温野菜ダイエットで効果アップする5つの方法!おすすめレシピも紹介します

急激に痩せるダイエットは、体の負担が大きく、リバウンドを起こしやすいと言います。体重を減らせてなおかつ健康にプラスになるダイエットが理想的ですよね。温野菜ダイエットは簡単なうえに野菜をたっぷり摂ることで、デトックス効果や美肌効果、便秘解消も望めるプラス効果満載のダイエットです。ここでは温野菜ダイエットの効果的な方法をご紹介します。

温野菜ダイエットってやってみたいけど、本当はよく知らないかも?

温野菜ダイエットとは、野菜を一加工してたくさん食べちゃうダイエットです

温野菜ダイエットと言うと、「冷たい野菜サラダじゃないのを食べるやつね」と思う人がほとんどでしょうか。文字通りそうなのですが、食卓に温野菜を一品加えるだけではなく、一食を温野菜中心にするダイエットを指します。

「さぁ痩せるぞ」と張り切って、朝から晩まで自らを野菜攻めにしてしまう、思い込んだらとことんタイプの人も稀にいますが、それでは急激に体重が減り、ストレスからリバウンドを起こしやすくなってしまいます。日中頭が働かなかったり力が入らなかったりでは、困りますね。

毎食それでは栄養が偏ってしまいますから、一日一食に温野菜中心の食事を摂って、摂取カロリーを減らし、体重減を目指しましょう。温野菜では野菜の嵩が減るためにたくさんの野菜を食べることができます。しかも多種類の栄養を摂取できるので、続けるほど健康的になれますよね。

温野菜ダイエットが効果的で痩せると言われる5つの理由を知っていますか?

理由1:簡単調理だから、三日坊主になりにくい

温野菜ダイエットが続きやすいのは、簡単調理でいいからです。例えば、ブロッコリーと人参を食べやすい大きさにカットして、シリコンスチーマーに入れ電子レンジでチン。その間にドレッシングの用意をすれば、すぐに食べられます。

素材を作り置きしておけば、組み合わせを変えて食べられます。例えばブロッコリーを塩茹でしたものは冷蔵庫で5日は保存できます。5日目には他の野菜と煮てダイエットスープにして食べれば、無駄なく美味しく栄養も摂れます。

たくさん食べたいときはタジン鍋を使うのもいいですね。色々な野菜を並べて蒸します。これも並べてからは鍋任せなので、その間に数種類のドレッシングを作ることができます。

理由2:レシピが豊富だから飽きない

ダイエットをしよう、と思った時、最初に試してみたのはサラダダイエットだった、という人多いのでは?イマドキの女子はサラダに関する知識も豊富で、好みもちょっと煩いほどかもしれませんね。温野菜に関しても同じです。ブログやツィッターは皆さんのおすすめレシピでいっぱい。

ということは、自分流の温野菜ダイエットに飽きてきたら、人が教えてくれる美味しいレシピを試してみればいいのです。そのバリエーションはおそらく食べきれないほど。それに、みんな頑張っているんだから、私も頑張ろう!という気持ちになれますよね。

理由3:体を冷やさないから、体調ばっちり

冷たいサラダに使う生野菜は、残念ながら体を冷やしてしまう傾向があります。今は一年中生野菜のサラダを食べますが、女性にとって体を内側から冷やすのは、実は喜ばしいことではありません。

体を冷やすと、基礎代謝が下がったり、免疫力が落ちたり、脂肪の分解が十分なされずに蓄積されてしまいがちなのです。その点温野菜なら、食べると体を内側から温めてくれるので、基礎代謝も免疫力も上がり、脂肪の分解にも効果が期待できます。

理由4:便秘解消で心も軽い

ダイエットと言うと、やはりカロリー摂取をセーブしますから、便秘がちになるといいます。ダイエットの種類によっては、同じ物ばかり食べることに起因しているのかもしれませんね。

ところが、温野菜ダイエットでは、温かい野菜をたくさん食べますから、当然食物繊維もたくさん摂っていることになります。従って、便秘知らず。ボリュームをアップさせるキノコ類は便秘解消にもとてもいいのです。

ダイエットしていると、お腹が空いてストレスが溜まることがありますよね。温野菜をたくさん食べても、肉類やご飯ものを食べた時よりは空腹感はあります。それでも、便秘が解消していると、気持ちすっきり、心も軽くなる気がしませんか?

