糸ようじの5つのメリット!口臭がとれないのは歯垢が溜まっている!臭いでわかる3つの原因とは?正しい使い方と選び方を紹介

誰もが一度は使ったことがあると思われる糸ようじ。歯ブラシを使っての歯磨きだけで済ませてしまう人もいれば、念入りに糸ようじを使って、しっかり歯垢を摂らないと気が済まない、という人もいるのではないでしょうか。確かに、糸ようじを使って歯と歯の間の汚れが取れたら、なんだかすっきりした気になりますよね。でも、実際のところ、糸ようじを使うのと使わないのとでは、どのような差が生じてくるのでしょうか?

糸ようじで虫歯ゼロに!

皆さんは歯磨きをする際に、一緒に糸ようじを使っていますか?歯ブラシを使っての歯磨きは、ほとんどの人がするでしょうが、実は糸ようじを合わせて使う人は、あまり多くないんだとか。糸ようじを使って歯の間の汚れをとると、とてもすっきりしますよね。
実際、ブラシだけでは中々取りづらい汚れを取ってくれるため、かなり強い味方になってくれます。糸ようじの正しい使い方や糸ようじを使うことで、歯ブラシだけの歯磨きと、どれくらい差が出るのかなどをいろいろ紹介していきますので、みんなで虫歯ゼロを目指しましょう!

フロスと糸ようじ、どっちがおすすめ?

フロスは使い方が難しい

糸ようじのほかに、デンタルフロスというものがありますよね。デンタルフロスは糸ようじと同じように、歯の間の汚れを取るのにとても便利です。しかし、デンタルフロスは糸だけになっていますので、その糸を指に巻き付けて使うのが難しかったり、思うように奥の方の歯に届かなかったりします。
使いたい分糸を切って使うことができますので、人それぞれで長く使うことも可能ですが、使いやすいようにと長めに切って使っていては、すぐに消耗してしまうのもネックポイントです。

糸ようじは簡単

デンタルフロスに比べて、やはり糸ようじは使いやすいのが一番のポイントでしょう。糸ようじは、初めからデンタルフロスの糸の部分がホルダーにセットしてあります。そのため、取っ手をもって歯と歯の間に入れれば、簡単に使うことができます。奥の歯にも楽に手が届くでしょう。
T型やI型など、様々な形のものが販売されていますので、自分が使いやすいものを選んで使ってみましょう。
 

糸ようじと歯間ブラシの違い

虫歯予防は糸ようじ

糸ようじとデンタルフロスのほかに、歯間ブラシというものがあります。この2つは共通して歯間を掃除するものですが、歯間ブラシはその名の通り、先のほうにブラシがついています。では、糸ようじと歯間ブラシには、形状のほかにどういった違いがあるのでしょうか?
まず、糸ようじは、歯と歯の間の汚れを取ることが一番の目的です。歯と歯の間に食べかすが残ってしまうと、それが歯垢となり、虫歯に発展してしまいます。そのため、糸ようじを使って歯垢を取ることで、虫歯の予防につなげることができるのです。

歯周病予防は歯間ブラシ

続いて、歯間ブラシですが、歯間ブラシは歯と歯茎の間の汚れを取るのに適しています。歯茎の中に汚れが溜まってしまうと、歯周病になってしまいます。歯間ブラシは、歯と歯茎の間に挟まった汚れを取るのに最適ですので、歯周病予防におすすめのデンタルグッズです。
特に、歯周病などにより、歯と歯茎の間にすき間がある人や、年配の人などにおすすめです。場所や用途に合わせて、糸ようじと歯間ブラシを使い分けると良いでしょう。

糸ようじにはこんな効果が!

