ホワイトニングで歯を白く!自宅派?歯医者派?おすすめ歯磨き粉も紹介!

歯のホワイトニングをしてみたい!と思っている人や、ホワイトニングに興味がある人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。自宅でできる歯のホワイトニングの方法や、歯医者でのホワイトニングの種類や費用、おすすめのホワイトニング用の歯磨き粉から電動歯ブラシまでをご紹介します!

歯のホワイトニングって?

みなさんは、歯のホワイトニングの方法をご存じでしょうか。歯のホワイトニングは歯医者で行うものであり、種類も1つだけであると思っている人も多いのではないでしょうか。じつは、現在では歯のホワイトニングの方法は多岐にわたり、歯医者以外でも自宅で簡単にできるものもあるのです。
今回は、歯のホワイトニングの方法についてを詳しく調べてみました。歯のホワイトニングに興味があり、試してみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

自宅でできる歯のホワイトニング

ホワイトニング用歯磨き粉を使う

自宅でできるホワイトニングの方法としてもっとも手軽な方法は、ホワイトニング用の歯磨き粉を使う方法です。ただし、この方法の場合には、若干ツヤが出るなどの変化はあるかもしれませんが、そこまでホワイトニングの効果は期待できないでしょう。
また、ホワイトニング用の歯磨き粉には、歯の表面の汚れを落とす研磨剤入りのものや、ステイン汚れを浮き上がらせる成分が含まれているものなどがありますが、成分自体は異なるものの、どちらも同じような効果であると言われています。
このようなホワイトニング用の歯磨き粉は、歯医者でホワイトニングをしたあとの白さを長持ちさせたい人や、もともと歯が白い人向けであると言えるでしょう。

歯のマニキュアを塗る

次の日に大事な用があるため、いますぐ歯を白くしたい!というような即効性を求める場合には、歯のマニキュアを塗るという方法もあります。この歯のマニキュアは、ドラッグストアなどでも購入することが可能です。
ただし、こちらの場合にはうまく塗ることができないと、歯がまだら模様のようになってしまうこともあるため、マニキュアを塗るのが得意な人など、手先が器用でないときれいに仕上げるのは難しいようです。

歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムで汚れをこすりとる、という方法もあります。しかし、市販の歯の消しゴムには、シリコンゴムや研磨剤が含まれているため、あまりゴシゴシしすぎると歯の表面に傷がついてしまうおそれがあります。
そのため、軽く着色をとるだけには向いているかもしれませんが、きちんと汚れを取りたい人には不向きであると言えるでしょう。また、ゴシゴシしすぎて歯の表面に傷がついてしまうと、より着色しやすくなってしまうため、落とす力などにも注意が必要です。

歯医者のホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯医者でマウスピースを作成し、自宅でホワイトニングをする方法になります。この方法は、薬剤さえ追加をすれば何度でも行うことができるため、継続して行いたいという人にはおすすめの方法です。
ホームホワイトニングは、1〜2週間かけて色素を抜ゆっくりと抜いていく方法であるため、効果は1〜2年ほど続くと言われています。このようなホームホワイトニングにかかる費用は、10,000〜50,000円程度であると言われています。

歯石の除去

歯の周りについてしまう歯石を除去する方法もあります。歯石は取ってもまたすぐについてしまうため、歯石の除去は3ヶ月に1度は定期健診を行ったほうが良いと言われています。また、このような歯石の除去は、柔らかい歯石と硬い歯石で回数や金額が異なります。以下に、その回数や費用をご紹介します。
1.柔らかい歯石の場合
歯茎の上に出ている少し黄色の歯石は、比較的簡単に取ることができます。歯磨きが上手な人の場合には、1回ですべての歯石を取ることができます。この場合の費用は、保険診療3割負担で3,000円前後になります。
2.歯茎の中の硬い歯石の場合
歯茎の中にある歯石で、硬く歯にこびりつき、赤黒い色をしています。このような歯石の場合には、歯に強くこびりついているために取るのに時間がかかることから、歯石を取るのには平均2〜6回程度となります。費用は、保険診療で3割負担の場合、1回の処置に2,000~3,000円程度かかります。

