ホワイトニングの口コミを徹底調査!東京や大阪、名古屋にある歯医者を紹介!自宅できる5つの方法と歯磨き粉を3つ説明します

ホワイトニングをやってみようかと思っていても、そのやり方がわからない、種類もたくさんあり値段もピンキリです。一体どれを試したらいいのでしょう。実際にホワイトニングをやった方の口コミを見て、どんな方法が自分に合っているのかを検討してみるのもいいかもしれません。安全なホワイトニングやそのやり方を見ていきましょう。

歯のホワイトニングの口コミって?

歯の白さは、人の第一印象を大きく変えるものです。ホワイトニングは男女を問わずとても注目されているものです。しかし実際やってみると、思っていたように白くならなかったという例も少なくないようです。失敗しないホワイトニングを選ぶためにも、実際に経験した方の口コミに耳を傾けていきましょう。

自宅でのホワイトニング

ホワイトニング用歯磨き粉で歯磨き

歯のホワイトニングを考えたとき、まずは自宅で簡単にできるホワイトニング用歯磨き粉を試してみるのはどうでしょうか?最近では色々な製品が出て、価格もピンキリです。どれが自分に合ったものか迷ってしまうのも当然のことですよね。
注目のホワイトニング成分ポリリン酸は、生体内にも存在する安全な成分で、従来の汚れを削り落とすホワイトニングや漂白するホワイトニングとは違うようです。
ホワイトニングの効果と同時に歯の汚れを落とし、ステインや歯石がつくことを防止してくれるようです。つまりはホワイトニングをしながら歯をコーティングしてくれるということです。

重曹を使う

虫歯の菌が歯を溶かしていく酸を出し、一度溶け出したイオンが、再び歯の表面に戻って石灰化されることを再石灰化と呼びます。これは毎食後に起こる現象で、再石灰化が間に合わない部分が次第に穴が開き虫歯となってしまうようです。
再石灰化する成分は人間の唾液にも含まれていて、成分が体質的に多く含まれている人は虫歯ができにくくなるようです。そしてこれに似た成分が含まれているのが重曹です。
しかし歯を白くするホワイトニング効果があるかというのには疑問があるようです。実際に重曹が含まれた歯磨き粉を使って歯を磨いくと歯の表面がツルツルしますが、これは歯の再石灰化を促す効果のようです。
重曹は、歯磨き粉に入っている研磨剤よりも強い研磨作用があります。ごく薄く歯を剥がすとはいえ、毎日行っていると、年単位で目に見えてエナメル質が減ってしまうようです。
重曹の効果を試したい方は、重曹を含んだマウスウォッシュがいいようです。500mlのペットボトルに入った水に、スプーン一杯の重曹を混ぜて溶かします。これを歯磨きの後や食事のあとに口に含みうがいをします。このやり方ならば歯を傷つけにくく虫歯を自然に治すことにつながるようです。

ホワイトニングテープ

ホワイトニングテープは30分程度歯に貼り付けておくだけで、歯の表面を溶かして漂白させる作用が生まれるようです。ホワイトニングテープはホームホワイトニングに似て、知覚過敏になりやすくなるリスクがあるようです。効果には個人差がありますが一定の効果はあるようです。
使い方はとても簡単ですが、自分で歯の形に合わせて貼るため、特に歯並びが良くない方はきちんと貼らないと効果が高まらないようです。虫歯のある歯や欠けた歯へ使用するのは厳禁で、歯医者さんの中でも信頼性が無いと主張する方もいるようなので、使用する際はは十分に気をつけて使用しなければならないようです。
またホワイトニングテープをした後は汚れの付着が高まるためコーヒー・赤ワインなど色の濃い飲食物は厳禁のようです。価格は7,000円前後で20日分、手軽に歯を白くできる価格といえるかもしれません。口コミでは一番ポピュラーなのはアメリカ製の「クレスト3D ホワイトストリップス」で、その中でも効果が高いと評判なのはプロフェッショナルエフェクトということです。