1.歯と歯の間の歯垢を取り除く

驚くべきことに、虫歯や歯周病は90%が歯と歯の間から始まるという事実を、皆さんは知っていましたか?確かに、歯と歯の間に挟まった汚れは、歯ブラシだけでは取りにくいですよね。
取れずに放っておいたところから、虫歯が悪化していくのですから、確かに歯垢が取れにくい歯と歯の間が、一番危険なのも理解できます。
驚くべきことに、歯ブラシを使った歯磨きだけでの歯垢除去率が60%なのに対し、糸ようじやデンタルフロスを使用して歯の間の歯垢を取り、歯磨きをした場合は除去率80%と、20%も上がるそうです。
糸ようじは、一番虫歯になりやすい、歯と歯の間の歯垢をしっかり除去してくれるため、歯ブラシだけで磨くよりも、虫歯予防の効果が格段に上がることがわかります。

2.初期虫歯がわかる

みなさんは、歯科検診で歯医者さんが自分の歯を見ているときに、どの歯が虫歯かよくわかるな…と思ったことはありませんか?わたしたち素人が自分の歯をまじまじと見ても、かなり虫歯が進行している真っ黒な歯じゃない限り、これが虫歯になっている!と断定できないですよね。
実は、糸ようじを使うと、初期虫歯になっているかもしれないということがわかるのです。歯の間に差し込んだ時に、糸ようじが引っかかる、または糸がほつれるような場合は、初期虫歯の可能性があります。そのような際は、歯医者さんに行って、実際に虫歯になっていたかどうか確かめることをお勧めします。

3.詰め物の劣化を確認できる

虫歯になった際に、削ったところの上へ詰め物をしてもらいますよね。ですが、その詰め物も長い時間がたつと劣化してしまいます。詰め物が劣化していたり、その間から虫歯が進行している場合、糸ようじを入れた際に引っかかったり、ほつれたりする場合があります。
また、糸ようじに引っかかった際に、詰め物が取れてしまう場合、その詰め物はかなり劣化していますので、歯医者さんで新しいものに交換してもらいましょう。

4.歯周病がわかる

糸ようじを使って、歯と歯の間の掃除をしている際に、血がつく場合があります。血が出てきてしまったら、歯周病の可能性がありますので要注意です。歯と歯の間は、虫歯だけでなく歯周病も進行しやすい場所ですので、毎日の歯磨きの際に気を使わなければいけません。
また、虫歯の原因になる歯石は、やわらかい歯垢と唾液や血液が結びついてできたものです。口の中が出血してしまった場合、その血液が歯石を作るのに加担してしまいます。
そして、できた歯石が虫歯の原因になり、歯周病の悪化にもつながっていくのです。糸ようじで掃除していて、2週間を過ぎても血が出続ける場合、歯医者さんに相談してみましょう。

5.口臭予防になる

いくら歯磨きをしても、エチケットに気を使ってガムをかんだりしていても、中々口臭が取れず悩んだことはありませんか?原因はこれだけに限りませんが、口臭のもととなるのは、歯の間に残った歯垢です。虫歯の原因になるだけでなく、口臭の原因にもなるなんて、一刻も早く取り除きたいですよね。
糸ようじを使って歯垢を取り除くことで、口臭を防ぐことができます。中々口臭が取れずに気になっていた人は、糸ようじを試してみると良いかもしれません。

糸ようじの使い方

歯と歯の間にフロスをあてる

糸ようじを使うときには、正しい使い方があります。ただ、いい加減に糸ようじを使っていても歯垢が取れにくかったり、返って歯茎を傷つけてしまったりということになりかねません。 まずは、歯と歯の間にフロスを当てます。このとき、斜めにしたり傾けたりすることなく、しっかりと歯の間と平行になるように当てましょう。

歯肉の中にすべりこませる

糸ようじを歯の間と平行になるように添えたら、まずは一番奥までもっていきます。手前から行ってしまうと、歯茎のほうに歯垢をもっていってしまうことになりますので、下から上に掃除します。
まずは、奥までもっていき、歯肉の中に糸ようじの糸を滑り込ませます。そして、ノコギリを引くように横にスライドさせながら歯と歯茎の間の歯垢を優しくとっていきます。このとき、激しく乱暴に行っては出血の原因になりますので、優しく、軽く行うようにしましょう。