理由5:デトックス効果で肌美人にも

温野菜ダイエットの中で、多くの人が実践してみるのが、デトックススープではないでしょうか。トマトやショウガ、玉ねぎ、ネギ、キャベツ、セロリ、人参、ハーブなどお好みの野菜スープを作ります。一度にたくさん作って小分けに飲む人もいるそうです。

デトックススープには、老廃物や溜まった毒素を排出する効果があるので、細胞の新陳代謝が活性化し、大人ニキビのないつややかな肌になることが期待されます。

前項で、便秘解消について述べましたが、腸内環境が整うと、余分な脂肪や毒素がスムーズに排出されますから、肌にもいい効果をもたらすでしょう。

温野菜ダイエットのやり方3ステップ

ステップ1:野菜の調理方法を考える

初めての人は、イメージする野菜を買ってくればいいと思います。その野菜を中心に、蒸すか煮るか茹でるか焼くか、決めればいいのです。

野菜の特性にもよりますが、火を通すほどビタミンは失われますから、蒸す調理が温野菜ダイエットには適しているようです。しかし、さっと塩茹でが合う野菜もありますし、クセがあるためにスープや強めの味付けが向いている野菜もあります。

2016年3月に食品安全委員会では、野菜の加熱時に発生するアクリルアミドが発がん性を持つとして、野菜の調理時における発生の低減を呼びかけました。

揚げたジャガイモやいためた野菜が比較的注意が必要ということで、野菜は焦がさない、炒める時は火力を弱く、煮る・蒸す・茹でるに置き換えることを推奨するとされています。

慣れてきたら、冷蔵庫の残り野菜を活用したり、冷凍野菜を利用したり、もっとレシピが増えて広がると思います。その一食だけではなくて、一日の食生活のバランスを考えるようにすると、より効果が期待できますね。

ステップ2:調理する一方でソースやドレッシングを作成する

調理は簡単な方が、ダイエットが長続きします。シリコンスチーマーやタジン鍋に野菜をセットして、火が通るのを待つ間に、ドレッシングやソース、ディップを作りましょう。

市販のドレッシングは手軽ですし、色々な種類が販売されています。今は有名レストラン監修のドレッシングも手に入りやすくなりました。ドレッシングに凝らなければダイエットじゃない、と肩に力が入ったままだと、疲れてしまいますから、気楽に選んでもいいと思いますよ。

もちろん、家にあるポン酢やだし、ワインビネガーを利用してもOKです。大好きな味で、野菜を変えるという方法も、飽きが来なくていいですよね。

ステップ3:美味しく食す。写メなど記録するとさらにやる気アップ

出来上がったら、美味しく頂くのが一番ですが、その前に写メを撮って記録しておくのもいいですよ。ブログにアップしてもいいですし、自分のために「これは美味しかった」とか「これみんなに絶賛されたんだよね」とか、残してゆくことができます。ダイエット記録として励みにもなります。

食べる際に注意してほしいのは、よく噛むことです。元々野菜は、よく噛んで食べないと飲み込みにくいものですが、ダイエット中は食べた物からきちんと栄養と摂る必要があります。そのために、栄養を体内に吸収できるように、よく咀嚼する必要があるのです。

よく噛むことの利点は他にもあります。「噛めば噛むほど味が出る」とはスルメか人物評かと思いますが、野菜でも言えるのです。噛むほどにその野菜本来の味わいが感じられます。

すると、濃い味付けが必要なくなるのです。蒸した野菜を味気なくしないために、つい塩を振ってしまいがちですが、ごく少量の味付けで十分美味しいと感じられるようになるのです。これは塩分摂り過ぎの日本人にとっては、とてもいいことで、高血圧になる心配なく続けることができます。

また、よく噛むことで、満腹中枢が刺激を受けて、満たされた気持ちになります。同じ量でも、早食いとゆっくり食べでは、その後の腹もちも満足感も違ってくるのです。「野菜だから食べた気がしない~」と愚痴るのは、食べ方に工夫が足りないからかもしれませんね。

温野菜ダイエットの効果アップに繋がるテクニック5連発!