ホワイトニング用ペン

ホワイトニングペンは本格的なホワイトニング効果ではなく、歯の表面についている汚れを落とすような効果のようです。ペン本体に漂白成分が入ったジェルが内蔵してあり、ペン先のはけからジェルが出る仕組みのものが主で、商品によっては1液2液と二種類の薬剤が内蔵されているものもあるようです。
使い方は簡単で歯の表面を拭き取った後、乾燥した歯にマニキュアのように塗るだけです。5~15分ほど置いてブラッシングすれば終了です。価格も2000円から3000円とお手頃です。
口コミには「確かに1週間から10日位で白くなるのが分かります(タバコのヤニが薄くなる)。

ホワイトニング用消しゴム

ホワイトニング用消しゴムは、消しゴムで歯の汚れがとれる仕組みで、製品にはシリコン状の消しゴムと、研磨剤が含まれた薬品がセットになって売られています。この薬品を消しゴムにつけてこすることでステインを落とす効果があります。
一時的には歯磨き数回分程度に歯が白くなるのですが、エナメル質は傷ついていくので少しずつステインが着きやすい歯になっていきます。価格も1000円以内のものが多くお手軽に試せるようです。
口コミには「ステインが付いてから、かなり時間が経っていたので、無理かな~とも思いつつ、興味本位で使ってみたところ、まあまあ落ちました。隣接面近くのステインは、スポンジがうまく当たらず、あまり落ちません。歯の平らな所の汚れは、落ちやすいですが、そもそも歯の表面は、まっ平らではありませんから、頑固な着色を落としたいなら、歯科医院でクリーニングしてもらった方が、確実にきれいになります。ホワイトニング材ではないので、もともと歯が黄色い場合や、加齢による歯の黄ばみには効果はないですね」という意見もあるようです。

ホワイトニング用歯磨き粉

ライオン ブリリアントモア

イオンの力で歯の表面からステインを浮き上がらせ、ブラッシング+ハミガキの働きでステインをすっきり落とすようです。さわやかなフレッシュスペアミントのほかに女性に大好評のアプリコットミントもあります。ステインの変化は自覚しやすいため、ブラッシングへのモチベーションアップが期待できるようです。

アパガード プレミオ

アパガードプレミオは、独自成分のナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」を1.4倍高配合しています。プレミアムケアでときめく白い歯にをコンセプトに、香りはダブルミント(ペパーミント・スペアミント)です。

コンクールF(フッ素)

コンクールFは高い殺菌力でむし歯の発生、進行の予防をし、グリチルリチン酸アンモニウム(消炎剤)が、歯ぐきの不快な炎症を抑制し歯肉炎の予防や歯槽膿漏の予防をし、口臭の防止に効果的です。
またお口にやさしく、マウスウォッシュ特有のピリピリした辛さがないマイルドな使い心地です。 うすめて使うタイプなので、お口の症状にあわせて濃さを調節でくるようです。
水約25~50mLにコンクールF5~10滴を滴下し、よくかき混ぜて1日数回洗口します。
歯科医師、歯科衛生士の指導のもと、正しくお使いください。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、マウスピースと薬剤を使用し自宅で簡単に出来るホワイトニング方法で、正しい方法で行えば、誰でも簡単に真っ白な歯を手に入れることが出来るようです。ホームホワイトニングは歯科医院で型どりをしてもらったオーダーメイドのマウスピースに薬剤を入れて、1日2時間ほど装着するだけのホワイトニング方法です。
その効果を最大にするコツは、ホワイトニングをした直後30分〜1時間は飲食をせず、期間中は着色性の強い飲食物は取らないようにするようです。一番のポイントは継続することのようです。それは専門知識のない方でも使っていただけるように、歯医者で行うオフィスホワイトニングの薬剤と比べ、濃度が10%〜20%しかないためです。
妊娠中は体内のホルモンバランスが崩れているため、体調に影響が全くないとも言えません。薬剤が直接害となることはありませんが、使用しないほうがいいと言われています。また虫歯がある方、 歯並びが極端に悪い方、 歯周病の方は使用を控えたほうがいいようです。
またホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べ、白くなるまでに時間がかかるものの、効果の持続性は長いのが特徴のようです。

