販のボディーミルクでマッサージ!さらに効果を高めたい時には、マッサージ専用のクリームを使うとより効果的です。今では、植物成分が配合されたスリミングクリームなど、種類も豊富。自分にピッタリのものを見つけて、太ももをマッサージすると楽しめると思います。

また、植物性オイルがある人は、エッセンシャルオイルを使うのも有効です。植物により、脂肪を燃焼してくれるものやむくみをとるもの、代謝を良くするものなどさまざまです。香りでも楽しめ、精神にも働きかけてくれるのが嬉しいですね。肌に余計な負担をかけずに、肌への保湿効果があるのもポイントです。

そけい部は念入りに

下半身の老廃物や毒素は、脚の付け根である「そけい部」に集まります。そけい部が痛い人は、老廃物や毒素がたまったいる証拠。風邪をひきやすくなったり、免疫にも関わってきます。ここをキレイに流しましょう。

仰向けになり、そけい部を内側から外側の骨盤に向かってマッサージ。この時、円を描くように1箇所ずつマッサージしていくといいですよ。そけい部を伸ばすストレッチも有効です。股関節を伸ばすストレッチを数回だけでも行いましょう。

デトックスに有効なアロマ

デトックスに有効なアロマを使えば、効果も高くなります。むくみや脂肪燃焼に力を貸してくれるアロマを簡単に紹介します。

・グレープフルーツ
脂肪を燃焼する効果!その他にも、血液やリンパの流れを促進させ、老廃物を排出してくれます!セルライト太りにもむくみ太りにも、筋肉太りにも最適!

・ジンジャー
肩こりや腰痛などの硬くなった筋肉を和らげる効果が!血行も促進されるので代謝が良くなります。

・ブラックペパー
体を温める効果で血行を促進。筋肉痛や肩こりなどにも効果があり、硬くなった筋肉に有効。冷え性にも最適!脂肪燃焼効果も!

・ゼラニウム
ホルモンバランスを整え、リンパの滞留を改善してくれます。生理前のむくみに!むくみ太ももに最適!

・サイプレス
生理不順を改善。セルライト太り予防に役立つエッセンシャルオイルです。むくみを改善し、引き締まった肌に!

・ラベンダー
筋肉疲労を緩和。頭痛・生理痛・筋肉痛の痛みを和らげてくれます。血行促進し、リンパを促進!

・ジュニパー
ストレスや自律神経に作用するので、ストレスから血行不良になっている人に。また、むくみや毒素排出、セルライトにも効果が期待できます。

・レモン
便秘にも効くエッセンシャルオイル。便秘からのむくみに。また、ダイエットや冷え性にもおすすめです。

好きな香りとブレンドすることで、精神が和らぎ、代謝もアップ!キャリアオイルにセサミやグレープシード、ピーナッツを使うと、ビタミンEで血行促進がさらに期待できますよ。上手に活用してみてはいかがでしょうか?

その他に効果のある方法・4つ

1.軽く叩くのもあり(すべてのタイプ)

太ももマッサージをする時には、軽く叩くのも有効です。「叩く」ことで、血行が促進されて、筋力アップに繋がります。また、引き締めにも効果があるそうです。昔からある「肩たたき」には、血行を促進する効果があったのですね。

ポイントは、あまり強く叩かずにリズミカルに!肌や筋肉を引き締めたい人は、最後に「叩く」動作を軽く行うと効果が期待できますよ。グーにした手で、ひざ周辺から脚の付け根に向かって、軽くリズミカルに叩きましょう。

2.膝を上げる(すべてのタイプ)

リンパの循環を良くするには、脚を心臓と同じ高さか、それよりも高い位置にすると良いと言われています。オフィスや外出中は難しく、できる機会は少ない人が多いと思います。

自宅で時間がある時に、脚を高くして仰向けに寝ましょう。そうすることで、脚に溜まった老廃物や毒素が股関節のそけい部にまで運ばれます。また、太ももをマッサージする時に仰向けに寝て、マッサージする脚を上げながら流していくのも効果的です。

最も簡単な方法は、食後2時間後に仰向けに寝て呼吸を整えること(寝ないでくださいね)。ポイントは腹式呼吸で20分間です。これだけで、リンパの流れが促進され、免疫力が高まるという実験結果もあるくらいです。呼吸を整え、新しい酸素を巡らせて、太ももの老廃物や毒素を排出するだけでなく、免疫力まで高めましょう。

3.筋肉を和らげるヨガ(筋肉太りタイプ)

セレブが夢中になっているヨガは、簡単にできて高い効果が期待できます。筋肉が硬い太ももの人には、最適な運動です。筋肉を柔軟にするだけでなく、ストレッチ効果もあり!呼吸も整うので、代謝もアップ!