上下に動かして歯面をこする

歯茎周りの歯垢が取れたら、そのまま上に向かって掃除していきます。糸ようじを上下にこするようにして、歯垢を取っていきます。両方の歯の間の汚れをきれいに取ることをイメージしながら、歯に添わせるように、両方の歯面をフロスしていきます。
この時、少しすき間があるようでしたら、片方の歯面ずつきれいに取れるように、少し斜めにして上下にこすると取れやすくなります。同じ場所の歯垢を掻き出すように、4~5回繰り返すと、きれいに歯垢が取れ、歯の間もすっきりとするでしょう。

奥歯はななめに

奥歯を糸ようじで掃除するのは中々難しいです。というのも、奥の方の歯は、前の方の歯と違って縦に長さがなく、どちらかというと平らな形をしているからです。さらに、奥歯は歯と歯の間にあまりすき間ができず、ぴったりとくっついているため、糸ようじを使って歯の間を掃除するのが大変になってきます。
奥歯を掃除するときには、まず、糸ようじを斜めに入れることを心がけてみてください。前の方の歯と同じように、糸ようじを歯と歯の間に平行に置いた後、そのまますき間に、斜めに入れていきます。
ぴったりくっついた奥歯同士だと、糸ようじが縦には入らないため、このように斜めに入れていきます。その際にむりやり押し込んでしまうと、歯茎を傷つけてしまう可能性がありますので、ゆっくり行います。

途中ですすぎ洗い

糸ようじを使ってきれいにしていく際、1つのすき間を4~5回繰り返して掃除するのが、良いとお伝えしましたね。しっかりときれいになっていくのは良いですが、掃除している間に取れた歯垢が、歯の断面に残ってしまったり、糸ようじについたままになってしまうことがあります。
糸ようじを使って掃除をする際には、いくつかの歯をきれいにし終えたところで何度か口をすすぎ、残った歯垢をきれいにしてしまうことをおすすめします。
もちろん、糸ようじにも歯垢がついてしまいますので、そのまま別の歯を掃除してしまうと、別の歯に歯垢がついてしまいます。掃除している間に何度か水で洗いましょう。この時、今までついていた歯垢が取れてしまうことで、すっきりすると同時に、歯にすき間を感じることがあります。
歯石を取った時のほうが、なりやすいらしいですが、口をゆすいだ時に知覚過敏で歯が染みる場合がありますので、気を付けながらゆすぎましょう。

衛生上使い捨て

同じ糸ようじを何日にもわたって使用する人がいますが、同じものをずっと使用するのは、衛生上よくありません。きれいに洗って使っていても、万が一雑菌が残っていた場合に、そのまま繁殖してしまい、雑菌だらけの糸ようじを口の中に入れてしまうことになります。
そうすると、もし歯茎や口の中に傷があった際、そこから雑菌が侵入して病気になってしまう可能性も否めません。せっかく口の中をきれいにするために使うものですから、常にきれいなものを使用するようにしましょう。

糸ようじが臭い3つの原因

1.プラーク(歯垢)

プラークとは、先ほどから登場している歯垢のことです。プラークというと、食べ物の食べかすだと思われることがありますが、実は全く違う、恐ろしいものなのです。
プラーク、つまり歯垢は細菌のかたまりです。歯の表面についている、白や黄色っぽい、ねばねばした物質がそうなのですが、このプラーク1㎎の中に、およそ1億匹もの細菌が潜んでいるそうです。
私たちが食べ物を食べた際の食べかすである代謝物と、細菌が集まって形成されたプラークは、中々取れにくい歯茎や歯の間によくついてしまいます。
それが固まって歯石になり、放っておくと虫歯や歯周病に悪化していくのです。これだけ聞くと、プラークはしっかり取り除くべきだということが分かりますよね。
匂いを嗅ぐとわかるのですが、このプラークは、とても嫌な臭いがします。プラークが付着している糸ようじは臭いが残りますので、使ったらすぐ処分しましょう。