テク1:食べたい料理に野菜を合わせる

ダイエット効果を高めるために、夕食に温野菜ダイエットを行うことも多いと思います。でも、夕食に野菜中心だとちょっと食べたりなくて寂しい感じがしますよね。そういう時は、料理を思い浮かべて、材料を野菜に置き換えるのです。

例えば、アツアツグラタンが食べたいなと思ったら、カリフラワーやポロねぎ、ナスやズッキーニもいいですね。じゃがいもは多いと糖質が気になりますから少なめに…という具合に野菜グラタンに変えていってしまうのです。もちろん生クリームに換えて豆乳を使うことを忘れずに。

これだと、食べたいと思った物に限りなく近い料理になりますから、満足感が得られやすいのです。

テク2:好きな野菜を核にすると苦手野菜も食べられちゃう

野菜のメニューって、どうしてもワンパターンのマンネリ化しませんか?おそらく、好きな野菜、調理しやすい野菜が中心になっているからなのです。

そうは言っても、レシピを見ながら一から作るのも億劫ですよね。そこで、好きな野菜を核にして、ワンパターン打破を試みましょう。それには、苦手な野菜を合わせればいいのです!自分にとって画期的なチョイスは、開拓精神とわくわく感をダイエットにもたらします。

好きな野菜に対して苦手な野菜の割合は、最初は1割で十分です。その代り自分にご褒美で、ツナや蒸したささみやチーズをプラスしてあげます。カレー粉や豆板醤を使った味付けなら、苦にならずに食べられると思います。いつの間にか苦手野菜の割合が増えているのではないでしょうか。

苦手な野菜を無農薬の物、有機野菜から選んでみるのも、よいのではないでしょうか。取れたての無農薬野菜は、少々お高いですが、驚くほどクセがなくて食べやすいですよ。

温野菜ダイエットの効果を満喫するためには、続けることが大切です。そのための工夫が、苦手野菜克服に結びついて、さらに効果アップが望めますよね。

テク3:目指せ野菜コンシェルジュ!新種の野菜は面白い!

温野菜ダイエットを続けていると、自然と野菜に詳しくなってきます。ただホウレンソウとブロッコリーとトマトを食べているだけではもったいないですよ。

最近は、野菜市場(青果市場)に一般の人が顔を出しても、受け入れてもらえるようになってきました。生産者の側も、消費者の意見を聞いてみたいと思い始めたようです。朝早く、市場を覗いてみてはいかがですか?

東京では、おしゃれにマルシェが開催されている所もあるそうです。その他の地域でも、青果市場主催の地場野菜を使った直営レストランや直売所を設けるところが増えています。新種の野菜も売っていて、生産者に直接美味しい調理法を聞けるのがいいですよね。

温野菜ダイエット友達を募って、一品持合いパーティを企画してみるのも楽しいですね。

テク4:その日の天気と気分で決めるメニューは正しい

朝、空を見上げたら、どんより曇り空。なんだか、気分も沈みがち…という日もあれば、きらりと輝く太陽が気温をぐんぐん押し上げて、半袖着て来ればよかったわ~という日もありますよね。

人の体調は天気や気温・湿度・気圧配置などに影響されるのだそうです。喘息の起こりがちな日、膝関節の痛む日、など気圧変動の影響が顕著です。となると、気持ちも体調に影響されますから、食欲も、食べたい物も影響を受けて当然です。

冷蔵庫の在庫野菜とはちょっと違うけど、「こんなに暑くては、タジン鍋なんてやってられない。カレー粉であえて大根おろし乗せがいいな」などという変更、大歓迎です。体は、体調を気候変化に合わせるように、気分を変えてきたのです。