オフィスホワイトニングの場合

オフィスホワイトニングとは、歯医者で行なうホワイトニングのことです。
オフィスホワイトニングの場合は、ホームホワイトニングと異なり短期間で効果が出ます。そして正確に色をコントロールでき、個人的な労力も少ないのが特徴です。しかし診療所での治療時間が2時間ほどかかるようです。
またオフィスホワイトニングの方が後戻りしやすい傾向があり、オフィスホワイトニングの場合は3~6カ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで後戻りを防止するという方法をとるようです。ホワイトニング剤は身体に害はありませんので、何度繰り返しても問題はないようです。

ホワイトニングの料金相場

ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニングは、薬剤の本数にもよりますが10,000円〜50,000円くらいが相場のようです。 この違いは、使用している薬剤の値段とその歯科医院の方針によっての差だと言えるようです。
ホームホワイトニングの特徴としては、価格が白くする歯の本数によって左右されないという点です、歯全体を覆うマウスピースを作るため、白くしたい所に薬剤を注入すればいいようです。

オフィスホワイトニングの場合

オフィスホワイトニングは1本の歯に対する価格なので本数が増えればその分費用も増えるようで、歯科医によってその価格もまちまちのようです。
相場敵には8000円から50000円と大きな幅があるようです。オフィスホワイトニングの料金相場は一般歯科で1回3万円~5万円程度、ホワイトニング専門歯科の場合1万円~3万円程度と相対的に安い料金相場となっているようです。また最近では1本、500円程度からできる低価格の歯科医もあるようです。

ホワイトニングを扱う歯科の口コミ

横浜 ミズキデンタルオフィス

横浜 ミズキデンタルオフィスでは、国内許可の薬剤とハロゲンライトを使用した安全で快適なホワイトニングのようです。現状の歯が短期間でより白くなるのが特徴で、オフィスホワイトニングは¥20,000の価格のようです。
またホームホワイトニングは、クリニックで個人に合わせたマウスピースを作成し、ご自宅にてマウスピースに薬剤を入れて、1日2時間を2週間程度、毎日装着していくようで徐々に白くなるのが特徴のようです。価格は¥30,000のようです。
またデュアルホワイトニングというものは、オフィスホワイトニングに、ホームホワイトニングを合わせた最も効果の高いコースで、¥45,000となっています。

大阪 ミント歯科

大阪のミント歯科は、オフィスホワイトニングに8000円からのトライアルコースがあります。またホームホワイトニングは30000円と設定されています。
ホワイトニング自体は、一般の歯科衛生士でも担当することができるようですが、「ホワイトニングコーディネーター」というホワイトニングへの知識や技術を認められた歯科衛生士が常駐しているようです。

名古屋 吉岡歯科医院

吉岡歯科医院では医院で行うオフィスブリーチングをメインで行っているようです、同じ漂白効果を得る為に支払う費用がオフィスブリーチングのみの方が安いからという理由のようです。
一回の治療で6歯のホワイトニングを2クール行い費用は一回100000円となっています。個人差がありますが通常2~3回の治療で歯は2段階程度白くなるようです。

まとめ

ホワイトニングの口コミを紹介しました。歯は顔の印象を決める大きな要素となっています。自分でできるものは手軽で低コストですが、やはりその効果は個人差があるようです。歯科医を通しておこなうホワイトニングはコストはかかりますが、確かな効果が得られるようです。持続力やその価格を比べ、自分に合ったホワイトニング方法を見つけることが必要のようです。