2.歯周病

口臭が気になるなら、歯周病を疑った方が良いと言われるほど、歯周病になった時の口の臭いはきついと言います。歯周病の人が糸ようじを使って、その臭いが糸ようじについた場合、糸ようじはかなりの臭いを発してしまう可能性があります。
反対に、歯周病だと思っていなくても、糸ようじからきつい臭いがした場合は、自分の口からそれだけの臭いがしているということです。
歯周病は放っておくと、歯が抜け落ちてしまうだけでなく、糖尿病や心臓病、脳卒中、慢性腎疾患や肺炎、骨粗しょう症、さらには、がんや早産などの合併症を伴う危険性を持っています。
歯の病気を放っておくことで、重い合併症になるかもしれないなんて恐ろしいですよね。思い当たる人は、すぐに歯医者さんで診てもらうようにしましょう。

3.虫歯

実は、虫歯も臭いを発するということを知っていましたか?これは虫歯だけに言えることではなく、菌のほとんどは、私たちからすれば嫌な臭いを発しているのだとか。
プラークも細菌の塊で、嫌な臭いがするとお伝えしましたね。虫歯になる前の細菌の時点で臭うわけですから、虫歯菌も臭いということが分かります。糸ようじを使っていて、糸が引っかかったりほつれたりするだけでなく、なんだか臭いな…と思うときには、虫歯になっている可能性があります。
虫歯がひどくなる前に、早めに歯医者さんを受診して、虫歯になっているかどうかの診断をしてもらいましょう。

おすすめの糸ようじと選ぶポイント

定番はコレ!小林製薬の糸ようじ60本入り

まずおすすめするのが、「小林製薬の糸ようじ(60本入り)」です。こちらの商品は、フロスやピック市場での売り上げNo,1を誇る商品です。やはり、多くの人が買っている、信頼された商品だということが分かりますよね。それだけでなく、人気の秘訣はその構造にあります。
こちらの糸ようじは、糸の部分が6本になっていて、その6本の糸が順番に歯垢を搔きとってくれるため、しっかりと歯垢をきれいに除去できるようになっています。
また、60本も入っていながら500円ちょっとという、リーズナブルな値段も非常に献身的ですよね。通販だけでなくスーパーでも売ってある場合がありますので、気になった人は探してみてください。

小さな子供がいるご家庭に!子供用糸ようじフロスちゃん

子どもは、キャンディーやチョコレートなどの甘いお菓子が大好きですよね。でもそんな甘い誘惑につきものなのが虫歯です。大切なお子さんだからこそ、虫歯になってほしくないと願うパパやママは多いはず。そんな時のために、子ども用の糸ようじも販売されています。
この商品は、子どもの口のサイズに合わせて小さめに作られており、さらに安全性を考えて全体的に丸いフォルムをしています。大人用の糸ようじの場合、先がとがっているものも多いため、子どもが使うには危険です。全体が丸いと、口を傷つける心配もなくなるため、大人も安心ですね。
さらに、小さな子供の口に合わせて、先を曲げることができる素材になっているため、とても使い勝手がよく、多くの保護者に支持されています。

何度も使いたいならコレ!DENT.EX ウルトラフロス

糸ようじには、様々な種類や形があるとお伝えしましたが、こちらは糸の部分がY字になっているタイプです。Y字になっていることで、奥歯まで楽に掃除することができます。
もともとは歯科用で販売されていたもので、一般には販売されていませんでしたが、現在はネットショッピングでも購入することができます。歯医者さんがおすすめする高機能の糸ようじです。
また、こちらの商品は、1箱あたりの数は少ないものの、高い耐久性を誇る「テクミロン」という素材が糸に採用されていることで、とても丈夫で切れにくく、何度も繰り返し使えるとのこと。
また、現在表示している商品はSサイズですが、Mサイズもあり、好きなサイズが選べますので、自分に合うサイズのものを長く使用したい人にはおすすめです。

価格で選ぶ

糸ようじを選ぶ際、たくさんの種類があると迷ってしまいます。みなさんはどのようなことを決め手に糸ようじを買いますか?色々なお店を見てみると、本当に様々な糸ようじが売られています。値段もバラバラで、だいだい300円前後から700円くらいまででしょうか。
あまり高すぎるものを買っても、使い捨てにしてしまう分、もったいなさを感じます。金額は700円あたりの大容量のものだと、値段が安くて少ないものを買うよりも、1本あたりの単価は下がってきます。
まずは使いやすさを重視しながら、色々なものを試してみて、気に入ったものを見つけたら、お徳用のたくさん入っているものを買うと良いでしょう。