クリーニング

クリーニング(スケーリング)とは、歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢(プラーク)を歯医者にて専用の機械や器具で取り除く方法です。クリーニングは、付着した汚れの状態により通院回数が異なり、1回の治療で終わることもあれば、数回に分けて行うこともあります。
このようなクリーニングは、保険適用になる場合と保険適応外になる場合があるため、歯科医院によって異なります。歯科医院によっては、この治療方法を選択できるところもあるようです。また、治療箇所や範囲によって費用が異なるため、治療を受ける前には一度歯科医院にて詳しく説明を聞くようにしましょう。
・保険適応の場合のクリーニング費用…1回800〜2,000円程度
・保険適応外の場合のクリーニング費用…1回3,000〜10,000円程度

エアーフロー

茶渋やコーヒー、タバコのヤニなどのステインが強く付着している人の場合には、通常のクリーニングだけでは完全に汚れが除去できない場合があります。その場合には、ジェット噴流を使ったエアーフローという方法が最適であると言われています。
エアーフローは、炭酸水素ナトリウム(重曹)やグリシン(アミノ酸の一種)などの粒子をウォータースプレーで吹きつけ、歯の表面に付着した歯垢やプラーク、タバコのヤニ、コーヒー着色などの汚れを吹き飛ばす方法です。施術後は、歯の表面に汚れが再び付着しないように、PMTCで歯の表面をツルツルにして仕上げます。
エアーフローは保険適応外であるため、自費診療で2,000〜3,000円程度になります。

リナメルトリートメント

リナメルトリートメントは、歯科衛生士による専用のトリートメントペーストを使用した、歯のトリートメントケアです。歯のトリートメントケアで使用するペーストは、歯と同じ成分のハイドロキシアパタイトの粒子が入っており、日常生活でついてしまった歯の表面のキズを埋めて滑らかにすることができます。
このトリートメントにより、滑らかな歯になると汚れや着色がつきにくくなり、透明感のある白さや輝きを出すことができます。さらに、トリートメントを受けることにより、歯自身もどんどん強くなっていくので、虫歯の心配も少なくなると言われています。
リナメルトリートメントの費用は、1回3,000円程度になります。

オフィスホワイトニング

歯に直接薬剤を塗布し、光を当てて歯をホワイトニングする方法です。1回の処置でもホワイトニングの効果を実感することができるため、早く歯を白くしたいという人にはおすすめの方法です。ただし、オフィスホワイトニングの後は、徐々に白さがなくなってしまうため、自宅でもホームホワイトニングを併用することにより、白さを持続することができます。
1回のホワイトニングにかかる時間は30分〜1時間程度で、1回のホワイトニングでも効果は期待できます。さらに効果を得たい人の場合には、1週間に1度、3回ほど行うことによって、白さをより実感することができます。
また、ホワイトニング後しばらく時間が経つと歯の色が戻ってしまうため、半年に1回程度のペースで行うのが最適であると言われています。このようなオフィスホワイトニングの費用は、上下20本で40,000円~60,000円で、1本当たりの費用は2,000円~3,000円程度になります。
使用している薬剤やその歯科医院のによって値段が異なるため、いくつかの歯科医院で費用を比較してみると良いでしょう。

口コミで人気のホワイトニング用歯磨き粉

スマイルコスメティック

口コミで圧倒的に人気が高いのが、こちらのスマイルコスメティックです。イオン分解でステインが除去でき、毎日の歯磨き粉として使用すると、歯の着色汚れを防ぐことができます。柔らかいジェル状であるため、電動歯ブラシにも使用できます。
着色汚れにとても効果があると口コミで評判であるため、茶渋やコーヒー、ヤニ汚れなどが気になっている人にはおすすめの歯磨き粉です。

ライオンブリリアントモア

ステインを浮かせて落とす進化した美白歯磨剤であり、ホワイトニング歯磨き粉の中では約8割の人が使用したことがある人気商品です。電動歯ブラシと一緒に使用をすることで、より効果が得られると言われています。
ただし、効果を実感するには1ヶ月ほど期間がかかるため、気長に続ける必要があります。フレッシュスペアミントがお口の中を爽やかに保ってくれます。

オーラパール

研磨剤や合成界面活性剤も入っていないのに、歯の黄ばみの除去や歯の傷の補修効果、口臭予防や歯周病、歯肉炎を予防する効果がある、とても優れたホワイトニング用の歯磨き粉です。歯の汚れを落とし、本来の白さを取り戻してくれます。
研磨剤や合成界面活性剤などが含まれている歯磨き粉を使うのに抵抗があるという人には、こちらの商品がおすすめです。
この他にも、ホワイトニング用歯磨き粉には、並行輸入商品でアメリカ製品のとても強力なものもあります。しかし、アメリカ製のホワイトニング商品は効果を実感できるものの、日本の薬事法で禁止されている成分が含まれているものが多いと言われています。
そのため、歯や歯茎に悪影響があるものもあることから、自己判断で並行輸入商品であるアメリカ製のホワイトニング歯磨き粉を使用するのは、避けた方が良いと言えるでしょう。