そのサインをちゃんとキャッチしてあげるのも、健康意識の高い、ダイエッターの腕の見せ所ではありませんか。

テク5:なんと言っても「ベジタブルファースト」

温野菜ダイエットに限らず、食事全てに言えることなのですが、「ベジタブルファースト」、最初に野菜から食べることです。野菜を最初に食べると、血糖値の急激な上昇が妨げられ、緩やかな上昇になります。これは、血糖値の数値に一喜一憂している年齢の人の話ではなく、若い頃からの習慣づけが大事なのです。

血糖値が急上昇すると、血液中を通過している色々な成分が、血管の壁を攻撃してしまうのです。せっかく温野菜ダイエットで、健康に美しく痩せることを目指しているのに、血管を傷めてしまったのでは、努力が実を結びません。「ベジタブルファースト」これからいつも実践してくださいね。

温野菜ダイエット3つの落とし穴!

1:恐るべしドレッシングのカロリー

蒸したり茹でたりした野菜を食べる時、アクセントとして欠かせないのが、ドレッシングです。好みのドレッシングで食べるからこそ、続けられるのですよね。前に、市販の物を使うのもいいですね、と書きましたが、選ぶ際にカロリーは気にしてくださいね。

うっかりすると、濃厚なクリーム仕立てや、オイルたっぷりな物を選んでいたりしがちです。ゴマを使っていても、カロリーの高めな物から低めな物まであります。手作りが一番だからと素材に凝り過ぎると意外に高カロリーになりますからご注意を。

2:頑張り過ぎて、タンパク質不足になってない?

温野菜料理が美味しくできて、体調も良くなり、体重も落ち始めると、つい頑張りすぎるということ、ありそうです。そのまま順調にいってくれればよいのですが、野菜に偏り過ぎて、肉類魚類を敬遠し過ぎてしまうという落とし穴に嵌ると、栄養の不足が心配されます。

人が頭も体もよく動かして、思うように生活していくのには、タンパク質はとても大切。減らし過ぎては、後々に悪い影響となることも。カロリーが高めでも量で調節すればいいのです。肉も脂肪の多いばら肉ではなくささみや胸肉を使う、魚は魚卵は避けて淡泊な魚の身を使う。卵や豆腐でタンパク質を補うなど。

量を少なくして、肉や魚だけは濃い味付けにすれば、食べた満足感も手に入れられます。

3:ノンオイル過ぎて干物女となる?

ドレッシングのノンオイルを実践する頑張り屋さんは、ありとあらゆるオイルを排除してしまいがちなので、ちょっと心配になります。

温野菜ダイエットではない食事の際も、油を使わずに炒めたり、肉の脂身をすべて取ったり、ともかく徹底して食卓から油を締め出してしまうのです。自分に厳しく、ダイエットを成功させたい強い意志は、わかりますし、立派です。

でも、人の体はオイルも必要としているのです。髪がパサついたり、爪が割れやすくなったり、ツヤを失ったりしたら、それはオイル排除のし過ぎかもしれません。肌もオイルがないと水分を失いやすくなってしまいます。

肉・魚などのタンパク質の吸収にオイルは必要です。多いオイルは問題がありますが、素材に自然に含まれるオイルはよしとする、などあえて気づかぬふりをして食べてしまってはどうでしょう。

温野菜のカロリーはどのくらい?

蒸し野菜サラダボウル1杯で約66kcal

温野菜と言っても、どのくらいのカロリーがあるものなのでしょう?表題で挙げた66kcalというのは、ブロッコリー・じゃがいも・人参・アスパラガスなどの茹野菜を一人分深めのボウルによそって計算した物です。これにドレッシングやディップのカロリーが加わります。

もちろん野菜も、炭水化物を多く含むものはカロリー高めですし、キノコ類は低めです。ドレッシングの種類も、マヨネーズやゴマが入っているかによって、だいぶ変わってきます。マヨネーズなら12gで85kcalですし、ノンオイル青シソならば15gで4kcalです。