4.筋力をアップさせる(脂肪太り・水太りタイプ)

太ももが脂肪太り、水太りのタイプは、筋肉が弱い可能性があります。筋力をアップして、代謝を促進させ、同時にリンパの流れも良くする必要があります。このエクササイズは簡単にでき、お腹の筋肉も使うので、お腹も引き締まります!太ももをスッキリさせ、ついでにお腹までほっそりさせてしまいましょう。

食事制限は不可欠

いくら女性の体は腰回りが太くなりやすいからといって、マッサージを行ったからといって、食事を適当に済ましていては効果は発揮されません。どのタイプにも食事のバランスは重要です。

太ももを太くしてしまう原因は、脂質の多い食事や砂糖の多いお菓子やドリンク、塩分の多い食事などです。これらは、脂肪として蓄積されたり、むくみとして蓄積させたりする原因となるので気をつけるべきです。

間食したいなら、カリウムも入っているドライフルーツにしたり、砂糖をやめてオリゴ糖にしたり、小さな努力も必要です。また、肉を食べる際に脂肪を減らしたりすることはとても大切です。太ももが細くなるだけでなく、健康から美容までついてくるので改善してみましょう。

代謝を促す効果的なドリンク・4つ

1.ホットドリンクにする(脂肪太り・水太りタイプ)

太ももがむくみやすい人は、冷たいドリンクは避けた方が良いでしょう。内臓から冷やしてしまうと、代謝が悪くなり、脚もむくみやすくなります。おまけに冷え性の原因にまで!さらに太ももが太くなってしまいます。脂肪太りの人も代謝が悪くなるので避けた方が無難です。

ドリンクを飲む時は、ホットドリンクを基本としましょう。内臓が温まると代謝が良くなるので、むくみが軽くなります。また、便秘も改善されるかも?

2.プアール茶などの発酵されたお茶を活用(脂肪太りタイプ)

太ももを細くしやすい体質にするサポート役は「発酵茶」。発酵茶には、脂肪を分解して、排出させる効果があるのだとか。

発酵茶で一番有名なのが「紅茶」です。紅茶をノンシュガーでいただきましょう。その他、プアール茶も発酵茶です。半発酵のお茶が、有名なウーロン茶・鉄観音茶・水仙茶などです。黒豆茶も良いそうで、脂肪吸収を抑えてくれますよ。上手に活用してみましょう!

3.利尿作用のあるお茶を活用(水太りタイプ)

デスクワークなどで、どうしても脚を動かす機会が少ない人はむくみがち。デスクで大きな運動をするわけにもいきませんよね?そんな時は、むくみに効くお茶を活用しましょう。ルイボスティーは、血行不良や冷え性にも良く効き、さらに嬉しいことにホルモンバランスまで整えてくれます。

とてもありがたいお茶です。妊娠している人も飲めるのが嬉しいですね。ミルクを入れても、フルーツソースを入れても、ハチミツを入れてもおいしく飲めます。

その他、タンポポ茶。こちらも妊婦さんも飲めるお茶で有名です。タンポポ茶には鉄分が含まれているので、血行が促進されます。体を温める効果があるので冷え性にも効果大。

ジュニパーベリーは、排出作用があるので老廃物を外に出してくれます。体内の循環も良くしてくれ、利尿作用が高いお茶です。フェンネルと合わせるとダイエット向きのブレンドティーに。

4.クエン酸を活用する(筋肉太りタイプ)

太ももが張っている筋肉太りタイプの人は、筋肉に老廃物がたまっています。筋肉を柔らかくほぐし、蓄積した疲労物質を外に排出させるのが効果的です。疲労物質をためにくくし、取り除き、筋肉を柔らかくしてくれるのがクエン酸です。クエン酸の入ったドリンクや食べ物で柔らかくしてみましょう。

ハチミツレモンや梅干しをお湯やソーダで割ったり、料理に酢を入れるのも効果的です。干し梅も手軽でいいですね。ハチミツレモンや梅干し湯には風邪予防効果もあり、一石二鳥!

男性はムチッとした太もも好き?!

女性の間では、太ももまで細くなりたいと願っている人が多いと思います。男性はどのように思っているのでしょう?

女性の体は出産を控えているので、男性よりも骨盤が広くつくられています。また、赤ちゃんや子宮を守るために腰回りに脂肪がつきやすくなっているのも事実です。他のパーツは細くなったのに、「太ももだけあまり細くならない…」と悩んでいる人は、全体のバランスを見てみましょう。

実際、男性は細い太ももになど興味はないようです。ムチッとした、プニッとした太ももに女性らしさを感じる、というデータがあるくらいです。これは、生物としての本能です。お尻や太ももはちょっとくらい太くても良いのです。女性らしさだと思いましょう。

まとめ

まず、本当に太ももを細くする必要があるのかを、鏡を見て確認してみてはいかがでしょうか?女性は、自分のスタイルに厳しい人が多く、男性の客観的な視点を忘れてしまいがちです。男性が太ももやお尻を魅力と思う理由は本能です。ぜひ、検討してみてくださいね。

そして、実践では、脂肪・むくみ・筋肉とタイプ別にご紹介しました。体質によって、対処方法が異なるところもあるので参考にしてみてください。リンパマッサージは、すべてのタイプに有効です。脚の血行やリンパの流れを促進させておくとむくみにくくなったり、脂肪がつきにくくなったり、筋肉が柔らかくなったりします。

マッサージは、毎日することをおすすめしますが、どうしても疲れている時には2日に1回でも。蓄積させないのがポイントになるので早めに対処するようにしましょう。彼やご主人も満足できる魅力的な太ももになれますように!