口コミで人気のホワイトニング用歯ブラシ

プリニアスマート

こちらのプリニアスマートは、市販の電動歯ブラシの中でももっとも価格が安いものであるため、試しに使用してみたいという人にはおすすめの商品です。音波振動と3つの種類のブラシで、用途に合わせて使い分けることができます。
付属している3つのブラシの中には、ステインオフブラシが含まれており、独特の形状でステインを効率的にかき取ることができます。本体の重量が90gと軽いため、持ち運びにも便利で長時間の使用でも疲れにくいのがポイントです。

オーラルB

オーラルBは、特許技術の丸型ブラシが高い歯垢除去力を誇る電動歯ブラシです。手で磨くのに比べ、歯垢除去率が99.8%も上がると言われています。また、なんと正しいオーラルケアを指導・記録するBluetooth機能を搭載しており、スマートフォンの専用アプリを使用すると、歯磨き時にリアルタイムでナビゲートや「ハブラシの押し付けすぎ」をセンサーで教えてくれます。
また、毎日の記録データから、毎週・毎月の自分の歯磨き状態をモニターすることができるため、自分の歯磨きの習慣を知ることもできます。 日頃の歯磨きを徹底的に見直し、歯石や汚れなどをつけたくない!という人にはおすすめの商品です。

ソニッケアー

超高速振動に音波水流を加えることにより、歯や歯茎にもやさしく歯垢を除去してくれます。また、カスタマイズブラッシングシステムを採用しているため、9通りの組み合わせから自分の好みにカスタマイズをすることが可能です。
ホワイトモードが搭載されており、強力にステインを除去してくれるため、一週間で白さが実感できると言われています。短期間で歯を本来の白さに戻したいという人におすすめの電動歯ブラシです。

ホワイトニングと歯茎の関係

ホワイトニングが歯茎に与える影響

ホームホワイトニングに使用する薬剤で海外の製品の中には、高濃度のものや酸が含まれているものがあります。そのため、高濃度のホームホワイトニング剤が歯茎に付くと、歯茎が炎症を起こしてしまい、歯茎が下がることもあると言われています。
また、酸は歯を溶かしてしまうことがあるため、海外製品でとくに濃度の高いホワイトニング剤を使用する場合には、必ず医師の指導の元で行うようにしましょう。このようなことから、自宅でマウスピースを使ってホワイトニングをする場合には、薬剤を飲み込んでしまうおそれがあるため注意が必要です。

ホワイトニングで歯茎も白くなる?

こちらも、やはりホームホワイトニングをする際に、薬剤が歯茎にまで付着してしまうと、一時的に歯茎が白くなることがあると言われています。これは、ジェルの漂白剤が歯茎にまで作用してしまったことから、一時的に歯茎までが白く変色しただけであるため、数日中には歯茎の変色は元に戻ると言われています。
しかし、薬剤の刺激により、知覚過敏のような症状となってしまうおそれもあるため、自宅でホワイトニングを行う場合には、薬剤が歯茎に付着しないよう注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯のホワイトニングについてを詳しくご紹介してきました。歯のホワイトニングを行うには、大きく分けて自宅でできるホワイトニングと、歯医者で行うホワイトニングがあるということがわかりました。
自宅でできるホワイトニングには、ホワイトニング用の歯磨き粉を使うことや、歯のマニキュア、歯の消しゴムなどを使用する方法があります。しかし、これらはどれも簡易であることから、白さを強く実感することはできないと言われています。そのため、白さを実感したい場合には、歯医者でホワイトニングを行う方が良いでしょう。
歯医者で行うホワイトニングには、ホームホワイトニングや歯石除去、クリーニング、エアーフロー、リナメルトリートメント、オフィスホワイトニングなどの種類があります。この中でも、もっとも経済的かつ手軽なのはホームホワイトニングであり、一度マウスピースを作成すれば自宅で継続してホワイトニングのケアをすることができます。
しかし、このホームホワイトニングの場合には、薬剤の強さによっては歯茎に負担がかかることもあるため、注意が必要になります。このようなホワイトニングの効果を持続して、つねに綺麗で丈夫な歯に保つためには、日々のオーラルケアが重要となるため、一度自分の歯磨きの方法や仕方などもチェックしてみてはいかがでしょうか