CMしているものを選ぶ

やはりお店に行って目に付くのは、テレビでCMしているものですよね。よくわからないメーカーの物よりも、しっかりCMしているものの方が信頼性がアップします。また、CMしている分、企業側もお金をかけてその商品を売りに出しているため、特にその商品には自信があるということが分かります。
お店に行って、どの糸ようじを買うか悩んでしまった際には、テレビでよく見かけるものに注目してみると良いでしょう。万人に合うように改良され、CMしているはずですから、きっと製品自体は良いはずです。

3つの注意点

1.血が出る場合は歯肉炎

糸ようじを使うにあたって、いくつかの注意点があります。この注意点をよく知ることで、思わぬ歯の病気を発見できる可能性もありますのでしっかりと覚えておきましょう。まずは、糸ようじを使って血が出た場合です。糸ようじを使っていて血が出た場合、考えられる原因は、歯周病もしくは歯肉炎です。
歯肉炎は、歯周病の初期の段階のことを言います。歯茎が腫れたり、歯磨き中に血が出たりすることがありますが、痛みがないため放っておかれがちです。しかし、歯肉炎を放っておくと、重度の歯周病に発展する場合がありますので、きちんとした治療が必要になってきます。
糸ようじで掃除している途中で血が出てきた場合は、歯茎が腫れて弱ってきている場合がありますので、歯肉炎もしくは歯周病を疑いましょう。

2.痛い場合は虫歯の可能性

糸ようじを使って掃除をしていると、まれに痛いことがあります。通常であれば、糸ようじが神経に触れることはありませんので、痛くはないはずです。ではなぜでしょう?
虫歯になっている部分の歯垢を取り除くことで、隠されていた虫歯部分があらわになります。それがもちろん糸に触れたりすることで、痛みが発生します。
歯ブラシでは、届かない部分が虫歯になっている場合、糸ようじを通したときのみ痛みが発生しますので、虫歯だと思う人はなかなかいないでしょうが、痛みがあるなら虫歯の可能性は大です。
水ですすいだり、空気に触れた際に痛む場合は、知覚過敏が予想されます。これも、溜まっていた歯垢が除去され、歯に温度が直に当たるため起こります。なんにせよ、糸ようじを通した際に歯が痛む場合は、虫歯が予想されますので、なるべく早めに歯医者さんへ行きましょう。

3.切れる場合も虫歯の可能性

糸ようじを使用しているときに、糸が切れてしまう場合も、その歯が虫歯になっている場合があります。虫歯になり、歯が溶かされている部分の表面がぼこぼこになり、引っかかった糸が切れてしまうのです。
歯と歯の間こそ、一番虫歯になりやすい場所であり、汚れを取ることが難しいですよね。糸が切れてしまった場合は、虫歯が進行しているサインの可能性もあります。
また、糸ようじが切れてしまった歯間のどちらかの歯が、以前虫歯になっており詰め物をしている場合、その詰め物が歯に合っておらず、尖っていることで糸を切ってしまう場合もあります。
歯に合っていない詰め物や劣化している詰め物も、歯垢がたまりやすくなり、虫歯の原因になることがありますので、後々ひどくなって後悔する前に、なるべく早めに歯医者さんを受診しましょう。

まとめ

今やどこにでも手に入る糸ようじですが、まさか糸ようじを使うことでこんなにも歯や健康にメリットがあったなんて驚きですよね。糸ようじは様々な大きさや形のものがありますから、自分の口や歯の大きさ、好みなどに合わせて、色々なものを使い比べて見ることをおすすめします。
価格も割とリーズナブルなものが多いですので、今日からでも継続して虫歯や歯の病気のセルフケアができるところがありがたいですよね。自分にぴったりの糸ようじを見つけたら、歯磨き前にしっかりと歯の間の歯垢を搔きとるように心がけましょう。
いつまでも自分の歯で食事をして、健康な生活を営むためにも、今日から是非糸ようじを使ってみてくださいね!