生野菜はビタミンが豊富ですが、そのビタミンをどう残すかが問題です。蒸し器或いはレンジで蒸すと、水溶性ビタミンが破壊されずに残ります。ミネラルもそのまま摂ることができます。素材の栄養を逃さず頂きたいですね。

温野菜ダイエットのおすすめレシピ2選

おすすめレシピ1:かぼちゃとブロッコリーとプチトマトのあったかサラダ

かぼちゃはコロコロの賽の目に切ります。ブロッコリーは小房に分けます。プチトマトは洗って。プチトマトは抗酸化作用のあるリコピンを多く含みますが、加熱すると吸収率が2~3倍になります。緑黄色野菜のカロチン・ビタミンいっぱいの一品です。

野菜は洗う際の水気をそのままにして、シリコンスチーマーで加熱します。

かぼちゃの甘みがありますし、プチトマトは生では酸味が強いのですが、加熱すると甘みが増します。ですからドレッシングは、バルサミコ酢にしょうゆを少々足したものがさっぱりしていておすすめです。ご褒美分に、粉チーズ少々とすりごまをかけると、さっぱり系のレモンドレッシングも美味しく頂けます。

レシピ2:玉ねぎアレンジで簡単美味しい

玉ねぎは加熱することで、血液をサラサラにするトリスルフィドという成分が出てくるので、温野菜ダイエットには最適です。涙なくしては刻めないのが残念ですが、今回は刻まずに上下を切り落として、上面に包丁で切れ目を入れ、ラップしてレンジでチンするだけです。鰹節やカイワレを乗せてポン酢でどうぞ。

オリゴ糖や血糖値の上昇を抑える食物繊維を豊富に含む玉ねぎで、もう一品。同様に上下を切った玉ねぎを、スープストックか顆粒のスープの素と水を入れた深めの容器でラップしてレンジへ。様子を見てスライスチーズを乗せて余熱でとろけさせてもいいですね。軽く塩コショウで十分いけます。

温野菜ダイエットの効果はあるの?気になる口コミをチェック

温野菜ダイエットに効果はあるのか?気になる口コミを見てみました。『今日の晩御飯は温野菜ダイエットなので、岩塩で頂きます!』『温野菜ダイエットは簡単に成功するよ』といった効果ありというツィートが多いですね。

自己流の人も多いのかもしれませんが、皆さん「今日は温野菜ダイエット」という感じで、気軽に実行しているようです。

仕事や都合で、今日は温野菜、明日は予定があるからしない、というようにならざるを得ないのかも。そういう場合は、温野菜ダイエットをする日としない日で、あまりカロリーに差をつけないようにするといいですね。しない日には肉ばかり食べちゃった、ではカロリーと栄養素の偏りが激しすぎます。

中には『前に友達が温野菜ダイエットしたら、肌がカサカサになって変な痩せ方して、調べたら適度に赤身肉食べないとバランス悪く痩せるし肌荒れが酷くなるってあったらしく教えてくれたのだ!』というものもありました。やはりタンパク質は注意して摂る方がいいようです。

口コミを見ると、温野菜ダイエットで痩せた実感のある人はかなりいるように思えます。ただ、たまにやって→少し体重が減って、喜んで→またがっつり食べて、戻って→温野菜食べて、の繰り返しは、効率が良くないと思いますが。

温野菜ダイエットは体にとてもいいことが判明!続けるほどいい体調に

温野菜ダイエットは、野菜の栄養素を美味しく摂れる上に、体重減が望める優れたメソッドです。気をつけるべきポイントもありますが、それを踏まえて、ダイエット効果をアップしたいものですね。

痩せるのはもちろんですが、野菜の持つ食物繊維や栄養素、体の機能を助ける成分を吸収率よく摂取できるところが魅力的なダイエットです。

忙しい生活の中で、毎日実行するのは難しいかもしれません。でも、多くの実践経験者がやっているように、出来る時には是非実行したいものです。美味しく食べて、野菜から元気をもらって、ダイエットも成功させたいですね。